2015年7月アーカイブ

 海外製の高級自転車1台を盗んだとして、大阪府警西署は31日、窃盗容疑で、住居不定、無職の男(39)を逮捕したと発表した。容疑を認め、「今まで100台近く盗んでは転売した。生活に困っていた」と供述しているという。同署は、男が借りていた神戸市内の駐車場から、盗まれたとみられるロードバイクや電動自転車など計53台を押収しており、関連を調べる。

  逮捕容疑は6月4日、大阪市西区西本町の駐輪場で、男性会社員(32)が所有する「オルベア」社(スペイン)製の自転車1台とヘルメット1個(時価計5万3千円相当)を盗んだとしている。同署によると、自転車の前輪にワイヤロックがつけられていたため、男は自転車から前輪を取り外して盗んだという。

  自転車は3万5千円で自転車の買い取り業者に売却。その後、インターネットオークションに出品されていたのを捜査員が発見し、男の関与が浮上した。

 7月31日午後7時25分ごろ、戸田市上戸田4丁目、後谷第2公園のトイレから出火、約90センチ四方の個室トイレ1基を全焼し、焼け跡から女性の遺体が見つかった。

  蕨署によると、付近を通り掛かった男性が、トイレから火が出ているのに気付いて119番。消防隊が到着した時には、和式トイレの個室ドアは閉まっていたが、施錠はされていなかったという。女性はトイレ内の床に座り込むような状態で死亡していた。遺体に争ったような形跡や、目立った外傷はなかった。

  トイレ東側に自転車が放置されており、自転車の籠に手提げ袋などが入っていたが、身元の分かる物はなかった。自転車は防犯登録されており、所有者の女性が住む蕨市内のアパートは不在だったという。

  同署は、遺体が自転車の所有者女性の可能性があるとみて、身元と死因や出火原因の特定を進めるとともに、自殺と事件の両面で調べている。

 31日午後0時45分ごろ、大江町左沢の中華料理店「寒江菜館」裏手で、解体中のコンバイン1台から出火、エンジン積載部分が焼けた。

  西村山広域行政事務組合消防本部によると、コンバインは廃棄車両で、引き取った解体業者の男性2人が同日午前8時半ごろからエンジンを取り外す作業をしていた。出火当時は昼食休憩のため周囲に人はおらず、解体に使ったガスバーナーの残り火から燃え上がったとみられる。店の利用客が火の気に気付き、119番通報した。店などに被害はなかった。

 31日午前2時5分頃、高知県仁淀川町名野川、無職立石孝光さん(88)方から出火。

  木造2階建て住宅と隣接する小屋の計約140平方メートルを全焼し、焼け跡から成人とみられる男女2人の遺体が見つかった。県警佐川署は、立石さんと妻のキミエさん(85)とみて、身元の確認を進めている。

  発表によると、立石さんとキミエさんは2人暮らし。遺体はいずれも住宅の中央付近から見つかったという。

 自動販売機に火を付け、現金を盗んだとして、富士宮署と静岡県警特捜イーグル、捜査3課、機動捜査隊は28日、窃盗の疑いで富士宮市舞々木町、建設作業員の男(22)を現行犯逮捕した。
富士宮、富士両市で6月下旬から、小銭の窃盗目的とみられる自販機の不審火が相次いでいた。捜査関係者によると、容疑者はほかの6件についても関与をほのめかしているという。県警が裏付け捜査を進める。
  逮捕容疑は同日午前3時15分ごろ、富士宮市東阿幸地の食品販売店敷地内で、自販機から5200円を盗んだ疑い。同署によると、自販機の釣り銭口付近を燃やし、現金を盗む手口。釣り銭口にティッシュを詰め込み、ライターで火を付けたとみられる。
  自販機の不審火は6月27日以降、このほかに富士宮市で4件、富士市で2件あった。いずれも午前3~4時台に発生し、同署などは同一犯の可能性も視野に捜査していた。

 30日午後0時30分ごろ、福島市、電機大手パナソニックの子会社「AVCネットワークス社」の植物工場から出火したと、従業員から通報があった。福島消防署などが消火活動に当たり、約3時間15分後に消し止めた。けが人はなかった。

  福島署や福島市消防本部、同社によると、レタスなどの野菜を水耕栽培する「3号棟植物工場」1階から出火したとみられ、野菜を梱包(こんぽう)する発泡スチロールなどを焼いたという。同署などは31日に実況見分し、原因などを調べる。同社によると、植物工場ではこの日、従業員20人が働いていたが、出火当時は昼休みのため、工場内に人はいなかった。

 30日午前9時55分ごろ、いわき市、無職志賀貞夫さん(60)方から出火、木造2階建てを全焼し、焼け跡から1人の遺体が見つかった。いわき中央署によると、志賀さんの妻千代子さん(57)と連絡が取れないという。同署は遺体が千代子さんの可能性があるとみて31日にも、福島医大で司法解剖し、身元や死因などを調べる。

  同署によると、志賀さんは母(83)、千代子さん、次男(25)の4人暮らし。出火当時、千代子さんと次男が在宅していた。次男は逃げる際、胸を打つなど軽いけがをした。志賀さんは入院中で母は外出していたため無事だった。同市消防本部によると、近隣の住宅などにも延焼しており、50代男性がやけどを負い病院に運ばれた。

 30日午後3時50分ごろ、大阪府泉佐野市葵町1の木造平屋建て民家から出火し、約64平方メートルを全焼した。室内にいた男性1人が救出されたが、現場で死亡が確認された。大阪府警泉佐野署は、この部屋に1人で住む94歳の男性と見て身元確認を急ぐとともに、出火原因を調べている。

 

 宮崎県延岡市教育委員会は29日、児童、職員らの名簿が入った同市小学校教頭(57)の私物パソコンが自宅で盗まれたと発表した。市教委は個人データの校外持ち出しを禁止しており、教頭を厳重注意した。
  市教委によると、盗まれたパソコンに入っていたデータは、教頭の前任校の児童、保護者、学校支援ボランティア、職員の計約160人の名簿や連絡網など。教頭は今春まで勤務していた小学校で、後任者への引き継ぎ目的で新年度用の名簿を作り、自宅のパソコンに保管。このパソコンが今月11日から13日の間、留守中に盗まれたという。

