火災・放火

ホーム 火災・放火複数の従業員搬送、一酸化炭素中毒か 焼津の食品工場

複数の従業員搬送、一酸化炭素中毒か 焼津の食品工場

 24日午前11時5分ごろ、焼津市中根新田の食品工場から「厚焼き卵を作っている最中に従業員が意識もうろう状態となった」と119番があった。複数の従業員が一酸化炭素中毒とみられる症状を訴え、救急搬送された。志太消防本部によると、全員意識があり、命に別条はないという。

  同本部によると、工場では同日午前6時ごろから窓を閉め切り、厚焼き卵を製造していた。6人が作業していたという。同本部と焼津署が原因を調べている。