2016年9月アーカイブ

 兵庫県警生田署は30日、窃盗の疑いで、住所不定無職の男(46)を現行犯逮捕した。

  逮捕容疑は、同日午前10時半ごろ、神戸市中央区の歩道で、飲食店が設置したのぼりに用いられている約80センチのポール1本を盗んだ疑い。

  同署によると、男は「自動販売機などの下に落ちている金を取るために使おうと思った」と容疑を認めているという。

 9月29日早朝に高崎市小八木町の榛名酪農業協同組合連合会の倉庫が全焼した火災で、高崎署は30日、非現住建造物等放火の疑いで、同市上滝町の無職、菊池節容疑者(50)を逮捕した。逮捕容疑は同組合の資材倉庫に放火し、約4500平方メートルを全焼させたとしている。防犯カメラに不審な車が写っていたことから菊池容疑者を逮捕。「自分が火を付けた」と容疑を認めている。

  高崎署によると、菊池容疑者は以前、同組合の近くの会社に勤めていたといい、関連を含め詳しい動機などを捜査している。

 セミトレーラー後部の台車部分を牽引(けんいん)車につないで盗んだとして、大阪と兵庫の両府県警は29日、大阪市西成区南津守4、トラック運転手、横井重正容疑者(49)ら男2人を窃盗の疑いで逮捕・送検したと発表した。両府県で台車計26台(被害総額約2850万円)を盗んだとされ、フィリピンなどに転売されたという。

  容疑は2014年8月~15年10月、大阪府泉大津市や神戸市東灘区などの港湾施設に保管されている台車計26台を盗んだとしている。横井容疑者は勤務先の運送会社の牽引車を無断で使い、台車につないでそのまま持ち去っていた。2人とも容疑を認めており、横井容疑者は「金に困ってやった」と供述している。

 29日午前8時45分ごろ、松本市笹賀の県営二子団地の一室から出火した。火は約1時間半後に消し止められたが、約43平方メートルが全焼した。焼け跡からこの部屋に住む無職、西村正通(まさみち)さん(81)が遺体で発見された。

  松本署によると、住宅はブロック造りの2階建て。西村さんは1人で暮らしていた。同署が出火原因などを調べている。

 28日午後4時55分ごろ、大阪府貝塚市木積の3階建ての病院職員寮から出火し、2階の一室約20平方メートルを焼失した。同部屋に住む准看護師の男性(24)は外出中だった。けが人はなかった。大阪府警貝塚署が原因を調べている。

  同署によると、寮には同市内の水間病院などを運営する医療法人河崎会の職員が居住し、計39部屋ある。3階に住む男性職員が気付いて119番した。

 浜北署は27日、建造物侵入と窃盗の疑いで、浜松市生まれ、住所不定、無職の男(29)=住居侵入と窃盗の罪で起訴=を再逮捕した。

  再逮捕容疑は7月11日午後9時ごろから翌12日午前8時ごろまでの間、同市東区の中学校に侵入し、教室から女子生徒9人の水着や水泳バッグなど67点(5万3600円相当)を盗んだ疑い。

 福岡中央署は27日、福岡市中央区白金2丁目、無職男(27)を、住居侵入、強制わいせつ、窃盗容疑で逮捕した。調べでは、男は8月9日午前5時25分ごろ、同区内にある女性(50歳代)宅に侵入。女性の身体を触るなどのわいせつ行為をして、女性から現金7000円とTシャツ1枚を盗んだ疑い。
 大津市教育委員会は27日、市東部学校給食共同調理場(大津市大将軍1丁目)でのフライヤーの火災により、8小学校計5340食の副食を予定通り提供できなかったと、発表した。備蓄用レトルトカレーを代替食として配って対応した。
  市教委学校給食課によると、同日午前10時ごろ、いかのレモンソースがけを調理中にフライヤーの排気筒から出火。調理員が消火器ですぐ消火したが、機器が使えなくなったという。
  調理場でレトルトカレーを温めて、容器に入れて8校に届けたという。主食や牛乳は、納入業者から各学校に配送されるため影響はなかった。
  同課によると、出火原因は調査中で、28日以降は通常通り提供するとしている。

 大手チェーンの居酒屋に忍び込んで現金を盗んだとして警視庁は、住居不定、無職成川信介容疑者(34)を窃盗などの疑いで逮捕し、26日発表した。「店員が帰るまで掘りごたつの中に隠れていた」などと手口を説明しているという。

  捜査3課によると、逮捕容疑は7月7日未明、閉店作業中だった東京都荒川区東日暮里3丁目の居酒屋の入り口から、店員に気づかれないように侵入。掘りごたつ式の客席の足元に約2時間隠れ、店員が帰宅した後、現金約8万6千円を盗んで逃げたとされる。

  被害に遭ったのは全国展開するチェーン店。成川容疑者は「系列店でアルバイトした経験があり、金がある場所を知っていた。青森、東京、京都、大阪などで15回くらいやった」と話しているという。

