店舗での事件

ホーム 店舗での事件父子で万引き「なぜ巻き込んだ」 裁判官、父親に問う

父子で万引き「なぜ巻き込んだ」 裁判官、父親に問う

 父子で万引きしたとして、窃盗罪に問われた福岡市城南区の父親(47)と、長男(25)の両被告への判決公判が10日、佐賀地裁であった。裁判官は厳しい口調で父親に「なぜ家族を巻き込んだのか」と問い、父親に懲役2年(求刑懲役3年)、長男に同1年6カ月執行猶予3年(同2年)を言い渡した。

  判決によると、両被告は5月9日、佐賀市内の大型商業施設でブランド鍋11個(販売価格約27万6千円)を盗んだ。6月5日には同じ施設で圧力鍋など計8点(同約16万円2千円)を盗むなどした。盗品は質屋で換金していた。裁判官は「まるで仕事のように次々と商品を選び、カートに載せて盗んだのは大胆な犯行」と指摘した。

  判決前にあった被告人質問で、裁判官は父親に「親は、子どもにはちゃんとした人生を歩んでほしいと思うはず。良心は痛まなかったのか」と問いただし、長男には「厳しいスタンスで臨まないと、お父さんは(盗みを)やめませんよ。つけ上がっているんですよ」と諭した。

  父親は3月ごろに長男が万引きをしていたことを知り、「一緒にやろう」と誘った。車の運転免許を持っていた長女に加え、元妻には「ドライブに行こう」と誘い、長女名義でレンタカーを借りて運転させ、犯行を繰り返したという。父親は「長女や元妻を巻き込んでしまい、悪いことをしてしまった」と話した。