2015年12月アーカイブ

 30日午後2時10分頃、愛知県半田市一本木町、県営西亀崎住宅3階の一室から出火、同室約35平方メートルを全焼した。

  焼け跡から2人の遺体が見つかり、同県警で出火原因と2人の身元などを調べている。

  発表によると、2人の遺体は別々の部屋で発見され、目立った外傷などはなかった。住宅は鉄骨4階建てで、同室には外国人の女性1人と女児2人の計3人が住んでいるとの情報があり、県警で確認を進めている。

 市川市の民家で財布を盗んだとして、市川署は29日、窃盗などの疑いで自称住居不定、無職、吉倉和久容疑者(35)を緊急逮捕した。同署によると容疑を認め、「これまで千葉、埼玉で50件くらいやった」と供述している。

  逮捕容疑は28日深夜から翌日未明にかけて、同市大和田の無職男性(70)方に忍び込み、現金4千円などが入った財布を盗んだとしている。

  この男性方近くの路上で吉倉容疑者を警官が職務質問したところ、男性の財布や、別の被害者のものと思われる所持品があり犯行が発覚。「28、29日にかけ、他でも数件盗みを行った」とも供述しているという。

  同署管内では11月ごろから民家外壁への落書き被害が相次いでいたことから、同署では年末年始の特別警戒の一環として、約30人の特別チームを結成。パトロールなどを強化していた。

 29日午後11時35分頃、茨城県常陸太田市町屋町、根本春雄さん(79)方が燃えていると119番があった。

  木造平屋住宅約200平方メートルが全焼し、焼け跡から2人の遺体が見つかった。太田署は、連絡が取れなくなっている根本さんと次男(43)とみて身元の確認を急ぐとともに、出火原因を調べている。妻は逃げて無事だった。

 29日午後6時15分頃、福岡県大牟田市新勝立町6、篠村和子さん方から出火、木造平屋住宅と隣接する木造2階建て住宅の計2棟を全焼した。

  篠村さん方の焼け跡から30日、1人の遺体が見つかった。篠村さんは一人暮らしで連絡が取れなくなっており、県警大牟田署は遺体の身元の確認を急いでいる。

 29日午後7時50分ごろ、三春町、松崎喜一郎さん(88)方から出火、木造2階建てを全焼、車3台も焼いた。
  田村署によると、松崎さんは5人暮らし。松崎さんの妻(81)と長男の妻(55)がけがをした。同署が出火原因を調べている。
 東京都内の高校に侵入し制服などを盗んだとして、窃盗容疑などで逮捕されたお笑いコンビ「キングオブコメディ」の高橋健一容疑者(44)が「人目に付かない土日の学校を狙った」と供述していることが28日、捜査関係者への取材で分かった。
  警視庁は同日、高橋容疑者を送検した。
  高橋容疑者は4月25日昼、世田谷区内の都立高校に侵入し、更衣室から女子生徒3人のブレザーやスカートなど24点を盗んだ疑いで逮捕された。
  この日は土曜日で、高橋容疑者はマスクを着け眼鏡を掛けて正門から学校に侵入し、塀を乗り越えて敷地外に出たという。「20年くらい前から(学校荒らしを)やっていた」と話しており、自宅から制服など約600点が押収された。

 28日午前3時55分ごろ、福島県田村市船引町堀越、農業根本幹雄さん(65)方から「建物の中に煙が充満している」と119番通報があった。木造平屋建ての離れ約13平方メートルが焼け、焼け跡から男女2人の遺体が見つかった。離れに住んでいた根本さんの両親と連絡がつかなくなっている。

  田村署によると、居間の掘りごたつなどが焼けていた。母屋に暮らす根本さん夫婦は避難して無事だった。署が遺体の身元と出火原因を調べている。

 28日午後11時50分ごろ、沼津市岡宮の介護施設の駐車場に設置されていた自動販売機1台を焼いた。沼津市北消防署によると、通行人が発見して119番した。同署と沼津署が出火原因を調べている。

 28日午後5時25分ごろ、東京都墨田区八広の住宅から出火。木造モルタル2階建て住宅約46平方メートルが焼けた。焼け跡から女性の遺体が見つかった。警視庁向島署はこの家に住む80代の女性とみて身元の確認を急いでいる。また女性の息子夫婦とみられる男女もそれぞれけがをした。

  6時15分ごろには、東京都江戸川区瑞江の事務所兼住宅から出火。木造モルタル2階建て建物のうち2階の10平方メートルが燃えた。この火事でこの家に住む無職、岡田きみ子さん(86)が死亡した。警視庁小松川署などで死因と出火原因を調べている。

 27日午後8時35分ごろ、三重県尾鷲市泉町の無職、桂康記(やすのり)さん(62)方から出火、木造2階建て延べ約130平方メートルを全焼した。県警尾鷲署によると、出火当時2階にいた妻圭子さん(59)が行方不明になっている。桂さんは無事だった。

  同署によると、桂さんが1階居間でアロマキャンドルに火をつけ、うたた寝をしていたところ、置いていた衣類に火が燃え移ったらしい。

 27日午後6時20分ごろ、宮城県蔵王町宮の住宅から出火、木造平屋の建物約120平方メートルが全焼した。白石署によると、住宅は半ば空き家の状態だった。「玄関先で約1メートルの炎が見えた」との目撃情報があり、同署は不審火の可能性もあるとみて詳しく調べている。

 町内では宮地区を中心に、1月から11件の不審火が発生。同署は関連を調べる。

 27日午後10時ごろ、東京都荒川区東日暮里の倉庫から出火。木造平屋建て建物約25平方メートルが焼けたほか、付近の住宅など5棟に延焼し、約1時間半後にほぼ消し止められた。東京消防庁によると、けが人はいないという。警視庁荒川署が詳しい出火原因などを調べている。

 27日午後8時半ごろ、東京都板橋区前野町の5階建てマンション「ライオンズマンションときわ台」2階の一室から出火。約20平方メートルが焼け、約45分後に消し止められた。

  男性1人が病院に搬送されたが、全身にやけどを負って死亡。警視庁志村署は、男性がこの部屋に住む職業不詳、山本勝正さん(50)の可能性があるとみて身元の確認を進めるとともに、詳しい出火原因を調べている。

 27日午前1時半ごろ、大阪府東大阪市御幸町の男性会社員(43)宅付近から出火した。同市消防局によると、約1時間後に鎮火し、木造3階建ての1階部分約15平方メートルが焼けた。

  男性宅は4人家族。男性は外出中で、3階にいた妻(42)と長男(9)、長女(8)が煙を吸って病院に運ばれた。男性宅の近くの路上に火炎瓶のようなものが数本あったという。

 岐阜県警岐阜北署は26日、岐阜市内のドラッグストアで化粧品などを万引きしたとして、住所不定、無職、田中誠容疑者(28)を窃盗容疑で逮捕した。

  容疑は4日午後2時45分ごろ、岐阜市日野南のドラッグストアで化粧品など11点(約5万円相当)を盗んだとしている。田中容疑者は車で逃走し、県警がヘリコプターやパトカー20台以上で40キロ以上追跡したが、見失っていた。

  県警は聞き込み捜査で田中容疑者が岐阜県瑞穂市内の知人宅にいることを突き止め、26日朝に逮捕した。田中容疑者は「身に覚えはありません」と容疑を否認しているという。田中容疑者は商品を買い物かごに入れたまま持ち去っており、県内では9月以降、同様の手口の万引きが相次いでいることから、県警は関連を調べている。

 26日午前10時20分ごろ、浜松市南区頭陀寺町、無職の女性(82)方から出火し、木造2階建て同住宅約100平方メートルを全焼した。さらに隣接の歯科医院兼住宅に延焼し、鉄筋コンクリート造り2階建て同建物約290平方メートルも全焼した。

