運送業・建築資材置場での事件

ホーム 運送業・建築資材置場での事件

 工事現場にトラックで乗り付け、敷鉄板を盗んだとして、兵庫県警捜査3課などは23日、窃盗の疑いで、同県伊丹市上下水道局建設課主査、男性容疑者(43)と、無職の男性被告(46)を逮捕した。いずれも容疑を認めている。

  逮捕容疑は共謀し、5月17日夜~18日朝、和歌山県岩出市の工事現場にクレーンのついたトラックで乗り付け、敷鉄板14枚(時価合計約200万円相当)を盗んだとしている。

  兵庫県警によると、両容疑者は過去に同じ会社に勤めていた元同僚。盗んだ鉄板を兵庫県内や大阪府内の金属スクラップ業者に持ち込んで利益を得ていた。県警は6~7月、神戸市内の工事現場で敷鉄板26枚(同約250万円相当)を盗むなどしたとして容疑者Aを逮捕。捜査の過程で容疑者Bの関与が浮上した。

 鳥栖署は9日、盗みの疑いで、福岡県の会社員の容疑者(26)を逮捕した。

 逮捕容疑は7月29日午後5時ごろから30日午後7時40分ごろまでに、鳥栖市内の建築工事現場から、高圧洗浄機1台(時価50万円相当)を盗んだ疑い。

 同署によると、周辺の防犯カメラの映像などから犯行を特定した。

 播磨や丹波地域の太陽光発電所から銅製の送電ケーブルを盗んだとして、兵庫県警捜査3課と加西署、小野署が窃盗の疑いで、加古川市野口町の電気工事業男性容疑者(38)=公判中=を逮捕していたことが16日、捜査関係者への取材で分かった。盗んだケーブルの総延長は約32キロ、重量約18トンに及ぶとみられ、県警は、起訴済みの3件を含め、2015年3月から約2年間で計48件、約9100万円の被害を裏付けたとしている。

  捜査関係者によると、男性容疑者は主に深夜、加古川市や丹波市、神戸市西区などの防犯態勢の手薄な山間部の発電所に1人で侵入。切断したケーブルをワゴン車で運び出し、加古川市内の金属買い取り業者でケーブルのまま転売していたという。転売によって約600万円の利益を得たと県警はみている。

  男性容疑者は太陽光発電所のケーブル施工を手掛けており、配線やケーブル買い取り事情に熟知していた。同じ現場に複数回侵入し、離れたパネルの配線を狙ったこともあった。県警の調べに「早い場合は20分で盗めた。生活費やパチスロ代欲しさにやった」と供述しているという。

  男性容疑者は今年2月、小野市内の太陽光発電所から送電ケーブルを盗んだとする窃盗容疑で、加西署に逮捕されていた。

 兵庫県内や京都府内で海外への転売目的でトラックや建設重機の盗みを繰り返したとして、兵庫県警捜査3課などは2日、窃盗の疑いで同県明石市魚住町清水、自称機械修理業の男性(55)=同罪で公判中=ら2人を逮捕、送検したと発表した。起訴された7件を含む計23件(被害総額3927万円相当)の容疑を裏付け、捜査を終えた。

  同課によると、男性容疑者らは深夜を狙い、工事現場に置いてある重機の鍵穴を壊すなどして動かし、トラックに積む手法で盗みを繰り返していた。男性容疑者は「海外で高く売れる重機を狙った」と容疑を認めている。

  逮捕、送検容疑は平成27年12月~28年11月、丹波市や西脇市、京都府福知山市などで、油圧ショベルやフォークリフトなど計23台を盗んだとしている。

  事件ではほかに大阪市城東区の無職男性(50)も共犯として同罪で在宅起訴された。

 県警捜査3課と相馬署などでつくる合同捜査班は2日までに、東日本大震災で津波被害に遭った本県と宮城県沿岸部の復旧工事現場事務所4カ所からトラックなどを盗んだとして、盗みの疑いで新地町、無職、容疑者男(25)ら男5人を逮捕した。

