2015年10月アーカイブ

 10月31日午後10時30分ごろ、神戸市東灘区向洋町中の15階建ての市営住宅で、3階の一室から出火した。住人とみられる80代の女性が全身にやけどを負って病院に搬送されたが、まもなく死亡が確認された。消火器で消火しようとした近くに住む30代の夫婦も、煙を吸って病院に搬送されたが、軽傷とみられる。

  兵庫県警東灘署によると、火は約30分後に消し止められたが、約50平方メートルの部屋の台所を中心に約10平方メートルが焼けた。同署は身元の確認と出火の原因を調べている。

 31日午前1時20分ごろ、愛知県弥富市佐古木7、無職、池崎弘子さん(80)方から出火、両隣の家にも延焼し、木造2階建て住宅計3棟を全焼した。池崎さん方の焼け跡から、性別不明の1人の遺体が見つかった。

 県警蟹江署によると、池崎さんは40代の娘と2人暮らし。2人とも行方が分かっておらず、遺体はいずれかの可能性もあるとみて調べている。両隣の家の住人は逃げて無事だった。

 福岡南署は30日、高級化粧品を狙う、合計204歳の高齢万引集団の3人を、窃盗容疑で福岡区検に送致し、捜査を終了したと発表した。同署によると、送致されたのは、福岡市南区大橋4丁目の無職男(71)、住所同の無職男(67)、同市中央区今泉2丁目の無職男(66)の3人。3人は高級化粧品を狙って、今年7月28日に同市南区井尻3丁目のドラッグストアで化粧品10点(販売価格合計7万956円)を万引し、8月13日に福岡県志免町のドラッグストアで化粧品2点(販売価格合計1万5120円)を万引した容疑。同署は余罪を確認している。

 関東・東北豪雨で被災した茨城県常総市の民家から銅線などを盗んだとして、常総署は29日、ともに中国籍で無職の東京都足立区、姫升花(33)、李忠煥(30)の両容疑者を窃盗容疑で逮捕した。

  2人は「水害で廃品が多くあると思って常総市に行った。廃品なので窃盗になるとは思わなかった」などと話しているという。

  発表によると、2人は同日午前8時50分頃、常総市の無職男性(79)宅の敷地から銅線とワイヤケーブル計5束(約1万500円相当)を盗んだ疑い。近くに止めた2トントラックに積み込んでいるのを男性の家族が見つけ、110番した。

 29日午後8時50分ごろ、北海道北竜町の自営業男性(70)方から出火、店舗兼住宅をほぼ全焼した。けが人はなかった。道警沼田署は室内のまきストーブ付近から出火したとみて、原因を調べている。
 双葉署は27日午前10時50分ごろ、盗みの疑いで本籍大熊町、住所不定、無職渡辺賢二容疑者(37)=邸宅侵入の罪で起訴=を再逮捕した。
  再逮捕容疑は今年9月、東京電力福島第1原発事故に伴う帰還困難区域となっている大熊町の民家から、こたつ用毛布など6点(1万2500円相当)を盗んだ疑い。
  渡辺被告は10月2日に同町の民家に無断で侵入した疑いで、同署が現行犯逮捕。同署によると、この民家で生活していたとみられ、周辺の民家から盗みを繰り返していたという。

 尼崎北署は27日、窃盗の疑いで、50歳と22歳の無職の男を現行犯逮捕した。

  逮捕容疑は、27日午前3時半ごろ、尼崎市南武庫之荘のコンビニエンスストアで、共謀の上、粗びきソーセージ2本とパン1個(計332円)を万引した疑い。気付いた店長(39)が店の前で取り押さえた。

  同署によると、22歳の男が前を歩き、50歳の男がその陰に隠れるようにして盗んだという。

 27日午前0時20分ごろ、岐阜県各務原市須衛で「建物から火が出ている」「山火事だ」などの119番が相次いだ。廃棄物を取り扱う会社の敷地から出火したとみられ、消防車38台が出場し消火作業に当たっているが、午前10時現在、鎮火していない。市消防本部によると、付近の山林にも燃え広がっているという。けが人はいない。

  県警各務原署などによると、現場にはプラスチックの廃棄物などが野積みされていたという。所有者などの詳細は分かっておらず、同署は鎮火を待って調べる。

 27日午前5時40分ごろ、茨城県那珂市戸崎の無職、叶野(かのう)善信さん(82)方から火が出ていると、通行人の男性から110番があった。木造平屋建て住宅約142平方メートルと東隣の木造2階建て物置延べ約91平方メートルを全焼し、住宅の焼け跡から3人の遺体が見つかった。県警那珂署は、連絡の取れない叶野さんと妻(80)、孫の少女(15)とみて身元確認を急いでいる。

  同署によると、叶野さんは妻と長女(48)、孫娘2人の計5人暮らし。出火当時、もう1人の孫(18)は外出しており、在宅していた長女は逃げてけがはなかった。県警によると、長女は「電気を止められ、ロウソク暮らしだった」と話しており、出火原因を調べている。

 宇都宮市内で10月、ひったくりをしてけがをさせたとして、栃木県警は26日、県警鹿沼署巡査の男(19)を窃盗と傷害容疑で再逮捕した。埼玉県内でも9~10月、ひったくりや車上荒らしを計3件繰り返したとして窃盗容疑で追送検した。県警によると、巡査はいずれも容疑を認め「生活苦でやった。人生が嫌になり、リセットしたくなった」などと話しているという。

  再逮捕容疑は10月4日午後4時ごろ、宇都宮市鶴田町の金融機関の駐車場で、同市の40代女性の右肩を突き飛ばして左膝などにけがをさせ、現金11万1000円などが入った財布を盗んだとしている。追送検容疑は埼玉県内で9月26日~10月2日、50代と70代の女性からひったくりをしたほか、車上荒らしをして現金計11万円余を盗んだとしている。

  県警によると、巡査は9月23日から無断欠勤して首都圏を転々としていた。栃木県鹿沼市内の駐車場の車からバッグを盗んだとして今月5日、窃盗容疑で逮捕されたが、宇都宮地検は26日、この事件については処分保留とした。

 26日午前5時10分ごろ、福岡県春日市春日原北町3丁目のアパートから出火、2階建てを全焼した。春日署によると、アパートには8室あり、全て空き家で、けが人はなかった。

 現場は西鉄天神大牟田線春日原駅の南西約100メートルで、マンションや飲食店、銀行が集まる場所。友人と2人で通りかかったという少年(18)は「友人が消火剤をまいて消えたと思ったら、また火柱が立った。あっという間に燃え広がった」と話した。

24日午前3時55分ごろ、大阪市西成区山王1の木造2階建て建物から出火、隣の建物に燃え移った。市消防局によると、計4棟の計約240平方メートルを焼いて約5時間後に鎮火した。けが人はなかった。現場は市営地下鉄動物園前駅の南東約200メートルの住宅密集地域。