  女性と、歯科医院を営む息子(53)がやけどなどのけがをして病院に搬送されたが、命に別条はないという。浜松東署と市消防局が出火原因を調べている。

  同署によると、女性は1人暮らし。歯科医院は診療日だったが、出火当時は患者はおらず、息子の家族は避難したり、外出中だったりして無事だった。

  近所に住む会社員の男性(39)は「ドンという爆発音が3回聞こえて外に出た。炎の勢いがすごくて、だんだんと黒煙が広がっていった」と話した。

 26日午後7時ごろ、大阪市住之江区平林南1丁目の作業場から火が出ている、と119番通報があった。市消防局によると、車両約30台が出動し消火にあたった。約600平方メートルのうち約150メートルが焼けた。50代の男性が煙を吸って病院に運ばれたという。

 26日午前1時35分ごろ、大阪府箕面市西小路の集合住宅から出火。3階に住む無職男性(64)と妻(55)のほか、隣の部屋の生後9カ月の女児ら親子3人が避難時にやけどするなどけがをした。5人いずれも軽傷という。

  大阪府警箕面署によると、無職男性宅の玄関前の通路に置かれていた衣類や雑貨類などが燃えた。同署は失火と放火の両面から出火原因を詳しく調べる。

 26日午前1時50分ごろ、大阪市福島区大開3丁目の鉄筋14階建てマンション「野田パーク・ホームズ」付近から出火、2階の1室約70平方メートルのうち約20平方メートルが焼けた。焼け跡から性別不明の遺体が見つかり、府警は行方が分からなくなっている住人の無職川口雅弘さん(60)とみて身元の確認を進めている。

  福島署によると、川口さんは妻(60)と2人暮らし。妻は逃げる際に煙を吸ってのどを痛め、病院に搬送されたという。

 25日午後11時50分ごろ、長崎市深堀町3の無職、中尾敏郎さん(77)方から出火し、木造平屋の住宅約120平方メートルと、隣接する木造2階建て住宅約150平方メートルの2棟を全焼した。焼け跡から2人の遺体が見つかり、長崎県警大浦署は、行方が分からなくなっている中尾さんと妻ミチ子さん(80)とみて身元の確認を急いでいる。

  大浦署などによると、隣接する住宅の住人は逃げて無事だった。火は約2時間半後に鎮火した。周辺住民によると、中尾さんは足腰が不自由だった。近所の男性(70)は「眠っていたが、消防車のサイレンの音で跳び起きた。時折爆発音がしていた」と話した。

 25日午前1時40分ごろ、津市白塚町、無職、前野志津子さん(86)方から出火、木造2階建て住宅約160平方メートルを全焼し、焼け跡から女性1人の遺体が見つかった。

  三重県警津署によると、前野さん方は3人暮らし。遺体は連絡が取れない前野さんとみて身元の確認を急ぐとともに、出火原因を調べている。

 24日午前5時10分ごろ、秋田県湯沢市高松、農業高橋俊一さん(77)方から火が出ていると、近所の人から119番通報があった。木造2階建て住宅を全焼し、焼け跡から性別不明の2人の遺体が見つかった。

  消防によると、高橋さん方は3人暮らし。高橋さんは避難して無事だったが、同居する母サタヱさん(99)と妻ミヨ子さん(73)と連絡が取れなくなっており、遺体はこの2人の可能性があるとみて、県警が身元の確認と出火原因を調べている。

 23日午後1時35分ごろ、和歌山市小雑賀の大型ショッピングセンター「スーパーセンターオークワセントラルシティ和歌山店」で、未精算の食料品を入れたカートを押して店外へ出る女を男性保安員が発見。女が万引を認めたため、通報で駆け付けた和歌山県警和歌山東署員が窃盗容疑で現行犯逮捕した。

  逮捕されたのは、同県有田市に住む無職の女(71)。かごの中には、牛肉やみかんなど食料品ばかり計44点(計約3万8900円相当)が入っていた。同署が確認したところ、女は財布に現金約100万円を所持していた。調べに対し、女は「金を出すのがもったいなくてやった」と容疑を認めているという。

  女はこの日、夫と一緒に同店を訪れていたが、盗んだときに別の場所におり、夫は「知りません」と話しているという。同署は詳しい動機を調べている。

 23日午後1時15分ごろ、福島市の空き家=同市、無職安藤勇さん(69)所有=から出火、木造平屋約200平方メートルを全焼した。けが人はいなかった。
  福島署によると、現場は10月ごろから空き家になっていた。同署は、漏電などの可能性があるとみて原因を調べている。
 23日午前3時ごろ、勝浦市赤羽根の小沢明さん(83)方が「屋根まで燃えている」と、近隣の女性から110番通報があった。木造平屋住宅約53平方メートルが全焼し、焼け跡から性別不明の遺体が1体見つかった。勝浦署は、遺体はこの家に1人で住んでいて、連絡が取れなくなっている小沢さんとみて、身元確認と出火原因の捜査を進めている。
 22日午前3時50分ごろ、京都市上京区今出川通河原町西入ル、「ブランドショップよちか」に車が突っ込んだ。店内からは複数の高級かばんなどが盗まれたといい、上京署が窃盗事件として捜査している。
  同署の説明では、店内の防犯カメラに乗用車と、複数人が商品を物色している様子が写っていた。車はシャッターと入り口のガラス戸を突き破っており、数分後に立ち去ったという。現場付近では別の黒っぽいワゴン車の目撃情報もあり、同署が関連を調べている。
  当時、店は無人で、経営者の男性(42)は取材に対し、「エルメスのバッグなど約50点が盗まれた」と話し、被害額は数千万円に上るという。目出し帽姿の3人が防犯カメラに写っていたという。

 22日午後8時5分頃、茨城県土浦市藤沢の豚舎から出火し、木造平屋の豚舎7棟のうち、3棟が全焼、2棟が半焼した。

  焼失面積は計約9000平方メートル。この火災で、飼育していた豚約1600頭のうち約1000頭が死んだ。複数頭が外に逃げ出し、行方が分からなくなっている。

  土浦署の発表によると、豚舎は同市田宮、養豚業桜井利男さん(67)が経営。近くの人が豚舎から煙が出ているのに気付き、119番した。豚舎には照明設備と保温用のヒーター設備があり、出火当時、ヒーター2機が稼働していたという。同署で出火原因を調べている。

 22日午前3時15分ごろ、佐賀県鳥栖市下野町の男性(53)所有の空き家から出火し、木造2階建て約200平方メートルを全焼。さらに西隣の男性(81)所有の空き家にも燃え広がり、木造平屋建て約140平方メートルを全焼し、隣接する民家や小屋の一部を焼いた。けが人はなかった。

 現場から約200メートル北東では、18日未明にも空き家が全焼する火災があったばかり。不審火の可能性もあり、鳥栖署は関連を調べている。

 同署や消防によると、火元の男性方は3年前から空き家になっており、電気は通っていたが、電化製品などが激しく燃えた形跡はなく、漏電の可能性は低いとみられる。

 筑後川沿いに約180軒の住宅が並ぶ下野町は高齢化で近年、空き家が増加。火元の隣に住む男性(48)は「空き家だとわかっていたから気にかけてはいた。でも、先週も火事があったばかりだから『まさか』という感じ」と相次ぐ火災に不安を浮かべた。

 22日午後2時40分ごろ、浜松市西区大人見町の男性(75)方から出火し、鉄骨造2階建て住宅約100平方メートルを焼いた。東側に隣接する木造2階建て住宅に延焼して2階部分を焼き、西側の木造2階建て住宅の一部も焼いた。男性方の焼け跡から1人の遺体が見つかり、東側の住宅に住む女性は気分が悪くなって病院に搬送された。男性の妻(69)の行方が分かっておらず、浜松中央署が遺体の身元の確認を急いでいる。

  同署によると、男性は妻と長男(44)の3人暮らし。男性は火災に気づいて避難し、長男は外出中で無事だった。同署と市消防局が出火原因を調べている。近くに住む主婦(69)は「サイレンの音で外に出たら、火柱と真っ黒い煙が見えた。このあたりは高齢者が多く住むが、昼間は人通りも少なく気付くのが遅れたのでは」と話した。