 バールで店舗や事務所の入り口をこじ開け、レジや金庫をそのまま持ち去る盗みを繰り返したとして、兵庫県警捜査3課と高砂署などが29日までに、窃盗などの疑いで、県内の男女ら計8人を逮捕していたことが捜査関係者への取材で分かった。県警は播磨地域を中心に183件約1700万円相当の被害を裏付けたとみられ、近く捜査を終える。

  逮捕されたのは兵庫県太子町東保の配管工江田俊容疑者(28)▽東京都練馬区の無職新田悠佑容疑者(26)ら8人。県警は、両容疑者が中心となってメンバーを集めたとみている。

  捜査関係者によると8人は知人同士で、2~3人が一組となり、昨年9月~今年1月の間、夜間に無人となった事務所や店舗を狙っていた。数分で現場を離れ、一晩に複数回繰り返したこともあったという。県警の調べにいずれも容疑を認め、「遊興費が欲しかった」などと話している。

  起訴状では、江田容疑者は仲間の男2人と共謀し昨年12月、姫路市北原の飲食店に侵入、現金約3万円などを盗んだとされる。8人は計13件の窃盗罪などで起訴されている。

 福島県警伊達署は29日、伊達市月舘町糠田の60代の男性の桃畑でモモ約1500個(時価約35万円相当)が盗まれた、と発表した。窃盗事件として捜査している。

  同署によると、盗まれたのは県産の主力品種「あかつき」。28日正午ごろから29日午前10時半ごろまでの間に、木から実がもがれていたという。大量に盗まれていることから、犯人は複数いるとみている。

  モモの収穫は最盛期を迎えており、先週も同市箱崎の畑で約700個が盗まれたばかり。同署が警戒している。

 兵庫県警東灘署は29日、窃盗の疑いで、神戸市中央区の会社員の男(39)を逮捕した。

  逮捕容疑は2013年12月29日、同市東灘区御影中町1のスイミングスクールで、げた箱にあった女性2人のブーツを各1足盗んだ疑い。容疑を認めているという。

  同署によると、この数日以内に、女性用ブーツがなくなる事案がほかに2件あったという。

 29日午後9時半ごろ、大阪市東住吉区今川の木造2階建て文化住宅(5戸)から出火し、1階の1部屋10平方メートルを全焼した。室内にいた男性1人が救出されたが、病院で死亡が確認された。大阪府警東住吉署は、この部屋に1人で住む60代の男性と見て身元確認を急ぐとともに、出火原因を調べている。

 板橋区は28日、区立小学校の男性教諭(24)が、清瀬市内で他人の自転車を無断で使用したとして、窃盗容疑などで田無署で取り調べを受けたと発表した。

  同区教育委員会によると、教諭は28日午前0時50分ごろ、清瀬駅前にあった自転車を使って帰宅途中、無灯火だったため同署員に職務質問された。

  教諭は27日夜に同区内の飲食店で飲酒。電車を秋津駅まで乗り過ごし、徒歩で帰宅する途中だった。区教委の事情聴取に、「家まで遠いのでつい自転車に乗ってしまった」と供述しているという。

 26日午前8時35分ごろ、田村市、パチンコ店「ワールド田村店」=吉本幸太店長(37)=から出火、鉄骨平屋約873平方メートルを全焼した。開店前で客はいなかった。店内には従業員数人がいたが、けが人はなかった。

  田村署によると、店内から出火したとみられる。同署などは27日、引き続き実況見分を行い、原因を調べる。

 26日午後11時ごろ、大阪市浪速区幸町の女性(69)方から出火、木造2階建て住宅延べ約70平方メートルのうち、1階と2階の約20平方メートルが焼損した。

  消防によると、住人の女性が上半身にやけどを負ったほか、近所の女性(77)と孫の少女(13)が煙を吸い込み、体調不良を訴えて病院に搬送された。大阪府警浪速署が詳しい出火原因を調べている。

 26日午後3時半ごろ、所沢市東町、豆腐店「鹿島屋食品」から出火、木造2階建て店舗兼住宅が全焼したほか、隣接の住宅3棟が全焼、ビル2棟の外壁などが焼けた。

  所沢署によると、同店は休業日で、家族は外出していた。同署で出火原因を調べている。

 26日午後0時40分ごろ、東京都台東区西浅草3丁目の「浅草ビューホテル」26階のレストランから出火した、と119番通報があった。高層階に白煙が立ちこめ、客が階段で避難するなど一時騒然となった。東京消防庁によると、火は約2時間半後にほぼ消し止められた。けが人はなかった。

  同庁やホテルによると、出火元はレストランの調理室。調理で出た煙を排気するためのダクトの内部が燃えていたという。ホテルは地上28階建てで、煙はダクトを通じて別の階にも広がり、屋上から噴き出す様子も確認された。

 25日午後2時10分ごろ、静岡市葵区西又、無職の男性(89)方から出火し、木造平屋建て母屋や木造2階建ての作業場兼住宅など5棟を全焼した。
  静岡中央署によると、出火当時、男性方は一家7人のうち、6人がいた。消火しようとした長男(63)が腕に軽いやけどを負った。
  同署と市消防局によると、作業場兼住宅の1階作業場の燃え方が激しかったという。出火前にコンロを使っていたことから、同署などは作業場から出火したとみて調べている。
  近所の会社員女性(53)は「『ボン』という今まで聞いたことのない大きな音がして、外を見ると炎が上がっていた」と話した。

 25日午後1時45分ごろ、東京都大田区中央の7階建マンション2階の一室から出火、室内の約5平方メートルが焼けた。室内から男女が救助されて病院に搬送されたが、いずれも意識不明の重体。一酸化炭素中毒とみられる。

  警視庁大森署は、男女がこの部屋に住む60代の夫婦とみて身元の確認を進めるとともに、詳しい出火原因を調べている。

 女性の下着を盗んだとして、京都府警西京署は24日、窃盗の疑いで、京都府長岡京市、京都生協職員の男(48)を逮捕した。同署によると、「軒下のパンティーを盗んだことに間違いない」と、容疑を認めている。

