2016年11月アーカイブ

 30日午前6時20分ごろ、郡山市の男性(91)方から出火、木造2階建ての2階部分約32平方メートルを焼いた。

  男性の長男(67)がやけどを負い市内の病院に運ばれたが死亡した。

  郡山署によると、男性方は4人暮らしで長男が2階、3人が1階に住んでいた。近くの女性から「住宅の2階が燃えている」と119番通報があった。付近住民によると長男は足が不自由だったという。

  同署と郡山地方消防本部が原因を調べている。

  現場は住宅街で、早朝の火災に一時騒然となった。近所の70代女性は「気付いた時には2階の窓ガラスが割れ、燃え上がっていて怖かった」と話した。

 11月30日午後10時ごろ、福山市多治米町のアパート「SATOビル多治米2」3階の渡辺めぐみさん(43)方から出火。居室13平方メートルを焼き、焼け跡から渡辺さんの双子の娘で長女とし恵さん、次女よし恵さん=いずれも(20)=の遺体が見つかった。死因はともに焼死。

  福山東署などによると、アパートは鉄筋コンクリート3階建てで12世帯分の部屋がある。渡辺さん方の3部屋のうち、南東の1部屋が燃えていた。渡辺さん方は3人暮らしで、めぐみさんは出火当時、外出していて無事。他に住民1人が避難する際に転倒し、軽いけがをした。出火原因を調べている。

 30日午前0時55分頃、宮城県東松島市大塩、農業新田きみ子さん(84)方から出火、木造平屋住宅を全焼したほか、敷地内の倉庫など3棟も焼いた。

  住宅1階から2人の遺体が見つかり、石巻署は連絡が取れない新田さんと、同居の長男清彦さん(51)とみて調べている。

  新田さんは清彦さんと2人暮らし。近所の住民によると、新田さんは数年前から寝たきりで、清彦さんが介護をしていたという。

 30日午前4時50分ごろ、千葉県鴨川市成川で建物から火が出ていると、近所の男性から119番があった。木造一部2階建て住宅と納屋を全焼し、焼け跡から2人の遺体が見つかった。この家に住む四野宮一夫さん(85)と妻清子さん(76)と連絡が取れなくなっており、県警鴨川署は遺体は四野宮さん夫妻とみて確認を進めるとともに、出火原因を調べている。

 30日午前6時ごろ、札幌市西区発寒11条5丁目の金木忠さん(74)方付近から出火、木造2階建て住宅延べ約120平方メートルが全焼した。札幌西署によると、焼け跡から3人の遺体が見つかり、金木さんと妻、長男の3人とみて身元の確認を急いでいる。

  この火事で、金木さん宅南側に隣接する3階建て木造住宅もほぼ全焼したほか、北隣の3階建て木造アパートの外壁も焼けたが、住人はいずれも避難して無事だった。

 滋賀県警東近江署は28日、鮮魚売り場からマグロのブロック7点(約2万円相当)を盗んだとして、窃盗の疑いで、滋賀県東近江市に住む水産会社嘱託社員の男(67)と、同市内の飲食店経営の男(64)を逮捕した。

  逮捕容疑は、2人は共謀して、6月29日から8月27日の間に6回にわたり、同市内の水産会社の鮮魚売り場で、同社の管理するマグロのブロック計7点を盗んだとしている。同署の調べに対し、嘱託社員の男は「事実ではない」と容疑を否認し、飲食店経営の男は認めているという。

  同署によると、嘱託社員の男は、水産会社が仕入れたマグロを切り分ける仕事をしており、発泡スチロール製の容器に販売するマグロを入れ、同社に出入りしていた飲食店経営の男に渡していたという。同社から被害届の提出を受けて、同署が捜査していた。

 福岡市城南区の佐賀銀行干隈(ほしぐま)支店で10月、保管されていた現金数千万円が盗まれた事件に絡み、窃盗容疑などで逮捕され、起訴された元同行行員の男が同僚宅に侵入し、支店の鍵を盗んだ疑いがあることが捜査関係者などへの取材でわかった。この鍵が現金の窃盗に使われたと福岡県警はみており、他に関与した人物がいないか調べている。

  捜査関係者などによると、元行員は同行営業支援部に所属していた吉田淳(あつし)被告(42)=11月7日付で懲戒解雇。

  吉田被告は10月6日午後10時ごろ、福岡市中央区の佐賀銀行社宅で同僚の部屋に侵入。同僚が保管していた干隈支店の鍵やセキュリティーカードを盗んだとされる。数日後に干隈支店で現金約5千万円が盗まれた。

 29日午前1時50分ごろ、湖西市新居町新居のスナックから出火し、木造平屋建ての建物約50平方メートルをほぼ全焼した。

  湖西署と湖西市消防本部によると、店は前日の28日は休業し、出火当時は無人だった。物置付近が激しく焼損していて、同署などが原因を調べている。

 岐阜県警岐阜北署は29日、自身が通う大学の体育館を燃やそうとしたとして、岐阜市立岐阜薬科大2年、長友春留名(はるな)容疑者(20)=同市三田洞=を現住建造物等放火未遂などの疑いで逮捕した。「間違いありません」と容疑を認めているという。

  容疑は28日午後8時10分ごろ、同市三田洞東の同大学に放火目的で侵入。体育館1階女子バスケットボール部の部室で運動靴にライターで火を付け、学生らがいる体育館を燃やそうとしたとしている。火災報知機が作動し、駆けつけた守衛が消火した。げた箱の一部が燃えた。

  同署によると、長友容疑者は約3時間後に出頭、29日朝に逮捕された。長友容疑者はバスケット部員で、同署は背景にいじめがあったとみて動機を詳しく調べる。出火時、体育館でダンス部や卓球部が活動をしていたが、けが人はなかった。

 28日午前2時5分頃、北九州市戸畑区戸畑の新日鉄住金八幡製鉄所内の内浦7号倉庫詰め所から出火、鉄骨平屋約40平方メートルを全焼し、約1時間半後に鎮火した。

  けが人はいなかった。

  福岡県警戸畑署の発表によると、詰め所は鉄鋼製品を保管する倉庫に隣接。倉庫内で作業をしていた下請け会社の従業員らが休憩のため詰め所に戻ったところ、内部から火が出ていたという。倉庫への延焼はなかった。同製鉄所によると、操業への影響はないという。

 29日午後7時30分ごろ、福島市、市営由添団地3号棟2階の男性(59)方から出火、寝室を焼いた。焼け跡から男性の遺体が見つかった。

  福島署は59歳男性と連絡が取れていないことから、遺体が59歳男性の可能性が高いとみて身元の確認を急いでいる。同署によると59歳男性は1人暮らしだったという。同じ棟の住人から「階段室に煙が上がってきている」と119番通報があった。建物は鉄筋5階建てで30室。出火後に建物内に煙が充満し住民が避難するなど一時騒然となった。

