火災・放火

ホーム 火災・放火「家族殺した」父逮捕=遺体に傷、殺人容疑―自宅放火、母子6人死亡・茨城

「家族殺した」父逮捕=遺体に傷、殺人容疑―自宅放火、母子6人死亡・茨城

 6日午前5時ごろ、茨城県日立市田尻町で県営上田沢アパート1階の一室から出火し、現場から男児4人と母親の遺体が見つかった。

 他に女児1人が病院に搬送されたが、死亡が確認された。6人全員の遺体に刺し傷があった。父親の自称会社員男性容疑者(32)が「家族を殺した」と出頭し、県警は女児に対する殺人容疑で逮捕した。

  捜査関係者によると、男性容疑者は6日午前5時すぎ、「家族を殺して家に火を付けてきた」と日立署に出頭した。県警は男性容疑者が家族6人を殺害したとみて、動機や詳しい状況などを調べている。県警は男性容疑者の認否を明らかにしていない。

  逮捕容疑は6日午前4時半ごろ、アパートの自宅で、長女(11)を殺害した疑い。

  死亡したのは他に、男性容疑者の妻で会社員の女性(33)と長男(7)、次男(5)、双子の三男(3)と四男(3)。

  県警によると、6人とも上半身を中心に刺し傷や切り傷があった。やけどの痕はそれほど見られず、8日から司法解剖を行って死因を調べる。

 現場は鉄筋3階建てアパートの1階。火は6日午前5時50分ごろに消し止められた。6人は玄関を入って右奥の和室に倒れていた。

  男性容疑者は同署に車で出頭した。ライトを点灯し、エンジンをかけたまま玄関に乗り付け、震えた様子だったという。県警は、家族のトラブルなどは把握していないという。