火災・放火

ホーム 火災・放火大阪府警本部の記者クラブから出火、けが人なし 消火器で消し止める

大阪府警本部の記者クラブから出火、けが人なし 消火器で消し止める

 11日午後1時半ごろ、大阪市中央区大手前の大阪府警本部庁舎で、「パソコンから煙が出た」と府警職員から119番があった。

 大阪市消防局によると、庁舎2階の府警記者クラブ内にある読売テレビのブース内で、ノートパソコンなどが燃えた。府警職員らがが消火器で消し止め、けが人はなかった。府警東署などが詳しい出火原因を調べている。

 記者クラブには報道各社の個室型のブースがあり、記者が常駐して取材をしている。周辺には煙が充満し、府警職員や記者が状況確認に追われるなど一時騒ぎとなった。