 福島県警石川署は28日午後0時10分ごろ、盗みの疑いで石川町、会社員の容疑者男(23)を逮捕した。

  逮捕容疑は、5月下旬から9月中旬ごろまでの間、石川郡の高校に侵入し、同校の部室から学生が所有するジャージーの上下1着(時価計3万円相当)を盗んだ疑い。

  同署によると、容疑者は容疑を認めているという。転売目的とみられる。

  同校では他にも生徒のジャージーや靴などが盗まれる被害が確認されており、同署が慎重に関連を調べている。

 28日午後8時20分ごろ、神戸市灘区青谷町3丁目の2階建て住宅付近から出火した。市消防局によると、この家で暮らす80代の女性が2階に一時取り残されたが、消防隊員がはしごをかけて救出した。煙を吸うなどして救急搬送されたが、意識はあるという。
 28日午後5時25分ごろ、静岡県三島市長伏の6階建てマンション4階の堤弘行さん方から出火し、1室を焼いた。県警三島署によると、焼け跡から性別不明の2人の遺体が見つかり、身元を調べている。

 27日午後11時55分ごろ、神戸市兵庫区佐比江町の民家から出火、木造3階建てのうち1、2階の延べ約32平方メートルを焼いた。焼け跡から性別不明の1人の遺体が見つかった。

  兵庫署や近くの住民によると、出火した民家には1人暮らしの男性が住んでいるが、連絡が取れないといい、同署が遺体の身元などを調べる。

  出火した民家に隣接する木造2階建てアパートも延焼し、屋根など約26平方メートルを焼いた。

 27日午前9時半ごろ、青森市浪打1丁目の「東部食品市場」から出火。木造2階建ての建物延べ約380平方メートルが全焼し、周囲の建物にも延焼した。消防によると、この火事で2人が体調不良を訴えて病院に搬送されたが、いずれも軽傷という。

 近くの住民らによると、この市場には鮮魚店や青果店、総菜店が入り、約50年前から地元で親しまれていた。現場では消防車24台が消火活動にあたった。多くの人たちが焼け落ちる市場を心配そうに見上げたり、携帯電話で写真を撮影したりしていた。

 27日午前8時10分ごろ、沼津市泉町のアパートから煙が出ていると近隣住民から119番があった。火は1時間ほどで消し止められたが、1階の1室が全焼し、1人の遺体が見つかった。
  消防によると、遺体は男性とみられ、玄関先で倒れていたという。沼津署が遺体の身元と出火原因を調べている。

 26日午前6時40分ごろ、二本松市、男性(76)方から出火、木造2階建て住宅の2階部分約65平方メートルを焼いた。焼け跡から1人の遺体が見つかった。男性の父(98)の行方が分からなくなっていることから、二本松署などは所在の確認を急いでいる。

  同署によると、遺体は2階寝室で見つかった。男性は3人暮らしで出火当時、男性と妻は1階にいて、逃げ出して無事だった。男性は「2階で電気ストーブを使っていた」と話している。同署は後日、福島医大で遺体を司法解剖し、死因などを調べる。早朝の火災に現場は一時騒然となった。

 26日午後9時10分ごろ、京都府向日市寺戸町の鉄筋3階建てマンション1階の1室から出火。約35平方メートルを焼き、約1時間後に鎮火した。乙訓消防組合消防本部によると、焼け跡から住民とみられる60代ぐらいの男性が発見され、死亡が確認されたほか、同年代の女性がけがをして病院に搬送された。京都府警向日町署が身元の確認を急ぐとともに出火原因を調べている。

 26日午前2時頃、山口市秋穂(あいお)東、無職吉田典人さん(84)方から出火、木造平屋住宅が全焼し、焼け跡から2人の遺体が見つかった。

  山口県警山口南署によると、吉田さんは長男と2人暮らしで、いずれも連絡が取れていない。同署は遺体の身元の確認を進めている。

 25日午後10時5分頃、東京都江戸川区松本、幼稚園園長大野敏子さん(67)方から出火、2階建て住宅の1階部分約60平方メートルを焼いた。

  1階から大野さんが救助されたが、煙を吸うなどしており、搬送先の病院で死亡した。

  警視庁小岩署によると、大野さんは自宅に隣接する私立幼稚園の園長で、母(94)と娘の家族らの6人暮らし。大野さんは出火直後に屋外に避難したが、家族の制止を振り切って再度、家に入ったという。逃げ遅れた母を助け出そうとしたとみられる。母はその後、消防隊員に助け出され、ほかの4人も逃げて無事だった。1階仏間が激しく燃えており、同署で出火原因を調べている。

 25日午前7時35分ごろ、岡山市中区徳吉町、仲原亮爾さん(80)方から出火、木造2階延べ約100平方メートルを全焼し、隣の住宅の窓ガラスなどを焼いた。仲原さん方から女性1人の遺体が見つかり、岡山中央署は行方の分からない妻の紀子さん(75)とみて身元の確認を急いでいる。

  同署によると、仲原さんは紀子さんと2人暮らし。出火当時、仲原さんは入院中だった。原因を調べている。

  近所の男性(78)は「『ドーン』という大きな音が何度もした後、火が瞬く間に広がった。炎が10メートル以上も上がり、足がすくんだ」と話していた。

 木津署は24日、窃盗の疑いで、京都府八幡市八幡長田、会社員の男(67)を逮捕した。
  逮捕容疑は20日午後0時40分ごろ、高柿容疑者が勤めている木津川市内の建設会社で、敷地に置かれていた長さ1~3メートルのアルミ鋼管200本などの建築資材(計375万円相当)を、会社のトラックに1人で積み込み、盗んだ疑い。同署によると、男は「転売目的でやった。金に困っていた」と容疑を認めているという。

 女性の下着を盗んだとして、岩手県警は24日、窃盗容疑で同県都市計画課主査の早坂毅容疑者(47)=盛岡市紺屋町=を逮捕した。

  容疑を認めているという。

  県によると、早坂容疑者は1994年に大阪府に入庁。今年4月から応援職員として岩手県に派遣され、東日本大震災の被災地での区画整理事業などを担当していた。

  逮捕容疑は12日午前3時45分ごろ、盛岡市内のコインランドリーで、乾燥機に入っていた会社員女性(34)の下着数点を盗んだ疑い。

 24日午後8時15分ごろ、茨城県坂東市神田山、無職、名越善光さん(69)方から出火、木造平屋建ての母屋など住宅3棟計約130平方メートルを全焼した。このうち木造2階建ての離れから1人が遺体で発見された。離れに住んでいた長男(46)と連絡が取れなくなっていることから、県警境署は遺体は長男ではないかとみて身元の確認を進めている。

  同署によると、長男は足が不自由だったという。名越さんは入院中で、妻(69)と長男が2人で暮らしていた。母屋にいた妻は逃げて無事だった。

 24日午後4時45分ごろ、川俣町、自転車バイク販売店経営の男性(86)方から出火、木造モルタル2階建ての店舗兼住宅約160平方メートルを全焼した。
  焼け跡から1人の遺体が見つかり、男性の妻(84)と連絡が取れないことから、福島署川俣分庁舎は遺体が妻とみて確認を急いでいる。男性は全身にやけどを負って福島市の病院に運ばれた。
  同分庁舎によると、火は隣接する住宅2棟にも延焼した。家人は逃げて無事だった。出火から約3時間後に鎮火した。
 24日午後1時半ごろ、青森県八戸市中居林雷、無職小向庸介さん(65)方から出火、木造平屋の住宅約150平方メートルを全焼した。焼け跡から性別不明の焼死体が見つかった。小向さんの行方が分からなくなっており、八戸署が身元の確認を急いでいる。

