2017年4月アーカイブ

 30日午後11時20分ごろ、群馬県草津町草津の鉄筋13階建てリゾートマンション「ファインビュー草津」の10階にある部屋から、「煙が出ている」と110番通報があった。居間や寝室が燃え、約1時間後に鎮火した。出火当時の部屋は施錠され無人で、けが人はいなかった。

  群馬県警長野原署によると、この部屋を所有する東京都千代田区の歯科医男性(48)は「2月ころ訪れたのを最後に使用していない」と話しているという。同署が詳しい出火原因を調べている。

 30日午前3時40分ごろ、千葉県船橋市高根台6の14の5、木造2階建てアパート「メゾン泉」から出火し全焼した。焼け跡から男性1人の遺体が発見された。船橋東署は男性の身元の確認を急ぐとともに、出火原因を調べている。

  同署によると、同アパートは8部屋あり、現在は1階の2部屋に各1人が入居している。遺体が見つかった部屋の入居者と連絡が取れていないという。もう一人の入居者は出火当時外出していた。

 30日午後4時45分頃、岡山県倉敷市東町の鉄筋3階建てアパート1階の無職男性(64)方から出火、一室を焼いてまもなく消えた。

  焼け跡から男女2人の遺体が見つかり、県警倉敷署は、男性と同居の無職女性(58)とみて、身元確認を急いでいる。

 30日午後1時半ごろ、大阪市淀川区十三東の11階建てマンションの2階一室から出火。約15分後にほぼ消し止められたが、一室約30平方メートルがほぼ全焼し、室内から住人の無職男性(78)とみられる男性の遺体が見つかった。大阪府警淀川署が身元や出火原因を調べている。

  同署によると、男性は70代の妻との2人暮らし。出火当時、妻は外出していたという。

 30日午前4時ごろ、名古屋市港区大西にあるアパートの派遣社員、男性(40)方の玄関ドア付近が燃えているのを、同じ建物に住む女性が発見し110番した。異変に気付いた男性と妻(25)が間もなく消し止めたが、妻が煙を吸い病院に搬送された。命に別条はないという。

 火は新聞受けの中から出ており、愛知県警港署は、不審火とみて調べている。

 同署によると、男性方は2人暮らし。29日夜に2人が帰宅した際、新聞受けにはチラシが入っていたという。

 勤務中に高齢男性宅から現金を盗んだとして大阪府警の警察官が逮捕された事件で、大阪地検は28日、窃盗などの罪で、府警貝塚署地域課の巡査、男性容疑者(25)=和歌山市小松原=を起訴した。

  起訴状によると、男性被告は4月1日、大阪府貝塚市内の無職男性(89)宅に捜査のために必要と偽って勝手口から侵入し、寝室の押し入れにあった現金300万円を盗んだとされる。

  府警は4月8日、男性被告を逮捕していた。今年1月にも男性宅から別に現金約200万円を盗んだ疑いもあり、今後追送検するとともに懲戒処分する方針。

 コンビニ店に駐車中の車を盗んだとして、福岡県警粕屋署は27日、同県古賀市経営企画課長(53)を窃盗容疑で逮捕した。

  「酒に酔っていて覚えていない」と供述しているという。

  発表によると、課長は4日午前0時40分頃、古賀市花鶴丘(かづるがおか)のコンビニ店駐車場で、会社員男性(46)の乗用車を盗んだ疑い。

  男性はエンジンをかけたまま店に入っていた。課長が運転席に乗って走り去る様子が防犯カメラに映っていたという。

  課長の自宅アパートの管理会社から6日、「契約していない車が駐車場にある」と同署に通報があり、盗まれた乗用車を発見。同署は飲酒運転についても調べる方針。

 28日午後0時45分ごろ、大阪市浪速区大国の市営住宅9階の一室から煙が出ていると110番があった。壁や天井などを約45平方メートルを焼き、約25分後にほぼ消し止められた。住人の無職男性(75)は消防に救助され、けがはなかった。大阪府警浪速署が詳しい出火原因を調べている。

  同署によると、男性は1人暮らし。ストーブでタオルを乾かそうとしていたところ引火したという。

 28日午前2時20分ごろ、千葉県銚子市三軒町の「ホテル サンライズ銚子」(5階建て)の従業員から「2階が焦げ臭い」と119番があった。2階1室の一部を焼き、この部屋にいた男性1人が意識不明の重体で搬送された。

  県警銚子署によると、当時ホテルには約70人が宿泊しており、一時避難する騒ぎとなったという。同署が詳しい出火原因を調べている。

 28日午後7時ごろ、群馬県渋川市渋川の焼き肉店「ホルモンKOU(こう)」から火が出ている、と119番通報があった。渋川署や渋川広域消防本部によると、店舗2階から出火し、木造2階建ての店舗約85平方メートルが全焼。隣接する建物2棟の一部も燃えた。30代の客の男性1人が搬送先の病院で死亡が確認された。男性2人、女性3人の客と店員の男女2人ものどにやけどなどのけがを負った。

 新入社員の歓迎会のため約20人で店に来ていた男性(27)によると、肉を焼いていた七輪から火が出て、店員が消火用のスプレーで火を消そうとしたがスプレーが出なかった。そのうち火が上部のダクトに燃え移り、一気に屋根まで炎が燃え移った。だれかが「逃げろ」と叫び、パニックになったという。

  現場周辺は飲食店が立ち並び、一時騒然となった。

 27日午前6時40分ごろ、大阪府能勢町大里の敷地で、コンテナから「煙が出ている」と、近所の男性から119番があった。大阪府警豊能署や消防によると、コンテナ内は全焼し、中から性別不明の遺体が見つかった。同署はコンテナで生活していた人物の可能性もあるとみて身元の確認を急いでいる。

 消防によると、コンテナは運送会社西側にある空き地とみられ、幅7.2メートル、奥行き2.4メートル、高さ2.2メートル。コンテナ内には人が生活していたような痕跡があったという。

 27日午後7時10分ごろ、前橋市富士見町田島の無職男性(80)方から出火、木造2階建て住宅が全焼し農機具小屋や倉にも類焼、約200平方メートルが焼失した。火は約4時間後に消し止められたが、男性が顔などに軽傷を負った。

  前橋署によると、男性は妻と2人暮らしで、妻は「風呂場の煙突付近から出火し2階部分に燃え移った」と話しているという。同署で詳しい出火原因を調べている。

 神奈川県警加賀町署は26日、窃盗の疑いで、甲府中央郵便局の元期間雇用社員、男性                                                                                                                                                                                                                                               容疑者(41)を逮捕した。

  同署によると、同容疑者は平成28年12月26日ごろ、夜間窓口で業務中に3千円相当の図書券入り封書1通を盗んだとしている。厚手の封書に金券入っていると思い犯行に及んだとみて、動機などを調べている。

  同署は2月10日夜、同容疑者が宿泊する横浜市内のホテルから不審情報を受けて部屋を捜査し、同容疑者のかばんから図書券入りの封書を発見。同容疑者は犯行を認めているという。

  日本郵便南関東支社は26日、逮捕を受けて同容疑者の懲戒解雇(3月31日付)を発表した。

 27日午後6時ごろ、岡山県井原市美星町東水砂の無職、男性(94)方から出火、木造平屋建て住宅と隣接する離れや倉庫計3棟を全焼した。焼け跡から2人の遺体が見つかり、県警は連絡が取れなくなっている男性と妻(94)とみて身元の確認を進めている。

 遺体は男性方の台所と、倉庫の軒下で見つかった。県警が出火原因や当時の状況を調べている。

 26日午後7時40分ごろ、京都府宇治市槙島町薗場、無職男性(73)方の小屋から出火。木造平屋の約4平方メートルが全焼したほか、隣接する男性の住宅に延焼し、木造2階建て約150平方メートルが全焼した。けが人はなかった。
  宇治署によると、小屋には肥料などが置いてあったといい、出火原因を調べている。

