店舗での事件

ホーム 店舗での事件化粧品など700点盗む 容疑の男を追送検 ネットオークションに盗品、防犯カメラ映像から浮上/県警

化粧品など700点盗む 容疑の男を追送検 ネットオークションに盗品、防犯カメラ映像から浮上/県警

 埼玉県内のコンビニエンスストアで化粧品を盗むなどしたとして、県警が窃盗などの疑いで、熊谷市に住んでいた無職の男(23)を逮捕し、19日に余罪22件を追送検したことが、捜査関係者への取材で分かった。男は県北部で二十数件の盗みを繰り返し、被害額は約98万円に上るという。男は既に保釈されている。

 捜査関係者によると、男は3月に熊谷市のコンビニで化粧品を盗んだ疑いがあり、7月に逮捕された。その後の捜査で、昨年12月~今年7月ごろにかけて、県内のコンビニを中心に化粧品など703点(計84万3235円相当)を盗んだ疑いが判明。19日に追送検した。

  熊谷市や本庄市など県北部のコンビニでは、昨年12月ごろから化粧品が盗まれる事件が多発。県警で捜査し、防犯カメラの映像や盗まれた商品がインターネットオークションに出品されていたことなどから、男の関与が浮上した。

  男は盗んだ商品をインターネットオークションやフリーマーケットサイトに、他人名義で定価より安く出品。売買で得た代金を他人名義の口座に入金し、発覚を分からないようにしていたとみられる。

  男は「無職で生活費がなかった。コンビニなら簡単に盗めると思った」と容疑を認めているという。