 書店で高価な医学書を盗んだとして、大阪府警捜査3課は24日、窃盗容疑で、大阪市天王寺区小橋町、無職、堀新一郎容疑者(42)を逮捕したと発表した。「一切していない」と容疑を否認している。

  府警によると、8月にNPO法人「全国万引犯罪防止機構」(東京)から「大手書店で医学書を中心とする万引が多発し、インターネットオークションで数年間に約1500冊(計1200万円相当)が販売されている」と相談があり、オークションへの登録情報などから堀容疑者の関与が浮上したという。

  逮捕容疑は、9月30日午後、名古屋市内の書店で、医学書3冊(約1万9千円相当)を盗んだとしている。堀容疑者の自宅からは医学書など25冊が見つかったといい、関連を調べている。

 24日午前4時15分頃、名古屋市守山区中志段味、無職井本瑞代さん(73)方から出火し、木造平屋約170平方メートルと西隣の物置約50平方メートルを全焼した。

  民家の焼け跡から1人の遺体が見つかり、愛知県警守山署は連絡が取れなくなっている井本さんとみて、身元の確認を進めている。

 23日午後1時5分ごろ、埼玉県狭山市柏原、会社員板橋潤さん(50)方から出火、木造平屋を全焼した。板橋さんの中学3年の長男(15)が逃げる際に煙を吸い込み、喉に軽傷を負った。

  狭山署によると、板橋さん方は妻と長男の3人暮らし。出火当時、板橋さんと妻は仕事で外出中で、長男が留守番をしていた。火事に気付き、外に逃げた長男から依頼を受けた近所の女性(71)が119番した。同署で詳しい出火原因を調べている。

 23日午前3時50分頃、東京都中央区築地の築地市場内にある立体駐車場などが入った建物(鉄筋コンクリート地上7階、地下1階)の1階から出火、約640平方メートルを焼いた。

  火は約4時間後に消し止められ、けが人はなかった。警視庁築地署で出火原因を調べている。

  同署幹部によると、現場は水産加工物の取引などを行う場所で、木製のパレットなども焼けたという。この日は市場が休みだった。近くを通ったトラック運転手が市場内から煙が出ているのを見つけ、119番した。

 大学野球部の部室に侵入してユニホームを盗んだとして、奈良県警奈良西署は22日、窃盗などの疑いで、大阪府堺市堺区向陵中町の無職、福田寅広(とらお)容疑者(30)を逮捕した。「男性に興味があり、汗臭い服がほしくて盗んだ」と容疑を認めているという。

  逮捕容疑は5日午前9時40分から同10時15分ごろ、奈良県内にある私立大学の野球部の部室に侵入し、部員4人の使用済みユニホームやアンダーシャツ、靴下など20点(約1万8千円相当)を盗んだとしている。

  部室に鍵はかかっていなかった。野球部以外の部室も荒らされた形跡があることから、同署が関連を調べている。

  同署によると、福田容疑者は、「他の大学にも侵入した」などと供述。自宅からは他大学の野球部のユニホームが複数枚押収されたという。

 22日午後8時半ごろ、長泉町東野の男性(59)方から出火した。裾野署によると、焼け跡から1人の遺体が見つかり、身元を確認している。同署や富士山南東消防本部が詳しい出火原因を調べている。

 22日午前10時55分ごろ、大阪市大正区小林東の文化住宅で、「2階から煙が出ている」と通行人の男性から通報があった。大阪府警大正署などによると、木造2階建て約185平方メートルのうち、1~2階の計約35平方メートルが焼け、約2時間10分後に消し止められた。けが人はなかった。

  同署などによると、文化住宅には家主の夫婦と入居者2人の計4人が暮らしており、煙を吸い込むなどして気分不良を訴えた人もいたが、いずれも逃げて無事だった。2階が火元となった可能性があり、同署が詳しい出火原因を調べている。

 22日朝に震度5弱を観測した福島県いわき市の消防本部によると、いわき市錦町落合の「クレハ」の施設で実験作業中に火が出たが、午前6時40分に鎮火したという。けが人はないという。

 採用面接中に面接相手の社長の現金を盗んだとして、神奈川県警瀬谷署は21日、横浜市瀬谷区の無職の男(24)を窃盗の疑いで逮捕し、発表した。「無職なので、お金が欲しかった」と容疑を認めているという。

  署によると、男は10日夜、同区の機械メンテナンス会社で採用面接を受けた。面接は男と社長の2人きりで行われ、社長が作業着の手配などのため部屋の外に数回出た間、置いてあった社長のかばんの中から現金5万円などが入った財布を盗んだ疑いがある。

  面接終了後、社長が帰宅する際に財布がないことに気づき、110番通報。男は「本当に就職しようと思っていた」と話しているといい、履歴書には実際の住所が書かれていたという。

 21日午前5時25分ごろ、東京都杉並区松庵のJR中央線高架下にある自動車整備会社から出火し、作業場と事務所部分の計約70平方メートルが焼けた。

  現場は西荻窪駅の西約200メートルで、火は約1時間後にほぼ消し止められた。けが人はいなかった。作業場から出火したとみられ、警視庁高井戸署などが原因を調べている。

 滋賀県警守山署は21日、邸宅侵入と窃盗の疑いで、野洲市久野部、西村明夫容疑者(68)を逮捕した。
  逮捕容疑は21日午後1時25分ごろ、野洲市内の女性(91)宅に侵入し、リュックサック1点(時価5千円相当)を盗んだ疑い。同署によると、警備会社からの通報で駆けつけた署員が、現場から4、5キロ離れた路上で西村容疑者を発見した。女性は約1年前から介護施設に入所しており、民家は空き家だった。
  西村容疑者は先月23日投開票の野洲市長選に立候補し、落選した。

 夫婦で空き巣を繰り返したとして、府警は21日、窃盗容疑などで舞鶴市長浜、会社員、塩見武司(47)と妻、弘美(53)の両被告=いずれも同罪などで公判中=を逮捕、送検し、捜査を終えたと発表した。府警によると、被害総額は約2400万円とみられ、2人は2件で起訴、夫は別に39件で送検された。

  2人の逮捕、送検容疑は今年1月3日、同市内の男性会社員(44)方に侵入し、腕時計など29点(計605万円相当)を盗んだなどとしている。

  府警捜査3課によると、2人は平成22年1月~今年5月にかけ、弘美容疑者の運転する車で市内を物色し、塩見容疑者がドライバーで窓ガラスを割って侵入し、現金や貴金属を窃盗。盗品は、弘美容疑者が京都市内のブランド品買い取り店で換金していたという。

  塩見容疑者は正月や盆の時期を狙っていたといい、「正月や盆に人並みの生活がしたかった。この時期は物入りで、どの家にもお金あると思った」と供述しているという。

 21日午前11時ごろ、伊達市梁川町、会社員、男性(54)方の物置小屋から出火、約11平方メートルを全焼した。焼け跡から男性の遺体が見つかり、伊達署が身元の確認を急ぐとともに出火原因を調べている。