 福井県警福井署と県警機動捜査隊は25日、建造物侵入と窃盗の疑いで同県坂井市、福井大医学部准教授男性容疑者(59)を逮捕した。同署によると「身に覚えがない」と容疑を否認している。

  逮捕容疑は3月21日午前1時10分ごろ、同県永平寺町の同大松岡キャンパスの臨床研究棟5階にある講師室に侵入し、同僚の男性医師=福井市=の現金1万円や医学書など数点を盗んだ疑い。

  同署によると、男性容疑者は同大医学部附属病院リハビリテーション部の准教授。被害のあった講師室は、整形外科の教授ら複数人が利用していた。同容疑者が自由に出入りできる部屋ではなく、犯行当時も鍵が掛かっていた。

  同署などは25日、同容疑者の自宅や同大臨床研究棟を家宅捜索し、証拠物約20点を押収した。侵入の手口や動機を調べている。

  同病院によると、男性容疑者は2003年から勤務。態度に変わった様子はなかったという。大学ホームページに病院長名で「(容疑が事実なら)医師として、大学教員としてあるまじき行為で極めて遺憾。事実関係を詳細に調査、確認し厳正に対処するとともに、一層の綱紀粛正を図っていく」とのコメントを載せた。

 25日午前6時50分ごろ、喜多方市高郷町の農作業小屋=同市の住民(66)所有=が全焼していると、通行人から喜多方消防署山都分署に通報があった。けが人はいなかった。付近に火の気がないことから、喜多方署は放火の疑いもあるとみて調べている。
  同署によると、農作業小屋約75平方メートルを全焼、保管されていた田植え機やコンバインなども焼いた。通行人が発見した時に火は消えていたという。
  近隣住民が24日午後3時ごろに異常がないことを確認しており、同日午後から25日朝にかけて出火したとみられる。

 25日午前11時20分ごろ、滋賀県甲賀市信楽町牧のゴルフ場「ザ・カントリークラブ」のコース内から出火、芝や近くの雑木林など約千平方メートルが焼けた。
  甲賀署によると、同ゴルフ場には8組の客約30人がいたが、クラブハウスに避難して無事だった。同署が出火原因を調べている。
 25日午前2時半ごろ、京都市東山区進之町の男性(91)方から出火、木造3階建て約280平方メートルのうち、2、3階計180平方メートルが焼けた。2階から男性が見つかり、搬送先の病院で死亡が確認された。東山署は連絡が取れていない男性とみて調べている。
  東山署などによると、男性は妻と長男夫妻、孫の5人暮らし。出火当時は全員就寝しており、男性以外の4人は煙を吸い病院に搬送された。
  近所の主婦(77)は「窓から炎が噴き上がっていて、怖かった」と話した。

 駐車中の車からバッグを盗んだとして、警視庁捜査3課は窃盗の疑いで、住所不定、無職、男性容疑者(42)と千葉県市川市福栄、土木作業員、男性容疑者(46)を逮捕した。いずれも容疑を認めている。

  都内では昨年7月以降、深夜の駐車場などを狙った同様の被害が約600件(被害総額1700万円)発生しており、関連を調べている。

  逮捕容疑は1月7日午後10時20分ごろ、東京都江戸川区東小松川の路上に止めてあった千葉県柏市の男性(44)の車の窓ガラスを壊し、中からショルダーバッグ1個(時価500円相当)を盗んだとしている。

 24日午前1時10分ごろ、松江市東出雲町下意東の女性から「南の山から炎が見える」と110番があった。島根県安来市田頼町の無職男性(64)方から出火しており、消防署員らが約4時間後に消し止めたが、木造一部2階建ての民家と車庫の計約70平方メートルを全焼、焼け跡から2遺体が見つかった。この民家で2人暮らしの男性と父親(83)と連絡が取れず、県警は遺体はこの2人とみて調べている。

 24日午前6時5分ごろ、大阪市港区八幡屋の港中央市場で「商店街が燃えている」と近くの男性から119番があった。大阪府警港署などによると、火は約1時間40分後にほぼ消し止められたが、火元の木造2階建て民家の2階部分約75平方メートルと、付近の店舗と倉庫計3棟の壁の一部などを焼いた。民家に住む無職男性(85)が煙を吸い、病院に搬送されたが軽傷とみられる。同署が出火原因を調べている。

  同署によると、民家は1階が元寝具店で、2階が居住スペース。男性が1階のトイレから2階に戻ると、台所付近から火が出ていたという。

 24日午前3時ごろ、神戸市垂水区本多聞の集合住宅から出火、3階の一室約50平方メートルが全焼し、4階の一室も延焼した。

  兵庫県警垂水署によると、集合住宅は5階建て(計20戸)で、全焼した3階の一室から性別不明の遺体が見つかった。この部屋に住む女性(84)と連絡が取れなくなっているという。

 京都府警亀岡署は24日、窃盗と建造物侵入の疑いで、住所不定、造園業の男(45)=窃盗罪などで公判中=を追送検し、計36件(約1500万円相当)の被害を裏付けたと発表した。
  追送検容疑は昨年3~10月、京都や滋賀など5府県で、工事現場の倉庫などに侵入し、チェーンソーやコンプレッサーなどの電動工具類を盗んだ疑い。
  亀岡署は今年1月、南丹市の工事現場で工具を盗んだとして窃盗の疑いで逮捕していた。

 24日午後7時半ごろ、佐賀県小城市牛津町勝のコトブキ製紙佐賀工場内から出火、鉄筋コンクリート2階建ての1階にある機械や配線などが燃えた。

 小城署によると、従業員が紙を製造する機械から火が上がっていることに気付き119番した。けが人はいなかった。出火原因を調べている。

 24日午後9時45分頃、津市森町、スナック菓子メーカー「おやつカンパニー」の久居工場2階から出火、通報で駆けつけた消防が消火し、約2時間半後に鎮火した。

  当時は操業中で、現場付近にいた従業員14人は避難して無事だった。

  三重県警津南署や津市消防本部によると、同工場では人気スナック菓子「ベビースターラーメン」などを製造しており、長さ10メートル、幅2・5メートルほどの麺を乾燥させる機械1台が焼けたという。

 23日未明、栃木県足利市稲岡町のビニールハウスに女が忍び込み、アスパラガスを袋に詰めて出てきたところを警戒中の足利署員が職務質問。盗みを認めたため同署は窃盗の現行犯で、佐野市石塚町、自称福祉施設勤務の女(64)を逮捕した。

  逮捕容疑は同日午前1時45分ごろ~2時15分ごろ、ビニールハウスから収穫前のアスパラガス304本を刈り取って盗んだ疑い。今月、別の棟で盗難があったとして被害届が出ており、同署が付近を警戒していた。 

 23日午前11時45分ごろ、富士宮市野中、無職男性(70)方から出火し、木造平屋建て住宅など計4棟を全焼した。焼け跡から1人の遺体が見つかった。富士宮署は火災後に連絡が取れていない男性の可能性があるとみて身元を調べている。
  同署によると、男性は1人暮らし。近所の住民が火が燃える音に気付き、119番した。男性方に隣接し、延焼した住宅3棟のうち1棟は空き家で、2棟の住民4人は外出中だった。
  白昼の火災に周辺は一時騒然とした。付近を通りかかった市内の会社員男性(33)は「大きな爆発が一度起きて、20メートルほどの巨大な火柱が上がった」と話した。
  近所の住民によると、男性は歩行が不自由な状態だったといい、日頃から外出時に使用するつえを玄関に置いていた。男性住民の一人は「出火に気付いてすぐに大声で呼び掛けたが、火の回りが早くなすすべがなかった」と肩を落とした。

 23日午前2時5分ごろ、岡山市南区南輝、女性(85)方から出火、木造2階延べ約87平方メートルを全焼した。女性が火を消そうとして右足に軽いやけど。

  岡山南署によると、女性は1人暮らし。1階和室から炎が出ているのに気づき、119番した。原因を調べている。

 23日午前6時すぎ、大分県別府市元町にあるライブハウス「ヒットパレードクラブ」から出火、午後1時前に鎮火するまで6時間以上燃え続けた。けが人はいない。

  大分県警別府署などによると、燃えたのは店が入る鉄筋コンクリート4階建ての「光ビル」(延べ床面積1722平方メートル)。1階から4階まですべてを同クラブが占める。焼失面積や原因は捜査中。

