火災・放火

ホーム 火災・放火民家火災、焼け跡から1遺体 北九州

民家火災、焼け跡から1遺体 北九州

 17日午前3時半ごろ、北九州市若松区蜑住の男性(90)方から出火、2階建てを全焼し、隣接する空き家の一部を焼いた。
 福岡県警若松署によると、焼け跡から1人の遺体が見つかった。男性は1人暮らしで出火後、連絡が取れなくなっており、署は遺体の身元を調べている。