最近の事件

 栃木県警足利署は5日、栃木県栃木市内の橋名板を盗んだとして、窃盗の疑いで、同県佐野市会沢町、無職、男性容疑者(26)を逮捕した。栃木県内では橋名板が盗まれる被害が相次いでおり、同署は関連を調べている。

  逮捕容疑は、9月21日午前9時45分ごろ~同22日午前10時ごろ、栃木市鍋山町の橋に設置された橋名板4枚(16万円相当)を盗んだとしている。同署によると、「間違いありません。埼玉でも盗んだ」と供述、容疑を認めている。

  橋名板の盗難被害はこれまでに栃木県で45件、群馬県や茨城県で計3件の被害が確認されている。

  同署によると、男性容疑者はボルトで固定された橋名板をバールで外して盗んだ。生活費や遊興費のため、金属のリサイクル業者に換金する目的で盗んだとみられる。業者への捜査で男性容疑者が浮上した。

  同署は業者から152枚の橋名板を押収。逮捕容疑の他にも男性容疑者が関与した可能性もあるとみて調べており、単独で盗んでいたとの見方を強めている。

 20日午後1時55分ごろ、福岡県大野城市錦町のイオン大野城ショッピングセンターで、商品の酒類を万引きした疑いを持たれていた男が、通報で駆け付けた警察官らともみ合いになり、警察官の拳銃から銃弾2発が発射された。 

 県警春日署によると、男は住所不定、無職男性容疑者(44)で、発泡酒2本を盗んだとして窃盗容疑で現行犯逮捕された。センター内にある保安室に警備員に連れて行かれ事情を聴かれていたが、その後、駆け付けた警察官の拳銃を奪おうとしてもみ合いになった。現場には、同容疑者のほか、警察官と警備員が2人ずついたといい、発砲の経緯は分かっていない。警備員1人が軽傷を負った。同署は、公務執行妨害などの容疑も視野に調べる方針。

 20日午前10時40分ごろ、世田谷区上北沢の10階建てマンションの2階から煙が出ていると119番通報があった。東京消防庁などによると、火元の部屋の一部が焼け、住人の20代女性が病院に搬送されたが、軽傷とみられる。119番通報の直前に女性と同居する20代の男が「家に火をつけた」などと成城署に通報しており、同署は放火の可能性も視野に出火原因を調べている。

 20日午後7時20分ごろ、東京都足立区島根の無職、男性(81)方から出火、木造2階建て住宅の2階部分約30平方メートルが焼けた。男性は全身にやけどをして病院に搬送されたが、間もなく死亡が確認された。

  警視庁西新井署によると、男性は1人暮らしで、燃え方の激しい2階の寝室にいた。同署が出火原因を調べている。

 佐賀南署は19日、強制わいせつと窃盗の疑いで、武雄市北方町、自称会社員の容疑者(23)を逮捕した。

  逮捕容疑は17日午後7時35分ごろ、佐賀市本庄町の店舗駐車場の軽乗用車内で、20代女性の手を引っ張り胸を触るなどし、財布や通帳などが入ったハンドバッグ(時価合計1万6200円相当)を盗んだ疑い。

  南署によると、女性が仕事を終えて車に乗り込んだ際、面識のない容疑者が助手席側のドアを開けて犯行に及んだという。

 商店や住宅に忍び込み金品を盗んだとして、大阪府警河内署は19日までに、窃盗などの容疑で、大阪市中央区日本橋の無職男性容疑者(74)を逮捕、追送検した。

  男性容疑者は黒装束に身を包み、住宅の塀に上るなどして防犯カメラから姿を隠す手口から、捜査員に「平成の忍者」と呼ばれていた。容疑を認め、「絶対捕まらない自信があった」と話しているという。

  逮捕、追送検容疑は2009年3月~今年7月、東大阪市内の住宅などに約250回侵入し、現金や商品券など計約3000万円相当を盗んだ疑い。一部は既に窃盗罪などで起訴された。

  同署によると、男性容疑者は事前に拠点となる空き家を探し、変装用の黒装束などを用意。拠点からは防犯カメラに映らないブロック塀の上や田んぼのあぜ道などを通って移動し、逃走時も同様に足取りを隠していた。

  現場付近のカメラ以外には姿がほとんど映っておらず、近隣住民の犯行と誤認する捜査員もいたという。

  常にネックウォーマーなどで顔を隠していたが、今年5月、1度だけ外したところがカメラに映り、素顔から同容疑者を特定した。 

 備前焼などの美術品の盗みを繰り返したとして、岡山県警捜査3課と備前署は19日、窃盗などの疑いで岡山市生まれ、住所不定、無職の男(46)を最終送検した。

  送検容疑は2月21日、備前市、自営業男性(58)方に侵入し、備前焼のつぼや花瓶などを盗んだのをはじめ、2012年ごろから今年4月まで、岡山、備前、瀬戸内市など県内外5市1町で計26件の犯行を重ね、美術品54点(約472万円相当)を盗んだ疑い。盗品は骨董(こっとう)市や古物店などに転売し、「売った金は生活費やパチスロに使った」と容疑を認めている。

 9月に千葉市立草野中学校(同市稲毛区園生町)の武道場が全焼した火災で、焼け跡からたばこの吸い殻が見つかっていたことが19日、関係者への取材で分かった。学校敷地内は全面禁煙。千葉北署は「出火原因はまだ分からないが、特定するための材料の一つにはなる」としている。

  同署などによると、火元とみられる更衣室跡から空き缶に入ったたばこ数本が見つかった。同署は「放火の可能性は低い」とし、失火とみて消防とともに引き続き調べている。

  火災は剣道部の練習終了直後に発生。同校は19日、「部員全員から個別に聞き取りを行ったが、武道場でたばこを見かけた生徒はいなかった」と話した。

  火災は9月10日午前11時50分ごろ、同校武道場から出火し、軽量鉄骨造り平屋建て約180平方メートルを全焼した。同日は午前9時から剣道部が使用し、練習を終え、男性顧問が施錠して職員室に戻った直後に火災報知器が作動した。

 19日午前8時10分ごろ、福島市飯野町、男性(86)方から出火、木造2階建て住宅とまき小屋、物置の3棟、計約236平方メートルを全焼した。まき小屋の焼け跡から1人の遺体が発見された。
  福島署は、86歳男性と連絡が取れなくなっていることから、遺体は86歳男性とみて身元の確認を進めている。
  同署によると、出火当時、86歳男性と妻が在宅していたが、妻は逃げて無事だった。同署などが出火原因を調べている。

 19日午前9時25分ごろ、札幌市東区伏古3条2丁目の住宅から出火、約4時間後に鎮火した。この火災で2階建て住宅が全焼。この家に住む40代の男性が手に軽いけが。同居する家族が「1階和室で布団の間にドライヤーを挟んで乾かしていたら火が出た」と話しているといい、札幌東署が出火原因を調べている。

  署によると、出火当時、男性とその両親の計3人が家にいた。両親にけがはなく、男性は飼い猫を逃がそうと玄関脇のガラス戸を左手で割った際にけがをしたという。

  近所の女性は「外で洗車をしていたら、すごい勢いで火と煙が出ていて火事に気づいた。慌てて避難した」と話していた。

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11