 岐阜県図書館(岐阜市宇佐4)は21日、同性愛や性同一性障害に関する書籍26冊(約7万3000円相当)が盗まれたと発表した。同館では昨年8月にも同じテーマの書籍36冊が盗難被害に遭っており、県警岐阜南署が関連を調べている。

  盗まれたのは開架式書庫の「性問題」をテーマに掲げたコーナーにあった計121冊中の26冊。先月末から実施していた年1回の蔵書点検で判明した。同館は出入り口に盗難防止用装置を設置しているが、作動した形跡はなかったという。

  昨年8月には同じテーマの本が同館で36冊、岐阜市立図書館でも24冊盗まれているが、犯人検挙には至っていない。県図書館は盗難後、24冊を再度購入したが、うち17冊はまた盗まれた。

  同館は「書籍は県民の共有財産。いろんな人が利用できる機会が失われ残念だ。返してほしい」と話している。

 21日夜、栃木県佐野市朝日町で住宅3棟とプレハブ小屋1棟を全焼する火事があり、隣接する住宅2棟の一部と車両5台などを焼いた。県警佐野署は22日、火元の住宅に住む無職、小暮忠容疑者(87)を現住建造物等放火の疑いで逮捕した。

  容疑は21日午後11時35分ごろ、自宅物置部屋で、灯油に浸したタオルにライターで火を付けたとしている。容疑を認めているという。けが人はなかった。

  同署によると、小暮容疑者宅は元工務店で、長女(57)、長男(52)との3人暮らし。出火当時、2階で寝ていた長女が物音に気付いて階下に下りると物置部屋が燃えており、小暮容疑者が「火をつけちゃった」と話したという。

 21日午後4時20分ごろ、横浜市鶴見区獅子ケ谷2丁目の金型製造工場「宮里製作所」から出火、軽量鉄骨2階建ての1階部分約60平方メートルなどを焼いた。鶴見署が出火原因を調べている。

  同署によると、同製作所を経営する男性(77)の長男(47)が2階から火が出ているのを発見し、119番通報した。

 20日午前7時30分ごろ、白河市の住宅新築工事現場から出火、置いてあった木製の建築廃材など約1平方メートルを焼いた。周辺に火の気がないことから、白河署は不審火とみて原因を調べている。

  同署によると、現場には自由に出入りできるという。

 20日午前3時頃、青森県つがる市木造若緑、無職田中チヨエさん(88)方から出火、木造2階住宅を全焼したほか、隣接する住宅3棟と鉄工所1棟の計4棟を焼いた。

  田中さん方の焼け跡から2人の遺体が見つかり、つがる署で身元の確認を進めている。

  発表によると、田中さん方は3人暮らし。田中さんは逃げて無事だったが、60歳代の娘と30歳代の孫娘と連絡が取れなくなっているという。

 20日午前6時55分ごろ、大阪市生野区生野西の4階建てマンションで、「ベランダから煙が見える」と近くの男性から119番があった。大阪市消防局によると、3階の一室から70代くらいの男性1人が救出されたが、搬送先の病院で死亡が確認された。大阪府警が男性の身元の確認を急ぐとともに、出火原因などを調べる。

 19日午前1時半ごろ、東京都練馬区練馬の民家から出火、木造モルタル造り2階建て住宅の1階部分約10平方メートルが焼け、男性1人が病院に搬送されたが、死亡した。警視庁練馬署は、男性がこの家に住む無職、小俣幸一さん(95)とみて身元の確認を急ぐとともに出火原因を調べている。

  同署によると、小俣さんは1階の寝室から救出された。1階の台所の燃え方が激しかったという。

 19日午前0時35分ごろ、北海道北見市北斗町2丁目のNHK北見放送局の局舎内から出火した。北見署や消防によると、現時点でけが人はいないという。消防車7台が出動し、消火にあたっている。
 18日午後10時ごろ、沼津市東熊堂の会社敷地内に山積みにされた堆肥から出火し、わらや木などを焼いた。けが人はいなかった。沼津署が出火原因を調べている。

 18日午前4時40分頃、千葉県船橋市潮見町のスクラップ会社「アラエ商会」船橋営業所の廃材置き場から火が出ていると110番があった。

  消防車13台で消火にあたっているが、午後1時現在、鎮火していない。けが人は確認されていない。

  船橋署の発表によると、廃材置き場にはステンレスや鉄くずなどが置いてあった。出火原因は不明だが、防犯カメラなどからは外部から人が入った形跡はないという。

  現場から約100メートル離れた物流倉庫に勤務している男性(51)は「車で出社する途中、高く立ち上る煙が見えた。自分の会社かと思い不安になった」と話していた。

 県警監察官室は17日、柏市の商業施設でスーツなどを万引したとして、野田署の女性巡査長(30)を減給10分の1(6カ月)の懲戒処分にしたと明らかにした。処分は16日付。巡査長は同日、依願退職した。県警は窃盗の疑いで巡査長を任意で取り調べ、来月にも書類送検する方針という。

  同室によると、巡査長は11月7日夕、柏市の商業施設で、女性用スーツのジャケットとズボン、菓子6点(計約3万4千円相当)をバッグに入れ盗んだとされる。巡査長は「育児などでストレスがたまっていた」と話しているという。

 17日午後1時55分ごろ、上尾市瓦葺、木造2階建てアパート「サントピアカワラブキ」1階、無職大木弘道さん(69)方から出火、同室を半焼し大木さんが煙を吸って病院に搬送され、死亡が確認された。

  上尾署によると、大木さん方は6畳一間のワンルームで、中央の床の燃え方が激しかった。近くの女性(40)が、アパートの窓から白い煙が出ているのに気付き、119番した。大木さんは1人暮らしだった。アパートには大木さんのほかに3世帯が入居していたが、出火時はいずれも不在だった。同署で出火原因を調べている。

 17日午後6時ごろ、南足柄市大雄町の老舗せんべい店「村上商店」から出火、住宅兼用の木造平屋を全焼した。隣接の木造2階建て住宅や倉庫など4棟も全焼。同店店主(89)が足にやけどを負った。

  松田署や小田原市消防本部によると、出火当時、同店には店主と妻(75)の2人がいたという。同署は、給油中の灯油にストーブの火が引火したとみて詳しく調べている。

 スーパーでアルバイトの面接を受け、不採用となった直後に缶ビールを盗んだとして、奈良県警生駒署は17日、窃盗容疑で奈良市富雄元町の無職の男(39)を逮捕した。「面接には行ったが盗んでいない」と容疑を否認している。

  逮捕容疑は9日午前10時55分ごろ、奈良県生駒市内のスーパーマーケットで、500ミリリットルの缶ビール6本入りパック2点(3132円相当)を盗んだとしている。

  同署によると、男は犯行直前にこのスーパーでアルバイトの面接を受け、不採用を言い渡されていた。面接を担当した店長(58)が店内で不審な動きをする男に気づき、監視カメラを確認するとビールを盗む様子が映っていたという。

  男は昨年7月にもこの店でアルバイトの採用面接を受けており、当時の履歴書から人物を特定、逮捕した。

 16日午後11時15分ごろ、福島県いわき市内郷高坂町1の無職、増子好雄さん(75)方が燃えていると、近所の住民から119番があった。木造2階建て住宅延べ約180平方メートルを全焼し、焼け跡から2人の遺体が見つかった。県警いわき中央署は、連絡が取れなくなっている増子さんと妻まささん(79)とみて身元の確認を急ぐとともに、出火原因を調べている。

 警視庁亀有署は16日までに、都内の駐車場に止めてあった車の中から財布などを盗んだとして、常習累犯窃盗の疑いで住所不定、無職の男(38)を逮捕した。取り調べで、捜査員が「職業は無職でいいのか?」と問うと「俺は無職じゃない」と否定した上で「職業は車上狙いだ」と供述しているという。