  同署によると、54歳の男性は父親と2人暮らしで出火当時、菅野さんは仕事に出ていた。父親も入院しているため不在だったが、福島市に住む54歳の男性の弟と連絡が取れないという。

 21日午前9時10分ごろ、高崎市棟高町の坂本光江さん(67)方から出火しているのを近隣の女性が発見、通報した。木造2階建て住宅160平方メートルが全焼し、焼け跡から遺体が見つかった。高崎署は連絡が取れなくなっている坂本さんとみて、確認を急ぐ。

 出火当時、長男は2階にいたが飛び降りて軽傷。同署で詳しい出火原因を調べている。

 21日午前3時15分ごろ、札幌市東区の民家で「車が燃えている」と住人から119番があった。

  木造2階建て約140平方メートルを全焼したが、けが人はいなかった。出火当時、プラグインハイブリッド車(PHV)のケーブルを1階車庫のコンセントにつなぎ、充電していたという。

  北海道警によると、住人は充電設備付近から火花が出るのを見たと話しており、道警は出火原因を詳しく調べている。

  民家には当時、家族5人がいたが、全員外に逃げて無事だった。

 愛知県一宮市奥町の会社員、酒井昭和さん(48)宅に20日夜、車が突っ込み住宅が全焼した事件で、酒井さんと親族の男性の間で金銭トラブルがあったという情報があり、一宮署が事件との関連を調べている。

  同署によると、20日午後11時10分ごろ、酒井さんから「自宅が燃えている。車が突っ込んだ」と119番通報があった。車を運転していた男は、液体をまいて逃走した。木造2階建て住宅約116平方メートルが全焼、突っ込んだ軽乗用車も焼けた。隣の住宅約5平方メートルも一部焼失。けが人はいなかった。同日朝、酒井さん方に親族の男性が怒鳴り込み、パトカーが駆けつける騒ぎがあったという。

  近くに住む男性(77)は「ドーンという大きい音がした後、消防車が来たので外に出ると、玄関に車が突っ込んでいて、すごい勢いで燃えていた」と話した。

 20日午後11時45分ごろ、鳥取県三朝町の農業馬野善則さん(61)方から火が出ていると、隣に住む女性から119番があった。木造2階建ての約280平方メートルが全焼し、焼け跡から1人の遺体が見つかった。

 倉吉署によると、馬野さんの孫の小学5年小椋緩奈さん(11)が行方不明で、亡くなったのは緩奈さんとみて身元を調べている。

 火元は1階とみられ、緩奈さんは2階で就寝中だったという。

 20日午後6時ごろ、磐田市一言、無職男性(82)方から出火し、木造2階建て住宅1棟約80平方メートルを全焼した。焼け跡から遺体が見つかり、磐田署と同市消防本部は男性とみて身元の特定を急ぐとともに出火原因を調べる。男性は1人暮らし。
 静岡中央署は19日、窃盗の疑いで焼津市石津向町、藤枝市立中教諭(50)を現行犯逮捕した。逮捕容疑は同日午後4時ごろ、静岡市葵区の大型スポーツ用品店でパーカ1点(約6千円)を万引した疑い。同署によると、容疑者は休日だったという。

 19日午前11時40分ごろ、三重県四日市市の市立西笹川中学校(生徒数239人)の理科準備室にある冷蔵庫から出火し、周辺の天井や床など約30平方メートルが燃えた。出火時、教員や生徒は体育館で開かれた講演会に参加しており、けが人はいなかった。火は約40分後に消し止められた。

 四日市南署によると、理科の教員が、授業の実験で使う予定だった可燃性の「ブタンガス」を液化し、冷凍庫に保管していた。同署はガスが何らかの原因で引火した可能性があるとみて調べている。火災報知機が鳴り、準備室から火が出ているのを発見した男性教員が119番した。

 19日午前0時50分ごろ、埼玉県加須市南大桑の県営住宅「加須南大桑団地」(4階建て)の2階、遠藤フサ子さん(88)方から出火し、遠藤さん方を全焼した。焼け跡から1人の遺体が見つかった。同居の息子(62)と連絡が取れておらず、県警加須署が遺体の身元確認を急いでいる。

  同署によると、遠藤さん方は3人暮らし。遠藤さんにけがはなく、もう1人の息子(58)はのどに軽いやけどを負った。同署が出火原因を調べている。

 茨城県警つくば中央署は18日、茨城県つくば市上横場、無職の男(30)を住居侵入と窃盗の疑いで逮捕した。

  発表によると、男は10日午前8時20分頃から午後6時半頃の間に、同県常総市の男性会社員(26)方に侵入、ノートパソコンやハードディスクなど計6点(計約20万円相当)を盗んだ疑い。

  同署によると、今月7日に、テレビ番組の制作会社が、盗聴器が設置された家を探すロケを行っていたところ、男性会社員の家を発見。盗聴器が仕掛けられた経緯などを調べるため、男性会社員の了解を得て、防犯カメラを室内に設置すると、男とみられる人物が撮影されていたという。

  男性会社員が男と面識があったことから、18日に制作会社スタッフと共に男の自宅を訪れ、ただしたところ、認めたため、110番した。

  同署で、男性会社員方に仕掛けられた盗聴器と男の関連などを調べている。

 警察署の留置場に勾留中の男の財布から現金を盗んだとして、千葉県警は18日、千葉中央署留置管理課の男性巡査長(24)を窃盗容疑で千葉地検に書類送検し、懲戒免職処分とした。

  捜査関係者によると、巡査長は今年9月上旬、同署内で、留置人の所持品を保管する場所にあった財布から、現金約4万円を盗んだ疑い。

  別の課員が留置人の所持品を確認した際、現金が減っていることに気付いて上司に報告。上司が調べたところ、巡査長は現金を盗んだと認めた。巡査長は、ギャンブルなどで数百万円の借金があったという。

 18日午後1時40分ごろ、大分市府内町2丁目の百貨店「トキハ本店」で「地下1階の総菜店のダクトから火が出ている」と119番通報があった。大分中央署によると、客と従業員が全館から避難し、火は約1時間後に鎮圧した。煙を吸った女性店員2人が体調不良を訴え、病院に搬送された。

 出火当時、地下1階で買い物をしていたという20代の男性は、総菜店の近くを通りかかったとき、黒い煙と焦げ臭い異臭に気づき、建物の外に逃げたという。その後、デパートの館内から警報音が鳴り、大勢が避難してきて現場は騒然となった。「トキハでこんなことが起きるなんて。びっくりだ」と話した。

 自転車を盗んだとして相模原南署が17日、窃盗の疑いで逮捕した無職の男(23)。犯行を認めた供述は「16日午前2時ごろ、緑区元橋本のアパート敷地から盗んできた」。

  無施錠の自転車は直線距離で5キロ近く運ばれていた。張り込みの末に解決につなげた同署員が調べると、そもそも14キロ以上離れた東京都日野市内で9月に盗難届が出ていた。