 26日午後5時35分ごろ、東京都千代田区霞が関2の東京メトロ日比谷線霞ケ関駅構内の線路から白煙が上がっているのを、乗務員が見つけた。駅員が間もなく消火し、けが人はなかった。消火と設備点検のため2度、全線で運転を見合わせ、計約13万2000人に影響が出た。

  東京メトロによると、線路の切り替えポイント付近が燃え、電気系統のトラブルとみられる。

 車上荒らしを繰り返したとして、大阪府警西成署は26日、窃盗容疑で、住所不定、無職、本田孝三被告(48)=窃盗罪で公判中=を逮捕、送検し、計31件(総額約360万円相当)の被害を裏付けて捜査を終えたと発表した。「金を稼ぐのに手っ取り早かったのでやった」と供述しているという。

  同署によると、本田容疑者は今年2月下旬~4月下旬、大阪市西成区など市内南部を中心に車上荒らしなどを繰り返した疑いが持たれている。

  別の窃盗罪で実刑判決を受けて服役し、今年2月に出所した直後から車上荒らしを始めたといい、無施錠の車を狙って車内に置いてあったバッグや財布などを盗んでいた。西成区内の路上で4月24日、不審な動きをする本田容疑者を同署員が発見。捜査を進めた結果、一連の車上荒らしが判明したという。

 兵庫県宝塚市の焼き鳥店で現金を盗もうとしたとして逮捕、起訴された男2人が、阪神間などで20件近くの飲食店荒らしを重ねた疑いのあることが25日、捜査関係者への取材で分かった。兵庫県警の調べに「おいしい店は売り上げが多く、実際に食べてから狙う店を決めていた」と供述しているという。

 捜査関係者によると、神戸市長田区菅原通、無職今福純被告(67)=常習累犯窃盗罪などで公判 中=と、尼崎市武庫之荘東、無職舩(ふな)越俊秀被告(42)=窃盗罪などで公判中。県警捜査3課と須磨署は起訴済みの4件を含め計18件、約500万円の被害を裏付け、近く捜査を終える。

  両被告は昨年11月~今年5月、西宮や尼崎、神戸市内などで、主に焼き鳥店を狙って侵入し、レジや金庫から現金を盗んだ疑いが持たれている。

  捜査関係者によると、両被告は侵入する店が決まれば、店舗周辺で営業が終わるまで待機。実行役と見張り役に分かれ、耳に装着したヘッドセットと携帯電話を無線でつなぐ「ブルートゥース」機能を使って連絡を取り合っていたという。

  5月に宝塚市の焼き鳥店に侵入し、金庫を物色した窃盗未遂容疑で逮捕された。

 25日午後8時40分ごろ、福岡市東区香椎駅前1丁目のJR香椎駅ビル2階の焼き肉店「牛蔵」付近から出火、店の排気ダクトなどが焼け、約2時間後に鎮火した。

  県警東署によると、店には客と従業員らが30人近くおり、10代の男性客が左ひじに軽いやけどを負ったほか、駅の警備員の60代男性が煙を吸い込んで病院に搬送された。20代の男性客2人も煙を吸い込んで体調不良を訴えたが、計4人はいずれも軽傷だった。署が出火原因を調べている。

 25日午前10時15分ごろ、大阪府松原市東新町の鉄筋コンクリート4階建てビルの4階窓から、炎や煙が出ているのをパトロール中の男性警察官が見つけた。現場に駆けつけた地元消防が約1時間50分後にほぼ消し止め、けが人はなかった。

  大阪府警松原署によると、ビル1階には内科クリニックや薬局などが入居。約200平方メートルの広さの4階部分はクリニックが倉庫として使用し、出火当時は事務机やソファなどが置かれていた。

  このビル4階では3日前の22日夜、フロアの約15平方メートルを焼く火災が起きたばかり。同署は、何者かが故意に火を付けた可能性も含めて出火原因を調べている。

 静岡中央署は23日、高校生の自転車を盗んだとして、窃盗の疑いで静岡市葵区新富町、NHK静岡放送局副局長小林達彦容疑者(53)を逮捕した。自転車に書かれた持ち主の名前をテープで隠し、通勤に使っていたという。

 逮捕容疑は2015年12月18日夜から翌朝までの間に、同区の歩道に駐輪していた男子高校生(18)の自転車(1万5千円相当)を盗んだ疑い。

 同署によると、今年9月、署員が小林容疑者のアパート駐輪場で盗難届の出ていた自転車を発見。

 NHKは「職員が逮捕されたことは誠に遺憾。事実関係を調べ、厳正に対処する」とのコメントを発表した。

 警察署内にある拾得金が入った金庫から現金を盗んだとして、新潟県警は18日、窃盗容疑で県警十日町署会計課主事内山翔太容疑者(27)=同県十日町市城之古=を逮捕した。