  逮捕容疑は、ことし10月22日午後9時ごろから同23日午前7時30分の間に、東京都葛飾区新宿の駐車場にあった車の半開きのスライド式のガラス窓から手を入れてロックを解除し、車内にあった財布など3万円相当を盗んだ疑い。

  捜査関係者によると、ガラス窓が半開きの車を狙った理由については「泥棒のプロとして、鍵のかかっていない車を見つけたら、泥棒をしないわけにはいかない」と"プロ魂"を強調。「そういう車を見つけるのは得意なんだ」と自信ありげに話しているという。

  盗んだ財布は現場近くに捨ててあった。その財布に残っていた指紋などから男が捜査線上に浮上。今月12日に"御用"となったが「俺はプロとして手袋はしないんだ」とも話しているという。葛飾区内では、今年10月に同様の手口の車上荒らしが7件発生。今年だと49件起きているという。男は「ほかにもやっている。東京、千葉、埼玉で合計300件くらいやった」とも話しており、同署は裏付け捜査を進めている。

 16日午後4時55分ごろ、横浜市神奈川区鶴屋町3丁目の貴金属店で、2人組の男がショーケースを割ってネックレスや指輪など貴金属類を持ち去った。神奈川署が窃盗事件として調べている。
  同署によると、男2人は営業中の店内で、棒のようなものでショーケースをたたき割り、少なくとも30点の貴金属類を盗んだ。ひと言も言葉を発せず、店前に止めていた乗用車で逃走したという。
  当時店に客はおらず、従業員が1人いたが、けが人はなかった。同店の従業員が「貴金属類を盗んだ男2人が逃走した」と110番通報した。
 16日午前8時10分ごろ、舞鶴市田中町、市営住宅田中団地35号室の女性(89)方から出火、コンクリート平屋建て長屋の1室約50平方メートルが全焼した。女性(89)方から高齢女性が病院へ搬送され、死亡が確認された。舞鶴署は、死亡したのは女性(89)ではないかとみて、身元確認を進めている。
  近くの住民によると、女性(89)は一人暮らしで、脚と目が悪かったという。近くの主婦(39)は「爆発のような大きな音が4回あり、火が上がっていた」と話していた。
 16日午前3時5分ごろ、愛知県豊田市堤町馬ノ頭1のトヨタ自動車堤工場の塗装ラインの配線から火が出ているのを従業員が発見した。備え付けの消火器で間もなく消火し、電気コード約1メートルが焼けた。火災の影響で2本の生産ラインのうち1本が同6時20分から約5時間止まった。県警豊田署が出火原因を調べている。
 福岡県警は15日、カメラ店や菓子店に侵入して、現金や調理器具などを盗んだなどとして、住所不定の建設作業員男(33)ら男2人を建造物侵入、窃盗などの容疑で福岡地検に送致し、捜査を終結したと発表した。大分県警との合同捜査。調べでは、2人は共謀し、今年5月に大分市のカメラ店に侵入して現金約48万円を盗み、8月には福岡県那珂川町の菓子店に侵入して調理器具などを盗んだ疑い。県警は8月28日、同県太宰府市内で、特殊開錠用具を隠し持っていた容疑で2人を逮捕し、余罪を追及していた。

 15日午後0時半ごろ、春日部市豊町の無職、鎌田千枝子さん(59)方から出火、木造2階建て住宅が全焼し、1階から女性の遺体が見つかった。千枝子さんの母、淳子さん(89)と連絡が取れておらず、春日部署は遺体の身元確認を急いでいる。ほかに近隣住宅3棟の雨どいが溶けるなどした。

  同署が詳しい出火原因を調べている。

 15日午後3時ごろ、相模原市南区西大沼2で、自営業、柳川和則さん(55)方を含む2軒が全焼、2軒が半焼などする火災があった。いずれも木造2階建ての戸建て住宅。けが人はいなかった。柳川さん方が火元とみられるが、出火当時、柳川さんは不在だった。相模原南署が出火の原因を調べている。通行人の女性が「煙が出ている」と110番通報した。
 15日午前2時25分ごろ、栃木県益子町塙で「建物が燃えている」と近隣住民から119番があった。木造2階建てと平屋の住宅計3棟が全焼、さらに平屋の空き家2棟が半焼し約2時間20分後に鎮火した。住宅の焼け跡から1人の遺体が発見された。この家に1人で住む無職、鈴木敏央さん(60)と連絡が取れなくなっており、県警真岡署は鈴木さんの可能性が高いとみて身元確認を急いでいる。ほかの住民は逃げるなどして無事だった。同署が出火元や出火原因を調べる。

 15日午前0時40分ごろ、埼玉県吉川市下内川の自営業池田清一さん(53)方から出火し、木造2階建て住宅が全焼した。室内にいた池田さんの妻美代子さん(53)と長女の衣梨那さん(23)が死亡した。長男(13)も軽傷を負った。

  吉川署によると、池田さんは5人家族。出火当時は全員が在宅だった。池田さんと次女(22)にけがはなかった。室内から火が出ているのに気づいた次女が110番通報したという。

 14日午前0時5分頃、岐阜市日ノ出町の鉄筋3階建て店舗兼住宅から出火、2階の住宅部分約35平方メートルを焼いた。

  住宅には大野勇雄さん(76)と妻の佳津子さん(81)、娘(46)が住んでおり、佳津子さんが煙を吸って病院に運ばれたほか、焼け跡から1人の遺体が見つかった。大野さんと連絡が取れなくなっていることから、岐阜県警岐阜中署は、遺体は大野さんの可能性が高いとみて身元を調べている。

 14日午後7時半ごろ、柏市増尾の住宅で、近くに住む男性から「2階の屋根裏から煙が出ている」と119番通報があった。柏署によると、木造2階建て住宅が焼け、2階部分から性別不明の焼けた遺体が発見された。柏署は身元を調べるとともに、出火原因を調べている。
 13日午後6時ごろ、大阪市住之江区南港北のインテックス大阪で開かれていたアイドルグループ「SKE48」の握手会で、CDやグッズの売上金約388万円を置き引きした男がイベント関係者に取り押さえられ、窃盗容疑で現行犯逮捕された。
  
  大阪府警住之江署によると、男は埼玉県川口市の会社員(21)。立ち入り禁止区域の柵の隙間から現金入りのポリ袋を盗み、逃走。目撃した関係者らが追い掛けて取り押さえ、駆け付けた同署員に引き渡した。
  男は容疑を認め、「袋の中にお金が見えて、欲しくなってとった」と話しているという。 

 午前1時半ごろ、目黒区目黒本町の木造2階建て「やきとりふじ」から出火。2階住宅部分の約20平方メートルが焼失した。119番通報を受けて、消防隊員が駆けつけたところ、室内から男性1人が見つかり、病院に搬送されたが、まもなく死亡が確認された。

  警視庁碑文谷署などによると、この部屋に住む自営業、斎藤豊さん(75)と連絡が取れていないという。斎藤さんは妻と2人暮らしで、妻は別の棟にいて無事だった。

  同署が男性の身元と出火原因を調べている。

 13日午前6時15分ごろ、福岡県大牟田市歴木(くぬぎ)の高泉市営住宅(鉄筋5階建て)で、「3階から出火し、炎が噴出している」と119番通報があった。大牟田市消防本部が消火にあたり、約2時間半後に鎮火した。同消防本部や大牟田署によると、3階の川本悦子さん(52)方と4階の会社員橋口友罷呂(ともひろ)さん(31)方が全焼するなどし、子ども3人を含む計6人が救急搬送された。いずれも症状は重篤で、うち5人は搬送時、意識がなかったという。

  搬送時、三男は少し会話ができる状態だったが、ほかの5人は意識不明の状態だった。6人は4~5階の階段や踊り場などに倒れており、顔などにやけどをしたり煙を吸ったりしていたという。橋口さん宅は6人家族で、次男(10)は自力で避難した。