  店は米国の懐かしのポップスなどを生バンドが演奏し、観客が踊る人気のホール。飲食店などが多い市中心部の歓楽街にあり、別府温泉の観光スポットの一つとして知られる。

 22日午後1時5分ごろ、田村市大越町、無職男性(66)方から出火、木造平屋を全焼し、物置2棟と合わせて計約390平方メートルを焼いた。焼け跡から1人の遺体が見つかった。
  男性と同居していた母親(93)と連絡が取れないことから、田村署は遺体が母親とみて身元の確認を急いでいる。
  同署によると、火災発生時、男性は外出中で、自宅に戻った際に手をやけどするなど軽傷
 21日午前8時15分ごろ、東京都練馬区石神井町3丁目の4階建てマンションの2階付近から出火、同じ階の70代男性が煙を吸って重症で救急搬送されるなど、6人がけがをした。東京消防庁によると、約10平方メートルが焼けたという。
 京都府警捜査3課と伏見署は20日、窃盗などの疑いで、自称雑貨販売業の男性(58)と自称大工の男性(52)=ともに別の窃盗罪などで起訴=の韓国人の男2人を再逮捕した。
  再逮捕容疑は共謀し、2月24日午前10時15分~午後0時20分ごろ、京都市東山区の会社社長男性(66)宅に侵入し、現金約3万円と腕時計やネックレスなど貴金属37点(約735万円相当)を盗んだ疑い。
  府警によると、2人は昨年8月以降5回、来日していた。同期間内に京都や兵庫、東京など5都府県で発生した空き巣約20件(被害総額約3300万円相当)への関与を供述しているという。

 20日午後5時40分ごろ、京都府福知山市さつきケ丘の民家から出火し、約1時間10分後に鎮火した。同7時現在、居住していた3人のうち、2人と連絡が取れていない。

  民家は木造平屋建てで、約120平方メートルを焼損。焼け跡からは2人の遺体が見つかり、警察と消防で身元の確認を急いでいる。
  
  出火直後は民家から白い煙が上がり、周辺住民が不安そうな顔で見つめていた。

 20日午前10時55分ごろ、大阪府堺市堺区今池町の民家から出火。木造2階建て住宅の1階の居間約2平方メートルが焼け、焼け跡から成人男性とみられる遺体が見つかった。

  大阪府警堺署によると、火災当時、民家の中には他に人はおらず、遺体に目立った外傷はなかったという。同署が遺体の身元確認を急いでいる。

 20日午前11時ごろ、川崎市宮前区宮崎1丁目の木造2階建て住宅から火が出ていると、通行人から119番通報があった。神奈川県警によると、焼け跡から1人の遺体が見つかった。

 19日午前5時25分ごろ、相模原市緑区下九沢の女性(50)方で「建物から火が出ている」と近所の女性から119番があった。

  火は約2時間後に消し止められたが木造平屋約39平方メートルを全焼した。焼け跡から2人の遺体が見つかった。

  神奈川県警相模原北署は、2人は連絡が取れていない女性と、同居する20代の息子とみて、身元確認を急ぐとともに、出火原因を調べる。 

 墓地で地蔵菩薩1体(時価1万円相当)を盗んだとして、静岡県警静岡南署は19日、窃盗の疑いで、住所不定で無職の男性容疑者(60)を逮捕した。男性容疑者は「寂しくて、一緒にいたかった」と容疑を認めている。

  逮捕容疑は2月3日ごろから4月19日ごろまでの間に静岡市駿河区内の墓地で、個人の墓に置かれていた地蔵菩薩1体を盗んだとしている。

  同署によると、地蔵菩薩は高さが約30センチで石製。19日昼ごろに墓地近くの路上で地蔵菩薩を抱えたまま歩く男性容疑者を警察官が発見し、職務質問したところ「持ってきてしまった」と話したため、逮捕した。

 19日午後9時50分ごろ、さいたま市南区沼影2の8階建てマンションの一室から煙が出ていると、別の部屋に住む男性から119番があった。埼玉県警浦和署によると、1階に住む飲食店アルバイト女性(31)方の床や壁の一部約8平方メートルが焼け、室内にいた男性の子ども3人が煙を吸い込むなどして搬送されたが、長女(4)が死亡し、長男(5)と次女(8カ月)も意識不明の重体。

 母親の女性は出火当時「仕事で外出していた」と話しているという。きょうだい3人はいずれも6畳和室で倒れていて、台所付近の焼け方が激しいという。同署と消防は20日、実況見分し出火原因を調べている。

 隣の部屋に住む女性(50)は「玄関を開けたら、隣の部屋の換気口から黒い煙が噴き上げていた。部屋のインターホンを押しても応答はなかった。その後、子ども3人が救急車で運ばれていった」と当時の状況を振り返った。

  近くのマンションに住む40代の主婦は「マンションにストレッチャーが何台か入っていくのが見えた。3人の子どもが巻き込まれるなんてかわいそうだ」と話した。近くに住む30代の主婦によると、女性が長女をどこかに送りに行く姿がよく見かけられていたといい「夜に子どもを部屋に残して出掛けることを知っている住民が結構いて、消防隊が駆け付けた時も『室内に子どもがいるかもしれない』と教えていた」と語った。

 大泉署などは18日、窃盗の疑いで、埼玉県羽生市東の無職、男性容疑者(67)=韓国籍=を逮捕した。調べに対し容疑を認めている。逮捕容疑は先月24日午前9時40分ごろ、邑楽町の被害男性(42)宅にあったスタッドレスタイヤ2本(時価1万円相当)を盗んだとしている。

 空き巣をしていたとして、埼玉県警捜査3課と浦和署、浦和西署の合同捜査班は18日、窃盗の疑いで、韓国国籍の住居不定、無職の男(52)を逮捕した。

  逮捕容疑は昨年7月7日~9日までの間、千葉市稲毛区の2階建てアパート1階の無施錠の玄関から侵入、男子大学生(21)所有の現金1万円と腕時計2個(時価計4万1千円相当)を盗んだ疑い。

  同課によると、捜査員がさいたま市内の質店で被害品の腕時計2点が売却されていることを発見。同市内のコンビニで買い物している男に職務質問をして任意同行したところ、犯行を自供した。

  さいたま市内では昨年1月から今年1月の間、無施錠のアパートに侵入して貴金属などを狙う同様の空き巣事件が数件発生。県警は同一人物による犯行の可能性があるとみて、捜査を進めてきた。

  男は「たぶん私がやったと思う。埼玉、千葉、神奈川の3県で70件くらいやった」と余罪をほのめかしているという。

 21道県のスナックで現金を盗むなどしたとして、兵庫県警捜査3課と相生署などは18日までに、窃盗などの疑いで、住所不定、無職男性容疑者(43)=公判中=を逮捕、送検し捜査を終えた。起訴済みの6件を含め111件に関与し、被害は計約527万円に上ると県警はみている。県警は共犯とみられる住所不定、無職男性容疑者(47)を指名手配した。

  県警によると、2人は昨年夏、北海道や群馬、長野県などのスナックやラウンジに侵入し、現金などを盗んだ疑いが持たれている。男性容疑者は「『盗みで全国制覇しよう』と(男性容疑者に)言われた」と容疑を認めている。2人は東京の運送会社で知り合い、男性容疑者は車の運転と見張り役をしていたという。