  監察官室によると、容疑を認めている。

  逮捕容疑は15日午後6時~17日午後4時ごろの間に、十日町署内にある拾得金用の金庫から現金2万円を盗んだ疑い。 

 23日午後1時ごろ、東京都杉並区下高井戸の平屋住宅から出火し、全焼したほか、近隣の住宅4棟にも延焼し、約3時間後に消し止められた。火元の住宅から男性の遺体が見つかり、警視庁高井戸署はこの家に住む無職、藤田洋平さん(73)とみて身元の確認を進めるとともに、詳しい出火原因を調べている。

  同署などによると、火元の住宅は3人暮らし。このうちの1人の男性(40)は自力で逃げ出し、指にやけどを負ったが命に別条はない。もう1人は当時、外出中だった。

 津市内のコンビニで菓子パンを万引きしたとして、三重県警津署は23日、同県鈴鹿市磯山2丁目の作業員谷川文崇容疑者(25)を窃盗の疑いで現行犯逮捕し、発表した。逮捕の約25分前、津簡裁から窃盗罪(万引き)で罰金15万円の略式命令を受けて釈放されたばかりだった。「お金がもったいなくてやってしまった」と容疑を認めているという。

  発表によると、谷川容疑者は23日午後1時40分ごろ、津市丸之内養生町のコンビニでロールケーキなど3個(約400円相当)を白いポリ袋に入れて盗んだ疑いがある。店外に出たところで女性アルバイト(35)が声をかけて体をつかみ、そのまま駆けつけた署員に引き渡したという。

  谷川容疑者は先月24日に鈴鹿市矢橋1丁目のコンビニで飲料水を万引きしたとして、窃盗の疑いで鈴鹿署に逮捕されていた。

 広島県東広島市八本松町飯田で22日夜に民家が全焼し、松井要さん(42)の長女(5)と、生後8か月の三男とみられる2人の遺体が見つかった火災で、広島県警東広島署と同市消防局は23日朝から、実況見分を実施した。

  同署は、激しく燃えていた1階の居間付近が火元とみて詳しく調べる。

  発表によると、松井さん方は木造2階建て約100平方メートル。夫婦と子供の計7人暮らしで、出火時は仕事で外出していた松井さんを除く6人が屋内にいた。2人の遺体は居間付近で見つかった。松井さんの妻(29)は「居間で就寝中に火の手が上がっているのに気づき、近くにいた子供3人と逃げた」と話しているという。

22日午前9時半ごろ、大阪市此花区北港2丁目で「屋外で廃棄物が燃えている」と、近くにいた男性から119番通報があった。市消防局などによると、金属くずの置き場付近から出火し、火は約7時間にわたってくすぶり続け、約500立方メートルが焼けた。けが人はいなかった。

  大阪府警によると、自然発火の可能性が高いとみられ、出火原因を調べている。

 忍び込んだ会社にあったカップラーメンを盗んで食べたとして、宇佐署は21日、建造物侵入と窃盗の疑いで、熊本県出身で住所不定の無職の男(21)を逮捕した。

 逮捕容疑は12日夕方から13日朝の間、宇佐市内の会社に侵入し、男性社員が従業員休憩室のロッカーに保管していたカップラーメン2個を盗んだ疑い。

 13日朝、会社敷地内に止めていた会社のトラックの中で男が寝ているのを従業員が見つけ通報。正当な理由なくバール1本を所持していたとして、ピッキング防止法違反容疑で現行犯逮捕されていた。休憩室で何者かがカップラーメンを食べた形跡があったことから、男に事情を聴いていた。「おなかがすいていた」と容疑を認めている。

 自動販売機を壊して現金を盗んだとして、和歌山県警かつらぎ署は21日、窃盗容疑で大阪府富田林市の無職、水田慎也(25)と同府河内長野市の派遣社員、今井貴士(26)の両容疑者を逮捕したと発表した。2人は容疑を認めているという。 

  逮捕容疑は、共謀して8月8日午後6時~9日午前6時の間、橋本市高野口町の自動販売機をペンチを使って壊すなどし、販売機内にあった現金約5千円を盗んだとしている。

  同署によると、同様の被害が和歌山、大阪、奈良の3府県で10数件あり、同署は余罪があるとみて調べている。

 21日午前8時33分、青森県外ケ浜町三厩龍浜で付近住民から「小屋が燃えている」と119番通報があった。青森消防本部によると、龍飛漁港周辺の住宅や小屋が12棟燃え、延焼棟数はさらに増える恐れがあるという。外ケ浜署によると正午までに、1人の遺体が発見された。58歳の男性が救急搬送されている。
 19日午後8時半ごろ、京都市下京区寺町通五条下ル、ラーメン店「第一旭五条大橋店」から出火、調理場の天井や隣接するアパートの天井裏など計約55平方メートルが焼けた。けが人はなかった。