  県警によると、昨年10月~11月ごろに宮城県石巻市から南相馬市までの7市町で同様の被害が約50件あり、被害総額は計約600万円に上るとみて関連を調べている。

  合同捜査班は同課、同署と南相馬署、県警機動捜査隊、宮城県警で構成。25歳の容疑者のほかに逮捕されたのは、宮城県亘理町の無職、男(21)、本籍さいたま市の住所不定、無職の元少年=当時(19)、仙台市の解体工、男(21)、同市のとび職、男(20)の4容疑者。

 美濃地方を中心に工事現場などで電気ケーブルや銅線などの盗みを繰り返したとして、岐阜県警捜査3課などは19日までに、窃盗などの疑いで、羽島郡笠松町の容疑者の男(27)ら11人を逮捕、摘発した。被害は2015年10月ごろから昨年11月ごろまでの間に計24件、計約2100万円に上る。
  容疑者の男の逮捕容疑は、逮捕された男3人と共謀し、昨年7月、可児市内の工事現場で、電気ケーブル27点(時価計180万円相当)を盗んだ疑い。
  同課によると、11人は岐阜地域と愛知県一宮市に住む17~37歳の男。グループではなく、交友関係のある者同士で工事現場や太陽光発電所、民家などに侵入し、犯行を繰り返していた。盗品は県内の金属買取業者に売っていたという。

 クレーン付きトラック約90台を盗んだなどとして、札幌厚別署は、苫小牧市明野新町3丁目、会社役員安田結城容疑者(37)ら男4人を窃盗と窃盗未遂の疑いで逮捕・送検したと20日発表した。盗んだトラックをむかわ町内のヤードで解体し、エンジンやクレーンなどの部品を30万~50万円で転売していたという。

  ほかに逮捕・送検されたのは会社員安田和輝(27)=同市明野新町1丁目=、会社役員田中純一(36)=同市船見町2丁目=、会社員結城良太(27)=同市日吉町3丁目=の3容疑者。4人とも窃盗罪で起訴されている。

  署によると、4人は2011年6月~今年8月末、苫小牧市や日高町、札幌市などでクレーン付きトラック86台(計1億7800万円相当)とタイヤ326本(計940万円相当)を盗み、トラック5台を盗もうとした疑いがある。4人とも「生活費にするため、解体して転売した」などと供述しているという。

  4人は2人以上で車で巡回。無施錠でキーがついているトラックを見つけると、運転して盗んだという。4人は柵などがないヤードに無断で入って解体していたといい、署は、必要な機材は自分たちで持ち込んでいたとみている。

 木津署は24日、窃盗の疑いで、京都府八幡市八幡長田、会社員の男(67)を逮捕した。
  逮捕容疑は20日午後0時40分ごろ、高柿容疑者が勤めている木津川市内の建設会社で、敷地に置かれていた長さ1~3メートルのアルミ鋼管200本などの建築資材(計375万円相当)を、会社のトラックに1人で積み込み、盗んだ疑い。同署によると、男は「転売目的でやった。金に困っていた」と容疑を認めているという。

 避難指示解除準備区域の南相馬市小高区で発電機2台を盗んだとして、南相馬署は5日までに、盗みの疑いで仙台市、解体作業員(22)、同市、解体作業員(20)の両容疑者を逮捕した。

  南相馬市小高区内では今年1月ごろから発電機や草刈り機などが盗まれる事件が数十件相次いでおり、同署は両容疑者が関与しているとみて、裏付け捜査を進めている。逮捕は22歳の容疑者が6月13日、20歳の容疑者が同15日。両容疑者は今月4日、窃盗罪で地裁相馬支部に起訴された。

  2人の逮捕容疑は1月20日早朝、共謀して同市小高区行津の除染土壌の仮置き場内から、リース会社所有の発電機2台(13万円相当)を盗んだ疑い。同署によると、うち1台を仙台市のリサイクルショップに転売していた。

