自宅での事件

ホーム 自宅での事件「盗むため日本へ来た」大阪・兵庫で空き巣90件超、中国籍の男2人を追送検 ビザ取得し繰り返し来日 

「盗むため日本へ来た」大阪・兵庫で空き巣90件超、中国籍の男2人を追送検 ビザ取得し繰り返し来日 

 大阪府や兵庫県内で空き巣を繰り返したとして、兵庫県警捜査3課などは3日、窃盗などの疑いで、いずれも中国籍の無職、A男性被告(30)とB男性被告(46)の2人を追送検し、捜査を終えたと発表した。

  県警は93件の被害(総額約4400万円)を裏付け、うち3件で起訴された。2人はビザを取得した上で繰り返し中国から来日しており、「盗むために日本へ来た」などと容疑を認めている。

  県警によると、2人は共謀し今年4月3日午後9時ごろ、大阪府豊中市の民家に侵入し、指輪などの貴金属(約620万円相当)を盗むなど、平成27年11月~今年4月、大阪、兵庫両府県で空き巣を繰り返したとしている。県警は4月に2人を逮捕していた。

  県警によると、2人は郊外の住宅街を狙い、窓ガラスをガスバーナーであぶって割る「焼き破り」と呼ばれる手口で侵入。A男性が実行犯、B男性が見張り役だったという。