  目撃者の話や3階の焼け方が激しいことなどから、署は、川本さん方付近から出火したとみて原因などを調べている。

 13日午前11時15分ごろ、田村市、無職半谷秀也さん(48)方の物置から出火、木造平屋約40平方メートルを全焼した。焼け跡から1人の遺体が見つかった。田村署が14日、福島医大で司法解剖した結果、死因は焼死だった。
  同署は半谷さんと連絡が取れないことから、遺体が半谷さんの可能性があるとみて、DNA鑑定で身元の確認を進めている。同署によると、物置内から出火したとみられる。

 13日午前6時15分ごろ、福岡県大牟田市歴木(くぬぎ)の高泉市営住宅(鉄筋コンクリート5階建て)から出火し、3階の川本悦子さん(52)方と4階の会社員、橋口友罷呂(ともひろ)さん(31)方が全焼、5階空き室の外壁を焼いた。橋口さんの子供3人を含む計6人がやけどなどを負い、病院に搬送された。全員が重傷という。

  県警大牟田署と大牟田市消防本部によると、搬送されたのは川本さんの他、橋口さんと橋口さんの妻真実さん(32)、小学6年の長男透磨(とうま)さん(11)、小学1年の三男章宏さん(7)、四男健吾ちゃん(2)。いずれも手足、気管支などに重傷を負った。橋口さんの次男(10)は逃げて無事だった。橋口さん宅は川本さん宅の真上にあり、燃え方や目撃情報などから3階の川本さん方が火元とみている。

  出火時、川本さんは1人で室内におり、火事に気付いて2階の住人に助けを求めた後、火を消そうと再び3階に戻ったとの情報がある。消防は午前7時ごろ、川本さんと橋口さん一家の6人を救助した。6人は4~5階の階段の踊り場に倒れており、やけど以外にも一酸化炭素中毒のような症状が見られ、自力で歩けない状態だったという。階段を下りて逃げようとしたが、3階部分が燃えていて阻まれたとみている。警察と消防は15日以降に改めて火事現場の実況見分を実施する予定。

  市建築住宅課によると、出火した市営住宅は1971年建築。住宅の居間などには火災警報機が取り付けられていたといい、消防などが建物の構造などを調べている。

  橋口さんの父春男さん(67)らによると、次男は「母親から『火事よ、逃げなさい』と起こされ、煙が出ている3階の階段を走って逃げた」と話しているという。近くの男性(65)は「男の子が『助けて』と叫ぶ声が聞こえた。恐ろしくて体が震えた」と語った。

 草津署は12日、滋賀県栗東市辻の自動車販売会社で、ホイール付きタイヤ計60本(約300万円相当)が盗まれたと発表した。
  同署によると、6日午後5時ごろ、従業員が会社敷地内のコンテナに保管していたタイヤを確認したが、12日午前9時ごろに別の従業員がなくなっているのに気づいたという。コンテナには南京錠を掛けていたが、無くなっていた。タイヤはほとんどが夏用で、試乗車に使っていたという。

 12日午前5時5分ごろ、岩手県奥州市前沢区古城(こじょう)の無職、阿部リュウさん(87)方が燃えていると近隣住民から119番があった。約1時間後にほぼ消し止められたが、木造平屋建て住宅1棟と隣接する木造倉庫2棟の計約400平方メートルが全焼し、住宅の居間付近から2人の遺体が見つかった。

  県警水沢署によると、阿部さんは長女秀子さん(60)と2人暮らし。遺体は連絡が取れない2人とみて身元確認を進めている。

 大阪府河内長野市内の個人宅で現金1千万円を盗んだとして、府警河内長野署は11日、窃盗容疑で、堺市堺区住吉橋町の内装業、古川潤容疑者(41)を逮捕、送検したと発表した。古川容疑者は同日、窃盗罪で起訴された。

  逮捕・送検容疑は11月4日、内装業の仕事で訪れた河内長野市内の80代の無職男性方で、ソファの下に置いてあった現金1千万円を盗んだとしている。

  同署によると、男性は療養中の70代の妻の治療費として1千万円を銀行からおろし、自宅で保管していたという。

 浜松中央署は11日、住居侵入と窃盗の疑いで浜松市中区高丘東、航空自衛隊浜松基地所属の3曹(30)を逮捕した。

  逮捕容疑は5日午前1時半ごろ、中区のアパート1階に住む20代の工員女性の部屋に侵入し、ブラジャーのパッド1枚(100円相当)を盗んだ疑い。

  同署によると、女性が帰宅した際、部屋の中から不審な物音がするのに気付いて部屋に入ったところ、ベランダから逃げていく男の姿を見た。6日に同署に相談した。同署は目撃情報などから容疑者を割り出した。

  同基地の隊員が逮捕されたのは今年2件目。航空自衛隊浜松基地司令の平塚弘司空将補は「国民の負託に応えるべき隊員が逮捕されたことは誠に遺憾。事案の詳細を調査し、厳正に対処する」とのコメントを出した。

 11日午後11時45分ごろ、大阪府枚方市中之芝の久親恩寺(くしおんじ)で、「小屋が燃えている」と近所の住民から119番があった。大阪府警枚方署によると、寺の敷地内にある木造2階建て住宅約500平方メートルを全焼した。寺のほかの建造物への延焼はなかった。同署で出火原因を調べている。

  住宅には、住職の岡田悦雄さん(69)ら家族3人が住んでおり、岡田さんの妹で会社員の女性(61)が腰を打つなどの軽いけがを負った。

 11日午前11時53分ごろ、三重県四日市市塩浜町の昭和四日市石油四日市製油所の加熱炉の上部から出火した、と従業員から119番通報があった。四日市市消防本部が消火にあたり、鎮火に向かっているという。けが人は確認されていないという。
 消防本部などによると、午後1時過ぎ現在、消防車など計13台が出動し、消防士約35人が消火活動をしている。出火原因や焼失面積などは現時点で分からないという。

 空き巣を繰り返したとして、大阪府警捜査3課と西成署は10日、窃盗などの疑いで逮捕していた住居不定、無職、泉谷哲平被告(29)=窃盗罪などで公判中=について、103件の犯行(被害総額1520万円相当)を裏付けて送検、捜査を終えたと発表した。「覚醒剤を買うためだった」と容疑を認めている。

  府警によると、泉谷容疑者はマンションの排水パイプをよじ登って部屋に侵入する手口で、大阪市内を中心に空き巣を繰り返していた。以前はとび職だったといい「高いところは怖くない」と供述している。

  泉谷容疑者は4月、大阪市西成区の郵便局で、盗んだ通帳で現金を引き出そうとしてトラブルになり、催涙スプレーを噴射して逃走。西成区内のマンションに立てこもり、約12時間後に身柄を確保されていた。

  送検容疑は3月、西成区天下茶屋東のマンションの一室に侵入してかばんを盗むなど、平成25年12月~今年4月、市内などで空き巣を繰り返したとしている。

 10日午前2時5分ごろ、愛川町中津の「東京エルテック・愛川リサイクルプラント」から出火、鉄筋平屋建ての工場約720平方メートルがほぼ全焼した。厚木署が出火原因を調べている。

  同署などによると、操業は同0時半ごろ終了しており、出火時は無人だった。同工場は廃材や廃プラスチックなどを原料に固形燃料を製造しており、高温を生じる工程があるという。

  火災警報で駆けつけた警備会社職員が110番通報した。

 福岡東署は9日午後、福岡市東区原田1丁目、アルバイト男(36)を窃盗容疑で逮捕した。調べでは、男は11月27日夜、同区筥松1丁目にあるコインランドリーで、女性会社員(46)ら3人の下着4枚を盗んだ疑い。

 コインパーキングの精算機から現金を盗んだとして、大阪府警が窃盗容疑で住居不定の無職の男(49)を逮捕していたことが9日、府警への取材で分かった。大阪市内では今年8月以降、同様の窃盗事件が100件以上相次いでおり、府警が関与を調べている。