 19日午前9時5分ごろ、大阪府東大阪市若江本町のマンション「ハイマート若江1棟」から火が出ていると近隣住人から119番があった。

  東大阪市消防局によると、約1時間後にほぼ消し止められたが、鉄筋7階建てのマンション(延べ計約4千平方メートル)の7階の一室約70平方メートルが焼けるなどし、同じ階の居住者とみられる男性(48)と女性(19)が煙を吸って病院に搬送された。いずれも軽症という。大阪府警河内署が詳しい出火原因を調べている。

 千葉県東庄町の米穀会社倉庫から新米約690キロを盗んだとして千葉県警香取署は17日、窃盗の疑いで、自称住居不定、無職、平塚嘉将容疑者(24)を現行犯逮捕した。同署によると「米を売るつもりだった」と容疑を認めている。

  逮捕容疑は17日午前2時ごろ、東庄町笹川の米穀会社倉庫敷地内で、新米23袋、約690キロ(13万8千円相当)を盗んだとしている。

  同署によると、米穀会社では数日前にも米が盗まれる被害があったため、男性社員が倉庫に隣接する事務所に泊まり、警戒していた。平塚容疑者が車に米袋を積んでいたところ、気付いた社員が取り押さえ、香取署に引き渡したという。

 岩手銀行は16日、盛岡市の茶畑支店に勤務していた男性行員(24)が、同支店内の現金自動預払機(ATM)から現金計1200万円を不正に抜き取り、着服したと明らかにした。行員の行方は分かっておらず、岩手県警が業務上横領や窃盗の疑いで捜査している。

 同行によると、行員は8月下旬~今月上旬、支店内のATM2台に現金を補充する際などに、3回にわたり計1200万円を抜き取ったという。同行は6日、行員を懲戒解雇とした。

 16日午後11時20分ごろ、東京都台東区竜泉3、熊手製造卸業、松下喜代子さん(82)方から出火し、木造2階建て延べ約300平方メートルを全焼し、周辺の住宅やマンション4棟の壁や窓を焼いた。松下さんは自宅1階で見つかり、病院で死亡が確認された。

  警視庁下谷署によると、松下さんは1人暮らしで「家が燃えている」と自ら119番したという。同署などが出火原因を調べている。

 1年半にわたって会社の同僚の女性宅に無断で侵入したとして、福岡南署は15日、窃盗と住居侵入の疑いで、福岡市博多区の会社員の男(41)を福岡区検に書類送検した。「女性の私生活をのぞき見たかった」と容疑を認めているという。

  書類送検容疑は、2014年に市内の会社事務所で女性宅の鍵を盗み、ICレコーダーを仕掛けるなどの目的で14年9月~16年3月に23回、侵入した疑い。

  署によると、女性がいない昼間を狙って侵入。テーブルの裏にICレコーダーを設置したり、スマートフォンで下着を撮影したりしていた。女性が引っ越しする際にICレコーダーを見つけ、発覚したという。

 岡山県警は15日、ミニパトカーを盗んで逃走したとして、自称香川県綾川町在住で無職の穴吹和彦容疑者(58)を窃盗の疑いで逮捕し、発表した。「むしゃくしゃして腹が立ってパトカーを盗んで逃げた」と容疑を認めているという。

  県警によると、午後3時26分ごろ、穴吹容疑者と思われる男から「交通事故でもめている」と110番通報があった。同県吉備中央町内の商店の駐車場に岡山北署のミニパトカーが急行。署員が事情を聴いていたところ、穴吹容疑者は鍵がついたままのミニパトカーに乗り込み、走り去ったという。

  穴吹容疑者は賀陽インターチェンジから岡山自動車道に入り、約25分間計約40キロにわたって、赤色灯をつけたまま逃走。署員らが別のパトカー数台で追跡し、同県総社市の総社インターチェンジ付近でパンクをして止まっていたミニパトカーの中にいた穴吹容疑者を窃盗容疑で現行犯逮捕したという。

 15日午前1時5分ごろ、須賀川市、会社員、男性(50)方から出火、木造一部2階建て約180平方メートルを全焼した。焼け跡から1人の遺体が見つかったほか、男性は顔などに重いやけど、知人の同市、パート従業員、女性(43)が胸の骨を折るなどして重傷。

  男性の母(83)と連絡が取れないことから、須賀川署は遺体は男性の母の可能性が高いとみて、身元の確認を進めている。

  同署によると、出火当時、男性方には3人がいた。母は1階、2人は2階にいた。男性と女性は避難する際にけがをしたという。

  同署などは、燃え方の激しい内部を中心に出火原因を調べている。

 引っ越し業者を狙って車上荒らしを繰り返したとして、大阪府警吹田署は15日、窃盗容疑で、住所不定、無職、黒田隼一(しゅんいち)容疑者(35)を逮捕、送検し、31件(総額計約158万円相当)の被害を裏付けて捜査を終えたと発表した。「無施錠の車を狙った。食費や寝泊まり、パチンコ代に使った」などと容疑を認めている。

