最近の事件

23日午前9時40分ごろ、東京都府中市本宿町1丁目の民家から出火、木造2階建て約100平方メートルが全焼した。隣接する2階建て住宅にも燃え移り、約80平方メートルが全焼した。東京消防庁によると、ほかに周囲の住宅など計5棟にも延焼した。けが人はなかった。

 自宅が燃えた女性(79)は、テレビを見ていた時に火事に気づいた。「突然バーンという音がして外を見たら、隣の家から真っ赤な炎が上がっていた。急いで家を飛び出し、火事だと叫んだ。火が家まできてしまい、どうしようもない」と肩を落とした。

 独立行政法人造幣局の元職員が博物館から記念コインなど約15キロの金塊を盗んだ事件で、県警捜査3課は22日、窃盗の疑いで、造幣局東京支局元職員の無職、梅野穣被告(55)=懲戒免職処分、同容疑で公判中、さいたま市西区内野本郷=を追送検し、捜査を終結したと発表した。

  同課によると、梅野容疑者は平成26年1月~28年5月ごろ、16件で時価約1億6700万円相当の金塊などを盗んだことが判明。梅野容疑者は「外国為替証拠金取引(FX)での損失を穴埋めするため盗んだ」と供述し容疑を認めている。

  追送検容疑は26年1月~28年2月ごろ、同支局で記念コインなど117点(同計約820万円相当)を盗んだとしている。

 京都府警捜査3課と伏見署は22日、窃盗などの疑いで、自称靴販売業(58)と、自称大工(52)=ともに特殊開錠用具所持禁止法違反の罪で起訴=の韓国人の男2人を再逮捕した。
  再逮捕容疑は共謀し、2日午前10時~午後1時ごろ、兵庫県西宮市の飲食店経営の男性(67)宅と、無職男性(92)宅に侵入し、現金計約35万円や金券、ネックレスなど貴金属類30点(約200万円相当)を盗んだ疑い。
  府警によると、2人は知人で、2月から来日していた。「日本に来て金がなくなった」などと供述しているという。
  府警は2日、阪急甲陽園駅(西宮市)で、正当な理由なくバールを所持したとして2人を逮捕していた。

 銭湯に侵入して入浴券を盗んだとして、警視庁は22日、東京都世田谷区大蔵6丁目、無職の道端英樹容疑者(66)を窃盗などの疑いで逮捕し、発表した。「はっきり思い出せないので時間をかけて思い出そうと思う」と話しているという。

  捜査3課によると、道端容疑者は2015年11月10日午前4~8時ごろ、東京都荒川区の銭湯に窓から侵入し、番台にあった入浴券約100枚(計4万2千円相当)を盗んだ疑いがある。現場に残されていた手袋の付着物と道端容疑者のDNA型が一致した。過去にも同様の手口で入浴券を盗んで転売したとして立件されており、捜査員の間で、「フロ屋のミッチー」と呼ばれていたという。

  10年以降、墨田区や台東区などの銭湯で入浴券が盗まれる被害が約40件あり、同課は関連を調べている。

 22日午前4時15分ごろ、堺市北区新金岡町の3棟続きの住宅から「煙が上がっている」と、近くの男性から大阪府警北堺署に通報があった。火は約1時間半後にほぼ消し止められたが、北側の木造2階建て延べ約50平方メートルが全焼し、焼け跡から性別不明の遺体が見つかった。同署は遺体が、この住宅に一人で暮らしていた70代男性とみて身元の確認を急いでいる。

  同署によると、住宅は3棟が南北に並んでおり、中央の住宅も一部延焼した。中央に3人、南側には2人が暮らしているが、いずれも逃げ出して無事だった。同署などで今後、詳しい出火原因を調べる。

 警視庁は21日、石川県輪島市、職業不詳の男(51)を窃盗などの容疑で逮捕した。

  2013年以降、都内で相次いだ事務所荒らしで、現場に残っていたアイスクリームや菓子の食べかすに付着したDNA型が一致し、同庁で余罪を調べている。

  捜査関係者によると、男は昨年8月8日夜、東京都武蔵野市吉祥寺本町の会社事務所のドアを打ち破って侵入し、アイスクリーム1本(約150円相当)とサンダルを盗んだ疑い。

  都内では13年8月以降、会社事務所が荒らされ、現金などが盗まれる被害が約40件(被害総額約550万円)発生。現場にあったアイスやプリン、ジュースなど250点を勝手に飲食した形跡があった。同庁がアイスの棒や食べかすを鑑定したところ、同一人物のDNA型を検出。男と一致した。

  男は容疑を認め、「物を食べたことも間違いない」と供述。同庁は、石川県から夜行バスで上京し、事務所荒らしを繰り返していたとみている。

 飲食店に侵入し、現金が入った金庫を盗んだとして、警視庁捜査3課は21日、窃盗などの容疑で、東京都江戸川区小岩、建設業、八木孝之被告(50)=窃盗などの罪で起訴=ら男3人を再逮捕した。捜査3課は裁判所の令状を取り、今年1月から3人が使う車にGPS端末を取り付け、行動を把握。盗まれた金庫や3人の所在を明らかにした。

  最高裁は今月15日、令状なしでGPS端末を取り付ける捜査手法を違法と判断。警察庁は各都道府県警に対しGPS捜査を控えるよう通達を出している。捜査3課は「最高裁の判断が出る前の捜査なので立件について問題はない」としている。

  逮捕容疑は2月6日未明、埼玉県行田市の飲食店に侵入し、現金約100万円が入った金庫を盗んだなどとしている。八木容疑者らはいずれも容疑を認め、「生活費や遊ぶ金がほしかった」などと供述している。

  3人は関東地方を中心に1都7県を車で移動し、80件(被害総額約2100万円)の窃盗事件に関与したとみられている。3人は栃木県栃木市内の飲食店で現金約103万円が入った金庫を盗んだとして、今月17日に起訴されていた。

 21日午前7時10分ごろ、兵庫県三木市本町の住宅から出火。木造2階建て延べ約140平方メートルを全焼し、1階から遺体が見つかった。兵庫県警三木署はこの家に住む男性(55)とみて身元の確認を急ぐとともに、出火原因を調べている。

  同署や消防によると、男性の父親は施設に入居しており、男性は母親(79)と2人で暮らしていた。母親は顔やのどなどにやけどを負った。

21日午後8時25分ごろ、沼津市多比、木造平屋建ての空き家から出火し、全焼した。焼け跡から1人の焼死体が見つかった。沼津署などが身元確認を急ぐとともに出火原因を調べている。
 21日午後7時ごろ、岡山県倉敷市児島田の口2の住宅から出火し、隣接する住宅にも燃え移った。県警や消防などによると、住宅3棟が全焼し、2軒の焼け跡から計2人の遺体が見つかった。それぞれの住宅に住む80代と70代の女性と連絡が取れていないといい、県警が身元の確認を急いでいる。
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11