その他の事件

ホーム その他の事件鉄子「電車備品欲しかった」 ネットで合鍵入手、走行中に乗務員室侵入

鉄子「電車備品欲しかった」 ネットで合鍵入手、走行中に乗務員室侵入

 好きな電車の備品を自分のものにしたかった―。合鍵を使い走行中の電車の乗務員室に侵入して備品を盗んだとして、無職の女(22)が鉄道営業法違反と窃盗の罪に問われ、地裁松戸支部が有罪判決を言い渡していたことが分かった。女性の鉄道ファンは"鉄子"と呼ばれ、女も鉄子だったとみられる。

  女は7月8日午後11時20分ごろ、走行するJR常磐線の電車の乗務員室にインターネットオークションで入手した合鍵を使って侵入。同室にあった車両管理に必要な編成番号札1枚(約2千円相当)をズボンの腹部付近に挟んで隠し、持ち去った。車両積載カメラに犯行の様子が録画されていたことなどから発覚した。

  検察側は「好きな常磐線の115編成の一部を自分のものにしたいという身勝手な動機で犯行に及んだ」と指摘。侵入した乗務員室でワイパーを動かしていたことや、編成番号札を破棄したこと、他にも同様の犯行を認めていることを明らかにした。

  同支部は4日、懲役1年6月、執行猶予3年(求刑懲役1年6月)の判決を言い渡した。