 一方、同日午前5時40分~午前9時ごろ、西成区の半径約1キロの範囲で不審火が3件相次いだ。西成区鶴見橋2の「スーパー玉出鶴見橋店」では台車に積まれた段ボールから出火した。他に路上のゴミ箱、文化住宅の洗濯機が燃えた。いずれもけが人はなく、府警は建物火災との関連も調べている。
 26日午前11時50分ごろ、流山市西深井の印刷会社「菅井印刷」が燃えているという119番通報が近くに住む70代の男性からあった。流山署によると、鉄骨平屋の事務所兼印刷所の一部約100平方メートルが焼けた。けが人はなかった。経営者の菅野信雄さん(67)は「建物のそばで枯れ草を焼いていたが、目を離した」と話しているといい、これが火元になった可能性もあるとみて捜査している。
 25日午後3時50分ごろ、石川町、都路農場石川農場=野崎裕幸農場長(64)=から出火、鉄骨平屋建てのバーナー室など4棟約516平方メートルを全焼した。
  石川署によると、焼いたのはバーナー室のほか、隣接する木造平屋建ての道具小屋と物置、鉄骨平屋建ての鶏小屋。出火当時、バーナー室でごみを燃やしていたという。従業員にけがはなく、鶏小屋に鶏はいなかった。同署が原因を調べている。

 25日午前10時20分ごろ、愛知県蒲郡市清田町の安楽寺で、本堂が燃えていると墓参りに来た人から知らされた住職の家族が119番通報した。蒲郡署や蒲郡市消防本部によると、同日深夜の段階でも鎮火せず、本堂は全焼状態だという。けが人はいなかった。

 住職の家族が同日午前9時半ごろ、本堂北側の畑に穴を掘り、木の枝を燃やしていたといい、同署で出火原因を調べている。

 25日午前5時25分ごろ、東京都練馬区旭丘のアパート2階の一室が燃えているのを近くの住民が発見し、119番通報した。この部屋から、逃げ遅れた住人とみられる遺体を発見。警視庁練馬署は、身元の確認を急ぐとともに、出火原因を調べている。

  同署や東京消防庁によると、この火災で同室が焼損したほか、隣接する住宅2棟の一部が焼けた。

 25日午前8時ごろ、東京都豊島区池袋本町の2階建て民家から出火、1階部分の室内が一部焼損した。現場で逃げ遅れた男性が救助されたが、全身にやけどを負っており、間もなく死亡確認された。警視庁池袋署によると、住人の男性(39)と連絡が取れず、身元確認を急ぐとともに出火原因を調べている。

  同署によると、出火当時は男性と家族2人が室内にいたが、2人は避難して無事だった。立ちこめた煙で火災に気付いた家族の1人が119番通報した。

 24日午後10時半ごろ、浜松市南区河輪町の住宅兼倉庫から出火した。25日午前0時半現在、延焼中で、建物内のプラスチック類などが燃えているとみられる。出火当時、建物内には女性2人がいて近くに避難した。けがは無いが、煙を吸って喉の痛みなどを訴え、病院に搬送された。浜松市消防局が消火活動に当たっている。

  現場付近の住民によると、同所では過去にも火災が数回発生しているという。農家の男性(46)は「"ボン"と小さい爆発音が2回聞こえた。ビニールハウスに燃え移ることが心配で、早く消えてほしい」と不安そうに消火作業を見守った。

 24日午後4時55分ごろ、さいたま市中央区桜丘1丁目、無職岡喜美子さん(77)方から出火、木造2階建て住宅を全焼、焼け跡から1人の遺体が見つかった。東側の木造2階建て住宅も全焼し、1人暮らしの男性(64)は逃げて無事だった。空き家だった西側の木造2階建て住宅も半焼した。

  浦和西署によると、斎藤さん方の玄関の内側から炎が出ているのを通行人の女性(36)が発見、119番した。斎藤さんとは連絡が取れていないという。同署が遺体の身元を確認している。

 24日午後7時10分ごろ、東京都多摩市連光寺の3階建て民家から出火、東京消防庁によると、80代とみられる女性が救助され、病院に搬送された。

  この火災で民家の床約5平方メートルが焼損。救助された女性は軽傷とみられるという。

 24日午後3時5分ごろ、東京都江戸川区東小岩の4階建て共同住宅3階の一室のベランダから出火、1人の遺体が発見された。警視庁は身元確認を急ぐとともに、詳しい状況を調べる。

  東京消防庁によると、近くの住民が煙などを目撃して119番通報。ベランダの外壁や窓ガラスなどが焼損したほか、ベランダで遺体も発見された。

 乗用車を盗んだとして、警視庁捜査3課は窃盗容疑で、東京都町田市図師町の自称建設業、中村健一容疑者(48)ら男女3人を逮捕した。いずれも容疑を否認している。

  同課によると、昨年6月以降、都内や千葉、神奈川県では、東南アジアなどで人気の車種「ハイエース」を中心に約100台が盗まれた。マイナスドライバーを鍵穴に差し込んでドアをこじ開けるなど手口に類似点があることなどから、同課はいずれも中村容疑者らが関与した可能性があるとみて、裏付けを進める。

  逮捕容疑は、8月10日~11日、練馬区下石神井の駐車場で、乗用車2台(計約150万円相当)などを盗んだとしている。周辺の防犯カメラの映像などから関与が浮上した。

 

 23日午後11時50分ごろ、喜多方市高郷町西羽賀字北西谷地の資材置き場=同市、小林巌さん(78)所有=から出火、鉄骨2階建てと鉄骨平屋の倉庫2棟約164平方メートルを全焼、倉庫にあった建設機械や建設資材などを焼いた。現場に火の気がないことから、喜多方署は不審火とみて原因を調べている。

  同署などによると、近所の男性が火災に気付いて119番通報した。倉庫に保管されていた建設機械などは、ほとんど使われていなかったという。

  現場近くでは、13日午前に倉庫の床75平方メートルや壁、保管されていた堆肥などを焼く火災があり、火の気がないことから、同署が詳しく調べている。

 23日午前10時40分ごろ、岐阜市芥見、ごみ処理施設「市東部クリーンセンター」の粗大棟から出火、4階建て建物の屋根と壁の一部を焼き、約9時間後に消えた。けが人はなかった。
  市や岐阜中署によると、粗大棟は家庭などから出た粗大ごみを破砕処理する施設。鉄骨造り一部鉄筋コンクリート造りで延べ4253平方メートル。この日は点検整備のため稼働していなかった。2階で保守点検業者の作業員2人がベルトコンベヤーの下で腐食した鉄板の溶接作業を行っていたところ、出火したという。出火から約2時間後に爆発が発生した。市は4階のタンクに貯蔵してあった絶縁油に引火したのが原因とみている。
  同センターは市内で唯一、粗大ごみの処理棟を備える施設。市は「粗大ごみの搬入を中断する可能性もあるが、当面は施設内の一角で保管する形で受け入れを継続させたい」としている。
  同署は24日現場検証を行い、出火原因を調べる。

 23日午前0時20分ごろ、富士市原田の作業所敷地内に設置された自動販売機から出火し、自販機1台を焼いた。周囲に火の気がないことから、富士署は不審火として出火原因を調べている。

  同署によると、釣り銭口付近の燃え方が激しく、付近に小銭が落ちていたという。通行人が発見し通報した。

  静岡県東部では10月に入り自販機を焼く不審火が続いているため、同署は関連も調べる。

 23日午前0時50分ごろ、東京都葛飾区西水元のプラスチック加工工場から出火、平屋建て工場200平方メートルと、隣接する木造2階建て住宅180平方メートルが全焼した。けが人はいなかった。東京消防庁によると、工場は当時無人だったという。