  県警は昨年9月21日、建造物侵入の疑いで男性容疑者を相生市内で現行犯逮捕。男性容疑者はその場から逃走していた。

 18日午後11時ごろに沖縄市内のアパートで発生した火災で19日、焼け跡から性別不明の遺体が発見された。沖縄署は遺体が住人の男性とみて身元の確認を急いでいる。

  沖縄署によると、同市仲宗根町の4階建てアパートの3階の一室から出火。火は約1時間半後に消し止められたが、焼け跡から性別不明の遺体が見付かった。

  沖縄署と消防が詳しい出火原因を調べている。

 18日午前7時20分ごろ、千葉県東庄町羽計2471の58の民家から出火、木造2階建て住宅約100平方メートルをほぼ全焼した。1階の焼け跡から、男性とみられる年齢不詳の遺体が見つかった。香取署はこの家に住む70代の男性と連絡が取れないことから、遺体が男性である可能性が高いとみて身元確認を急ぐとともに、出火原因を調べている。

  同署によると、男性は70代の妻と2人暮らし。妻は旅行中で不在だった。近くに住む女性が「2階から火が出ている」と119番通報し、火は約1時間20分後に消し止められた。

 18日午後8時ごろ、京都市南区上鳥羽金仏町、「ユーケーサービス」の本社兼倉庫から出火、鉄骨3階建て延べ約1100平方メートルのうち、3階部分の約500平方メートルが焼けた。けが人はなく、火災は約1時間20分後に鎮圧状態となった。
  南署と市消防局によると、同社は運送や貸倉庫を営んでおり、段ボールや自転車、ロール布などの収容物が焼けたという。同署が出火原因を調べている。

 太田署は18日、窃盗の疑いで、住居不定の飲食店店員、男性容疑者(27)を逮捕した。調べに対し容疑を認めている。

  逮捕容疑は18日午前5時ごろ、太田市に住む元交際相手の女性(26)方に駐車中の車1台(時価160万円相当)と通帳など3点を盗んだとしている。

  同署によると2人は1週間ほど前まで同居しており、男性容疑者は合鍵を使い車を盗んだとみられる。女性が通報し発覚した。

 道警が苫小牧拠点の二つのトラック窃盗グループを摘発した事件で、両グループが盗んだトラックが計約120台(総額約2億6千万円相当)に上ることが17日、道警への取材で分かった。道警はトラックの多くはエンジンなどの部品に分解し、中東のアラブ首長国連邦(UAE)へ輸出されたとみて調べている。

  道警捜査3課と札幌厚別署は17日までに、窃盗容疑で、苫小牧市北光町、自営業男性容疑者(47)=窃盗罪などで公判中=ら男2人のグループを逮捕、送検した。また、昨年12月までに同容疑で男性受刑者(37)=窃盗罪で服役中=ら男4人のグループも逮捕、送検している。

  男性容疑者らの逮捕、送検容疑は2013~16年、道内の会社敷地内などからトラック約40台(8千万円相当)を盗んだ疑い。また、判決などによると男性受刑者らは11~16年、工事現場などから約80台(1億8千万円相当)を盗んだ。エンジンなどはUAEに輸出されたという。

 県警捜査3課と青葉署などは17日、窃盗の疑いで、ともに住所不定で無職の47歳の男、38歳の女の2容疑者=ともに窃盗罪と覚せい剤取締法違反罪(使用)で起訴=を再逮捕した。

  再逮捕容疑は、2月12日午後10時半ごろから同14日午後7時50分ごろまでの間、横浜市鶴見区のマンション駐車場で、会社役員の男性(37)が所有する乗用車の後部ガラスを小型ハンマーでたたき割り、車内からゴルフバッグ2個(約55万円相当)を盗んだ、としている。

  同課によると、両容疑者は内縁関係でともに容疑を認めているほか、男の容疑者は「ゴルフバッグは売却しやすく、車に積んであるのが把握できるので無駄がない。2014年末から県内で100件以上やった」と供述。同課でも14年末からことし3月にかけて、横浜、川崎市内を中心に同様の被害が計153件(約2200万円相当)あったことを把握しており、関連を調べている。

  盗んだゴルフ用品は買い取り店などに転売していたという。防犯カメラの映像などから両容疑者が浮上した。

 17日午前9時半ごろ、埼玉県熊谷市大麻生、職業不詳女性方から出火、木造2階建て住宅と西側の空き家が全焼した。北西側の住宅の壁など一部を焦がし、北側の屋根付きの鉄製車庫が変形した。女性と娘が煙を吸い込み病院に搬送され、けがを負った。

  熊谷署によると、出火当時2人は台所で家事をしていたという。女性か娘のどちらかから火事を知らされた近所の女性(74)が「家から煙が出てる」と119番した。同署で出火原因を調べている。

 神奈川県は17日、版画家の棟方志功(1903~75年)の作品を紛失したと発表した。

  公益財団法人「神奈川芸術文化財団」(横浜市)に無償貸し付けしていたが、作品がいつの間にかカラーコピーにすり替わっており、真作が見つからないという。県は盗まれた疑いもあるとして、県警加賀町署に相談している。

  県によると、紛失したのは「宇宙讃(神奈雅和の柵)」という作品で、大きさは横約65センチ、縦約50センチの変形15号。

  この作品は、県が鎌倉市にアトリエがあった棟方に依頼し、74年に棟方から県職員が和紙に刷られた真作を受け取った。別に刷られた作品はなく、当時の取得費用は300万円だったという。

  作品は県民ホールの館長室に飾られていたが、県は2013年、作品を神奈川芸術文化財団から県立近代美術館(同県鎌倉市)に移管。同美術館が作品を展示したところ、14年5月に観覧した専門家から「レプリカではないか」と指摘された。作品を額から外すと、カラーコピーが台紙に貼り付けられていたという。

  同財団は「本物がどこかにあるはず」として約3年にわたり捜したが見つからず、県に17日、紛失を正式報告した。 

 嘘の110番などで出動した警察官から逃げる通称「ポリ鬼」に使うため、滋賀県警近江八幡署の独身寮の駐車場や大型量販店から消火器計5本を盗んだとして、同県警近江八幡署などは17日、窃盗の疑いで同県近江八幡市末広町の無職男性(21)ら3人を逮捕した。

  ポリ鬼とは、「警察(ポリス)との鬼ごっこ」の略称。男性容疑者らは「さわぎ声が聞こえる」などと嘘の110番をしたり、火災報知機を鳴らして消火剤をまいたりして、警察官が来る前に逃げていたという。

  他に逮捕されたのは、同市の私立高1年の男子生徒(15)と、同市立中3年の男子生徒(14)。

  逮捕容疑は、3月1日午前2時ごろから午前4時ごろまでの間、同署の独身寮駐車場など3カ所に置いてあった消火器計5本を盗んだとしている。3人とも容疑を認めているという。

  同署は3月24日、「ポリ鬼」目的で、同署の交番の窓ガラスに石を投げて割ったとして器物損壊容疑で、当時中学3年だった市内の無職少年(15)を逮捕していた。この少年の供述などから、男性らの犯行を割り出したという。

 16日午後10時半ごろ、兵庫県たつの市新宮町曽我井のそうめん工場「義則聡製麺所」から出火。木造平屋の約150平方メートルと、隣接する経営者(63)宅の木造2階建て約300平方メートルを全焼した。けが人はなかった。

  同製麺所は「揖保乃糸」などの商標を持つ「兵庫県手延素麺協同組合」(同市)に所属。たつの署によると、16日は午後9時半ごろに作業を終え、出火当時は無人だったという。

  同組合には約440の製麺所が加盟しており、「他の製麺所から例年通り出荷が見込まれ、揖保の糸の生産に支障はない」(同組合)としている。

 16日午前9時40分ごろ、埼玉県三郷市彦江1丁目、職業不詳(60)方から出火、木造2階建て住宅が全焼した。

  吉川署によると、家族3人ともに外出中で、けが人はいなかった。近隣住民が2階から煙が出ているのを発見し、119番した。同署で出火原因を調べている。

 16日午後3時25分ごろ、埼玉県行田市本丸、スリッパ製造会社「須山ラミネート」の工場から出火、鉄骨2階建ての工場を全焼した。けが人はいなかった。

  行田署によると、出火当時、工場は休みで稼働しておらず、誰もいなかった。社長の男性(65)が敷地内にある自宅から外に出た際に工場から煙が出ているのを発見し、119番した。工場に可燃物はなく、スリッパの生地やウレタン類などが燃えた。