  逮捕容疑は6月29日午前11時25分ごろ、京都市西京区の無職女性(34)方の1階軒下に干してあった女性の下着(時価約3千円)を盗んだとしている。

  同署によると、6月以降、女性方で干してあった下着が無くなることが何度か、女性が防犯カメラを取り付けたところ、犯行の様子が写っていたという。

  男は「ほかにも何件かやった」と話しているといい、同署は裏付けを進めている。

高級自転車ばかりを狙って盗みを繰り返していたとして、大阪府警大淀署は24日、窃盗容疑で、住居不定、無職、白砂直人容疑者(31)を逮捕、送検したと発表した。容疑を認め、すでに一部については同罪で起訴されている。

  同署によると、白砂被告は「昨年5月から今年6月の間に30件くらいやった。生活費のためだった」などと供述。同署は、白砂被告が三十数件(被害総額計約170万円相当)の同様の自転車盗に関与したとみて裏付け捜査を進めている。

  逮捕・送検容疑は昨年7月上旬、大阪市天王寺区のマンション駐輪場で、米国の自転車メーカー「キャノンデール」のマウンテンバイク1台(時価28万円相当)を盗むなど、兵庫県や大阪府内で高級自転車を繰り返し盗んだとしている。

  同署によると、白砂被告は自転車販売の仕事をしていた経験があり、高級な自転車を見極めた上でワイヤ錠などを工具で切断し、盗んでいたという。盗んだ自転車はリサイクルショップで売りさばいていた。

 23日午後5時15分ごろ、富津市川名の漁師、吉田豊さん(76)方から出火。富津署によると、鉄筋2階建て住宅の大部分が焼け、豊さんと妻が病院に搬送された。いずれも軽傷。

 24日午前1時35分頃、名古屋市天白区山根町の診療所「一ツ山クリニック」(古川剛院長、19床)から出火、4階建て診療所の2階ごみ置き場約7平方メートルを焼いた。

  この火災で入院患者14人(66~89歳)と当直の女性看護師2人(いずれも28歳)が煙を吸って別の病院に搬送され、このうち男性患者(81)がのどにやけどを負った。

  愛知県警天白署と名古屋市消防本部の発表によると、出火直前にごみ置き場で、この男性患者が消火器で火を消そうとする姿を看護師が目撃しており、同署は男性の容体が回復し次第、事情を聞くことにしている。

  出火当時、消防車と救急車計28台が出動し、寝たきり患者をストレッチャーで搬送するなど現場は一時騒然とした。近所の男性(71)は「看護師が患者に何度も呼びかけて、緊迫した様子だった」と驚いていた。

 八戸署は23日、八戸市内での住居侵入と窃盗の容疑で昨年12月26日に逮捕した本籍静岡県牧之原市、住所不定、無職笠原健被告(23)=起訴済み=について、逮捕まで約1年3カ月の間に21都府県で93件、被害総額約750万円(現金約670万円)の盗みを働いていたと発表した。

  同署によると、2013年9月から14年12月26日までの間、住居侵入と窃盗が81件、窃盗や建造物侵入などが12件。盗んだ現金を使ってホテルに宿泊しながら、青森県から熊本県までの各地を新幹線や電車で転々としていた。同被告は全ての容疑を認めている。

  1人で主に住宅を狙い、窓ガラスなどから侵入し、金目のものを盗んでいたという。八戸で逮捕された時の所持金は7千円だった。

 病院からパソコンを盗んだとして、新潟県警新発田署は23日、建造物侵入と窃盗の疑いで新潟市中央区笹口、国土交通省北陸地方整備局港湾空港部職員の中宮正人容疑者(46)を逮捕した。
  容疑を認めているという。
  逮捕容疑は3月28日、同県新発田市の県立新発田病院7階の会議室に侵入し、ノートパソコン1台(10万円相当)を盗んだ疑い。
  同署によると、中宮容疑者の自宅からは聴診器や注射針、他人名義の保険証などが見つかっており、他にも病院で盗みを繰り返していたとみて調べている。同病院によると、パソコンには入院患者約450人分の氏名や病名などのデータが入っていたが、悪用された形跡はないという。
  藤山秀章北陸地方整備局長の話 事実が明らかになり次第、厳正に対処する。
23日午前0時35分ごろ、岐阜県川辺町上川辺、無職、中西修さん(69)方から出火、木造2階建て住宅約233平方メートルを全焼し、焼け跡から女性の焼死体が見つかった。県警加茂署は、遺体が行方の分からなくなっている中西さんの母(95)とみて確認中。中西さんと妻(64)も気道熱傷で軽傷を負った。

 23日午前1時35分頃、長崎市文教町の増田清子さん(85)方から出火、木造一部3階建ての店舗兼住宅を全焼した。

  焼け跡からは、3人の遺体が見つかった。

  長崎県警浦上署によると、この家には、増田さんと長男の正信さん(61)、長女の政子さん(59)の親子3人が暮らしていたが、いずれも連絡が取れていない。遺体はいずれも、住居部分の2階で見つかった。正信さんは足が悪かったらしい。

  同署では、遺体の身元確認を急ぐとともに、午前10時すぎから実況見分を開始し、出火原因を調べている。

 千葉県警木更津署と県警捜査三課などは22日、木更津市などの民家に侵入して盗みを繰り返したとして、住居侵入と窃盗(忍び込み)の疑いで同市の無職少年(18)=窃盗容疑などで逮捕=を地検木更津支部に追送検し、捜査を終結したと発表した。未遂も含め窃盗事件約160件(被害総額688万円)を立件した。

  同署によると、少年は昨年7月からことし6月まで、夜間に木更津市と袖ケ浦市の一般民家に侵入し、現金入りの財布などを盗んでいた。少年は「遊ぶ金が欲しかった」などと容疑を認めており、盗んだ金はパチンコやゲームセンターで使っていた。

  同署などは6月11日に少年を同容疑で逮捕し、関連事件の裏付けを進めていた。少年の逮捕容疑は5月30~31日、木更津市内の民家に侵入し、現金4万8千円など在中の財布を盗んだ疑い。

