その他の事件

ホーム その他の事件入院患者の現金盗んだ疑い 奈良県立医大の看護師を逮捕

入院患者の現金盗んだ疑い 奈良県立医大の看護師を逮捕

 入院患者の財布から現金を盗んだとして、奈良県警橿原署は5日、窃盗の疑いで、県立医科大付属病院の看護師、男性容疑者(27)を逮捕した。「まったく身に覚えがない」と容疑を否認している。

  逮捕容疑は、10月26日午前10時20~30分ごろまでの間、同病院の病室で、橿原市の無職女性(76)の財布から現金2万1千円を抜き取ったとしている。

  同署によると、女性は入院中で男性容疑者が担当していた。財布は病室の貴重品入れに保管していたが、入浴時に脱衣所まで同伴した男性容疑者が「危ないから」と手首に付けた貴重品入れのカードキーを外させたといい、女性が入浴中に犯行に及んだとみられる。