  同署によると、黒田容疑者は昨年7月~今年5月、大阪府吹田市や大阪市東淀川区で、作業中の引っ越し業者や宅配業者のトラックなどに置いてあったかばんなどを盗み、中に入っていた財布から現金を抜き取る手口で車上荒らしを繰り返した疑いが持たれている。

 14日午後4時15分ごろ、那覇市若狭1丁目のアパートで「火や煙がでている」と目撃者から110番通報があった。那覇署によると、4階建て鉄筋コンクリートのアパート4階の1室が全焼した。

  火は約30分後に消し止められ、けが人はいない。出火当時、部屋の住人はいなかったという。消防や警察が出火原因を調べている。

 14日午前4時50分ごろ、大分県日田市北豆田の廃車処理業「オートリサイクルナカシマ」の第3工場で、住民から「倉庫が燃えている」と119番があった。日田署や消防によると、2階建ての木造倉庫と敷地内にあった廃車約15台を焼き、約1時間半後に鎮火した。けが人はなかった。署が出火原因を調べている。
近くに住む男性(79)は「ボーン、ボーンと爆弾が爆発するような音が何度も聞こえた」と話した。

 岡山県真庭市の真庭署は13日、窃盗未遂と住居侵入の疑いで、岡山県立高校教諭の男(29)=同市=を逮捕した。

  逮捕容疑は5日午前10時15分ごろ、県北部の知人女性宅に侵入し、押し入れの中を物色した疑い。「洗濯籠は物色したが、押し入れには触れていない」と一部否認している。

  同署によると、外出先から忘れ物を取りに戻った女性が室内で男を発見。11日に女性から相談を受け、捜査していた。

  県教委によると、逮捕された男は2015年度に採用され、県内の高校に着任。2年生の担任で、国語を担当している。5日は出勤後、文化祭で使う物品を購入するとの理由で外出していたという。

  県教委教職員課は「県民の皆さまに深くおわびする。事実確認を行い、厳正に対処する」とコメントした。

 12日午前8時ごろ、大阪府豊中市利倉3、アルミサッシ枠加工会社「東洋金属利倉倉庫」から出火、鉄骨平屋一部2階建て延べ約900平方メートルのうち、2階事務所などを焼き、約5時間後に鎮火した。一時煙が立ち込め騒然とした。出火当時、社長がいたが逃げて無事。府警豊中南署によると、1階作業場にいた社長が2階から爆発音を聞いたという。

 千葉県柏市布施の「布施弁天東海寺」境内のさい銭箱から26円を盗んだとして、柏署は11日、男(52)を窃盗容疑で現行犯逮捕した。「小銭がほしかった」と容疑を認めているという。

  署によると、男は11日午前10時10分ごろ、さい銭箱から26円を盗んだ疑いがある。寺の下村法之住職(41)が、男がさい銭箱から金を取っているのを見た。声を掛けると「さい銭盗では警察は動かない」などと言ったため、署に通報したという。

  署や寺によると、5年前からさい銭盗の被害に遭っており、修理代節約のため、箱の施錠を外し、住職らが見回りをしてさい銭を回収していたという。

  寺ではほかにも同様の行為をしている人がいると見ており、下村住職は「さい銭は人々が願い、祈りを込めて投じる。願い、祈りを奪う行為をやめてほしい」と呼びかけている。

 駐車中のタクシーを盗んだとして福井署と福井南署、県警自動車警ら隊は10日、窃盗の疑いで陸上自衛隊鯖江駐屯地隊員池端健太郎容疑者(36)を逮捕した。福井署によると、同容疑者は当時酒に酔っており「よく覚えていない」と容疑を否認している。

  逮捕容疑は同日午前1時ごろ、同市内のコンビニ駐車場に止めてあった市内のタクシー会社のタクシー(時価約100万円相当)を盗んだ疑い。

  同署によると、タクシーはエンジンをかけたまま止めてあり、同容疑者は運転手男性が店内にいた隙に盗んだらしい。運転手が店外に出て盗難に気付き、近くを通りかかったパトカーに被害を申し出た。

  同日午前3時ごろ、同市内の量販店駐車場に止めたタクシー車内で寝ている同容疑者を福井南署員が発見した。福井署で動機を調べている。

 パチンコ店で客のスマートフォンを盗んだとして、大分県警は9日、県警宇佐署交通課の巡査長、大原健史朗容疑者(30)を窃盗容疑で逮捕した。

  発表によると、大原容疑者は8日午後5時5分頃、同県中津市内のパチンコ店で、隣の台にいた福岡県豊前市の男性客(22)が置き忘れたスマホ(時価5万円相当)を盗んだ疑い。

