火災・放火

ホーム 火災・放火<火災>住宅全焼、焼け跡から遺体 愛知・豊橋

<火災>住宅全焼、焼け跡から遺体 愛知・豊橋

 5日午前0時5分ごろ、愛知県豊橋市野依町西屋敷、農業、男性(90)方住宅が燃えていると隣の女性から119番があった。火は約2時間後に消し止められたが、木造2階建て約280平方メートルを全焼。男性は顔をやけどする軽傷を負い、焼け跡から性別不明の1人の遺体が見つかった。同居する長男(62)とその妻(58)と連絡が取れないことから、県警豊橋署は遺体をどちらかとみて身元の確認を進めている。

  同署によると、一家は3人暮らし。1階寝室で寝ていた男性が、室内の暖房器具から火の手が上がっていることに気付いて逃げ出し、隣人女性に通報を依頼したという。