自宅での事件

ホーム 自宅での事件電車内で女子学生のポケットから学生証や鍵盗む...女子学生の自宅に侵入、下着盗む 容疑の男を再逮捕/県警

電車内で女子学生のポケットから学生証や鍵盗む...女子学生の自宅に侵入、下着盗む 容疑の男を再逮捕/県警

 列車内で学生証などを盗み、女子学生の自宅に侵入して下着などを盗んだとして、埼玉県警捜査3課と武南署は15日までに、窃盗の疑いで川口市安行慈林、建設作業員の男(60)を再逮捕、さいたま地検に送検した。

 送検容疑は2017年12月5日午前9時45分~同10時ごろまでの間、京王井の頭線の列車内で、20代専門学校の女子学生のコートのポケットから顔写真付きの学生証などが入ったカードケースを盗み、東京都世田谷区八幡山の女子学生の自宅マンションに盗んだ鍵を使って侵入。下着など約100点(時価約31万600円相当)を盗んだ疑い。

  同課によると、男は昨年12月、川口市内で鍵のついていない自転車に乗っていたことから職務質問を受け、他人名義のポイントカードで買い物をしていたことが判明。その後の捜査で、財布約120点や女性の下着約100点などが発見された。

  男は通勤時間帯の都内を走る列車内で女性ばかりを狙ってすり行為を繰り返していたとみられ、自宅から電車の時刻表や「混む電車に乗る」などと書かれた犯行手口のようなものが書かれたメモが見つかっているという。

  男は「生活費欲しさでやった」と供述し、逮捕容疑については「学生証の顔写真を見て興味を持った」と容疑を認めているという。

  16年12月から1年間に、京王井の頭線の列車内などで同様の手口による犯行が41件発生。男が関与をほのめかしていることから、県警で関連を調べる。