  店からの通報を受けて駆けつけた県警中津署員に対し、当初は「知らない」としていたが、その後、「盗んだのは間違いない」と認めたという。スマホは大原容疑者の車の中から見つかった。大原容疑者は夏季休暇中で、客としてパチンコ店を訪れていた。

  宇佐署の村上元三署長は「県民の皆様に深くおわび申し上げる。指導を徹底し、再発防止に努めます」とのコメントを出した。

 声楽3姉妹歌手ユニット「ムンディ・レノヴァーティオ」の衣装を盗んだとして、警視庁池袋署は9日までに、照明スタッフの男を窃盗容疑で逮捕した。逮捕されたのは、神奈川県鎌倉市の自営業菊池円(まどか)容疑者(41)。署の調べに「アイドルに照明を当てて衣装がキラキラする感じがたまらなくて盗んだ」と容疑を認めているという。逮捕容疑は7月2日、豊島区内のライブハウスの楽屋内に進入し、舞台衣装だったドレス1着(3万円相当)を盗んだ疑い。

  署によると、菊池容疑者は舞台の設営や照明の仕事を行っており、犯行当日は同ユニットの照明を担当。ライブ終了後、撤収作業中に犯行に及んだ。

  盗まれたのは赤の水玉が入った白いドレスだった。捜査関係者によると「アイドルのどなたか1人のファンというわけでもなく、ドレスに興味があるようだ」と話している。

 滋賀県彦根市社会福祉協議会(同市平田町)は8日、訪問介護サービスを提供している7人分の個人情報を含む記録票が4日に登録ヘルパーの女性(60)の乗用車から盗まれたと発表した。これまでに情報悪用などの被害報告はないという。
  同社協によると、盗難に遭った記録票には2~4日にサービスを受ける同市と長浜市の26~93歳の男女7人の名前と提供日・時間や内容、健康状態などが記載されていた。
  ヘルパーが4日午前の分の訪問を終え、同10時ごろ、同市日夏町の林道入り口付近の駐車場に車を止めた後、休憩を取るため車から離れ約1時間後に戻ると、助手席の窓ガラスが割られ、足元に置いていた記録票などの入ったバックがなくなっていたという。
  ヘルパーは同日中に彦根署に盗難届を出し、5日に同社協の職員とともに7人の自宅を回って謝罪したという。

 8日午後3時35分ごろ、柏市高柳の会社員(46)方で、近くに住む女性から「家から火が出ている」などとする119番通報があった。柏署によると、木造2階建て住宅の1階の一部が焼け、燃え方が激しかった1階脱衣所付近から性別不明の焼けた遺体があおむけの状態で発見された。

  同署によると、この家は夫婦と長男(18)の3人暮らし。同署は、遺体は連絡が取れていない妻(44)の可能性があるとみて、出火原因とともに身元を調べている。

 大津署は7日、勤務先のソープランドの事務所に侵入し現金を盗んだとして、建造物侵入と窃盗の疑いで、大津市苗鹿の特殊浴場従業員の男(26)を逮捕した。容疑を認めている。

  逮捕容疑は先月26日午前3時5分ごろ、閉店後の勤務先のソープランド事務所に侵入し、棚に置いてあった現金10万円やプリペイドカードなどを盗んだとしている。

  同署によると、防犯カメラの映像を確認したところ、長い棒状のものを用いて、屋外の防犯カメラの向きを変えようとしている容疑者が映っていたという。盗んだ現金は、借金の返済などにあてたと供述しているという。

 いわき市で起きた事務所などを狙った窃盗事件で、いわき中央署は7日までに盗みなどの疑い111件が判明したとして、同市、元警備会社社員の被告男(56)=窃盗罪などで公判中=を111件全てについて追送検した。


  同署によると、同被告は、2009(平成21)年ごろから市内の事務所などに侵入し、盗みなどを繰り返していたとしている。これまでの被害額は現金計約1250万円に上り、商品券やカメラなど(時価合計約65万円相当)も盗んだという。同被告が「生活費や遊びに金を使った」などと供述、111件全ての関与を認めている。

 唐津署は7日、建造物侵入と盗みの疑いで、唐津市肥前町の容疑者(32)と、住所不定の容疑者(47)と容疑者(25)を再逮捕した。

 逮捕容疑は6月22日午前0時20分ごろ、共謀して唐津市の釣具店に侵入し、現金約15万円が入ったレジスター1台(時価3千円相当)を盗んだ疑い。

 同署によると、出入り口の扉を壊し侵入した。3人は6月に唐津市肥前町の民家に押し入り、強盗傷害などの罪で起訴されていた。

 7日午後6時25分ごろ、大阪市住吉区杉本の民家から出火しているのを通行人の女性が見つけ、119番通報した。約30分後にほぼ消し止められたが、木造3階建て住宅の3階部分の一部が焼け、室内にいた住人とみられる70代男性が病院に搬送されたが、死亡が確認された。大阪府警住吉署は身元確認を急ぐとともに、出火原因を調べている。