 「ナニワのルパン」を自称し、空き巣を繰り返すなどしたとして、府警捜査3課は22日、窃盗と住居侵入容疑などで、住居不定、無職、寺田一生(かずき)被告(23)=同罪などで公判中=を逮捕し、14件の犯行(被害総額約430万円)を裏付けて捜査を終えたと発表した。

  府警によると、寺田容疑者は取り調べの中で「オレって『ナニワのルパン』って呼ばれているねん」と話しているという。ただ、捜査員らはこの呼称を事前に把握しておらず、単に自称しているだけとみられる。

  逮捕・送検容疑は今年5月13日、大阪市西成区津守の民家に侵入し、現金約2万円や金貨を盗むなど、5~6月、同区と阿倍野区で空き巣などを繰り返したとしている。

  行方を追っていた捜査員が6月16日、西成区内の商店街のアーケードの支柱をよじ登り、民家を物色している寺田容疑者を発見。捜査員に気づいた寺田容疑者は逃走したが、近くの友人宅に逃げ込んだところで身柄を確保された。

 滋賀県警長浜署は22日、長浜市内のホテルで開かれた結婚式で、祝儀袋の現金16万円を盗んだとして、窃盗の疑いで、長浜市朝日町、アルバイト店員の男(25)を逮捕した。
  逮捕容疑は、7月4日午後、当時ホテル従業員だった男が出席者の祝儀袋を預かり、金庫に保管する前に7袋を盗んだ疑い。同署によると、出席者の一部の祝儀袋がないことに気付いた新郎新婦が後日、ホテルに問い合わせ、ホテルが今月9日に被害届を出したという。男は「間違いありません」と容疑を認めているという。
 東京都練馬区の駐車場からトヨタの乗用車「ヴィッツ」2台を盗んだとして、警視庁捜査3課は22日までに、窃盗容疑で自称建設業中村健一容疑者(48)=東京都町田市図師町=と、無職安生美彩容疑者(45)=神奈川県綾瀬市寺尾本町=ら男女3人を逮捕した。
  いずれも容疑を否認している。
  捜査3課によると、2014年6月ごろから、都内や神奈川、千葉両県でトヨタのワゴン車「ハイエース」を中心に自動車計約100台が盗まれる被害が発生。同課は中村容疑者らが関与した可能性もあるとみて関連を調べている。
  逮捕容疑は今年8月10日夜~11日深夜、練馬区下石神井の駐車場で医療機器販売会社所有のヴィッツ2台(計約150万円相当)を盗んだ疑い。
  3人はマイナスドライバーを使い、車のドアをこじ開ける手口などで盗んだとみられる。
  捜査3課によると、首都圏でハイエースが盗まれた現場付近の防犯カメラの映像から、犯行に使われたとみられる安生容疑者名義の車を確認し、捜査していた。同課は盗難車の密売ルートがあるとみて調べている。

 和歌山県橋本市のJR橋本駅に展示されていた戦国武将・真田幸村のかぶとの複製が盗まれた事件で、同県警橋本署は22日、大阪府河内長野市中片添町、自称会社員、奥地隆文容疑者(32)を窃盗容疑で逮捕した。「かっこよかったので盗んだ」などと容疑を認めているという。かぶとは奥地容疑者の自宅から見つかった。

  容疑は今月4日午後11時半ごろ~5日午前5時ごろ、同駅に展示中だったかぶとの複製(時価4万円相当)を盗んだとしている。同署によると、駅周辺での目撃情報などから奥地容疑者が浮上。「酒を飲んで電車に乗り、終点で着いたのが橋本駅だった」などと供述しているという。

  かぶとは、同県九度山町のまちづくりグループのメンバーらが、来年のNHK大河ドラマ「真田丸」放映を機に、よろいと共に約半年かけて製作。駅が無償で借り受け、先月18日からコンコースの通路に展示していた。現在は、被害を知った京都府向日市の小学4年の男児が手作りして寄贈したかぶとが飾られている。

  JR西日本和歌山支社は「ほっとしている。かぶとが返還されたら、小学生から寄贈されたかぶとと並べて展示したい」とコメントした。

 高級車のホイール付タイヤばかりを狙った窃盗やオートバイ窃盗を繰り返したとして、京都府警伏見署は21日、窃盗などの疑いで、京都市伏見区桃山町和泉、内装工、木村淳志被告(21)=窃盗罪で公判中=ら男4人を追送検し、捜査を終結したと明らかにした。同署は74件の犯行を裏付け、被害総額は計約1800万円にのぼる。

  木村被告ら3人は4月、伏見区で起きたひったくり事件の逮捕に協力したとして、同署から感謝状を贈られていた。

  同署によると、4人は今年2月から7月にかけて、京都府内や滋賀県内でジャッキなどを使い、高級車のベンツやレクサス、クラウンなどのホイール付タイヤを盗む犯行を繰り返したとされる。

  4人は小中学校の同級生で「生活費や遊ぶ金がほしかった」と供述。盗んだタイヤは、滋賀県や兵庫県内のタイヤ買い取り店に売却していたという。

 岐阜市が管理する葬儀場で保管されていた遺品の指輪を盗んだとして、岐阜県警岐阜中署などは21日、窃盗容疑で、同市の火葬業務嘱託員秋野森康男容疑者(59)=同市神室町=を逮捕した。
  同署によると容疑を認めているという。
  逮捕容疑は2013年4月1日から今年8月15日までの間に、同市上加納山の「岐阜市斎苑」で保管されていた時価約1万8500円相当の指輪を盗んだ疑い。
  秋野森容疑者は8月15日、計5点の指輪を岐阜県内の買い取り店で換金し、計約13万8000円を受け取った。店からの相談を受け県警が捜査したところ、うち1点が指輪の刻印から、09年に死去した岐阜市の男性=当時(41)=のものと判明。県警は残り4点についても捜査を進める。
  同市によると、遺体を火葬した後に残った指輪やペースメーカーなどを遺族に返還する規定は無く、記録簿に記入し保管していた。今後は早急に返還する方針。
  岐阜市の細江茂光市長の話 誠に遺憾。法令順守を徹底し再発防止を図る。
 北九州市は20日、市立医療センター(小倉北区)の金庫から現金約4万円を盗んだとして、窃盗罪で有罪判決を受けた同センター管理課の男性職員(26)を懲戒免職にした。
  同課では2014~15年にかけ、旅費などの紛失が相次いでおり、上司に口止めしたり、紛失額を穴埋めしたりして隠蔽(いんぺい)したとして当時の男性課長(60)を停職6月の懲戒処分にした。隠蔽に加担したとして当時の男性係長(42)を同1月の懲戒処分に、管理監督責任などを問い、現課長の男性(44)を減給(日額2分の1)の懲戒処分にした。
 石鎚山の二の鎖付近(1820メートル)に愛媛県が整備した環境配慮型トイレで17~20日の間に、利用時に任意で納める協力金が、箱2台の錠が壊されて盗まれ、トイレを維持管理する石鎚山クリーンアップ協議会が20日、西条署に被害届を出していたことが分かった。署は窃盗容疑事件とみて捜査している。
  協議会事務局によると、箱はトイレ入り口と併設の休憩所に1台ずつ設置し、委託を受けた石鎚観光(久万高原町)が週2回程度、協力金の回収や清掃などをしている。17日夕の回収時に不審点はなかったが、20日昼ごろに訪れると2台の錠が壊されていた。紅葉シーズンは入山者が多く「数万円が被害に遭ったのではないか」(協議会)とみている。