  同署で出火原因を調べている。

 16日午前0時ごろ、埼玉県川口市末広2丁目、職業不詳矢野匡重(まさえ)さん(42)方から出火し、木造2階建て住宅約65平方メートルを全焼した。焼け跡の2階の部屋から1人の遺体が見つかった。

 川口署によると、同日午前0時ごろ、「家が燃えている」と矢野さん宅から119番があった。矢野さん方は長男(20)、長女(13)、次男(12)と、矢野さんの姉(44)の5人暮らし。中学生の次男と連絡が取れなくなっているという。姉が通報し、矢野さんも煙を吸い込むなどして病院に搬送された。隣接する住宅の一部にも延焼した。

 同署で身元の確認や出火原因を調べている。

 愛知県警捜査3課は15日までに、窃盗未遂と住居侵入の疑いで名古屋市天白区野並、無職男性容疑者(31)を逮捕した。昨年12月以降、名古屋市南部や近隣市のアパート1階の部屋を狙った空き巣被害が未遂を含め約100件発生しており、捜査3課が関与の有無を調べている。

 捜査3課によると、多発した空き巣被害はいずれも窓ガラスをドライバーで割って入り、現金だけが盗まれている。男性容疑者は「50件以上やった」と供述しているという。

 逮捕容疑は4月10日午後7時10分ごろ、名古屋市天白区の男性会社員(60)宅に侵入し、金を盗もうとした疑い。物音に気付いた男性に声を掛けられ、逃走した。

 被害総額は百数十万円とみられ、「生活費や遊興費に使った」と話している。現場の聞き込みなどから男性容疑者が浮上した。

 勤務する茅ケ崎市立病院から薬剤を盗んだとして、茅ケ崎署は15日、窃盗の疑いで、同病院薬剤師の男(32)=海老名市河原口3丁目=を逮捕した。

  逮捕容疑は、14日午後1時20分から同30分ごろまでの間、茅ケ崎市本村5丁目の同病院地下1階の薬品倉庫で、薬品7箱(時価計54万円相当)を盗んだ、としている。

  同署によると、薬品は同容疑者のバッグの中から発見されたが、「薬品を持ち出したことは間違いないが、盗んでいない。バッグに入っている薬品のことは知らない」と供述、容疑を否認しているという。同容疑者が服のポケットからバッグに薬品を移し替えるのを同僚が目撃した。

  同病院によると、盗まれた薬品3種類はいずれも抗がん剤で、通常は倉庫で保管。14日にそのうちの一つ、エルプラットを治療で使用する旨が医師から伝えられたため、同容疑者が倉庫から取り出したが、最終的に医師の判断で投与は中止。その後、薬品は倉庫に返品されていなかった。

  同病院では3月下旬、白血病治療などに使用する薬品7箱(時価計34万5千円相当)がなくなっていることが判明。同署に盗難の被害届を提出していた。同署が関連を調べている。

  茅ケ崎市長は「市民の信頼を著しく損なうもので誠に遺憾。深くおわび申し上げる」と謝罪。院長は「二度とこのようなことが起きないよう管理体制を徹底する」とコメントした。

 15日午後9時30分ごろ、福島市の廃材置き場で火が出ていると付近に住む女性から119番通報があった。福島市消防本部が駆け付けたところ、廃材置き場に置いてあった使用済みの冷蔵庫などから火が出ていたため、消火活動を行った。けが人はいなかった。福島署が原因などを調べる。
  現場は国道115号沿いの廃材置き場で、使用済みの家電製品や古タイヤが敷地内に置かれていた。

 日本列島では15日、局地的に雷を伴う強い雨が降り、水戸市や京都市など各地でひょうが降った。気象庁によると、広い範囲で大気が不安定になっていたという。
  水戸地方気象台によると、水戸市では午後、最大直径10ミリのひょうを観測。京都市右京区の愛宕山(924メートル)の山頂付近にある愛宕神社によると、午後5時前から直径10ミリほどのひょうが約10分間降り続き、地面がうっすらと白くなった。男性職員は「この時期には珍しく驚いた」と話した。
  京都府福知山市では落雷が原因とみられる火災も起きた。15日午後6時40分ごろ、同市長田野町の化学工業薬品メーカー「扶桑化学工業」京都第1工場で、工場内の排気ダクト2本の一部が焼けた。けが人はいなかった。

 15日午後9時40分ごろ、東京都東村山市久米川町5丁目の2階建て住宅から出火し、全焼した。警視庁によると、この住宅には4人が暮らしており、女性2人が救出されたが、搬送先の病院で死亡が確認された。東村山署は死亡した2人の身元を調べている。

  東京消防庁によると、他の2人は自力で逃げるか、救出されるかして無事だったという。

 15日午前6時ごろ、佐賀県鳥栖市京町の飲食店付近から出火していると、近所の住民から119番通報があった。鳥栖署などによると、飲食店が入っている木造2階建ての建物と空き家だった木造2階建て民家が全焼し、3世帯が入る木造2階建て集合住宅も部分的に焼けた。けが人はなかった。

 飲食店は営業時間外で誰もいなかったという。鳥栖署などが原因を調べている。

 東京電力福島第1原発事故の影響で住民が不在だった楢葉町の民家に空き巣に入ったとして、双葉署は14日午前9時55分、盗みの疑いで本籍愛知県、住居不詳、無職の容疑者男(51)を逮捕した。


  町内では今年に入り、原発事故で避難を続けている住民宅を中心に、十数件の空き巣被害などが確認されており、同署は慎重に関連を調べている。

  逮捕容疑は、3月下旬ごろ、同町下小塙の民家に侵入し、リュックサック1点(500円相当)を盗んだ疑い。住民は原発事故後、自宅を不在にしていた。

  同署によると、容疑者は容疑を認めているという。

  事件の多発を受け、同署は町内で重点的に警戒活動を展開。パトロール中の県警機動捜査隊が歩いていた容疑者を見つけて事情を聴いたところ、容疑を認めたため逮捕した。

 大仁署は14日、邸宅侵入と窃盗の疑いで、焼津市藤守、高校教員の男(32)を逮捕した。逮捕容疑は2016年8月ごろから同年9月ごろまでの間、伊豆市八木沢の男性会社役員(44)が所有する邸宅に侵入し、現金約40万円などを盗んだ疑い。同署によると、容疑者は当時、同市内の高校に勤務していたという。

 14日午前7時5分ごろ、埼玉県さいたま市見沼区小深作、無職(67)が所有する空き家から出火、隣接する家屋に燃え移り、木造2階建て住宅2棟がほぼ全焼した。けが人はなかった。

  大宮東署によると、男性は60代の妻と2人暮らし。火災に気付き逃げて無事だった。空き家は施錠されており、外側から燃えたとみられる。近所の女性が「隣の家から黒煙が上がっている」と119番した。同署で出火原因を調べている。

 14日午後10時ごろ、堺市西区浜寺石津町中2丁の木造2階建て文化住宅で、「2階から火が出ている」と近隣住民から119番があった。延べ約480平方メートルのうち約240平方メートルを焼き、約1時間半後にほぼ消し止められた。2階の一室から性別や年齢不詳の遺体が見つかり、大阪府警西堺署が身元の確認を急いでいる。

  同署などによると、住宅は木造2階建ての2棟が渡り廊下でつながる構造で全16戸。ほかにけが人は確認されていない。消防車両26台が出動した。

 14日午前6時40分ごろ、奈良県広陵町安部の会社員(38)方から出火。木造2階建て延べ約100平方メートルを半焼し、1階の焼け跡から1人の遺体が見つかった。奈良県警香芝署は、連絡が取れていない妻(38)とみて確認を急いでいる。