  同署によると、出火した民家は高齢の夫婦と息子の3人暮らし。出火当時、息子は外出中で、室内にいた妻は避難し無事だった。

 7日午後0時15分ごろ、静岡市葵区追手町の静岡市役所の防災センターから「新館18階の機械室から白煙が出ている」と119番があった。市消防によると、火災には至らずけが人もなかったが、職員や来庁者ら約1700人が外へ避難し、消防ヘリと消防車など9台が出動するなど周辺は一時騒然とした。

  市によると、最上階の18階にある機械室から煙が出たため煙感知器が作動し、館内放送で避難を指示した。16階から階段で避難した市職員の女性(35)は「警報器が鳴って、あわてて逃げた。状況が把握できず怖かった」。5階で勤務していた男性職員(43)も「勤めて20年になるが、こんなことは初めて」と語った。

  約50分後に避難指示は解除された。市は機械室にあった空調機のモーターのベアリングが破損し異常発熱した可能性があるとみて、詳しい原因を調べている。

 静岡市役所で「白煙」 職員、来庁者ら屋外へ避難7日午後0時20分ごろ、静岡市役所関係者から「屋内で白煙が見える」と119番があった。市消防局によると、市役所18階の機械室から煙が出たとみられる。エレベーターが停止し、市職員約1500人と来庁者は階段を使って全員屋外に避難した。
 京都府警捜査3課と南丹署などは6日、窃盗と住居侵入の疑いで、京都府京丹波町実勢坪井、無職の男(32)と兵庫県丹波市氷上町新郷、無職の男(30)=別の窃盗罪などで起訴=を逮捕した。
  逮捕容疑は共謀し、2013年8月6日午後11時半から同8日午後9時ごろ、兵庫県豊岡市の無職男性(67)方に侵入し、現金約70万円とデジタルカメラなど29点(約4万円相当)を盗んだ疑い。
  府警は今年7月、6月2~3日に福知山市内の住職(57)方に侵入し、現金7万7千円を盗んだとして、窃盗などの疑いで、無職の男(30)を逮捕していた。男は「京都と大阪、兵庫で100件以上やった」と供述しているという。

 菊川署と静岡県警機動捜査隊、捜査3課は6日、菊川市内の橋の橋銘板を盗んだとして、窃盗の疑いで牧之原市片浜、工員の男(34)を逮捕した。同署などは、容疑者が静岡県内各地で相次ぐ橋銘板の盗難事件に関わっている疑いもあるとみて、捜査している。

  同署によると、容疑者は6月8日から7月27日ごろにかけて同市が管理する1カ所の橋に取り付けられた橋銘板計4枚(計約16万円相当)を盗んだ疑い。細かく切断して転売していたという。

  橋銘板の盗難に関しては、同市や掛川、御前崎、牧之原各市が管理する橋のほか、県島田土木事務所や県袋井土木事務所が管理する橋などでも被害が判明している。

 6日午前9時ごろ、福井県敦賀市白木2丁目の高速増殖炉もんじゅで、非管理区域にある環境管理棟の分析室に置いてあった段ボール製ごみ箱から出火。ごみ箱と、そばの作業台と床の一部を焼いた。

  日本原子力研究開発機構によると、同棟は原子炉から南西に約200メートル。構外で採取した土や海水などに含まれる放射性物質の濃度を測定している。奥行き約30センチ、横約50センチ、高さ約50センチの段ボールの空き箱をごみ箱として使っており、手を拭いたり、測定でこぼれた土、海水を拭き取ったりした紙を捨てていた。

  部屋は施錠されており、同日午前8時半ごろ、作業員が立ち入った際に異常はなかったという。建物は全館禁煙。手を拭いたごみが中心のため、段ボール箱をごみ箱として使うことは禁止されていなかったという。

  火災報知機を聞きつけた協力会社の作業員2人が約5分後に消火器で消し止めた。環境への影響はなく、けが人もいない。

 5日午前10時10分ごろ、沼津市吉田町のアパートから出火し、一部2階建ての住居部分などを焼いた。建物1階部分から男性とみられる1人の遺体が見つかった。

  駿東伊豆消防本部と沼津署は、男性の身元の特定と出火原因などを調べている。

 3日午前9時半ごろ、藤枝市堀之内の製茶会社から出火し、鉄骨スレート造り平屋建ての製茶工場約500平方メートルを全焼した。敷地内で隣接する同造り2階建て倉庫兼事務所の一部も焼いた。工場内にあった約20トンの茶にも火が回り、鎮火までに8時間以上を要した。

  志太消防本部によると、出火当時、工場は休日で稼働していなかった。事務所にいた男性経営者が火災に気付いて通報し、「工場内の休憩室から火が出ていた」と話しているという。同本部と藤枝署が出火原因を調べている。関係者によると、工場内にあったのは一茶と二茶で1キロ千円前後の価格帯が多く、被害額は2千万円以上の可能性があるという。