 コンビニ店内で「遊戯王カード」などのパックを開封し、カード数十枚を盗んだとして、京都府警南署は22日、窃盗の疑いで、滋賀県守山市の専門学校生の男子生徒(19)を逮捕した。同署によると、容疑を認めている。

  逮捕容疑は2月2日午後0時20分ごろ、京都市南区のコンビニで、陳列してあった「遊戯王カード」や「デュエルマスターズ」などのトレーディングカードの26パック(販売価格約5千円)を開封、中にあったカード数十枚を盗んだとしている。

  同署によると、男子生徒は店員の目に付かない様にパックを開封、中からカードをとったあと、空のパックをほかの商品の後ろに置くなどして隠し、そのまま店から逃走したという。犯行の一部始終が、店内の防犯カメラに記録されていた。

 22日午後7時50分ごろ、神戸市須磨区妙法寺円満林、安芸カヲルさん(86)方から出火し木造平屋約60平方メートルと、南隣の木造平屋民家約60平方メートルを全焼した。安芸さん宅から性別不明の1遺体が見つかった。須磨署は、安芸さんの可能性が高いとして、身元確認を急いでいる。

  同署などによると、安芸さんは1人暮らしで、近隣に住む女性によると、足が不自由で普段は車いすで生活していたという。

  南隣の民家の男性(74)は「炎がくすぶっているのが見えた。水で消そうとしたが、一瞬で炎が噴き出して燃え移った」と興奮した様子で話していた。

 文化放送は21日の定例会見で、主催公演のチケット販売を委託したぴあが、チケット購入者1万4080人の個人情報が入ったノートパソコンを14日に紛失したと発表した。購入者の氏名、電話番号などが保存されていたが、クレジットカードなどの決済情報は含まれておらず、第三者への情報漏洩(ろうえい)や不正使用、ぴあ本社内サーバーへの不正アクセスは確認されていないという。盗難の可能性もあるとみて警察に届け出た。

 福岡県警は21日、事務所に侵入を繰り返し、現金や為替手形など計約3800万円相当を盗んだとして、窃盗などの疑いで指定暴力団道仁会系組幹部田中義彦容疑者(43)、同組員三角真一郎容疑者(36)ら6人=いずれも窃盗罪などで起訴=を逮捕、追送検し、捜査を終結したと発表した。

  逮捕、追送検容疑は共謀して昨年3~9月、福岡市東区の建設会社事務所や同県朝倉市の森林組合事務所など10カ所に侵入し、現金計約1800万円や為替手形(額面約1800万円相当)などを盗むなどした疑い。県警によると、6人はメンバーを入れ替えながら犯行を繰り返しており、容疑を認めているという。

 21日午前6時10分ごろ、大阪市浪速区恵美須東の通称「新世界」にある集合住宅「小塚ハイツ」(6階建て)で「煙が出ている」と近隣住民から119番があった。3階一室を半焼し、消防が火を消し止めた。住人の男性(72)は出火当時、外出中だった。ほかに類焼やけが人はなかった。大阪府警浪速署が出火原因を調べている。

 21日午前4時35分頃、千葉県茂原市千町の花火店倉庫から出火し、木造平屋同建物を全焼した。

  焼け跡から1人の遺体が見つかったほか、全身にやけどを負った男性が病院に搬送された。

  茂原署の発表によると、遺体の性別は不明。2人は敷地内の家に住む60歳代の夫婦とみて調べている。倉庫には、打ち上げ花火に使う道具が保管されていた。

 21日午前4時50分ごろ、滋賀県栗東市下戸山の山本和行さん(41)方付近から出火し、木造2階建て住宅約100平方メートルのうち2階の一部が焼けた。2階にいた男性が病院に運ばれたが、全身にやけどを負い、死亡が確認された。県警によると、この家で1人で暮らしていた山本さんと連絡が取れておらず、遺体の身元の確認を急ぐとともに出火原因を調べている。

 20日午後7時15分ごろ、さいたま市南区文蔵5丁目、アパート「光荘」1階、職業不詳岡本正夫さん(60)方から出火、木造2階建てを全焼、焼け跡から男性1人の遺体が見つかった。アパートに隣接する住宅も全焼、近くに住む女性(81)が軽いけがをして病院に搬送された。

  浦和署によると、アパートは1、2階の計4室で、居住していたのは1人暮らしの岡本さんのみだった。近くに住む女性(72)が出火に気付き、119番した。遺体は岡本さん方から発見された。同署は遺体が、出火後連絡の取れていない岡本さんの可能性が高いとみて身元や出火原因を調べている。

 20日午後8時35分ごろ、東京都墨田区立花5丁目の7階建てマンションの6階から出火し、一室約70平方メートルが全焼した。室内で男性が倒れているのが見つかり、病院で死亡が確認された。直前に男性が油をまいて火を付けたとの情報があり、向島署が経緯を調べている。

  署によると、この部屋は30代の夫と妻、子どもの3人暮らし。出火当時、妻と子どもは外出中で、署は死亡したのは夫とみている。

  マンション周辺は避難した多くの住民で騒然となった。3階に住む女子大学生(21)は「外に出たら黒い煙が上がっていて怖かった」と話した。

 19日午前3時50分ごろ、大阪府枚方市禁野(きんや)本町の職業不詳、飯田浩二さん(54)方から出火。木造2階建て住宅約200平方メートルを全焼し、飯田さんと女性2人の計3人が手にやけどを負うなどして病院に搬送された。いずれも軽傷とみられる。

  枚方寝屋川消防組合などによると、搬送されたのは飯田さんの妻(49)と娘(20)。大阪府警枚方署によると、飯田さんは3人暮らしだった。同署で詳しい出火状況を調べている。

 18日午前4時40分ごろ、いわき市、小野辰夫さん(75)方から出火、木造2階建て約142平方メートルを全焼した。

  いわき中央署によると、コンロ付近から出火したとみられる。小野さんは1人暮らしで、避難してけがはなかった。同署が詳しい原因を調べている。

  早朝だったが、現場には付近住民が集まり、一時騒然となった。

 なまめかしいろう人形など性にまつわる珍品を展示し、昨年末に閉館した日光市藤原の「鬼怒川秘宝殿」跡の建物で、館内にあったろう人形7体が盗まれていたことが分かった。今市署は窃盗と建造物侵入の疑いで捜査している。