  いわゆる「ママチャリ」が、盗み継がれて相模原南部までたどり着いていた。「二重ロックが有効」と呼び掛けている同署は、「いったい何人が乗り継いできたか」とあぜん。

 17日午前7時50分ごろ、会津美里町、女性(86)方から出火、木造一部2階建て約213平方メートルを全焼した。焼け跡から1人の遺体が見つかり、女性と連絡が取れないことから、会津若松署は遺体は女性とみて確認を進めている。

  同署会津美里分庁舎によると、火は近隣の店舗や住宅にも延焼し、隣接する店舗1棟を全焼したほか、周辺の住宅など4棟の壁などを焼いた。同分庁舎によると、女性は1人暮らし。遺体は18日以降、福島医大で司法解剖し、身元や死因を調べる。

  現場は県道沿いの住宅街。消火を見守る近隣住民らで、現場は騒然となった。近くに住む主婦(34)は「バチバチという音が聞こえて見てみたら、炎と煙がすごくて驚いた。(消火を手伝おうと思ったが)炎の勢いが強く近寄れる状態ではなかった」と話した。

 佐賀県警佐賀署は16日、盗みの疑いで、ベトナム国籍の20代の男3人を逮捕した。

 逮捕容疑は4日午後5時25分ごろ、鹿島市の衣料品店でダウンジャケットなど13点(販売価格6万4200円相当)を盗んだ疑い。

 佐賀署によると、熊本県内の店舗で万引被害に遭った別の大手量販チェーン店が、防犯カメラ映像などから特徴を社内で手配。佐賀市の系列店員が似た3人を店内で見つけ、110番して摘発につながった。

 3人は車で移動し、入管難民法違反(旅券不携帯)の疑いで4日に現行犯逮捕されていた。1人は愛知県内の溶接関係の実習生で、2人は東京都内の留学生だったが、在留期限は切れていた。

 草津署などは16日、建造物侵入と窃盗の疑いで、住所不定、建築作業員の男(23)ら男4人を逮捕した、と発表した。
  逮捕容疑は共謀して6月30日午前2時5分ごろ、滋賀県草津市内の携帯電話販売店にドアをこじ開けて侵入し、スマートフォン22台とタブレット端末10台(販売価格計249万6千円)を盗んだ疑い。
  草津署によると、男は「知らない」と容疑を否認しているという。

 兵庫県姫路市の女子高に侵入し、生徒のスパッツなどを盗んだとして、兵庫県警姫路署は16日、窃盗と建造物侵入の容疑で、同市香寺町香呂、会社員、青田佑介被告(22)=建造物侵入罪で起訴=を再逮捕した。「盗んだのは間違いない」と容疑を認めているという。

  再逮捕容疑は10月25日午後7時~9時半ごろ、自宅近くの女子高の体育館にある女子更衣室に侵入し、室内にあった生徒のスパッツなど衣類12点(約1万1千円相当)を盗んだとしている。

  青田容疑者は8月21日と28日、同校の敷地内に立ち入ったとして、今月4日に建造物侵入容疑で逮捕され、「女子生徒の下着を盗むために侵入した」と供述。同校ではここ数年、生徒のジャージーがなくなるなどの被害があり、同署が関連を調べていた。

 空き巣を繰り返したとして、埼玉県警捜査3課と加須署の合同捜査班は16日、住居侵入と窃盗の疑いで、北本市緑4丁目、無職の男(34)=同罪で公判中=をさいたま地検に追送検した。

  県警は加須市など7市町で35件(総額2400万円相当)の被害を確認、うち31件(総額約930万円相当)を追送検し、捜査を終結した。

  追送検容疑は昨年7月30日~今年6月21日ごろ、桶川市川田谷の男性会社員(64)方など31軒に侵入し、現金約128万円と指輪など約290点(合計約800万円相当)を盗んだ疑い。男は「子どもの生活のためにやった。お金を稼ぐ方法が空き巣しか思い付かなかった」と容疑を認めているという。

  同課によると、男は農村地域の一戸建て住宅を狙い、バイクを利用して日中に空き巣を繰り返していた。今年6月、北本市の男性会社員(66)方に侵入し、現金約10万円と指輪など30点(約46万円相当)を盗んだなどとして逮捕されていた。

 高級ブドウのマスカット・オブ・アレキサンドリアやシャインマスカットを農家の作業場から盗んだとして、県警は16日、岡山市北区岡町の解体工和田宏之容疑者(50)を建造物侵入と窃盗の疑いで逮捕し、発表した。

  岡山中央署によると、和田容疑者は10月15日夕方から16日早朝までの間、岡山市の農家の男性(56)方の敷地内にある作業場に入り、出荷前のブドウ計約100房(時価約18万4千円相当)を盗んだ疑いがある。

  和田容疑者は「現金を盗むつもりだったが、現金を見つけることができなかった。(ブドウは)自分で食べたり、知り合いにあげたりしようと思っていた」と話し、容疑を認めているという。

 友人のギターを盗んだとして、警視庁池袋署は16日までに、窃盗の疑いで、元歌手でとび職の野畑慎容疑者(34)=北海道江別市野幌若葉町=を逮捕した。

  「ギターは質屋に入れた。競馬に使う金欲しさにやった」と容疑を認めているという。

  逮捕容疑は5月17~27日ごろ、同居していた東京都豊島区の30代の友人男性宅から男性のギター2本(計20万円相当)を盗んだ疑い。

  友人男性は同署に対し、「ヒットを飛ばした後は借金を抱えたり、家賃滞納で部屋を追い出されたりしていた。もう一花咲かせてやりたいと思い自宅に住まわせた」と話しているという。 

 静岡県内で今月に入り、窓ガラスを割って車内に置いてあるバッグや現金を盗む手口の車上狙いの被害が多発している。主にアパート・マンションの駐車場に止めてある車が狙われていて、県警は防犯カメラの設置など対策を求めている。

  県警生活安全企画課によると、1~14日、県内で発生したガラス割りによる車上狙いの被害は108件(速報値)。今年の月別で最多だった10月の75件を既に上回り、2015年1年間に発生した263件の約4割に相当する。

  発生場所は静岡市や焼津市など県中部が目立つ。静岡市清水区船越地区周辺では8日以降、十数件の被害が集中した。被害に遭った場所は全てアパート・マンションの駐車場で、車内に荷物がないのに被害に遭う車もあった。

  県警の担当者はアパート・マンションの管理者に対し、駐車場への防犯カメラ設置や照明の増設など「犯罪が起きにくい環境づくり」を求めている。ドライバーに対しては、窓ガラスを割られたら警報音を出す「振動センサー」の利用などを呼び掛けている。

 16日午前2時頃、岐阜県大垣市青墓町の無職棚部勝正さん(73)方から出火し、木造2階建て約230平方メートルを全焼した。

  焼け跡から2人の遺体が見つかり、県警大垣署は住人で連絡が取れなくなっている棚部さんと、同居の母キエさん(98)とみて身元の確認を進めている。

 アルマーニのジャケットを盗んだとして、御殿場署は15日までに、窃盗の疑いで、沼津市大塚の建設作業員、高橋太一容疑者(21)と同市大塚の会社員、望月良幸容疑者(21)、高校生を含む16~19歳の少年3人を逮捕した。少年らは容疑を認めているが、高橋容疑者と望月容疑者は「知らない」と否認している。