 同署によると、当時は妻の母親(76)も滞在していた。煙に気づいた母親が、2階で就寝中の子供2人を外に避難させ、隣家に119番を依頼。男性は出勤中だった。

 母親が「ストーブから火が出ていた」と話しているといい、同署で詳しい出火原因を調べている。

 他人の家に侵入し現金などを盗んだとして、千葉県警松戸署は13日、住居侵入と窃盗(空き巣)の疑いで、松戸市消防局の消防副士長の消防官、男性容疑者(29)=同市古ケ崎=を逮捕した。

  逮捕容疑は同日午前11時10分から午後2時10分ごろまでの間に、自宅マンションの別の部屋に侵入し、現金約15万6千円の入った貯金箱などを盗んだ疑い。マンションの防犯カメラに男性容疑者が映っていたため、同署で事情を聴いたところ、「間違いない。金があるのに越したことはない」と容疑を認めた。

  同消防局によると、男性容疑者は2008年4月に任用。20世紀ケ丘消防署の消防隊を経て、今月から西口消防署の救急隊で勤務していた。後輩の指導に熱心で勤務態度に問題はなかったという。

  松戸市消防局長は「人として、公務員としてあってはならない。市民の信用を著しく損ない誠に遺憾。綱紀の粛正に努め、再発防止のために職員教育を再度徹底し、一層の対策を講じる」とのコメントを発表した。

 埼玉県の川口署は13日、窃盗の疑いで、川口市西川口2丁目、建設作業員の男(44)を逮捕した。

  逮捕容疑は9日午後2時20分ごろ、同市西川口1丁目の路上で、止まっていた乗用車の無施錠のドアを開け、現金約7千円などの入った財布と、クレジットカードなど18点(約3万円相当)を盗んだ疑い。「パチンコ代が欲しかった」などと容疑を認めているという。

  同署によると、13日、JR西川口近くに不審者がいると通行人から情報が寄せられ、署員が男を職務質問。同駅付近では7~9日に、車上狙い事件が8件発生しており、防犯カメラに映っていた人物と似ていたため事情を聴いたところ、容疑を認めたという。同署で余罪についても調べている。

 13日午前0時50分ごろ、埼玉県三郷市彦成の「UR都市機構みさと団地」の無職(77)方から煙が出ているのを同じ団地に住む女性が発見し、119番通報した。この火事で、鉄筋14階建て団地の8階一室が全焼し、焼け跡から男性と妻(85)の遺体が発見された。

 13日午後5時半ごろ、東京都町田市広袴の国士舘大敷地内にある学生寮で出火したと東京消防庁に通報があった。けが人や逃げ遅れた人はいないという。

 東京消防庁によると、学生寮は5階建てで、3階の一室から出火した。警視庁町田署などが出火原因を調べている。

 13日午前0時50分ごろ、埼玉県三郷市彦成3丁目のUR都市機構みさと団地の住人から「上の階が燃えている」と119番通報があり、14階建ての8階の一室が全焼。男女2人が死亡し、この部屋に住む男性(77)と、妻(85)と確認された。

  県警吉川署によると、ベランダで男性が、玄関付近で妻が倒れていた。下の階の住人が焦げ臭いにおいと物音に気づき、上の階を見に行ったところ、火元の部屋から煙が出ていたという。

 茨城県警捜査3課と石岡署などの合同捜査班は12日、葬式で留守になった住宅に侵入しようとしたとして、住居侵入未遂の容疑で水戸市吉沢町の無職、男性容疑者(57)を現行犯逮捕した。容疑を認めている。

  同県内では昨年3月から今年3月末までに、通夜や葬式で不在の住宅を狙った空き巣事件が計31件発生し、現金計約232万円などが被害にあった。合同捜査班は土田容疑者が余罪についてもほのめかしていることから、このうち複数の事件に関与しているとみて調べている。

  逮捕容疑は同日午後0時40分ごろ、窃盗目的で葬式のために家を留守にしていた石岡市内の会社員(59)方に侵入しようとしたとしている。男性容疑者は警戒していた警察官に発見され、現行犯逮捕された。

  県警は、家を空ける際には留守番役を置くほか、警備会社の利用、玄関や窓の二重三重の施錠や貴重品を自宅に置かないようにするなどの対策を呼びかけている。

 兵庫県警生田署は12日、窃盗の疑いで、国土交通省近畿地方整備局に勤務する男(57)=神戸市垂水区=を逮捕した。

  逮捕容疑は11日午後、同市中央区の釣り具店で釣りざお(約2万5千円相当)を盗んだ疑い。

  同署によると、容疑を認め、役職について「港湾空港部工事安全推進官」と説明している。男は12日にも来店し、前日の防犯カメラ映像を見ていた店員が同一人物と気付いて通報した。

 ネコの餌代欲しさに空き巣を繰り返したとして、大阪府警岸和田署は12日、住居侵入と窃盗の疑いで大阪府和泉市池田下町の無職男性容疑者(52)を逮捕、送検し、27件の被害(総額約310万円相当)を裏付けて捜査を終えたと発表した。「野良猫を放っておけず、27匹飼っていた。キャットフードや魚を買う目的で盗みをした」と容疑を認めている。

  捜査関係者によると、男性容疑者は平成25年にもネコの餌代欲しさに空き巣をしたとして府警に逮捕されていた。当時は「野良猫が集まる場所を順番に回っていた。ネコにほおずりするのが至福の時間だった」などと供述していた。

  今回の送検容疑は昨年11月、同府岸和田市の70代男性方に侵入し、現金14万円を盗むなど、同市や和泉市を中心に無施錠の玄関や窓から侵入する手口で、4年以上にわたって盗みを繰り返したとしている。

  同署によると、被害に遭った民家の防犯カメラ映像から男性容疑者の関与が浮上したという。

 12日午後10時20分ごろ、和歌山県田辺市中辺路町栗栖川、無職男性(90)方から出火、木造平屋建て住宅の約100平方メートルを全焼した。田辺署によると、焼け跡から1人の遺体が見つかり、連絡が取れなくなっている男性とみて調べている。

 離れに暮らす長男(67)が火災に気付き、家の中に入ろうとして両手にやけどを負った。男性は1人暮らしで、田辺署は出火原因を調べている。

 12日午後8時半すぎ、神戸市西区櫨谷町栃木の住宅から煙が出ていると119番があった。神戸市消防局などによると、木造平屋約120平方メートルを全焼し、焼け跡から男女2人の遺体が見つかった。

  神戸西署によると、この家は80代夫婦の2人暮らし。同署は、遺体は連絡の取れなくなっている2人とみて身元の確認を進めている。別の家に住んでいる親族の男性が訪れ、火災に気付いたという。

  近くに住む女性(38)は「爆発音とともに炎が一気に広がった。近くの竹やぶに燃え移りそうで怖かった」と話した。

 12日午前10時ごろ、福岡県宮若市宮田の桐野工業団地内にある配送センターが燃えていると110番があった。県警直方署や消防によると、センター内で改装作業をしていた男性が避難の際にけがをし、病院に搬送された。意識はあり、命に別条はないとみられる。署が焼失の程度や出火原因を調べている。

 署によると、改装作業でバーナーを使用しており、火花が引火した可能性がある。

 福岡県などでスーパーを展開する「ハローデイ」(北九州市)によると、配送センターは同社の施設。内部にある冷蔵商品用の倉庫を改装していたという。

 東京都港区の貴金属店でダイヤモンドの指輪1個を盗んだとして、警視庁はともに無職で、住所不定の神保一樹(36)と、小久保匡史(34)=東京都練馬区北町5丁目=の両容疑者を窃盗容疑で再逮捕し、11日発表した。2人は「遊興費がほしかった」と述べ、容疑を認めているという。

  赤坂署によると、2人は昨年5月23日午後2時すぎ、港区南青山6丁目の貴金属店で客を装い、「指輪を探している」と店員に持ちかけ、商品のダイヤモンドの指輪1点(162万円相当)を盗んだ疑いがある。小久保容疑者が商品を見ながら店員と話しているすきに、神保容疑者が指輪を持ち去っていた。署は先月、近くにある別の店で指輪2個を盗んだ容疑で2人を逮捕していた。