  同署によると、関係者の男性が16日午前に見回りに来た際、被害に気付き、同署に通報した。鍵は全て施錠されており、同署は合鍵を持っていた人物が関与した疑いもあるとみて調べている。

 マンションに侵入し、現金などを盗もうとしたとして、警視庁捜査3課は窃盗未遂などの疑いで、住所不定、無職、矢原裕三(やはら・ひろみ)容疑者(38)を逮捕した。同課によると、「無収入で、生活費がほしかった。ほかにも60件くらいやった」などと容疑を認めている。

  昨年4月以降、東京都多摩市や日野市、府中市などで計約60件(被害総額約400万)の空き巣被害があり、同課が関連を調べる。

  逮捕容疑は、6月13日午前9時から同日午後10時ごろ、多摩市関戸のマンションで、美容師の女性(21)が住む2階一室にベランダの窓ガラスを割って侵入。金品を盗もうとしたとしている。

  同課によると、矢原容疑者は窓ガラスをひじで割っており、現場に残った血痕などから関与が浮上したという。

 営業中の店舗からテレビなど大型家電を万引したとして、京都府警宇治署は16日、窃盗の疑いで、宇治市槙島町北内、建設業の男(30)を逮捕した。
  逮捕容疑は5月11日午後9時50分ごろ、京都府久御山町のショッピングモールで、売り場に陳列していた46インチの液晶テレビと空気清浄機(計12万9千円相当)をカートに載せたままレジで精算せずに店外に運び出し、盗んだ疑い。
  宇治署によると、売り場の防犯カメラに陳列棚と展示用の商品をつなぐワイヤを手でほどく容疑者と見られる男の様子が映っていたという。

 16日午後3時10分ごろ、京都市東山区祇園町の飲食店「道草庵」から出火。木造2階建て約180平方メートルのうち小屋裏の約30平方メートルなどを焼き、約20分後にほぼ消し止められた。出火時は客はおらず、従業員3人にけがはなかった。京都府警東山署が出火原因を調べている。

  現場は、京都・祇園の中心地を貫くメーンストリート「花見小路通」付近の飲食店で、周辺にはお茶屋なども並んでいる。通行人が、「建物から煙が出ている」と119番した。

  消火活動のため、消防隊員が集まり、周囲は一時騒然となった。この日は、祇園祭の前祭の「宵山」当日とあって、多くの観光客が集まり「何があったのか」などと不安の声を上げていた。

 16日午後11時ごろ、東京都三宅村坪田(三宅島)の民家から出火、木造平屋を全焼した。警視庁三宅島署によると、焼け跡から2人の遺体が見つかり、この民家に住む70代の女性と50代の娘と連絡が取れないことから、遺体はこの2人とみて身元の確認を進めている。

  同署によると、2遺体は寝室周辺で発見された。近くに住む女性が民家から炎が出ていることに気付き、110番した。

 16日午前11時25分ごろ、堺市西区築港新町のコスモ石油堺製油所から、「装置の配管からLPG(液化天然ガス)が漏れている」と119番があった。堺市消防局によると、大型化学車など9台が出動したが、同製油所が装置の操業を停止してまもなく漏洩は止まり、出火もなかった。周辺の事業所などにも影響はなかった。

  市消防局によると、LPGからガソリンの添加成分をつくる装置の高さ約3メートルの配管に約1ミリの穴があり、そこからガスが漏れたとみられる。大阪府警西堺署と市消防が詳しい原因を調べている。

 「東京都埋蔵文化財センター」(多摩市落合)で、勾玉(まがたま)のレプリカなど展示品3点(約2万5千円相当)が盗まれていたことが15日、分かった。多摩中央署は窃盗事件として捜査している。

  同署によると、13日午前9時ごろ、出勤してきた男性職員が、展示ホール内の壁に掛かっていた勾玉のレプリカ2点と、アクリルケースに入って展示されていた石包丁1点がなくなっているのに気付いた。勾玉は壁にひもを通して掛けられていたといい、2本の切られたひもが残っていた。アクリルケースは蓋が外されていた。10日午後4時半ごろに清掃員の男性が作業を行った際には、異常がなかったという。

 コンビニでチョコレートを万引したとして、郡山署は14日午前8時、盗みの疑いで県中建設事務所の主事の男(24)を現行犯逮捕した。

  逮捕容疑は、郡山市のコンビニで、チョコレート1個(約150円)を盗んだ疑い。同署によると、店員から110番を受け、駆け付けた署員が現行犯逮捕した。

 神奈川県警港南署は14日、住居侵入と窃盗の疑いで、横浜市港南区に住む市立中学3年の男子生徒2人=いずれも14歳=を逮捕した。
  逮捕容疑は、13日午後7時35分ごろ、横浜市港南区の男性(56)の自宅に侵入し、現金約41万円を盗んだ、としている。
  同署によると、当時男性は仕事で不在だった。

 大阪市内で5月、愛知学院大(愛知県日進市)のビッグバンド部の楽器7点(時価総額241万円相当)を盗んだとして、大阪府警は14日、男2人を窃盗容疑で大阪区検に追送検した。

  部員らがツイッターに楽器の特徴を書き込んで情報提供を求めたことが、事件解決につながった。

  追送検されたのは、住居不定、無職日根真一(44)、大阪府東大阪市、塗装工浅沢裕之(43)の両被告(いずれも別の窃盗罪で起訴)。発表では、2人は5月9日夜、大阪市淀川区の駐車場で、同部が借りたワゴン車内からトランペットやドラムなどを盗んだ疑い。部員らは府内で翌10日に開かれたコンテスト予選に出場するため、現場近くの宿泊先に滞在中、被害に遭った。

  部員たちはツイッターなどで楽器の種類や製造番号などを伝えて情報を求めたところ、浅沢被告から3点を買い取った楽器店関係者がインターネット上の書き込みに気づき、府警に通報した。