  逮捕容疑は10月16日早朝、同市中央区西心斎橋のコインパーキングで、精算機から現金約12万7千円を盗んだとしている。11月24日に逮捕した。

  府警によると、精算機の扉と車をロープでつないで発車させ、破壊した精算機から現金を盗むなどの手口が確認されている。

 公共施設でトイレットペーパーを盗んだとして、愛知県警は9日、自称名古屋市昭和区に住む無職の男(66)を建造物侵入と窃盗の疑いで現行犯逮捕し、発表した。容疑を認め、「金がなかった。自分で使うためだった」と供述しているという。

  千種署によると、男は9日午後4時55分ごろ、同市千種区の「吹上ホール」のトイレから、トイレットペーパー8個(200円相当)を盗んだ疑いがある。

  吹上ホールでは、11月26日から6日間連続でトイレットペーパー計60個がなくなる被害があり、ホール側が1日に同署に相談していた。調べに対し、男は「以前にも盗んだことがある」と話しているといい、同署が関連を調べている。

 雑居ビルの飲食店で出店荒らしを繰り返したとして、大阪府警捜査3課と曽根崎署は9日、窃盗と建造物侵入容疑で、住居不定、無職、武藤鉄美被告(66)=常習累犯窃盗罪で公判中=を逮捕し、24件の犯行(被害総額240万円相当)を裏付けて送検、捜査を終えたと発表した。「生活費やカプセルホテルの宿泊代を稼ぐためだった」と容疑を認めている。

  逮捕・送検容疑は9月3日、大阪市北区堂山町の雑居ビルの飲食店に侵入し、店内から現金約3千円の入った貯金箱を盗むなど、今年8~9月、同市内の飲食店などで出店荒らしを繰り返したとしている。

  府警によると、捜査員が9月3日、扇町公園(北区)の植え込みで貯金箱を割るなどの不審な行動をしていた武藤容疑者を発見。関与が浮上したという。

 指定暴力団山口組の幹部だった元暴力団組長の男性(80)=兵庫県西宮市=が、空き巣に入られて現金約3億円などを盗まれたとの被害届を兵庫県警に出したことが捜査関係者への取材でわかった。県警は窃盗事件として調べている。

  捜査関係者によると、男性は今月5日午後から外出。7日夜に帰宅したところ、室内が荒らされていることに気づき、同日、被害届を西宮署に出したという。被害品には現金のほかに貴金属などが多数含まれているとされ、被害総額が増える可能性がある。

 9日午前4時25分ごろ、愛知県半田市亀崎町5、無職、加藤隆博さん(55)方から出火。木造2階建ての住宅延べ約85平方メートルを全焼、2階部分から1人の遺体が見つかった。

  県警半田署は、遺体は所在が分からない加藤さんとみて確認を急いでいる。

 佐賀県警唐津署は8日、窃盗の疑いで容疑者(24)を逮捕した。

 逮捕容疑は2013年7月25日午前0時ごろから午前4時半ごろにかけ、当時勤務していた唐津市のコンビニエンスストアのレジから、6回にわたり現金20万5千円を盗んだ疑い。

 店主が売上金が不足していることに気付き、防犯カメラの映像から容疑者が浮上。容疑者はその後出勤せず、唐津署が指名手配、佐賀空港で逮捕した。

 大阪市此花区のテーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」(USJ)の土産店で人気キャラクターのおもちゃを万引きしたとして、大阪府警此花署は8日、在日朝鮮籍で無職の金龍元容疑者(28)=東大阪市長瀬町1=を窃盗の疑いで逮捕したと発表した。「4月からUSJの複数の店で何度も商品を盗んだ。ネットで売り、約50万円もうけた」と認めているという。

  金容疑者の自宅からはハリー・ポッターのボールペンセットなど500点以上の商品が見つかった。府警は転売目的で万引きを繰り返したとみている。

  逮捕容疑は11月27日夜、USJの土産店で、「ミニオン クリスマス ナノブロック」2点(計3200円相当)を盗んだとしている。ズボンの中に商品を隠した金容疑者をUSJ職員が見つけた。

  此花署によると、金容疑者は4月以降に27回、USJの年間パスポートを使って入場していたという。

 芦屋市教育委員会は8日、宮川小学校(同市浜町)で、児童から集めた音楽会のDVD代など現金約41万円が盗まれたと発表した。

  市教委によると、同校では11月に開かれた音楽会のDVDを12月4日まで販売。各クラスの担任教諭が児童から現金を集め、職員室内の鍵付きの書庫で段ボール箱に入れて保管していたという。

  7日午後5時ごろ、販売業者が料金を回収に来たところ、現金を入れた封筒が例年よりも少ないことに気付き、担当教諭に連絡して発覚した。無くなっていたのは、1~6年生19クラスのうち8クラス144人分。書庫の鍵は職員室の机の引き出しに保管していた。同校は同日夜、芦屋署に通報した。

 福岡県警行橋署は8日、北九州市小倉北区鋳物師町、会社員男(37)を住居侵入および窃盗(空き巣)容疑で逮捕した。調べでは、会社員は11月3日午後1時30分ごろ、福岡県苅田町の男性会社員(54)宅に侵入して室内を物色。現金を盗んだ疑い。被害額は約300円だったという。

 8日午後11時25分頃、福島県小野町小戸神、農業村上勝信さん(62)方から出火、木造平屋住宅約190平方メートルを全焼し、焼け跡から2人の遺体が見つかった。

  田村署は、連絡が取れない村上さんと同居の父恒男さん(91)とみて身元や出火原因を調べている。隣接する木造2階の物置約60平方メートルも全焼した。

 8日午前0時35分ごろ、市川市曽谷の民家で、近くに住む女性から「爆発音がして家が燃えている」と119番通報があった。市川署によると、同じ敷地内にある平屋の建物2棟、計約230平方メートルが全焼し、焼け跡から性別不明の焼死体が発見された。

  この家に住む88歳の男性と連絡が取れていないことから、同署は遺体がこの男性である可能性もあるとして、身元や出火原因などを調べている。

 マンション駐輪場で電動自転車のバッテリーを盗んだとして、大阪府警東署は7日、窃盗容疑で、大阪市中央区の性風俗店アルバイト、小山信介容疑者(29)を逮捕した。同署によると、盗んだバッテリーをインターネット上で転売していたといい、「遊興費などに使った」と供述しているという。

  逮捕容疑は11月5日午前3時半ごろ、同市中央区南久宝寺町のマンション駐輪場に置かれた電動自転車2台からバッテリー2個(計6万8千円相当)を盗んだとしている。

  同署は11月、自転車盗の疑いで小山容疑者を逮捕。その後の調べで、自宅からバッテリー17個が見つかった。同署管内では9月上旬~11月上旬に電動自転車のバッテリーが盗まれる被害が34件確認されており、関連を調べている。

 郵便受けから合鍵を取り出してマンションに侵入し、商品券などを盗んだとして、警視庁捜査3課は窃盗容疑などで、住居不定、職業不詳、稲積(いなづみ)英司容疑者(41)を逮捕した。「金は競馬やパチンコに使った」などと容疑を認めている。

  稲積容疑者は今年9月~12月上旬にかけて、都内や川崎市などで「30~40件の空き巣をした」と供述。同課は被害が約100件(総額約1千万円)に上るとみて、裏付けを進める。

  逮捕容疑は11月25日、東京都豊島区高田のマンションで、細い棒を使って郵便受けから合鍵を取り出し、男性会社員(29)の部屋に侵入。商品券やカメラなど計約12万円相当を盗んだとしている。

 六ケ所村中心部の尾駮地区で7日夜、駐車中の軽乗用車を焼く火事があった。同地区では11月末から車両火災が3件相次いでおり、うち2件の被害者は同一人物。野辺地署によると出火原因は捜査中だが、放火の疑いもあるとみて、それぞれの関連も含めて調べを進めている。

