火災・放火

ホーム 火災・放火<火災>民家全焼、住人の男逮捕 免許返納巡り口論 愛知

<火災>民家全焼、住人の男逮捕 免許返納巡り口論 愛知

 自宅兼工場を全焼させたとして、愛知県警一宮署は12日、同県一宮市浅井町尾関、無職、男性容疑者(83)を現住建造物等放火の疑いで逮捕した。任意段階の事情聴取に「家族から運転免許を返納するよう言われて口論になった。自暴自棄になり火をつけた」と話していたが、逮捕後は「でたらめ。間違いだらけ」と容疑を否認しているという。

  逮捕容疑は11日午後10時20分ごろ、自宅でストーブに点火しその上に布団を掛けて燃え移らせ、木造2階建て延べ約260平方メートルを全焼させたとしている。男性容疑者は妻(81)と2人暮らし。それぞれ頭や手に軽いやけどを負った。男性容疑者は事情聴取に対し「免許を返納したくなかった」と話したという。撚糸(ねんし)加工を行う工場は昨年末から稼働していなかった。