  逮捕容疑は10日午後7時ごろ、御殿場市深沢の商業施設「御殿場プレミアムアウトレット」内の店舗で、店内に陳列されていたアルマーニの男性用ジャケット1着(販売価格約65万円)を盗んだとしている。

  同署によると、5人は見張り役や店員の引きつけ役を分担しており、袋の中にジャケットを入れて一斉に逃走。ジャケットは逃走中に捨てたとみられ、まだ発見されていないという。

 兵庫県警尼崎北署は15日、住居侵入と窃盗の疑いで尼崎市内に住む男子大学生(19)を逮捕した。

  逮捕容疑は10月7日、尼崎市のマンション1階ベランダに侵入し、その部屋に住む女子高校生(18)の下着3点を盗んだ疑い。「盗むことがストレス発散になった」と容疑を認めているという。

  同署によると下着は男子大学生の自宅近くに捨てられていた。周辺ではほかにも被害が確認されており、関連を調べるという。

 15日午前6時50分ごろ、愛知県半田市飯森町、無職、竹内康允さん(81)方の木造2階建て住宅の1階洋間から出火、布団の一部が燃えた。竹内さんが気道熱傷などで間もなく死亡した。

  県警半田署によると、竹内さんは3年ほど前から寝たきりで、長男の妻が様子を見に行ったところ、部屋から煙が出ていたため、119番した。室内には電気ストーブがあったといい、同署は関連を調べている。

 埼玉県の浦和署は14日、窃盗の疑いで、さいたま市緑区東浦和5丁目、無職の男(59)を逮捕した。

  逮捕容疑は9月17日午前8時ごろから19日午後2時ごろまでの間、同区の無職男性(75)方に侵入、現金2万2000円と腕時計などの貴金属(約91万5000円相当)を盗んだ疑い。男は「やってない」と容疑を否認しているという。

  同署によると、男性方は妻と2人暮らしで被害時は外出中だった。男は1階の窓ガラスを割って侵入。同署員が同市内の質屋を調べたところ被害品と一致した。

 トヨタの「ハイエース」が狙われる窃盗事件があり、警視庁捜査3課は14日までに、窃盗容疑などで、自動車板金工高橋喜美夫(59)=千葉県山武市成東=、土木業五木田利明(59)=同市上横地=両容疑者とブラジル国籍の男ら計4人を逮捕した。

  五木田容疑者は容疑を認め、ほか3人は「盗みに行っていない」などと否認している。

  同課によると、東京や千葉、茨城、埼玉など1都5県では2014年1月から、ハイエースやレクサス、クラウンなどトヨタの自動車が盗まれる事件が連続して発生。被害は約200台、計約3億円相当に上り、うち約100台はハイエースだった。同課が関連を調べている。

  逮捕容疑は4月20日、埼玉県越谷市の月決め駐車場で、止めてあったハイエース(約150万円相当)を盗むなどした疑い。

 14日午前8時20分ごろ、岐阜市長良の無職下條孝夫さん(80)宅から出火。岐阜県警岐阜北署によると、木造2階建て住宅約140平方メートルが全焼し、北側の鵜匠(うしょう)山下哲司さん(61)宅も一部、約64平方メートルが焼けた。下條さんが病院に搬送されたが、軽傷だという。消火活動にあたった消防団員3人が、落ちてきた屋根瓦が頭などに当たり、軽傷。

  現場は長良川北側の住宅地で、道路を挟んで西側に市の観光施設「長良川うかいミュージアム」があるが、署によると、被害はないという。

  現場近くでは、鵜匠や市職員、近隣住民らが集まり、消火活動を見守った。近所の自営業の男性(62)は「煙がすごく出ていて、一気に暗くなった。火が高く上がっているのが見えた」と話した。

  現場近くに集まった鵜匠や船頭が鵜の様子を心配していたが、署によると、山下さん宅には鵜が18羽いたが、延焼した家からは離れた飼育小屋にいたため無事だという。近くに住む鵜匠代表の山下純司さんは「鵜が煙をかぶって怖がっていないか心配」と話した。

 14日午前8時10分ごろ、横浜市緑区青砥町の木造2階建て住宅から煙が出ていると110番があった。1階が焼失し、1階寝室から2人の遺体が見つかった。この家に住む60代の女性と40代の息子に連絡がつかなくなっており、神奈川県警緑署は、遺体はこの親子とみて身元や出火原因を調べている。

  同署によると、2人暮らしとみられる。「屋内から煙が出ていた」という目撃情報や出入り口が施錠されていたことなどから、失火の可能性が高いとみている。

 14日午前8時10分ごろ、横浜市緑区青砥町の無職の住民(63)方から出火、木造2階建て住宅の1階寝室を中心に約60平方メートルを焼いた。焼け跡から住民と長男(42)の2人が遺体で見つかった。緑署が出火原因を調べている。

  同署によると、この住宅は2人暮らし。遺体は1階寝室で見つかり、住宅は施錠されていた。近くに住む男性(59)が「2階から煙が出ている」と110番通報した。

  近くに住む30代の主婦は「焦げたような臭いがして外に出たら、白い煙が上がっていた」と話していた。

 木津署は13日、窃盗の疑いで、京都府木津川市相楽台7丁目、京都市環境政策局まち美化推進課職員の男(24)を逮捕した。
  逮捕容疑は13日午後2時ごろ、京都府精華町祝園西1丁目の近鉄新祝園駅西側駐輪場で、木津川市の会社員女性(25)のバイクを盗んだ疑い。
  木津署によると、巡回中の署員が不審な動きをしていた男が駐輪場から無施錠のバイクを走らせたため、呼び止めた。男は容疑を認めているという。

 12日午後3時5分ごろ、埼玉県蕨市北町1丁目、無職藤井洋一さん(70)方から出火、木造2階建て約90平方メートルを全焼した。焼け跡から1人の遺体が見つかった。藤井さんの妻(69)が家屋内から火が出ているのを見つけ119番した。妻は喉にやけどを負い病院に搬送された。

  蕨署によると、藤井さん方は2人暮らし。2階の燃え方が激しく、同署で遺体の身元や出火原因を調べている。

 12日午前7時40分ごろ、京都府舞鶴市浜の民家から出火、木造2階建て延べ約140平方メートルと、北側に隣接する木造2階建ての店舗兼住居約110平方メートルを全焼した。

  舞鶴市消防本部によると、民家に住む無職、井口明子さん(67)と連絡がとれなくなっており、行方を捜している。隣接する店舗兼住宅には井口さんのおじで種販売業、井口圭さん(79)が住んでいたが、救出された。圭さんは煙を吸って病院に運ばれたが、命に別条はないという。

 12日午後4時40分ごろ、神戸市垂水区上高丸の職業不詳、戸田多恵子さん(83)方から出火。木造2階建て延べ約100平方メートルを全焼し、1階から性別不明の遺体が見つかった。垂水署は遺体を戸田さんとみて身元の確認を急ぐとともに、出火原因を調べている。