  7日午後8時55分ごろ、同村尾駮家ノ前の空き地で、近くに住む飲食業阿部幸一さん(67)の軽乗用車のボンネット部分から出火。エンジンルーム付近の車両前部を焼いた。

  阿部さんによると、当日は軽乗用車に乗って野辺地町に行き、用事を済ませて夕方に帰宅。普段から車を止めている空き地に駐車し、エンジンを止めてその場を離れたという。

  その約2週間前の11月22日には、同じ駐車場で、午後8時45分ごろに阿部さんの乗用車のボンネット部分から出火、全焼した。その際もエンジンは切っていたという。軽乗用車は、22日に焼損した車の代車として乗っていたものだった。

  このほか今月5日には、駐車場近くの同村尾駮野附の民家で、県外に住む男性が止めていた乗用車のヘッドライト部分が焼ける火災があった。

  原因不明の車両火災が続き、近所の住民には不安が広がっている。60代男性は「車から自然に火が出るのか疑問。もし放火なら厳しく調べてほしい」と話していた。村は消防団による夜間巡回を実施する方針だ。

 7日午前2時15分ごろ、天童市乱川の稲荷神社から出火し、木造平屋の拝殿と奥の院の計約25平方メートルが全焼した。

  天童署などによると、現場は住宅街の中にある乱川公園に隣接し、普段から無人の神社で、地域住民が管理している。出火当時も人がおらず、火の気もなかったといい、同署は原因を調べている。近所の人が火災に気付き119番通報した。

 7日午前10時40分ごろ、浦安市北栄のアパート「田嶋荘」で「バンという音がして1階から煙が出ている」と目撃者の男性から119番通報があった。浦安署によると、木造2階建てアパート1棟約100平方メートルが全焼し、焼け跡から性別不明の遺体が発見された。

  住人の1人である60代男性と連絡が取れていないことから、同署は遺体はこの男性である可能性もあるとみて、身元や出火原因を調べている。

 7日午前11時40分ごろ、福岡市西区上山門(かみやまと)2の民家の1階から出火したと、付近の住民から119番があった。市消防局によると、木造2階建ての民家が全焼し、焼け跡から2遺体が見つかった。福岡・西署によると、この民家に住む70代の夫婦と連絡が取れなくなっており、同署が身元の確認を急ぐとともに、出火原因を調べている。

  市消防局によると、付近の6棟の一部も焼いた。近くに住む男性(66)によると、火が家全体を包み、一帯は黒い煙に覆われたという。男性は「パーンという音とともにガラスが割れた。恐ろしかった」と話した。

 7日午前0時50分頃、新潟県阿賀町鹿瀬の「居酒屋 一休」が燃えていると119番があった。

  木造平屋の店舗115平方メートルを全焼し、焼け跡から2人の遺体が見つかった。県警津川署は、連絡が取れなくなっている経営者の菱谷五洋(ひしたにいつひろ)さん(71)と、妻カオエさん(75)の可能性があるとみて身元の確認を進めている。

  このほか、隣接する木造一部2階の倉庫145平方メートルを全焼し、鉄筋コンクリート2階の飲食店の一部45平方メートルも焼いた。

  同署によると、菱谷さんは町内に自宅があるが、店内で夫婦が寝泊まりすることもあったという。

 勤務先の資材置き場から銅線を盗んだとして、奈良県警高田署は6日、窃盗の疑いで、奈良県大和高田市今里町のきんでん社員、橋口光樹容疑者(22)を現行犯逮捕した。「売ったら金になると思って盗んだ」と容疑を認めているという。

  逮捕容疑は5日午後10時10分ごろから6日午前4時5分ごろまでの間、奈良県葛城市東室の同社高田営業所から銅線12束を盗んだとしている。

  同署によると、橋口容疑者は営業所の塀を乗り越えて侵入したところ、センサーが感知。警備会社の通報を受けて駆けつけた署員に銅線を運んでいたところを取り押さえられた。

 油圧ショベルを盗んだとして、県警は5日、窃盗容疑で、廿日市市永原の無職、溝口利一郎被告(60)=別の窃盗容疑で起訴=ら3人を再逮捕した。3人とも容疑を認めている。ほかに再逮捕されたのは、千葉県大網白里市金谷郷のリサイクル業、平田久雄被告(76)=同=と同市大網の無職、中臺好江被告(65)=同。

  3人の再逮捕容疑は、共謀して5月29日、安芸高田市甲田町の無職の男性(80)の別荘で、油圧ショベル1台(時価約20万円相当)を盗んだとしている。

  安佐北署によると、油圧ショベルは千葉県内の古物業者に転売されていた。3人は知人で、被害男性とは面識がないという。

 川口署は5日、窃盗と住居侵入の疑いで、さいたま市南区別所7丁目、自営業の男(37)を逮捕した。

  逮捕容疑は、2日午後1時40分ごろ、知人の川口市内の20代の女性方に侵入し、ハードディスクレコーダー1台など(計15万円相当)を盗んだ疑い。

  同署によると、男は合鍵を使用して女性方に侵入していた。4日午後11時50分ごろ、女性が男を連れて同署を訪れ、防犯カメラの映像などから男の犯行と特定された。男は容疑を認めているという。

 福岡県警春日署は5日、那珂川町今光1丁目のコンビニエンスストア駐車場で同日午前2時すぎ、福岡市の自営業男性(46)の乗用車を盗んだとして、糸島市の自称自営業の男(43)を窃盗の疑いで逮捕したと発表した。
 5日午前11時ごろ、東京都立川市曙町2の民家から出火、木造2階建て約220平方メートルを全焼した。東京消防庁によると、住民の60代女性が手にやけどを負い病院に搬送された。もう1人の住民の女性と連絡が取れないといい、消防庁は逃げ遅れていないか確認している。
 5日午前4時50分ごろ、前橋市青柳町の無職、増本治さん(66)方から出火。木造平屋建て約110平方メートルを全焼し、男性の遺体が発見された。群馬県警前橋署の調べで遺体は増本さんと判明した。妻(63)と長女(33)は軽いやけど。

 滋賀県警は4日、20代の男性巡査が独身寮の電子レンジを盗んだとして、10月下旬に窃盗容疑で大津地検に書類送検したことを明らかにした。男性巡査は容疑を認め、「便利だったので自分のものにしたくなった」と供述している。

  県警監察官室によると、男性巡査は3月の異動で独身寮から引っ越す際、共有スペースに置いてあった電子レンジを盗み出した疑いが持たれている。

  このほか、50代の男性一般職員が大津市のスーパーで9月下旬、約3千円分の食料品を万引、県警が窃盗容疑で書類送検していたことも判明。県警は2人を減給10分の1(3カ月)の懲戒処分とし、いずれも依願退職した。

  布施久昭監察官室長は「誠に遺憾。職務倫理を徹底し、再発防止に努めたい」とコメントした。

 富士市の自動販売機に火を付け、現金を盗んだとして窃盗の疑いで富士署などに逮捕された無職の男(21)=富士市富士見台=が、同市の無職少年(18)と共謀し、小山町の自販機からも釣り銭などを盗んだとして、同署などは4日、窃盗容疑で容疑者を再逮捕するとともに、同容疑で少年を逮捕した。

  捜査関係者によると、容疑者と少年は10月11日午後10時ごろ、小山町大御神の障害者支援施設の敷地内で、自販機1台に火を付けて現金約5千円を盗んだ疑い。容疑者は同31日午前0時40分ごろ、富士市今泉で自販機に火を付け、現金約4千円を盗んだ疑いで11月15日に逮捕された。