 プロ野球・オリックスバファローズの塚原頌平(しょうへい)投手(23)の自宅で、貯金箱から現金5千円を盗んだとして、兵庫県警甲子園署は20日、窃盗容疑で、塚原投手宅のベビーシッターをしていた兵庫医療大非常勤職員の女(38)=同県伊丹市千僧=を逮捕した。容疑を認めているという。

  同署によると、女は塚原投手の妻(36)の知人で、平成25年の夏ごろからベビーシッターを任されていた。今年1月ごろ、リビングの棚の上にあった貯金箱の500円玉貯金が減っていたことに妻が気づき、枚数を確認。今年3月22日、女を自宅に残して外出し帰宅したところ、10枚減っていたという。

  逮捕容疑は、今年3月22日、兵庫県西宮市の塚原投手の自宅で、現金5千円を盗んだとしている。ほかにも室内から現金数万円がなくなっているといい、同署が関連を調べている。

 20日午前3時50分ごろ、いわき市、公務員笹川育正さん(54)方の駐車場に駐車してあった乗用車から出火、車両を全焼し、駐車場の一部を焼いた。現場に火の気がないことから、いわき南署は不審火とみて原因を調べている。
  同署と同市消防本部によると、車は前日夕に使用して以来、駐車場に駐車したままだったという。家族が車両が燃えているのを発見、119番通報した。
 20日午前5時ごろ、浜松市中区成子町の空き家から出火し、木造2階建て約200平方メートルを全焼した。隣接する民家の壁の一部も焼いた。浜松中央署によると、建物は約10年前から空き家だったという。同署が出火原因を調べている。

 20日午前3時ごろ、山口県周防大島町西三蒲(にしみがま)で「家が燃えている」と近くの住民から119番があった。木造2階建ての民家計2棟が全焼し、うち1軒の焼け跡から2人の遺体が見つかった。

  同県警柳井署によると、遺体が見つかった家に住む無職、西頭(さいとう)フキさん(86)と60代の長男の2人と連絡が取れなくなっており、身元確認を急いでいる。

  同署によると、西頭さんは2人暮らし。出火当時、隣り合うもう1軒の民家に男性住民1人がいたが、逃げて無事だった。

  現場は周防大島の瀬戸内海に面した三蒲漁港近くの住宅街。近くの70代男性は「西頭さんは脚が悪く、息子さんがよく世話をしていて仲が良かった。大丈夫だろうか」と心配した様子で見守っていた。

 19日午後10時5分ごろ、熱海市上多賀の木造3階建て住宅から出火し、全焼した。熱海署は20日、現住建造物等放火の疑いで同住宅に住む無職の男(51)を逮捕した。

  逮捕容疑は19日午後9時半ごろ、自宅内で灯油をまくなどして火を付けた疑い。容疑を否認しているという。容疑者は背中や手足などに軽いやけどを負った。

  出火当時、家には容疑者の妻(56)もいたが逃げて無事だった。現場は山あいにある別荘地。同署が動機などを調べている。

 福岡県警若松署は19日、北九州市若松区の男子高校生を窃盗および窃盗未遂容疑で逮捕した。調べでは、高校生は9月17日夜、同市内の駐輪場で原動機付き自転車1台(時価6万円相当)を盗んだ疑い。さらに同月19日には同市内の駐輪場に駐輪していた別の原動機付き自転車からガソリンを盗もうとして未遂に終わった容疑。

 19日午前9時55分ごろ、京都市山科区大宅五反畑町の民家から出火、木造2階建て1階のカーテンや座布団が焼けた。この火事で、住人とみられる男性(56)と女性(53)2人が搬送。男性は手足に軽いやけど、女性は全身やけどの重体で、心肺停止の状態という。京都府警山科署が出火原因を調べている。

  同署によると、男性は「嫁が火だるまで部屋に入ってきた」などと話している。室内にはポリタンクが残されていたという。

 18日午後8時40分ごろ、東京都豊島区雑司が谷3の2階建て住宅兼飲食店の1階部分から出火し、この建物約60平方メートルを全焼した。周囲の民家などに延焼し、火元を含め計4棟で約210平方メートルが焼けた。けが人はなかった。

  警視庁目白署によると、出火元の建物の1階は飲食店で、この店の女性従業員は「調理場で油を熱したまま外の祭りを見に行き、しばらくして戻ったら火が出ていた」と話しているという。

 17日午前6時半ごろ、大阪市旭区赤川4の民家から火が出ていると、近くの住民から119番通報があった。木造3階建て住宅の1階寝室部分が数平方メートル焼け、住人の無職、大西久仁子さん(74)が病院に搬送され、死亡が確認された。大阪府警旭署によると、大西さんは下半身にやけどがあり、死因や出火原因を調べている。

  大西さんは息子(42)と2人暮らし。大阪市消防局によると、息子が消火したという。

 野辺地町向田の下北縦貫道野辺地北インターチェンジ(IC)付近の側道で、側溝のふた118枚(被害総額約178万円)が盗まれているのが見つかり、道路を管理する上北地域県民局が16日、野辺地署に被害届を提出した。同署は窃盗事件として調べるとともに、転売の目的があるものとみて捜査を進める方針。

  ふたが盗まれたIC付近の3カ所の側道は、周辺の土地所有者が山林管理のために利用し、一般車はあまり通行しない場所という。

  ふたは縦1メートル、横50センチの大きさで鋼製。重さは30~40キロ程度。大きさ90センチ四方の鋼製の集水升も無くなっていた。側溝を覆うふたのうち、コンクリート製は手付かずで、等間隔に設置されていた鋼製だけが持ち去られていた。

  同局道路施設課によると、2013年12月ごろには、防雪柵を設置していた業者がふたの存在を確認していたという。その後、土地所有者から「一部のふたが無くなっているようだ」との連絡があり、調査を進めていた。

  事件を受け同県民局は、注意を呼び掛ける看板を設置したほか、一部の側道を通行止めにした。担当者は「金属価格は下落していて、転売してもいくらにもならないのに。通行する人の安全を考えると、こういうことはやめてほしい」と憤っていた。

 ショッピングモールで万引を繰り返したとして、京都府警亀岡署は16日、窃盗の疑いで八幡市の露天商の男(25)=窃盗罪で公判中=を追送検したと発表した。
  同署によると、男は4月上旬~6月下旬、京都、滋賀、大阪の2府1県で有名スポーツブランドのスニーカーやスポーツバッグ、衣類を盗むなど31件(計350万円相当)の窃盗事件に関与した疑い。
 福岡県警うきは署は16日までに、佐賀県鳥栖市、貿易業男(62)を窃盗容疑で福岡地検久留米支部に送致した。同署によると、男は6月に福岡県飯塚市の農業男性(39)所有のぶどう園から、ぶどう400房(時価合計約32万円相当)を盗み、8月には、同県久留米市の農業男性(73)のビニールハウスからぶどう300房(同14万円相当)を盗んだ疑い。

