火災・放火

ホーム 火災・放火民家全焼、3遺体=80代夫婦と息子か―大阪

民家全焼、3遺体=80代夫婦と息子か―大阪

 23日午前0時55分ごろ、大阪府八尾市大竹の民家で「火が出ている」と近隣の女性から119番があった。

  大阪府警八尾署と同市消防本部によると、約1時間半後に消し止められ、木造2階建て約200平方メートルが全焼。焼け跡から性別不明の3人の遺体が見つかった。

  八尾署によると、遺体は1階で2人、2階で1人見つかった。この家には80代の夫婦と60代の息子が住んでいたとみられ、火事の後、連絡が取れていないという。同署は身元の確認を急ぐとともに、出火原因などを調べている。