火災・放火

ホーム 火災・放火倉庫が火災、化粧品など焼ける 大阪・岸和田

倉庫が火災、化粧品など焼ける 大阪・岸和田

 10日午前0時15分ごろ、大阪府岸和田市下池田町2丁目の日用雑貨製造会社「ミヤビ」の倉庫兼事務所付近から出火、平屋建て一部2階建ての建物1棟(延べ560平方メートル)が焼けた。けが人はいなかった。

 岸和田署によると、倉庫には化粧品などの商品や原材料があったという。出火当時は社長と事務員の2人が事務所におり、火災報知機が鳴って倉庫の火災に気づいたという。同署が原因を調べている。

  現場から北へ100メートルほどのアパートに住む会社員男性(25)は外出先から車で自宅に戻る途中に消防車が何台も走るのを見て火事に気付いたという。「白い煙が上がり、弱まったと思ったらまた煙が出てきた。(現場は)家が密集しているので燃え広がらないか心配。とにかく早く収まって欲しい」と不安そうな様子で話した。