 垂水署や消防によると、戸田さんは1人暮らし。近くに住む長男(55)も出火直後に訪れ、顔をやけどして軽傷を負った。

 岩手県一戸町で昨年12月に住宅が全焼し、焼け跡から男性の遺体が見つかった火災があり、岩手県警は11日、殺人と現住建造物等放火の疑いで、二戸市福岡裏小路、男性の妻で無職毛鳥(もうちょう)満代容疑者(64)を逮捕した。

 逮捕容疑は昨年12月8日午前7時ごろ、同町鳥越八木沢の木造一部2階の自宅に屋内から火を付け、同居していた夫で無職喜一郎さん=当時(69)=を焼死させた疑い。県警によると、容疑を認めている。喜一郎さんの遺体は1階の居間で見つかった。

 毛鳥容疑者も上半身に全治数カ月のやけどを負い、二戸市内の病院に数カ月前まで入院していた。喜一郎さんと2人暮らしで、県警は無理心中を図った可能性もあるとみて、詳しい動機や放火の手口を調べている。

 11日午前10時15分頃、須坂市墨坂の「須坂双葉幼稚園」(垂沢優樹園長)から、「厨房(ちゅうぼう)から火が出た」と119番通報があった。駆けつけた消防が約1時間40分後に火を消し止めたが、木造平屋建ての壁や屋根など約66平方メートルが焼けた。けが人はいない。

  須坂署などによると出火当時、園児119人と職員13人が同園の敷地内にいたが、ただちに近くの公民館に避難して無事だった。

  同園では同日、「収穫祭」という行事が催され、厨房とされる事務室内の調理場で職員が豚汁を料理していた。調理場の壁が激しく焼けており、同署などが出火原因を調べている。

 11日午後2時50分頃、茨城県土浦市有明町のJR土浦駅ビル(地上6階地下1階)1階のファミリーレストラン「サイゼリヤ土浦駅ペルチ1F店」で、客の男女2人の衣服などが焼ける火事があった。

  2人は全身やけどで意識不明の重体。店内にいた他の客にけがはなかった。この火事で、ビルに入居する飲食店など計37店全ての客や従業員が避難し、現場は一時騒然となった。

  土浦署の発表によると、2人は店内で口論となり、男性が女性に液体のようなものをかけた後、衣服が燃えたとの目撃情報がある。スプリンクラーが作動し、火は間もなく消し止められた。男性はイラン国籍、女性はフィリピン国籍で、同署は2人の間にトラブルがあったとみて調べている。

 11日午前7時ごろ、大阪府貝塚市久保で「民家から煙が出ている」と近隣住民から119番があった。木造2階建て住宅延べ約70平方メートルを全焼し、焼け跡から1人の遺体が見つかった。府警貝塚署は連絡が取れない住人の大田功さん(82)とみて身元と出火原因を調べている。同署などによると、大田さんは1人暮らしで遺体は1階寝室で見つかった。

 11日午前1時50分ごろ、神戸市北区有馬町の有馬温泉街にある民家付近から出火、東西に隣接する喫茶店などに延焼し、計4棟が焼けた。兵庫県警によると、民家から遺体が見つかり、連絡が取れていない住人の女性(90)とみて身元を確認している。同居していた女性(69)も顔などにやけどを負って救急搬送された。

 県警などによると、近くの住民から「炎が出ている」と119番通報があり、避難する宿泊客や住民らで一時騒然となった。周辺は細い坂道が入り組み、消防車が近づけずに消火活動が難航した。

  喫茶店の西隣に住む男性(69)は「女性の『助けて』という叫び声が聞こえ、窓を開けたらものすごい火が出ていた」。現場近くに住む女性(25)は「数分おきに、ボンッという爆発音のようなものが聞こえた」と話した。

 10日午後2時35分ごろ、埼玉県熊谷市四方寺、無職原口忠一さん(88)方から出火。木造平屋住宅と物置2棟を全焼した。けが人はいなかった。

  熊谷署によると、原口さんは1人暮らしで、出火当時は外出していた。通行人の女性(42)が原口さん方から出火しているのを発見し、119番した。同署で出火原因を調べている。

 車のバッテリー盗を繰り返していたとして、大阪府警布施署は10日、窃盗などの疑いで、住所不定、無職、田中涼太容疑者(26)を逮捕、送検し、68件(総額計約715万円相当)の被害を裏付けて捜査を終えたと発表した。

  送検容疑は、3月下旬~5月下旬、大阪府東大阪市や大阪市、堺市などで、駐車中のトラックから工具を使って外付けバッテリーを取り外して盗むなどの手口を繰り返したとしている。

  同署によると、盗んだバイクで移動しながらターゲットを物色していたといい、「盗んだバッテリーを転売して生活費やパチンコ代などに充てていた」と容疑を認めている。

  同署は今年5月、東大阪市内のアパートの一室に侵入し、テレビやゲームソフトを盗んだとして、窃盗容疑などで田中容疑者を逮捕。その後の調べで、バッテリー盗を繰り返していたことが判明したという。

 兵庫県警姫路署は9日、窃盗の疑いで、兵庫県三木市吉川町稲田の無職の男(45)を逮捕した。

 逮捕容疑は同日午後0時半ごろ、姫路市内の民家で、干してあった男子中学生(14)の学校用のジャージーを盗んだ疑い。「制服に興味があった」と容疑を認めているという。

 同署によると、男の行動を家の中から見ていた生徒の母親が通報。逃げた車の色や車種などから判明したという。

 川口市は9日、水道メーター交換業務を受託した市管工事業協同組合に所属する施工業者が、81人の個人情報が記載された交換伝票と水道メーター19個を積んだ車両を盗まれたと発表した。

  市水道局によると、8日午後4時半ごろ、施工業者が同市芝下地内の水道メーター交換対象者の自宅前に鍵をかけずに車を駐車。打ち合わせ後に戻ると、見知らぬ男が車に乗って逃走したという。交換伝票には住所、氏名、電話番号、使用水量などが記載。水道メーターは水道局所有で、12個は未使用だった。

  同水道局は組合とともに81人に謝罪と説明を行うとともに、再発防止に向けて組合に個人情報に細心の注意を払うよう指導した。

 9日午前6時ごろ、福島市、無職、男性(83)方から出火、木造2階建て約125平方メートルを全焼した。焼け跡から男性1人の遺体が見つかった。男性の行方が分からなくなっていることから、福島北署は遺体が男性の可能性が高いとみて身元の確認を急いでいる。

  同署は10日、遺体を司法解剖し、身元や死因などを調べる。

 8日午後8時20分ごろ、倉敷市児島下の町の5世帯が入居できる借家=同所、東野昭八さん(83)経営=から出火。木造平屋約320平方メートルを全焼し、隣接する住宅2棟の壁などを焼いた。借家のうち丹下一己さん(67)方の台所から1人の遺体が見つかり、児島署は、行方が分からない丹下さんとみて身元の確認を急いでいる。

  同署によると、借家は3世帯の計5人が入居。丹下さん方と会社員山本育郎さん(24)方、内装業坂野登さん(58)方のほか、空き室を焼いた。丹下さん方から火が出ているのに山本さんの妻(31)が気付き、119番した。丹下さんは1人暮らし。