  同部は他大学に楽器を借りて予選を通過し、楽器は5月末に部員たちの手元に戻ったという。本選は8月。

 14日午後10時40分ごろ、南相馬市、愛原八重子さん(77)方から出火、木造平屋を全焼し、焼け跡から1人の遺体が発見された。

  付近住民によると、愛原さんは1人暮らし。南相馬消防署によると、愛原さんと連絡が取れていないという。南相馬署が遺体の身元の確認を急ぐとともに原因を調べている。現場は夜の森公園の西側で住宅街。付近は住民で一時騒然となった。近所の住民は「居間付近の炎が激しく上がっていた」と驚いた様子で話した。

 14日午後0時55分ごろ、天童市今町の佐藤建具店から出火し、木造2階建ての作業小屋約280平方メートルが全焼した。

  天童署によると、作業小屋と棟続きの自宅で休憩していた経営者の佐藤務さん(82)が、小屋の1階付近から煙が出ているのに気づき、119番通報した。原因を調べている。

 14日午前7時40分頃、東京都新宿区百人町の木造平屋建て住宅から出火、同住宅や隣接する木造2階建て共同住宅など計4棟約280平方メートルを全焼したほか、周囲の4棟の壁なども焼けた。

  東京消防庁によると、この火事で30~60歳代の男性3人が手にやけどを負うなどしたが、命に別条はないという。

  出火時には大きな爆発音もしており、消防車35台が出動し、付近は一時騒然とした。現場近くに住む女性(60)は「大きな音がして、驚いて目が覚めた。大地震でも起きたかと思って外を見たら、火の手が上がっていたので慌てて逃げた」と声を震わせた。

 6月、傷害や窃盗未遂の疑いで富士署などに逮捕された富士市内の10代の少年4人が、昨年末から同市全域で相次いで発生していたオートバイ盗について、数十件への関与をほのめかしていることが9日、捜査関係者への取材で分かった。同署などは裏付け捜査を慎重に進める。容疑が固まり次第、窃盗の疑いで静岡地検沼津支部に書類送致する方針。
  捜査関係者によると関与を供述しているのは、金属バットで知人を殴るなどして傷害の疑いで逮捕された無職少年と男子高校生、会社敷地内に設置した自動販売機から現金などを盗もうとした窃盗未遂の疑いで逮捕された男子高校生と男子中学生の4人。少年らは知人同士で、遊び目的でオートバイ盗を繰り返し、ガソリンがなくなると市内に乗り捨てていたという。
  同署管内では今年に入り、オートバイ盗が多発。6月までの件数は前年同期比73件増の140件で、県内全体の発生件数の約3割を占める。

 13日午後8時20分ごろ、仙台市太白区八木山香澄町の住宅から出火、2階建ての1棟が全焼し、焼け跡から1人の遺体が見つかった。仙台南署は、遺体はこの家に住む女性(84)とみて身元の確認を急いでいる。
 仙台市消防局などによると、同居する息子(52)が重体、息子の妻(53)が顔などにやけど。助けに入った近所の男性(24)が煙を吸い、のどなどに軽いけがをした。

 消防車24台が出動し、辺りは一時騒然となった。

 現場近くに住む主婦(70)は「『バン、バン』という爆音が聞こえたので慌てて飛び出したら、ものすごい高さの炎が上がっていた。(行方不明の女性は)高齢で足腰が弱かったようだ」と話した。

 12日午後3時35分ごろ、大阪府八尾市のマンションの廊下で、男が友人宅を訪れた小学5年の女児(10)に近づき「バッグの中を見せて」と声をかけた。女児は抵抗したが、男はバッグの中のゲーム機とゲームソフトを奪って逃げた。女児にけがはなかった。

  大阪府警八尾署は強盗事件として捜査。男は20代くらいで、マスクやヘルメットなどは着用していなかった。

  同署によると、今月6日夕には、このマンションから約1キロ離れた同市内の路上で、何者かが自転車に乗った小学6年の女児(12)からかばんをひったくろうとする事件が発生。年齢など特徴が似ていることから、同署は同一犯の可能性もあるとみて調べている。

 12日未明、大阪市住之江区南港中の市営住宅で起きた火災で、大阪府警住之江署は12日、心肺停止の状態で救急搬送された女性の死亡が確認されたと発表した。亡くなったのは住人の無職、山川正子さん(80)。すでに死亡が確認されている男性は山川さんの夫とみられ、署が身元確認を急ぐとともに、出火原因を調べている。

 コンビニで強盗しようとしたとして、大阪府警捜査1課と布施署は11日、強盗未遂などの疑いで、広島県東広島市志和町別府、整備工、丸岡高広被告(32)=別の窃盗罪で起訴=を逮捕した。容疑を認めているという。

  逮捕容疑は今年1月28日、大阪府東大阪市宝持のミニストップ東大阪宝持店で、30代の男性店長に包丁を突きつけ、「金」などと脅して現金を奪おうとしたとしている。

  府警によると、丸岡容疑者は、男性店長に「警報機を鳴らした」などと告げられ、何もとらずに逃走した。

 11日午前10時50分ごろ、京都市中京区壬生東高田町の西村鉄工所=西村信二さん(78)経営=から出火、木造2階建て延べ約320平方メートルが全焼した。西村さんが両腕と顔にやけどを負った。中京署によると、西村さんがバーナーで鉄材を切断中に火の粉が飛び散り、床などに引火したと話しているという。現場にはバーナーに使う可燃性ガスのアセチレンのボンベがあったが引火しなかった。
  現場近くに住む松川昌さん(78)は「ボンボンという爆発音がした。外を見ると黒い煙が100メートルぐらい上がっていた」と話した。

 知人宅から盗んだキャッシュカードで現金を引き出したなどとして、神戸地検は10日、住居侵入と窃盗の罪で尼崎市浜田町5、神戸地方法務局西宮支局登記官、奥野剛容疑者(46)を起訴した。

  起訴状によると2013年12月、神戸市灘区の知人男性宅に侵入。現金15万円やカードなどを盗んだ上、同区内の現金自動預払機(ATM)で50万円を引き出したとされる。