 静岡と神奈川、愛知県にわたる窃盗事件を捜査していた藤枝署と県警捜査3課は16日、岐阜県生まれ、住所不定、無職の男(66)=常習特殊窃盗の罪で起訴=について、2008年5月下旬から今年3月上旬までの間、県内など3県で計269件の空き巣などの窃盗を繰り返していた容疑を裏付けた。被害総額は約1460万円。同日、241件分の容疑を静岡地検に書類送致し、捜査を終結した。

  同署によると、容疑を裏付けた269件のうち約260件が静岡県内での容疑で県中西部が中心だった。容疑者はJR東海道線で移動しながら駅から徒歩で行ける一般住宅や店舗を狙って、空き巣や忍び込みを繰り返していたという。容疑者が狙っていたのは主に現金で薄暮時から明け方にかけて侵入していたとみられる。

 16日午後9時50分頃、岐阜県山県市大桑の養鶏場「武藤ファーム」から出火、鶏舎5棟のうち木造一部鉄筋平屋の鶏舎3棟(計約2700平方メートル)を全焼し、鶏約6万9000羽が焼け死んだほか、卵を保管する倉庫や飼料の入ったサイロ9基なども焼いた。

  県警山県署の発表によると、養鶏場は当時無人で、けが人はなかった。同署で出火原因を調べている。

 16日午前2時25分ごろ、大津市大萱5丁目にある軽量鉄骨2階建てアパート2階の無職の男性(74)方から出火し、室内約45平方メートルを焼いた。部屋にいた男性1人が煙を吸うなどで病院に搬送されたが、約1時間後に死亡が確認された。
  大津署は、男性が1人で暮らしていた住人ではないかとみて調べている。

 スーパーで万引したとして、京都府警右京署は15日、窃盗の疑いで、京都市内に住む22歳と25歳の派遣コンパニオンと、ホステス(22)の3人の女を逮捕した。同署によると、22歳の派遣コンパニオンは容疑を認めているが、ほか2人は「あとで払うつもりだった」と否認している。

  逮捕容疑は14日午後5時ごろ、京都市右京区のスーパーで、歯ブラシなど日用品や食料品、エコバッグなど計9点(販売価格約3千円)を盗んだとしている。

  同署によると、3人は、商品を買い物かごに入れ、レジで精算をしないまま、販売されていたエコバッグに商品を詰め込んで立ち去ったという。

  3人はほかにも、化粧品やお茶2リットル6本入りのケースなど、計54点(販売価格約4万5千円)を複数のエコバッグに入れて手分けをして運んでおり、精算をしないまま大量の商品を運ぶ3人組の様子を確認した保安員(55)が声をかけ、発覚した。

 15日午後7時45分ごろ、さいたま市浦和区駒場1丁目、会社員本庄豊さん(63)方から出火、軽量鉄骨2階建て住宅が全焼した。本庄さんの妻綾子さん(63)と長女で神奈川県厚木市の会社員彩絵子さん(36)が搬送先の病院で死亡が確認された。類焼はなかった。

  浦和署によると、本庄さんは3人暮らしで出火当時、本庄さんと長男(32)は不在だった。2階に綾子さんと10日から帰省していた彩絵子さんがいたという。彩絵子さんが「室内から煙が出ている」と119番。消防が駆け付け、2人を見つけ病院に搬送した。1階部分が激しく焼けていたという。同署で出火原因を調べている。

 富士市内の一般住宅から蛇口1個を盗んだとして、富士署と静岡県警特捜イーグルは14日、窃盗の疑いで防水工の男(64)=同市=を逮捕した。容疑者の自宅から半径2キロ程度の範囲で7月初旬以降、蛇口が盗まれる被害が少なくとも60件以上寄せられていて、同署などは関連を調べている。

  市内では一般住宅のほか、公園などで被害が多発。1日で公園内の1~6個の蛇口がなくなっていたケースもあったという。水道管の元栓を閉めてから、工具で蛇口を取り外していたという。換金目的で市内の金属買い取り業者などに売却していたとみられ、同署などが裏付け捜査を進めている。

  逮捕容疑は1日午前3時半ごろから5時ごろまでの間、同市の会社員男性(54)宅の敷地内に設置した蛇口1個(500円相当)を盗んだ疑い。

 八街市立朝陽小学校(同市八街は)の4年生を受け持つ男性教諭(25)が、自分が担任しているクラスとは別のクラスの教材費など約4万円を盗んだとみられることが14日、市教委への取材で分かった。同校から相談を受けた佐倉署は、窃盗事件として捜査を進めている。

  市教委によると、男性教諭は先月末から今月1日ごろにかけ、校内の事務室にある鍵のかかるロッカーから約4万円を盗んだとみられる。7日に担任の女性教諭(25)が、お金がなくなっていることに気付いた。翌8日に同校が聞き取り調査を行ったところ、男性教諭が着服を認めた。

  男性教諭は同校の聞き取り調査の中で「生活費に使った」と説明。自分が担任を受け持つクラスのお金も盗んだと話したという。

 14日午前8時ごろ、滋賀県高島市新旭町、飼料販売業の男性(53)が、飼育していたハヤブサ1羽(120万円相当)がいなくなっているのを見つけ、高島署に届けた。同署が窃盗事件として捜査している。
  同署の調べでは、ハヤブサはオスで体長約50センチ。白色で、羽と背が黒と白のまだら模様という。
  男性は趣味で、タカとフクロウ各1羽とともに自宅敷地内の小屋で飼育し、13日午前9時ごろには異常がなかった。発見時、ハヤブサの右脚を止まり木に結びつけていたひもがほどけていた。小屋は無施錠だったという。

 コインランドリーで両替機の現金を繰り返し盗んだなどとして、兵庫県警捜査3課と尼崎東署などは14日までに、窃盗などの疑いで、大阪市鶴見区の無職趙伸吉(チョシンキル)容疑者(50)=窃盗罪で公判中=ら男4人を逮捕、送検し、捜査を終えた。起訴済みの7件を含め、神戸市や阪神地域、大阪府などを中心に8府県で起きた118件(約1870万円相当)の被害を裏付けたという。

  このほか住所不定の無職大伴謙二容疑者(52)=同罪で公判中=ら3人。4人の逮捕、送検容疑は今年1月14日未明、川西市のコインランドリーで両替機から現金50万円を盗むなどした疑い。

  県警によると、4人は2008年5月~今年2月、盗んだ車でコインランドリーに向かい、バールなどで両替機をこじ開けていた。調べに対し、いずれも容疑を認めている。

 14日午後2時15分ごろ、いわき市、会社員吉田祐二さん(40)方から出火、木造一部2階建て約165平方メートルを全焼した。吉田さんは6人家族で出火当時、全員外出していた。
  いわき中央署などによると、家の中から出火したとみられ、同署が原因を調べている。

 周辺には商業施設や中学校もあり、住民や買い物客らで一時騒然となった。

 神戸水上署は13日までに、建造物侵入と窃盗の疑いで、住所不定無職の男(27)と妻(27)を逮捕した。

  逮捕容疑は昨年10月、神戸市中央区港島1の工事現場で、プレハブ詰め所に侵入。建設業の男性(44)が所有する電動ドライバー3台(時価3万2千円)を盗んだ疑い。二人は容疑を認めているという。男は以前、この工事現場で働いたことがあり、「金目のものがあると知っていた」と供述しているという。