  消火活動を見守る住民らで一時騒然とした。近所の会社員男性(38)は「帰宅すると家の前が真っ赤で驚いた。炎がどんどん大きくなり、慌てて逃げる準備をした」と話した。

 8日午後4時10分ごろ、京都府亀岡市篠町野条の中井初夫さん方から出火、木造2階建ての民家延べ約130平方メートルが全焼した。亀岡署や京都中部広域消防組合によると、中井さんは50代の1人暮らしといい、所在を確認している。

 8日午前10時55分ごろ、静岡県浜松市東区有玉北町、市立積志中学校の給食室の釜から出火し、男性教員が119番した。直径1メートル、深さ70センチの釜の中の油が燃えたが、学校職員が消し止め、けが人はいなかった。

 静岡県警浜松東署によると、給食の焼きそばを作るため油1リットルを釜に入れたところ、火が油に燃え移ったという。

 積志中によると、生徒711人が校庭に避難した。生徒たちは主菜のない給食を食べた後、下校した。

 佐賀県警唐津署は7日、盗みの疑いで、指定暴力団神戸山口組系組員(44)を逮捕した。

  逮捕容疑は7日午前10時40分ごろ、佐賀県唐津市のコンビニで、レジ台付近に陳列されたたばこ2箱(880円相当)を盗んだ疑い。

  同署によると、組員が店外に出て車で立ち去ったのを従業員が確認して通報し、パトロール中の署員が周辺で車を見つけた。

 小学3年の男児(9)のリュックサックを置引したとして、兵庫県警神戸西署は5日、窃盗の疑いで、神戸市西区の無職男(51)を逮捕した。調べに対し、容疑を認めているという。

  逮捕容疑は8月17日午後、同市西区王塚台5の路上で、野球のグローブやバットなど1万740円相当の荷物が入った男児のリュック1個を置き引きした疑い。

  同署によると、グローブがリサイクルショップで販売されているのを、男児の母親が発見。店の買い取り記録から男が浮上した。

 7日午前5時45分ごろ、掛川市五明、無職男性(67)方から出火し、木造平屋建て住宅約120平方メートルと木造スレート倉庫約230平方メートルの2棟を全焼した。住宅の焼け跡から1人の遺体が見つかった。掛川署によると、男性は1人暮らしで、連絡がとれていない。

  同署が遺体の身元の確認を急ぐとともに、原因を調べている。

 7日正午ごろ、那覇市三原1丁目にいた男性から「炎と煙が見える」と119番通報があった。木造平屋の民家が燃えたが、約40分後に火の勢いは収まり、鎮火状態になった。午後1時現在、けが人の報告はない。火災現場は住宅密集地で、周辺には多数の規制線が張られ、一時騒然とした。

 

 城崎温泉(兵庫県豊岡市)の旅館から宿泊客の靴を盗んだとして、兵庫県警が建造物侵入と窃盗の疑いで、神戸市内の17~18歳の内装作業員の少年3人を逮捕していたことが6日、捜査関係者への取材で分かった。3人は13軒の旅館からスニーカーやサンダル計30足以上を盗んだ疑いがあり、いずれも「おしゃれな靴がほしかったが、買えなかったので自分で履くために盗んだ」などと容疑を認めているという。

  3人の逮捕容疑は8月7日、旅館に侵入し、玄関の靴箱から米国の有名ブランド「コンバース」のスニーカー1足(販売価格約4万円)を盗んだとしている。

  捜査関係者によると、3人は車で豊岡市内の海水浴場に出かけた帰りに同温泉を訪問。盗んだ自転車で未明に2時間かけて温泉街を回り、無施錠の旅館に忍び込んでは靴を盗んでいた。被害に遭った宿泊客は旅館のげたを履くなどして帰宅したという。

 新潟市北区鳥屋で6日深夜、渡辺富子さん(68)方の木造2階住宅が燃え、2階の焼け跡から渡辺さんの家族とみられる大人1人と子供3人の計4人の遺体が見つかった。

  新潟北署などの7日の実況見分で、2階の寝室と子供部屋の境目付近が激しく燃えていることが判明。同署などが出火原因や遺体の身元を調べている。

  発表によると、4人は、渡辺さんの孫娘の夫で会社員真田幸広さん(27)、真田さんの長男の小学3年柊憂(しゅう)君(8)、いずれも保育園児の次男瑠翔(るいと)ちゃん(6)、長女結衣音(ゆいね)ちゃん(4)とみられる。真田さんの妻の唯香さん(27)は逃げ、病院に搬送されたが命に別条はないという。渡辺さんが暮らす離れには延焼しなかった。6日午後11時半頃、渡辺さんから119番があり、2階部分約50平方メートルを焼いた。

 4日午後8時35分頃、滋賀県長浜市佐野町の58歳男性方から出火。

  いずれも木造2階建ての母屋約150平方メートルと離れ約120平方メートルの2棟が全焼し、母屋の1階台所付近から2人の遺体が見つかった。県警長浜署は、連絡が取れていない男性の母親(82)と妻(57)とみて身元の確認を進める。

  同署によると、男性方は4人暮らし。男性は避難して無事で、同居の長男(33)は外出中だった。

 京都府警捜査3課と舞鶴署は2日、窃盗と住居侵入の疑いで、京都府舞鶴市森、会社員の男(26)=別の窃盗罪などで起訴=を再逮捕した。
  再逮捕容疑は、10月初旬~同18日、舞鶴市内の女性宅(89)に侵入し、たんす内の現金550万円と、宝石やネックレスなど貴金属類14点(計約1千万円相当)を盗んだ疑い。
  府警は10月21日、同市内の会社事務所からパソコンなどを盗んだとして窃盗容疑で、男を逮捕した際、車から女性の宝石などの被害品を押収していた。府警によると、男は「外国人からもらった」と容疑を否認しているという。

 JR船橋駅直結のショッピングセンター「シャポー船橋」(船橋市)の雑貨店で10月30日未明、カーテンなどが燃えた火事で千葉県船橋署は同日、現住建造物等放火未遂の疑いで市川市、自称土木作業員の男(46)を逮捕した。

  逮捕容疑は同日午前0時半ごろ、雑貨店でナイロン製カーテンに火を付け、同ショッピングセンターを焼こうとした疑い。約5分後に鎮火。カーテンの一部などを焼いた。

  同署によると、店内の防犯カメラに映っていた不審な男の映像を基に聞き込み捜査を行い同日夕、市内の娯楽施設で男を見つけ同署で逮捕した。逮捕時、犯行に使ったとみられるライターを持っていたという。

 1日午前3時ごろ、大阪市住吉区我孫子東の鉄筋5階建ての集合住宅から出火。5階の一室約15平方メートルが焼失し、約2時間後に消し止められた。住人とみられる30代の男性が搬送されたが、意識不明の重体。

  大阪府警住吉署によると、男性は1人暮らしとみられる。同署で詳しい出火原因を調べている。

 1日午前4時45分ごろ、茨城県ひたちなか市十三奉行の民家から出火、木造平屋建て住宅約85平方メートルを全焼し、焼け跡から1遺体が発見された。県警ひたちなか署などによると、この家に1人で暮らす無職、杉田きんさん(86)と連絡が取れないことから、杉田さんと見て調べている。