 兵庫県警西宮署は8日、窃盗の疑いで、アルバイトの男(45)=神戸市東灘区=を逮捕した。

  逮捕容疑は、4月28日、西宮市大谷町で引っ越し荷物の運搬作業中、段ボールから高級ブランド「エルメス」や「シャネル」などのハンドバッグ計4点(約490万円相当)を盗んだ疑い。同署によると、容疑を認めているという。

  同署の調べで、盗んだバッグを神戸市内のリサイクルショップで換金したことなどから発覚した。

 奈良県警橿原署は8日、今月1日に同県橿原市木之本町の自営業、西岡康友さん(65)方が全焼し、焼け跡から1人の遺体が見つかった火事で、遺体はこの家に住む康友さんの弟で無職、博典さん(63)と判明したと発表した。死因は一酸化炭素中毒だった。

 8日午前7時10分ごろ、鶴岡市美原町、無職足達敏子さん(76)方から出火、木造2階建て約100平方メートルが全焼した。火を消そうとした足達さんが顔にやけどを負い、鶴岡市立荘内病院に搬送された。命に別条はない。

  鶴岡署によると、足達さんは1人暮らし。1階北西側の仏間から出火したとみられ、足達さんが119番通報した。同署は8日午後1時から実況見分を行い、出火原因を調べている。

 滋賀県警草津署は7日、窃盗の疑いで栗東市内の無職少年(18)を逮捕した。
  逮捕容疑は1日午前4時半ごろ、草津市渋川1丁目のコンビニエンスストアの事務所で保管していた金庫から売上金約320万円などを盗んだ疑い。
  同署によると、少年はこのコンビニの元アルバイト店員で、金庫の開け方を知っていたとみられる。

 7日午後9時10分ごろ、堺市北区東雲東町1丁の堺市駅東商店街の金物店から出火、付近の飲食店などに燃え広がり、木造2階建て店舗兼住宅など6棟が全半焼し、延べ約465平方メートルのうち約320平方メートルが焼けた。

  堺市消防局と大阪府警北堺署によると、3棟に人が住んでいたが、負傷者はいなかった。

  金物店を経営する女性が同日午後8時ごろに帰宅した後、同店は無人だったという。付近の住民が「店から煙が上がっている」と119番した。

 大阪府門真市のマンション駐輪場で原付きバイクに火を付けたとして、府警門真署は7日、住所不定の無職、牧野恵二容疑者(43)を建造物等以外放火の疑いで逮捕した。門真市と隣接の守口市では6月29日未明、半径約1キロ圏内で集合住宅のごみ置き場などが燃える不審火が他に4件起きており、門真署は関連を調べている。

  牧野容疑者は「生活面でむしゃくしゃして、ライターで火を付けた」と容疑を認めているという。

  逮捕容疑は6月29日午前3時40分ごろ、門真市殿島町のマンション駐輪場で、バイクや自転車計数台に放火したとしている。マンションの防犯カメラに出火直前、駐輪場内に入る牧野容疑者とみられる男が映っていた。

 新築民家を狙って侵入して現金を盗んだとして、京都府警捜査3課などの合同捜査班は7日、住居侵入と窃盗の疑いで、兵庫県篠山市小枕の自動車販売仲介業、宮崎翔(27)、同市黒田の総合請負業、高橋久裕(27)の両被告=いずれも住居侵入と窃盗罪で起訴=を再逮捕した。

  昨年11月以降、京都府や福井県など5府県で、新築の民家を狙う手口の窃盗事件が相次いで発生。2人は約70件の犯行を自供しており、被害総額は1千万円にのぼるとみられ、府警などが裏付けを進めている。

  2人は「新築の民家は勝手口の扉のスライドガラスが無施錠なことが多いので狙った」などと供述している。

  府警は6日に同容疑で同市の土木作業員の少年(16)も逮捕。3人は「生活費や遊ぶ金が欲しかった」といずれも容疑を認めている。

  逮捕容疑は、5月10日から13日までの間、福井県大飯郡おおい町の男性(45)宅など3軒の民家に侵入し、財布や財布内の現金計約8万円を盗んだとしている。

  府警によると、再逮捕された2人は5月27日に、兵庫県丹波市の男性宅などに侵入したとして、住居侵入容疑などで逮捕されている。

 大阪、兵庫両府県の大型商業施設で家電製品の万引を繰り返したとして、西署は6日、窃盗容疑などで兵庫県尼崎市武庫町、無職、加藤希(29)と同居の夫で無職、篤司(33)の両容疑者を逮捕し、7件(被害総額約38万円相当)の犯行を裏付けて最終送検したと発表した。2人はうち2件の窃盗罪で起訴された。

  同署によると、希被告が商品をカートに乗せたまま店外に持ち出し、出入り口付近で待つ篤司被告の車に積み込む手口で犯行を重ねていた。希被告は「万引が見つかっても、『財布を持った夫が外で待っている』と言い訳しようと思った」と話しているという。

  逮捕・送検容疑は今年2月22日午後4時ごろ、大阪市西区千代崎の「イオン大阪ドームシティ店」4階の家電売り場で、食器洗い乾燥機1台を盗んだほか、26年9月~今年3月に兵庫県内でも6件の万引を繰り返したとしている。

  2人とも容疑を認め、「覚醒剤を買うために万引して換金した。60件ぐらいやった」と供述しているという。

 1人暮らしの女性宅ベランダから下着を盗んだとして、警視庁北沢署は6日までに、窃盗容疑で、調理師新井悠也容疑者(32)=東京都世田谷区松原=を逮捕した。同署によると、容疑を認め、「仕事のストレスでやった」と供述している。
  同署は新井容疑者宅から女性物の下着上下など約80点を押収。同容疑者は「7、8カ月前から10回以上盗んだ」と話しており、同署が詳しく調べている。
  逮捕容疑は6月8日午前1時40分ごろ、世田谷区松原のアパート1階の20代女性宅ベランダで、干してあった下着など8点をハンガーごと盗んだ疑い。

 和歌山県警かつらぎ署は、窃盗などの疑いで同県橋本市などに住む19~21歳の男6人を逮捕、和歌山地検に最終送致したと発表した。同署は出店荒らしなど、未遂を含めて36件の容疑を裏付け、被害総額は約163万円相当にのぼるという。