 3日午後10時40分ごろ、大阪府東大阪市若江本町1丁目で、「集合住宅から煙が出ている」と近くの住民から119番通報があった。府警によると、木造2階建ての集合住宅が焼け、2階から性別不明の遺体が見つかった。河内署は、連絡が取れていない住人の60代男性とみて、確認を進めている。
 2階の一室に住む男性(58)は「壁から急に煙が出てきた。玄関の外に出ると、目の前の廊下が見えないぐらいの煙の量だった」と話した。

 3日午後4時10分ごろ、兵庫県西宮市鳴尾浜で、通行人の男性から「倉庫脇に置かれたパレットから出火している」と、119番があった。兵庫県警甲子園署や消防によると、倉庫は日本容器商事の所有で、激しく炎上。周囲の倉庫などにも延焼し、消防車が多数出動し、消火活動に当たっている。

 甲子園署によると、同社の男性従業員が両腕にやけどを負い、病院に搬送されたが軽症だという。男性は「会社の焼却施設でパレットを燃やしていた」と話している。倉庫には空き瓶を保管していたとみられる。

 女性の下着を盗んだとして、愛知県警中村署は2日、窃盗容疑で同県建設業不動産業課技師、木村繁裕紀容疑者(27)=名古屋市中村区大正町=を逮捕した。

  「欲望を満たすため」と容疑を認めているという。

  逮捕容疑は6月14日、中村区内のマンションで、公務員女性(31)の自宅のベランダに干してあった下着など6点を盗んだ疑い。木村容疑者と女性に面識はなかった。

  同署によると、木村容疑者の自宅からは女性用の下着などが段ボールで6箱分押収されたという。

 台風10号の影響をかたってパート従業員を帰宅させて店の売上金を盗もうとしたとして、千葉東署は2日までに、窃盗未遂の疑いで君津市のリース関連会社員の男(33)を逮捕した。

  逮捕容疑は、スーパー「わくわく広場」の運営会社「タカヨシ」の元社員だった男は、千葉市若葉区みつわ台3の「わくわく広場みつわ台店」の売上金を盗もうと企て、8月30日午前11時ごろ、同店に「きょうは台風の影響で売り上げが落ちているので、経費削減のため、パート従業員を減らして社員1人で営業する」などとうその電話をかけ、社員をかたってパート従業員らを帰宅させ、隙を見て店内の現金を盗もうとした疑い。

  同署によると、男からの電話を受けた同店のパート店員女性(55)が運営会社に連絡。対応のため社員が同店を訪れたところ男が現れ、問い詰めると男は逃走。男はその後、千葉北署に父親とともに出頭した。男は「生活が苦しかった」などと容疑を認めているという。

  男は4~5年前まで同社の社員だった。過去には同社の他の系列店でも数件、同様の不審電話があったといい、千葉東署で関連を調べている。

 2日午前3時55分ごろ、喜多方市、JA会津よつば高郷支店旧購買倉庫=武藤常雄支店長(57)管理=から出火、木造一部鉄筋平屋約160平方メートルを全焼し、倉庫に保管されていた祭礼用のやぐらやみこしなども焼いた。けが人はいなかった。

  喜多方署によると、倉庫内部から出火したとみられる。周囲に火の気はなく、同署は不審火とみて調べている。関係者が最後に倉庫に入ったのは約1年前だったという。

 京都府警捜査3課と八幡署などは1日、八幡市男山笹谷、会社員の男(43)と、住所不定、無職の男(40)=ともに窃盗罪などで公判中=について、104件(計4600万円相当)の被害を裏付け、うち4件(計約350万円相当)を窃盗などの疑いで追送検したと発表した。
  府警によると、2人は2015年9月~16年1月、京都や滋賀など2府4県で空き巣などを繰り返し、盗んだ貴金属類を売却していたという。
  追送検容疑は共謀し、1月5日午後1時過ぎ、八幡市内の50代の会社員男性宅に侵入し、金庫など24点(計約300万円相当)を盗むなどした疑い。

 1日午前9時35分ごろ、東京電力福島第1原発(大熊町、双葉町)の汚染水を保管する地上タンクから出火、タンク塗装用のはしごに設置された防風用ゴムを焼いた。東電は、けが人はなく、周辺の空間放射線量にも目立った変化はないとしている。

  東京電力によると、防風用ゴムから煙が上がっているのを発見した作業員2人が消火器で消火した。当時は高さ約15メートルのタンクの溶接作業が行われており、溶接の熱でゴムが燃えたとみられるという。通報を受け、現場を確認した富岡消防署が火災と判断した。

  火災は午前9時40分ごろに鎮火したが、第1原発の緊急時対策本部に連絡が入ったのは同10時50分ごろ、消防への通報は同10時55分ごろだった。通報までに1時間15分を要したことについて東電は「通報が遅かったのは事実。今後改善していきたい」とした。