  男は犯行直後、ドライバーを大阪府豊中市のリサイクルショップで下取りに出しており、店側がインターネットオークションに出品。代替品を探していた被害男性がこの品を偶然見つけ、通報した。被害男性は、ドライバーの柄部分に目印を入れていたという。

 12日午前8時ごろ、滋賀県米原市三吉の金属加工会社「三光米原」の資材置き場で、アルミの塊約3・5トン(時価計約60万円)がなくなっているのを同社の男性社員が見つけ、米原署に届けた。同署は窃盗事件として調べている。
  同署によると、なくなったアルミは長さ60センチ、重さ1・5キロのものが約1000本と、長さ74センチ、重さ約25キロのものが約80本。資材置き場は会社敷地内にあり9日午後5時ごろに社員が確認した時は異常がなかった。門扉はあったが、鍵はかけていなかったという。

 ホームセンターでテープレコーダーなどを万引したとして、兵庫県警長田署は11日、窃盗容疑で自称、神戸市西区役所係長の男(58)を現行犯逮捕した。容疑を認めているという。

  逮捕容疑は11日午後6時ごろ、長田区南駒栄町のホームセンター「アグロ神戸駒ヶ林店」で、テープレコーダーやLED電球など計17点(約3万円相当)を盗んだとしている。

  同署によると、キャリーバッグに商品を入れて店を出たところで、同店の男性警備員に取り押さえられたという。

 11日午前8時45分ごろ、姫路市北平野の女性(43)方から出火。木造2階建て住宅を全焼し、1階から男性1人の遺体を発見。女性ものどをやけどする軽症を負った。

  姫路署によると、女性の父親(77)と連絡が取れておらず、同署は遺体が父親とみて調べている。父親は介護が必要で、1階で寝ていたという。

 11日午前4時50分ごろ、吉田町川尻、無職男性(88)方から出火し、木造平屋建て住宅約300平方メートルを全焼した。焼け跡から1人の遺体が見つかった。火災後、男性の妻(84)の行方が分からなくなっていて、遺体は妻の可能性もあるとみて、牧之原署が身元確認を急いでいる。

  同署によると、男性は妻と2人暮らしで、男性は逃げて無事だった。遺体は寝室付近で見つかったという。同署が出火原因を調べている。

 10日正午ごろ、東京都中央区銀座の8階建て雑居ビルの1階飲食店から出火、店の壁やダクトなどを焼き約2時間後に消し止められた。
  男女3人が負傷し病院に搬送された。現場は歌舞伎座から道路を挟んで約30メートルの場所で、消防車16台が出動し、一時騒然となった。周囲への延焼はなかった。
  東京消防庁によると、負傷したのは1階の中華料理店従業員の30代男性と40代の女性2人で、いずれも命に別条はない。警視庁築地署は飲食店調理場の火の不始末が原因とみて、出火原因を詳しく調べている。 
 福岡県警糸島署は9日までに、福岡県糸島市のアルバイト男(23)と無職男(23)を建造物侵入および窃盗容疑で逮捕した。調べでは、2人は共謀して金属類を盗もうと計画。今年6月20日から22日にかけ、同市内にある学校の敷地内に侵入し、網戸など34点(時価合計約12万4000円相当)を盗んだ疑い。

 9日午前11時半ごろ、浜松市中区中沢町、無職の男性(73)方から出火し、木造平屋建て同住宅約50平方メートルを焼き、隣接する鉄骨造りの倉庫の一部を焼いた。焼け跡から1人の遺体が見つかり、浜松中央署が住人の男性とみて身元の確認を急ぐとともに、出火原因を調べている。

  同署と市消防局によると、男性は妻(81)と2人暮らし。妻は出掛けていて無事だったという。

 浜松市北区都田町のスズキ浜松工場の建設現場で夏以降、建設用資材が盗まれる事件が相次いでいる。細江署が窃盗事件として捜査し、企業関係者は防犯対策を強化している。

  スズキなどによると、8月にドラム巻電線ケーブル75メートル、9月の大型連休中にはエアコン冷媒用銅管232メートルと電線3536メートルが盗まれた。被害は175万円相当。

  浜松工場は二輪車の生産拠点として、2018年夏の本格稼働を目指している。工事関係者らによると、資材はビニールシートなどに隠して資材置き場で保管していた。被害に遭った市内の電気工事業者幹部は「出入り業者が多く、関係者を装って現場に紛れ込んだ可能性はある」と指摘する。

  スズキは建設会社と連携し、防犯カメラの増設や業者の身元確認などを徹底している。

  市内では東日本大震災以降、スズキを含めて企業による工場、本社機能の内陸移転の動きが加速している。今後もそのための建設工事が見込まれるため、同署は建設会社などに資材の管理法について注意を呼び掛けている。

 大規模太陽光発電所(メガソーラー)の送電用ケーブルを盗んだとして、滋賀県警や岩手県警などの共同捜査班は8日、窃盗の疑いで、岐阜県瑞穂市穂積、無職の男(58)を逮捕、起訴した、と発表した。
  逮捕容疑は別の2人と共謀し、4月に岩手県内の発電所2カ所からケーブル数トン(計約500万円相当)を盗んだ疑い。5月と8月に逮捕していた。
  滋賀県警捜査1課によると、男は「売って金にしたかった」などと供述し、共犯の2人は逃亡しているという。他にも、滋賀県内で昨年9月から同10月にかけて発生した4件の被害(計約2千万円相当)を含め、4県で計12件の被害を3人による犯行と裏付けたという。
 8日午後11時20分ごろ、大阪府岸和田市木材町で「工場が燃えている」と119番通報があった。大阪府警と岸和田市消防本部によると、現場は大阪湾近くの木材の加工工場や倉庫などが立ち並ぶ地域で、建設資材などの製造加工会社付近が激しく燃えているという。9日午前1時半現在、消防車12台が出動し消火活動にあたっている。けが人の情報はないという。

 8日午後9時45分ごろ、広島市中区流川町の飲食店などが入る2階建ての雑居ビルで、「火が出ている」と複数の119番があった。消防車27台が消火に当たった。流川地区は、広島市最大の歓楽街だ。目撃情報などによると、出火直後のビルからは炎が噴き出し、何かが爆発するような音も2、3回したという。通りは飲食店などの客や通行人らで騒然となった。

  火災発生直後、ビルの前にいたという男性会社員(19)は「道に若い男性が倒れ、顔はすすで真っ黒で髪の毛もちりちりだった。メイド服姿の女の子が『起きて起きて』と叫んでいたが、男性はぐったりして応じるそぶりはなかった」と話した。

  搬送された男性の友人という男性(25)は現場付近で「午後9時50分ごろ、ビルに入るメイドカフェの店長から『火事になったから来てくれ』と電話をもらい、近くにいたので駆けつけた。店長は外に出てきたが、その後、意識を失った。幼なじみなのでとにかく心配だ」と不安そうに話した。