  港区南青山周辺の貴金属店では昨年5月以降、2人組の男が「婚約指輪」や「彼女へのプレゼント」と称して貴金属類を盗む事件が相次いでいて、2人は「一緒に十数件、貴金属盗をやった」と供述している。署は、神保容疑者が都内の質屋に指輪やピアスなど200点を持ち込み、1千万円以上を得たことを確認しているという。

 奈良県大和郡山市内のスーパーマーケットで食料品など81点を万引きしたとして、奈良県警郡山署は11日、窃盗容疑で奈良市南京終町の会社員男性(37)と、妻で会社員(42)の両容疑者を現行犯逮捕した。「生活費を節約したかった」と容疑を認めているという。

  逮捕容疑は11日午後3時50分ごろ、大和郡山市内の大型スーパーマーケットで、清涼飲料水1ケースなど食料品81点(販売価格約3万8000円)を盗んだとしている。

  同署によると2人は買い物かごに商品を入れた後、レジを通さずに持参していたエコバッグに商品を入れ、店外に出たところで店の保安員が呼び止めた。同署で余罪があるとみて調べている。

 10日午後9時40分ごろ、横浜市港北区小机町のアパート「第一福寿荘」で、「2階から火が出ている」と通行人から119番があった。約1時間25分後に鎮火したが、木造2階建てのうち2階の一室を全焼するなどし、同室から1人の遺体を発見した。

  神奈川県警港北署によると、この部屋に1人で住む男性(70)と連絡がとれず、同署が身元の確認を進めている。

 9日午前2時10分ごろ、伊東市竹の台、無職男性(69)方から出火し、木造2階建て住宅を全焼し、2階部分の焼け跡から1人の遺体が見つかった。隣接する民家3軒の壁なども焼いた。

  伊東署によると、男性は1人暮らしで、連絡が取れていないという。同署などは遺体の身元の確認を急ぐとともに、出火原因を調べている。

 9日午前8時50分ごろ、愛知県蒲郡市豊岡町の東和フェルト第1工場から出火、鉄筋平屋建ての工場内にあったフェルトの原材料や処理機など約15平方メートルが燃えた。

  蒲郡署によると、消防車両8台が出動し、火は約1時間後に消し止められた。工場は休みで稼働しておらず、けが人はなかった。

 勤務中に事件捜査を装い、一人暮らしの高齢男性宅に上がり込んで現金約300万円を盗んだとして、大阪府警は8日、府警貝塚署地域課の巡査・出口卓実容疑者(25)(和歌山市小松原)を窃盗容疑で逮捕した。

  出口容疑者は、以前に男性から盗難などの相談を受け、自宅に多額の現金が保管されていることを把握。調べに容疑を認め、「同じ男性宅から他にも200万円を盗んだ」と話しているといい、府警が調べている。

  発表では、出口容疑者は今月1日夕、貝塚市内に住む無職男性(89)の自宅から約300万円を盗んだ疑い。調べに「ギャンブルや競馬でつくった数百万円の借金が返せると思った」と供述。自宅から約145万円が見つかっており、府警は被害金の残金とみて押収した。

 8日午後11時ごろ、郡山市、国際医療看護福祉大学校の展示車両から出火、エンジン部分を焼いた。さらに約15分後、近接するJR郡山駅東口広場前のホテルアルファーワン郡山東口のごみ置き場の一部、同11時50分ごろ、同市のマンションで1階に置かれた段ボールを焼いた。
  郡山署と郡山地方消防本部は現場に火の気がないことから、連続放火の疑いもあるとみて調べている。

 8日午後3時頃、東京都豊島区池袋のホテル前の路上で、男女2人が頭部から血を流して倒れているのを通行人が発見した。

  同ホテル3階の一室から転落したとみられる。この部屋では火災が起きており、消防隊が消し止めた。2人は病院に搬送されたが、男性は間もなく死亡し、女性は全身を強く打って重体。東京消防庁によると、2人は30~40歳代ぐらい。警視庁池袋署が2人の身元と転落の経緯を調べている。

  同署幹部によると、2人は同日午前11時頃、このホテルにチェックインした。出火直後には爆発音がしており、同署が出火原因を調べている。

 8日午前4時5分ごろ、横浜市鶴見区豊岡町に住む男性(61)方から出火、木造2階建て住宅の2階部分を焼いた。男性の妻(69)が病院に運ばれたが、死亡が確認された。男性と息子2人もけがを負った。

  鶴見署が原因を調べている。男性は4人暮らし。近所の住民が住宅から火が出ていることに気付き、119番通報した。

 8日午前5時半ごろ、埼玉県本庄市小島の自転車販売店「じてんしゃ村17号店」から出火し、鉄骨2階建ての店舗延べ約1千平方メートルが全焼した。けが人はいなかった。

  本庄署によると、この火事で、店内にあった自転車約1千台も焼けたという。7日午後7時すぎに店員らが帰ってから、店舗は無人だったという。同署が出火原因を調べている。

 7日午後10時ごろ、福岡県飯塚市伊岐須の空き家から出火、木造2階建て延べ約90平方メートルを全焼した。県警飯塚署は8日、近くに住む無職、弥田国隆容疑者(81)を非現住建造物等放火容疑で逮捕した。大筋で容疑を認めているという。

  同署によると、弥田容疑者は、市内の男性(61)が所有する空き家の玄関ガラス戸をたたき割って中に灯油をまき、燃えるティッシュペーパーを投げ込んで火を付けたとみられる。弥田容疑者は左足に軽いやけど。他にけが人はなかった。

  弥田容疑者は男性が使用した農薬のにおいに苦情を訴えていたといい、同署は近隣トラブルが背景にあったとみて調べている。

 7日午後9時15分ごろ、東京都台東区千束の木造2階建て住宅から出火、2階部分約80平方メートルを焼いた。焼け跡から1人が運ばれたが、病院で死亡が確認された。この家に住む80代の男性と連絡が取れなくなっており、警視庁浅草署が身元の確認を進めている。

 7日午後4時35分ごろ、東京都練馬区関町南の木造2階建て住宅から出火、2階の一部約10平方メートルを焼いた。焼け跡から、この家に住む編曲家、松山祐士さん(79)=本名・松山茂=が救助されたが、搬送先の病院で死亡が確認された。警視庁石神井署が出火原因を調べている。

  石神井署によると、松山さんは妻と2人暮らしで、妻は外出していて無事だった。

  松山さんは、人気アニメ「機動戦士ガンダム」や「アルプスの少女ハイジ」「家なき子」など、数々の作品で編曲を手がけたことで知られる。

 7日午前3時ごろ、大阪府岸和田市藤井町の倉庫会社「藪吉倉庫」の駐車場で、10トントラックが燃えているのを大阪府警岸和田署員が発見し、119番した。火は約2時間後に消し止められたが、トラックは全焼し、駐車場の屋根の一部も燃えた。けが人はなかった。同署は不審火とみて捜査している。

  同署によると、午前2時50分ごろ、現場に設置された火災などの異常を警察へ知らせるシステムが作動。署員が現場に到着すると、トラックが爆発音を上げながら燃えていたという。

  トラックは同市内の運送会社が所有しており、6日午後10時ごろに駐車場へ到着。アルミの建築資材を積んでいた。トラックは7日早朝、同府八尾市へ向かう予定だったという。

 7日午前3時25分ごろ、埼玉県春日部市米島で火事があり、今井清さん(68)方の木造3階建て住宅が全焼した。焼け跡から2人の遺体が見つかった。隣接する木造2階建て住宅と平屋建て倉庫も全焼。近くの女性(78)が煙を吸い、のどをやけどした。

  県警春日部署によると、今井さん方には当時長女の馨子さん(45)、次女の優さん(32)とその友人の女性(32)の3人がいた。友人は避難したが、馨子さん、優さんと連絡が取れていないという。同署は身元や出火原因を調べている。

