その他の事件

ホーム その他の事件高齢者住宅入居者のカード使い32万円不正に引き出す 勤務の女を容疑で逮捕

高齢者住宅入居者のカード使い32万円不正に引き出す 勤務の女を容疑で逮捕

 京都府警宇治署は16日、窃盗の疑いで、京都市伏見区向島四ツ谷池、会社員の女(32)を逮捕した。
 逮捕容疑は、宇治市内のサービス付き高齢者向け住宅に勤務していた昨年8月18日と9月1日、入居男性(86)のキャッシュカードを使い、同市内のコンビニエンスストアの現金自動預払機から計32万円を不正に引き出した疑い。
 宇治署によると、口座の残高が減っているのに男性が気づき、同住宅の他の社員を通じて被害を届けた。