  近くの花屋オーナーの男性(61)は「メイドの格好をした女の子が7、8人、悲鳴を上げながら飛び出してきた。外では地面に倒れた女の子2人が毛布をかけられ、動かなかった」と話した。隣のビルの飲食店にいた広島市安佐南区の男性会社員(41)は「突然『キャー』という女の子の声が聞こえて外に出てみたら、黒い煙が上がっていた」といい、やがて自分たちがいた飲食店のビルにも延焼したという。男性は「もし気付かず、火災に巻き込まれていたらと思うとゾッとする」と青ざめていた。

 民家に侵入して現金を盗んだとして、兵庫県警伊丹署は7日、窃盗容疑などで大阪市西成区鶴見橋、無職、香川良夫容疑者(70)を現行犯逮捕した。犯行後、勝手口から出たところで帰宅した住人の男性会社員(41)と鉢合わせ、逃走したが、約100メートルにわたって追いかけた男性が取り押さえた。

  逮捕容疑は、同日午前11時55分ごろ、同県伊丹市鴻池の男性宅に、勝手口の鍵を金づちで壊して侵入。クローゼットの中の祝儀袋に入っていた現金計21万円を盗んだとしている。

 大津署は7日、建造物侵入と窃盗の疑いで、滋賀県高島市安曇川町中央1丁目、会社員の男(53)を逮捕した。
  逮捕容疑は2011年7月中旬、大津市御幸町の近畿農政局滋賀農政事務所大津統計・情報センターに侵入し、精米器2台やパソコンソフトなどを盗んだ疑い。
  同署によると、男は犯行当時、近畿農政局職員として同事務所に勤務し、同センターにも勤務経験があった。
 7日午後1時10分ごろ、郡山の6階建てマンションから出火、2階の会社員坂上徹さん(62)方の約95平方メートルを全焼した。郡山署や郡山消防署によると、出火当時、坂上さん方は留守だった。同署が原因を調べている。

 7日午後1時40分ごろ、千葉市稲毛区緑町の無職、栗原正さん(89)方から出火しているのを通行人が発見し119番通報した。千葉北署によると、木造モルタル2階建て空き店舗兼住宅が全焼し、焼け跡から男性の遺体が発見された。

  同署は、遺体は1人暮らしの栗原さんとみて身元や出火原因などを調べている。火災では隣接する木造2階建て住宅も一部焼損した。

 大磯町は6日、国勢調査で使う計約120世帯の世帯主氏名や住所などの個人情報が記載された書類9枚を紛失したと発表した。大磯署は、盗難事件の可能性もあるとみて調べている。

  町政策課によると、3日午後1時半ごろ、男性調査員が同町東小磯で、書類入りクリアファイルをミニバイクの座席に置き、徒歩で調査票を配布。ヘルメットを重しにしていたが、2~3分後に戻った際になくなっていた。調査員や町職員らが3日から5日にかけて探したが見つからなかった。

 県警少年捜査課と草加署は6日、窃盗の疑いで、草加市に住む公立高校2年の少年(16)ら15歳~16歳の少年4人と少女1人を逮捕した。

  5人の逮捕容疑は7月16日午後6時半ごろから同18日午前5時半ごろまでの間、草加市瀬崎の月決め駐車場で、普通乗用車(時価50万円相当)を1台盗んだ疑い。

  同課によると、少年らは中学時代の先輩と後輩。車の所有者男性(45)の妻が同18日に同署に届け出た。同日午前9時50分ごろに、東京都足立区の路上に放置されていたという。千葉県内のコンビニの防犯カメラの映像などから少年らが浮上。車内には消火剤がまかれた状態で自走は可能だという。少年らは容疑を認めており、一人の少年は「乗り回して遊びたかった」と供述しているという。

 千葉県内のスポーツ用品店で、警視庁の50代の男性警視が万引きしたとされる事件で、県警船橋署は6日、窃盗容疑で、この警視を市川区検に書類送検した。
  警視庁は、警視を減給100分の10(6カ月)の懲戒処分とした。警視は同日付で辞職した。
  船橋署によると、書類送検容疑は9月22日、船橋市内の商業施設内のスポーツ用品店で、トレーナーやTシャツなど計3点を盗んだ疑い。
  警視庁の滝沢幹滋警務部参事官の話 警察職員としてあるまじき行為であり厳正に処分した。

 兵庫県の社署は6日、窃盗の疑いで、小野市の会社員の男(24)を逮捕した。

  逮捕容疑は4日午後10時すぎ、同市神明町のラーメン店で、釣り銭用の現金4万3千円を盗んだ疑い。容疑を認めているという。

  同署によると、約2カ月前から副業アルバイトとして同店に勤務しており、防犯カメラの映像から分かったという。

 来年のNHK大河ドラマ「真田丸」の主人公・真田信繁(幸村)ゆかりの九度山町に隣接する和歌山県橋本市のJR橋本駅で5日、展示していた真田氏のかぶとをイメージした赤いかぶとが盗まれていたことが分かった。橋本署が窃盗容疑で調べている。

  かぶとは、かつらぎ町の男性が厚紙で製作。同駅では9月18日から展示し、ポスターなどと一緒にドラマの終了まで飾る予定だった。しかし5日午前5時ごろ、駅員が見回りをした際になくなっているのを発見。前日の4日午後11時半の巡回時にはあったため、その間に何者かに盗まれたとみられる。岩田芳和駅長は「善意を踏みにじる行為。早く返してほしい」と話している。

 犯行がばれないように飲食店の制服を盗んで着込み、売上金を奪ったなどとして、生田署は5日、窃盗容疑などでいずれも神戸市内の、アルバイトの少女(18)と高校1、3年の少女2人=ともに(17)=の3人を逮捕した。容疑を認めているという。

  逮捕容疑は6月20日午後9時40分ごろ、神戸市中央区東川崎町の商業施設「神戸ハーバーランドumie」の倉庫に侵入。入店する飲食店の制服上下1セットを盗んだ上、1人がそれを着込み、入金機が置いてある部屋に忍び込んで店の売上金5万円を盗んだとしている。

  同署によると、少女らは「怪しまれないように(制服を)着た」などと供述しているという。

 滋賀県は5日、草津市下寺町の湖岸道路沿いにある駐車場のあずまやで、屋根の銅板が盗まれたと発表した。同日に県から被害届を受けた草津署が、窃盗事件として調べている。
  県によると、県管理のさざなみ一里塚駐車場で、休憩に使われるあずまやの屋根の銅板約2・3平方メートル(計約11万円相当)がはぎ取られていた。9月16日に地元住民から市を通じて通報があった。
  守山市の公園でも9月18日に屋根の銅板が盗まれているのが見つかっており、県警が関連を調べる。

 駐車中の車からトートバッグを盗んだとして、栃木県警監察課は5日、窃盗の疑いで鹿沼署勤務の巡査の男(19)を逮捕した。調べに対し、容疑を認めている。

  逮捕容疑は、今年3月31日午後1時35分ごろ~同45分ごろ、栃木県鹿沼市上野町の中古書店駐車場に止まっていた同市内に住む無職女性(56)の乗用車から、保険証書1通などが入ったトートバッグ(計5万1700円相当)を盗んだとしている。

  県警によると、車は施錠されていたが窓が開いていたという。巡査は非番だった。巡査は昨年4月1日に採用され、今年1月から鹿沼署管内の交番勤務にあたっていた。9月23日から仕事を無断欠勤し、25日に別の警察官が同市内の寮を訪れたところ、女性のバッグが見つかったという。巡査は5日、都内で発見された。