 滋賀県警大津署は6日、窃盗と建造物侵入の疑いで、住所不詳、無職の男(43)を逮捕した。
  逮捕容疑は、3月27日午前0時10分ごろ、大津市内のコンビニエンスストアの事務室に侵入し、金庫を合鍵を使って開け、売上金など約367万9千円を盗んだ疑い。
  大津署によると、男は元従業員で、事務室は当時無施錠だったという。男は容疑を認めているという。

 6日午前2時20分ごろ、岡山県真庭市上市瀬の妹尾為広さん(76)方から出火、木造2階建て住宅や蔵など延べ約440平方メートルが全焼した。火は約3時間後に消し止められたが、住宅の1階から2人の遺体が見つかった。県警真庭署は、行方がわからない妹尾さんと妹尾さんの妻(75)とみて身元を調べている。

  同署によると、妹尾さん夫婦は長男夫婦や4人の孫との8人暮らし。長男の妻、長女、次女の3人が煙を吸うなどして病院に搬送されたが、いずれも軽傷だという。火災報知機が鳴っているのに気づいた長男の妻が、近所に住む男性宅に駆け込み、この男性が119番通報をしたという。

 6日午前11時25分ごろ、大阪府箕面市小野原東の5階建てマンションから出火し、3階の一室約110平方メートルを全焼した。大阪府警箕面署や消防によると、この部屋に住む無職女性(52)と長女(19)のほか、5階に住む女性2人の計4人が煙を吸って病院に搬送されたが、いずれも軽症とみられる。

 同署によると、無職女性がカセットコンロで揚げ物をしていたところ、油の入った鍋から火が上がって燃え広がったという。同署で詳しい出火原因を調べている。

 埼玉県の狭山署は5日、建造物侵入と窃盗(侵入盗その他)の疑いで住居不定、無職の男(45)を逮捕し、さいたま地検川越支部に追送検したと発表した。窃盗事件は272件(被害総額約140万円相当)に及び、このうち269件(約120万円相当)を同日送検した。

  送検容疑は昨年2月ごろから11月ごろの間、飯能市内の寺院など269カ所に侵入し、現金約68万円やさい銭箱など17点(時価計約51万円相当)を盗んだ疑い。昨年9月29日深夜、入間市内の寺院に侵入し、さい銭箱から約1万円を盗んだ疑いで同署が12月4日に逮捕。余罪を追及していた。

  男はカプセルホテルなどに宿泊し、1都12県でさい銭盗を繰り返していた。深夜の寺院で、さい銭箱の南京錠などをバールでこじ開けていた。男は「盗んだ現金は宿泊費や食費に使った」などと供述しているという。

 大型ディスカウント店などで万引を繰り返したとして、大阪府警が窃盗の疑いで、ベトナム人留学生の男ら7人を逮捕、送検したことが5日、捜査関係者への取材で分かった。ベトナム在住の女がフェイスブック(FB)を通じ、現地で人気の化粧品などを盗むよう7人に指示。帰国する別の留学生を盗品の「運び屋」に利用していたという。

  捜査関係者によると、逮捕されたのは、ダオ・テェ・クァン容疑者(23)=東京都豊島区東池袋=らベトナム籍の20代の男7人。東京と大阪が拠点の2グループで、平成25年以降に留学ビザで来日し、日本語学校に通っていた。

  ダオ容疑者の逮捕容疑は昨年10月、兵庫県内のディスカウント店で化粧品など計25点を窃取したとしている。2グループは昨年1~10月、東京や大阪で計15件(被害総額約130万円)の窃盗を繰り返したとされ、全員が「学費や生活費を稼ぐためだった」と容疑を認めている。

  7人はベトナム在住の女からFBを通じ、「日本の大手化粧品メーカーの製品を買い取る」と持ちかけられ、1回あたり数万~十数万円の報酬を受け取っていた。ダオ容疑者は、別の留学生らに飛行機代を支払う代わりに盗品を持ち帰るよう依頼していたという。

 4日午後3時15分ごろ、洲本市小路谷のホテルニューアワジ社員寮から出火、鉄筋3階建ての寮の1部屋焼いて約1時間半後に鎮火した。けが人はなかった。

  洲本署によると、出火当時寮内には数人の社員がいたが、全員逃げて無事だった。同署で出火原因などを調べている。

 東吾妻町の畜産会社に侵入し、従業員所有の現金約32万円を盗んだとして、吾妻署は3日、建造物侵入と窃盗の疑いで、中之条町伊勢町の無職、松本和俊容疑者(31)を再逮捕した。容疑を認めている。

  逮捕容疑は、1月25日午前7時から午後4時半ごろまでの間、東吾妻町の畜産会社の更衣室に侵入。従業員(49)の給料袋から現金約32万円を盗んだとしている。同署によると、松本容疑者は5年ほど前まで同社に勤務していた。更衣室は無施錠で、当時、人はいなかったという。松本容疑者は先月24日、同社への建造物侵入の容疑で現行犯逮捕されていた。

 レンタルショップでアニメDVDを盗んだとして、神奈川県警は3日、窃盗容疑で横浜水上署技術職員の古本朋行容疑者(42)=神奈川県平塚市めぐみが丘=を現行犯逮捕したと発表した。

  容疑を認め、「金を出して借りるのがもったいなかった」と供述しているという。

  逮捕容疑は同日午後6時25分ごろ、平塚市内のレンタル店で、アニメのレンタル用DVD25枚(仕入れ価格計19万4000円)を盗んだ疑い。県警によると、上着のポケットにDVDを入れたのを店長(43)が確認し、会計せず外に出たところを取り押さえた。

  古本容疑者は1996年採用で、同署で船舶乗務などに従事。3日は休みだったという。 

 3日午前5時40分ごろ、大和市中央林間1丁目、無職の男性住民(71)方から出火、木造2階建て住宅の1階居間など約35平方メートルを焼いた。男性は病院に搬送されたが、間もなく死亡した。大和署が出火原因を調べている。

  同署によると、男性は妻(71)、長男(42)と3人暮らし。出火当時、妻と長男は避難したが、男性は消火に当たっており、逃げ遅れたとみられる。

  長男が1階の居間から火が出ているのに気付き、119番通報した。

 3日午前10時ごろ、埼玉県三芳町北永井、同町立三芳中学校(北野晃校長、生徒数437人)で、校庭の倉庫から出火、プレハブ平屋約40平方メートルを全焼した。けが人はいなかった。倉庫に火の気がないことから、東入間署は不審火とみて捜査している。

  同署によると、同倉庫は体育用の石灰やテニス用ネット、グラウンド整備用品などが保管されていた。出火当時、同校の野球部とテニス部、サッカー部の生徒ら約50人が練習中で、倉庫から火が出ているのを生徒らが発見し、連絡を受けた男性教諭(24)が119番した。

  同校によると、同日午前、倉庫内の用具を生徒らが出したため、出火当時は倉庫の出入り口が施錠されていなかった。出火原因について、同校は「心当たりはない」と話している。

 3日午前11時45分ごろ、東京都台東区浅草1丁目のラーメン店「あづま」から出火し、東京消防庁によると、店舗などが入った3階建てビルの1、2階計約30平方メートルが焼けた。建物の屋上にいた一人が病院に搬送された。

 2日午後11時35分ごろ、大阪市生野区小路東の4階建てマンションから出火しているのに近隣住民が気付き、119番した。

  大阪市消防局によると、1階の一室約20平方メートルを焼き、室内から住人とみられる70代女性が救出されたが、まもなく死亡が確認された。大阪府警生野署は身元の確認を急ぐとともに、出火原因を調べている

 沖縄県警は1日、風俗店で店員のスマートフォンを盗んだとして、米海兵隊キャンプ・フォスター所属の3等軍曹マイケル・トン・ファム容疑者(26)を窃盗容疑で逮捕し、発表した。「間違いない」と容疑を認めているという。

  那覇署によると、1日午前2時45分~3時50分ごろ、那覇市の風俗店の個室で、接客した店員が充電のために置いていたスマートフォン1台を盗んだ疑いがある。