火災・放火

ホーム 火災・放火空き家が全焼 小田原

空き家が全焼 小田原

 11日午後2時45分ごろ、小田原市曽我原の空き家から出火、木造平屋約110平方メートルを全焼したほか、隣接する木造2階建て住宅兼工場を半焼した。

  小田原署によると、現場は10年ほど前から人が住んでいないという。近くに住む介護職員の50代の女性は「黒い煙と火がすごい勢いで上がっていた」と話していた。