  斎藤敏市首席監察官は「誠に遺憾であり、深くおわびする。今後の捜査で明らかになった事実に即して厳正に対処する」とコメントした。

 アパートから作業着を盗んだとして、千葉県警成田署は5日、窃盗容疑で同県富里市七栄、プロゴルファー伊藤勇気容疑者(27)を逮捕した。
  同容疑者は女装して歩いていて110番通報されており、「着替えようと思って盗んだ」と認めているという。
  逮捕容疑は5日午前2時ごろ、同県栄町のアパートから長袖の上着1着を盗んだ疑い。
  同署によると、同容疑者は発見時、作業着とジャージー姿で、現場のアパート軒下からは同容疑者が着ていたとみられるセーラー服やカツラ、スカートなどが見つかった。
  同容疑者はアマチュア時代に数回の優勝経験があるが、2009年のプロ転向後、ツアー出場経験はない。
 同僚から盗んだキャッシュカードで約1300万円を引き出し使い込んだとして、陸上自衛隊富士駐屯地(静岡県小山町)は5日、戦車教導隊2等陸曹の男(35)=窃盗罪で起訴=を懲戒免職処分にしたと発表した。
  男は「遊興費に使った」と話しているという。
  同駐屯地によると、男は2009年春ごろ、同僚隊員の共済組合のキャッシュカードを盗み、同年12月~13年10月までの間、27回にわたり計約1300万円を引き出した。
  カードがないことに同僚が気付き発覚。男は今年7月、警務隊に窃盗容疑で逮捕された。
 撮影を担当した結婚式の披露宴会場で祝儀を盗んだとして、警視庁赤坂署は4日までに、窃盗容疑で横浜市港北区大倉山、フリーカメラマン板倉隼雄容疑者(34)を逮捕した。
  同署によると、容疑を認め「ビデオカメラの点検のふりをして盗んだ。小遣いやカメラ機材の購入費が欲しかった」などと話しているという。
  逮捕容疑は8月22日、東京都港区北青山の結婚式場で開かれていた披露宴で、祝儀袋4袋を盗んだ疑い。祝儀袋には現金計12万円が入っていたとみられる。
  赤坂署によると、板倉容疑者はこの披露宴の撮影を担当していた。新郎新婦側が出席者と祝儀袋の数が合わないことに気付いて同署に相談。防犯カメラの映像などから板倉容疑者が浮上したという。 

 4日午前11時15分ごろ、秋田市牛島東、佐々木アパートから出火、木造平屋約73平方メートルのうち火元の部屋約38平方メートルが全焼した。火は1時間余りで鎮火したが、この部屋に住む無職、工藤武夫さん(73)が意識不明の重体。

  妻(67)と、別の部屋の70代の男性は外出していて無事だった。

  秋田中央署が出火原因を調べている。

 4日午後2時15分ごろ、東京都品川区荏原の共同住宅から出火し、木造2階建て延べ約240平方メートルが全焼。隣接するマンションなど3棟にも燃え移って一部を焼き、約6時間後に消し止められた。共同住宅の焼け跡から女性1人の遺体が見つかり、警視庁荏原署が住人の無職、住谷喜以子さん(78)とみて身元の確認を急いでいる。

  同署によると、1階の内部が激しく燃えていた。ほかの住人は避難するなどし、けがはなかった。

 9都県で無銭飲食や窃盗を繰り返したとして、兵庫県の垂水署は1日、窃盗と詐欺の疑いで、住所不定無職の男(25)=窃盗、詐欺罪で公判中=を追送検し捜査を終結した。詐欺7件と窃盗21件、計約128万円の被害を裏付けたという。

  追送検容疑は2月5日、中央区の居酒屋で、店員から現金約2万3千円入りの財布を奪うなどした疑い。容疑を認めているという。

  同容疑者は1~4月、神戸や姫路、広島、岐阜、東京、秋田など9都県を電車で移動しながら、各地の飲食店で無銭飲食を重ね、店員や客の財布を抜き取るなどしていたという。「行ってみたいところに行った」と供述しているという。

 東京都内の宝石展示場でダイヤモンドを偽物とすり替えて盗もうとしたとして、警視庁は1日までに、窃盗未遂容疑で、国際窃盗団「ピンクパンダ」メンバーで中国籍のイ・サイジョン容疑者(37)を逮捕した。
  同容疑者は「偽物と本物を比較しただけだ」と容疑を否認している。
  同庁捜査3課によると、逮捕容疑は9月28日午後1時ごろ、豊島区の宝石展示場で、店員に話し掛けて販売価格160万円のダイヤをケースから出させ、手の中で自分が持ってきた偽物のダイヤとすり替えて盗もうとした疑い。
  そばにいた店員が気付いてその場で取り押さえ、捜査員に引き渡した。前日の27日に中国・上海から入国しており、警視庁は窃盗目的で入国したとみて調べている。
  ピンクパンダは中国人らで構成され、欧州を拠点にする窃盗団。買い物客を装って店員の目をそらせ、高額商品を模造品にすり替えて貴金属を盗む手口が特徴という。今年1月には東京・銀座の貴金属店で販売価格約2170万円の指輪が盗まれ、メンバーの中国人の男2人が8月に窃盗容疑で逮捕されている。

 吉本新喜劇の座長すっちー(43)と組んだ「乳首ドリル」で人気の新喜劇座員、吉田裕(36)が1日、大阪市内で今月28日に自宅マンションに駐輪してい20万円のロードバイク(高級自転車)を盗まれていたことを明かした。

 この日は、大阪・道頓堀の開削400年にちなんだ「大坂の陣新喜劇~『成安道頓』夢を掘った男~」(10月2~11日=大阪・なんばグランド花月)成功祈願に出席。乳首ドリルでブレークし「高級外車を買った」「ええもん食べるようになった」などと、"ドリル・バブル"がささやかれる吉田は、すっちーから「ドリル(バブルで購入した高級)自転車、盗まれてん」と暴露された。

  吉田によると、20万円のロードバイクは、8月下旬に購入したばかり。「買って1カ月、まだほとんど乗ってない」新品の状態。「雨の日は乗らず、仕事の日も、NGKとかちゃんと(駐輪場に)とめられるとこしか、乗って行ってへんかった。大事にし過ぎて、ずっと(マンションの)駐輪場にとめてたんで、狙われたんかも...」と話した。

  まだショックから「立ち直ってない」といい、すでに盗難届は提出したものの「家で盗まれてますからね...」と、手元に戻ることには期待薄。「でも、20万円ぐらい、怖くないですよ!」と、新たに自転車を買うと強気に宣言していた。

 1日午前6時35分ごろ、兵庫県三木市志染町西自由が丘の駐車場で「車上狙いにあった」と、近くに住む刃物研ぎ職の男性(76)から110番があった。県警三木署によると、乗用車と軽トラックの窓ガラスが割られ、積んでいた包丁などの刃物計約45本がケースごと盗まれていた。同署が窃盗事件として調べている。

  同署によると、盗まれたのは包丁約30本、はさみ12本、のこぎり3本など。男性は刃物の修理や販売をしており、盗まれたものの多くは新品だった。

  刃物は、プラスチックケースや段ボール箱に入れて車内に置かれており、中身は見えない状態だった。