  静岡県東部では自販機を焼く不審火が10月3日以降、少なくとも14件発生。捜査関係者によると、容疑者はこのうち、十数件への関与を認める供述をしているという。

 4日午後9時45分ごろ、兵庫県篠山市下原山の民家から出火、鉄骨2階建て約130平方メートルを全焼した。けが人はなかった。

  篠山署は、民家の世帯主で会社員の男(50)が、現場に駆け付けた同署員に「私が火を付けた」と話していることから、現住建造物等放火の疑いで逮捕した。

  同署によると、男は4人家族で、出火当時、家には同容疑者だけがいたという。同署は、男が妻との別れ話から自暴自棄となり、火を付けたとみて調べている。

 4日午後4時40分ごろ、東京都練馬区羽沢の環状7号沿いの7階建てマンションの3階から出火。東京消防庁が消防車18台を出動させて消火に当たっている。

  東京消防庁によると、マンション7階に逃げ遅れた住人がいたが、無事救出された。警視庁練馬署などがマンションにいた全員を避難させ、負傷者の有無について確認を進めている。 

 4日午後4時半ごろ、東京都大田区池上の民家から出火。周辺住宅などに延焼している。東京消防庁が消防車30台を出動させて消火に当たっている。

  東京消防庁によると、民家の住人とみられる70代の女性が煙を吸うなどして病院に搬送されたが、命に別条はないとみられる。警視庁池上署などがほかに負傷者がいないかなど、確認を進めている。

 4日午前4時半ごろ、京都市左京区吉田近衛町の京都大学吉田寮の2階で、学生から「火災報知機が鳴っている」と119番があった。同階の一室の電気ストーブや布団などが燃えているのをこの部屋に住む男子学生(24)が発見し、まもなく消し止められた。けが人はなかった。京都府警川端署で詳しい出火原因を調べている。

  同署によると、男子学生は「電気ストーブをつけて寝ていた」と話しているという。

 須賀川市で高級シャンパンを盗んだとして、須賀川署は3日までに、盗みの疑いで山梨県甲州市、無職山本樹紀也(20)=同罪で起訴=と埼玉県坂戸市、電気工事士少年(19)=同容疑で逮捕、静岡県藤枝市、無職少年(19)=同=の3容疑者を再逮捕した。同署によると、山本容疑者らは「1日で約130本を盗んだ」と供述、警察官が郡山市安積町の路上で発見した乗用車内に盗んだとみられる高級シャンパンやウイスキー、日本酒が発見され、乗用車後部のバンパーには、酒の重みで地面にこすった跡があったという。

  3人の再逮捕容疑は11月11日午後2時40分ごろ、須賀川市の酒類販売店でシャンパン3本(約11万7千円)を盗んだ疑い。

  同署によると、同11日には、同市の酒店など約10店舗で被害があった。山本容疑者らは「転売目的で盗んだ。捕まらなければ、(盗みながら)北上していくつもりだった」と供述しているという。3人は友人で、乗用車で国道4号などを移動しながら高級酒ばかりを狙って盗みを繰り返したとみられる。

 畑から農作物を盗んだとして、兵庫県警神戸西署は3日、窃盗の疑いで、神戸市西区、無職の男(74)を現行犯逮捕した。

  逮捕容疑は、同日午前10時ごろ、同区内の畑からカブ5個(計750円相当)を引き抜いて盗んだ疑い。同署の調べに、「食べるために盗んだ」と容疑を認めているという。

  同署によると、11月に近隣の畑でも農作物が持ち去られる被害があったといい、警戒していた署員が自転車のかごにカブを入れて持ち去る男を発見。職務質問したところ、当初は「所有者から許可をもらっている」と答えた。しかし、署員が確認したところ、畑は男の元妻の所有地で、無許可だったことが判明したという。

 福岡県警は3日、住所不定無職男(75)を建造物侵入および窃盗容疑で逮捕した。調べでは、男は今年8月、福岡市早良区の酒屋に忍び込み、現金約5万9000円と、商品券など29点(販売価格合計約4万8950円)を盗んだ疑い。

 兵庫県宍粟市は2日、9~10月に行われた国勢調査の調査票121世帯321人分を庁舎内で紛失した、と発表した。調査票には氏名や住所、勤務先などの個人情報が記されていた。市は盗難の可能性もあるとして同日、宍粟署に被害届を提出した。

  同市によると、11月20日に同市役所で、兵庫県による記入漏れなどの1次審査があり、その時点では市内全世帯分の調査票がそろっていたという。審査終了後、市職員が国勢調査専用に使っている部屋に運び施錠したが、連休を挟んだ同25日夕、一部調査票がないことに気付いた。

  なくなった調査票は市内に301ある調査区のうち2区分で、2冊のファイルに入っていた。保管していた部屋は職員が常駐し、休日や昼休みには施錠。庁舎内の防犯カメラでも、不審な人物の出入りはなかった。

  同市は対象世帯に謝罪し、再記入を依頼するという。

 2日午後1時50分ごろ、富士市石坂、販売員の男性(53)方から出火し、木造2階建て住宅の2階東側の和室約36平方メートルを焼いた。焼け跡から乳児とみられる遺体が見つかった。

  富士署と市消防本部によると、男性の生後8カ月の孫の行方が分かっていないという。同署は身元の確認を急ぐとともに出火原因を調べている。

  市消防本部などによると、出火当時、家にいた女性(27)と少年(19)が病院に搬送された。命に別条はないという。

  通報した近所の男性(68)は「気づいたときには火が上がっていた。朝方、赤ちゃんのような泣き声も聞こえていたのに」と声を震わせた。

 2日午前4時50分ごろ、川崎市幸区幸町3丁目、職業不詳の男性(83)方から出火、木造平屋建て約40平方メートルを焼いた。焼け跡から男性の遺体が見つかった。幸署が出火原因を調べている。

  同署によると、男性は1人暮らしで、和室で倒れていた。通行中の男性が煙が出ているのに気付き119番通報した。

 2日午前9時25分頃、東京都三鷹市下連雀の「日本無線三鷹製作所」敷地内の倉庫付近から出火した。

  東京消防庁によると、2階建て倉庫の1階部分約340平方メートルを焼き、30歳代の作業員男性が右手にやけどを負うなどして、病院に搬送された。

  警視庁三鷹署によると、出火当時、倉庫の解体作業が行われていた。同署で出火原因などを調べている。

 2日午前6時ごろ、東京都多摩市落合の11階建てマンション「多摩ニュータウン落合」4階の一室から出火、約40平方メートルや5階の外壁などが焼けて約1時間半後に消し止められた。

  室内から住人とみられる1人の遺体が見つかり、警視庁多摩中央署などが身元や詳しい出火原因などを調べている。

 1日午前2時50分ごろ、東京都江戸川区西瑞江の住宅から出火、3階建て住宅の2、3階部分計約80平方メートルが燃えた。この家に住む家族6人がけむりを吸い込むなどしてけがを負ったが、全員命に別条はない。

 1日午後5時45分ごろ、新日鉄住金直江津製造所で火災が発生した。現場作業員が119番通報し、消防車15台が出動して消火作業に当たり、火は午後7時38分に鎮火した。上越警察署によると消失面積は約1900平方メートル。2日午前9時から消防と警察による現場検証が行われており、出火原因を調査している。

  直江津製造所によると、作業員がステンレスのクラッド接合の準備をしている時、圧延機に接続している電気室から火が出ているのを発見し消防に通報した。出火当時、電気室は無人で圧延機も稼働していなかった。火災の影響で建屋の屋根や壁なども燃えたという。今後の供給については、「影響が出る可能性はあるが、できるだけご迷惑をおかけしないように対応したい」とコメントしている。チタンについても「なるべく影響が出ないように対応していきたい」としている。

 1日午後3時55分ごろ、京都市北区紫野中柏野町の店舗兼住宅「森野米穀店」から出火。木造2階建て延べ約350平方メートルがほぼ全焼した。火は北側1軒と両隣の建物などにも延焼し、計5軒が燃える火事となった。火は約1時間後にほぼ消し止められ、けが人はなかった。京都府警北署で出火原因を調べている。

  同署によると、全焼した家は、男性(81)の一人暮らし。出火当時、店は休業中だったという。

  この火事で一帯には煙が立ちこめ、一時騒然となった。近所の住民は「知り合いが住んでいるので心配」と不安そうに話していた。