  送検容疑は、平成24年9月~今年3月末、橋本市や九度山町などの飲食店や診療所、倉庫などに侵入し、現金計約134万円と液晶テレビなど152点(約29万円相当)を盗んだとしている。

  同署によると、無職の男(20)が中心となり、メンバーを替えながら2~3人で県北部の国道24号沿いの飲食店などに侵入。盗んだ現金などは、6人で分けていたという。

 5日午後11時55分ごろ、大分県杵築市八坂の海上自衛官、末棟憲一郎さん(40)方から出火し、木造二階建ての民家を全焼した。県警杵築日出署によると、この火災で末棟さんの長女の悠佳梨さん(14)、四男の雅祐君(9)、次女の真由美ちゃん(7)、五男の滋ちゃん(5)の4人の行方が分からなくなっており、安否確認を急いでいる。また末棟さんと妻(42)、三女(3)がやけどで病院に搬送されたが、命に別条はないという。
 4日午前4時半ごろ、富士宮市村山の鉄工場の敷地内で工場に隣接して設置された自動販売機から出火し、自販機1台を焼損した。富士、富士宮両市で発生した自販機の不審火は6月27日以降、これで5件目。富士宮署などは、釣り銭の窃盗目的も視野に調べている。
  同署などによると、付近をパトロール中の署員が見つけ、消火に当たった。釣り銭や商品の取り出し口付近の燃え方が激しく、付近には小銭が落ちていたという。
  自販機を焼く不審火はこれまで、富士宮市で3件、富士市で1件発生していた。

 奈良県五條市本町の五條市役所で、別館1階の複数の職員の机から現金が盗まれていたことが3日、わかった。市などは奈良県警五條署に被害届を提出、同署が窃盗容疑で捜査している。公金や公文書の被害はなかったという。

  市によると6月28日午前9時ごろ、休日出勤した女性職員が自分の机の引き出しに入れていた現金がなくなっているのに気付いた。金額は不明という。

  ほかにも、複数の職員の机から現金がなくなっていることが判明。被害総額は不明だが、市によると別館1階北側の窓ガラスの鍵付近で直径約2センチの穴が空いているのが見つかったという。

  市は、職員に私物の現金を庁舎内に置かないよう指示。夜間警備の強化も検討している。

 いわき市のパチンコ店で2013(平成25)年10月、事務所の金庫から多額の現金が盗まれた事件で、いわき中央署は3日午前9時45分ごろ、盗みと建造物侵入の疑いで、さいたま市、無職高橋茂美容疑者(29)を逮捕した。
  逮捕容疑は、同年10月19日未明、佐藤正彦受刑者=窃盗罪などで服役中=と共謀して同店に侵入、事務所の金庫から現金約773万円を盗んだ疑い。
  同署によると、高橋容疑者は「何のことだか分からない」などと供述、容疑を否認しているという。2人は知り合いで、佐藤受刑者は同店の元従業員だった。
  同署は、逮捕状を取り高橋容疑者の行方を捜していた。
 裾野署は3日、窃盗の疑いで沼津市生まれ、住所不定、建設業の男(44)を逮捕した。
  逮捕容疑はことし3月8日午後4時半ごろから同9日午前8時半ごろまでの間、富士市の塗装工の男(39)=窃盗罪で有罪判決=と共謀し、磐田市の漁港の倉庫から、漁船用のスクリューや網の重りなど12点(合計110万円)を盗んだ疑い。
  同署によると、容疑者らは転売目的で、倉庫の部屋の鍵を壊し、中にあった小型や中型の漁船のスクリューなどを軽トラックに積んで運び出したとみられる。重量約80キロのスクリューもあったという。県中西部では3月、漁港倉庫から漁具が盗まれる被害が多発していた。同署は関連を調べている。
  容疑者は容疑を否認しているという。

 東松山署は2日までに、窃盗の疑いで、東松山市に住む高校生の少年(16)ら3人を逮捕、無職少女(17)を書類送検した。

  逮捕容疑は5月1日から2日までの間、同市唐子の駐車場から普通乗用車6台(計30万円相当)を盗んだ疑い。

  同署によると、少年2人が駐車場から車を盗み、無免許で運転、公園などに乗り捨てていた。少年2人は6台の窃盗、少女2人はそのうち5台を盗む際に見張りなどしていたという。

 2日午前7時半ごろ、埼玉県桶川市上日出谷の職業不詳、斉藤弘志さん(74)方の2階から煙が出ているのを、近くに住む女性(67)が見つけ110番通報した。この火事で、軽量鉄骨2階建て住宅が全焼し、2階6畳間から2人の遺体が見つかった。斉藤さんの長女(40)と孫の女児(1)と連絡がとれておらず、上尾署が遺体の身元確認を急ぐとともに出火原因を調べている。

  出火当時、斉藤さんは1階にいたが、逃げてけがはなかった。

 「水を飲ませて」と民家に上がり込み、現金を盗む事件が、6月下旬、神戸市東灘区渦森台3で相次ぎ発生した。東灘署が窃盗容疑で捜査している。

  同署によると、6月23日正午すぎ、1人暮らしの女性(80)が帰宅すると、玄関前に見知らぬ男がおり、「水を飲ませてもらませんか」と頼まれた。室内で水を飲んだ男は、間もなく立ち去ったが、居間にあった女性のかばんから現金約10万円が消えていた。

  女性宅には、27日午前11時半ごろにも、同様の手口で男が上がり込み、寝室や居間にあった財布から現金計約10万円がなくなった。

  男はいずれも30歳ぐらいで丸顔。27日の男は黄色っぽいポロシャツを着ていたという。同署は「面識のない人を安易に家にあげないで」と呼び掛けている。

 1日午後10時35分ごろ、奈良県橿原市木之本町の自営業、西岡康友さん(65)方から出火。木造2階建て延べ約180平方メートルをほぼ全焼し、1階から1人の遺体が見つかった。奈良県警橿原署によると、同居する弟の博典さん(63)と連絡が取れておらず、同署が身元確認を急いでいる。

 長男の康友さんは外出中で、三男は入院中で無事だった。博典さんは足が不自由で、数年前から車いすを使っていたという。