 兵庫や大阪、鳥取など全国11府県の駐車場や建設現場で自動車盗を繰り返すなどしたとして、兵庫県警は23日までに、窃盗容疑などで大阪市生野区、無職、平井真容疑者(39)=同罪などで公判中=ら27~67歳の男女計29人を逮捕、送検し、捜査を終えたと発表した。

  県警は起訴された44件を含む283件(総額約2億1千万円相当)の被害を裏付けたとしている。

  県警によると、豊岡市や洲本市、姫路市で自動車盗などを繰り返していた。29人には窃盗の実行犯以外に、車を解体・保管する「ヤード」の関係者も含まれ、6人はエジプト籍、レバノン籍、韓国籍の外国人。盗まれた車や重機は、三田市や加古川市などのヤードに運搬されて解体された後、部品が海外に輸出されたり国内で転売されたりしたという。

 群馬・栃木両県警合同捜査班は27日、窃盗の疑いで、自称ベトナム人、住所不定無職のチャン・ドン・アン容疑者(29)を現行犯逮捕した。調べに対し容疑を認めているという。

  逮捕容疑は、27日午前1時33分ごろ、栃木市内の堆肥置き場でトラクター1台(時価400万円相当)を盗んだ疑い。栃木県警捜査3課によると、複数人の共犯者が逃走しているという。捜査員がトラックにトラクター積んでいたチャン容疑者を発見し発覚した。

 静岡県内で多発している農作業用の重機「ホイールローダー」の盗難事件を捜査している三島署など8署と県警捜査3課、国際捜査課の合同捜査班は23日までに、窃盗などの疑いで男3人を逮捕した。男2人=入管難民法違反容疑で逮捕=も窃盗と建造物侵入の疑いで近く再逮捕する方針を固めた。捜査関係者への取材で分かった。

  捜査関係者によると、男たちは沼津市の20~30代のベトナム国籍の5人。別の仲間とも共謀し、昨年12月からことし4月までの間、それぞれ浜松市北区や裾野市、伊豆の国市の資材置き場などからホイールローダー計4台(560万円相当)を盗んだ疑いが持たれている。

  捜査関係者によると、男たちは夜間を中心にホイールローダーに狙いを定めて資材置き場や車庫、倉庫から盗んでいたとみられる。男たちはグループをつくり、現場の下見、ホイールローダーの持ち出し、トラックを使った搬送などを分担していたという。

  ホイールローダーは富士市の倉庫などに集められ、一部はベトナムなど海外に輸出されたという。

  三島署などは他にも関係者が複数いるとみて、全容や他のホイールローダー盗難との関連を調べる。

 京都市北区で18日夕から19日朝にかけ、電気工具類が盗まれる被害が4件相次いだ。北署が窃盗事件として捜査している。
  北署によると、同区西賀茂の資材置き場から電動のこぎりやハンマードリルを積んだトラック1台が盗まれた。ほかにも半径約1・8キロ圏内で、軽トラックなど計4台の荷台から工具類十数点が盗まれたという。
  北署の説明では、今年1月以降、北区内の工事現場で、工具類が盗まれる被害が数件、確認されているという。
 京都府警舞鶴署は19日、窃盗の疑いで、舞鶴市のとび職の男(20)を逮捕した。
  逮捕容疑は昨年12月26日から1月19日の間、出入りしていた市内の建設会社の資材置き場から、仮設足場用の鉄製板160枚を同社のトラックで運び出し、盗んだ疑い。
  男は盗んだ足場を市内の古物商に1万7680円で売却、会社関係者が19日に古物商で売られている足場板を見つけ、発覚した。男は容疑を認めているという。
 福岡県警筑後署は14日、福岡県太宰府市、自営業男(36)を窃盗容疑で逮捕した。調べでは、男は昨年12月26日、同県筑後市の敷地内に侵入し、建設機械のフォーククローなど6点(時価270万円相当)を盗んだ疑い。
 福岡県警春日署は5日、住所不定、無職男(65)を建造物侵入および窃盗容疑で逮捕した。調べでは、男は昨年10月29日夜、福岡県那珂川町の資材置き場に侵入。鋼管など約200点(時価合計約12万円相当)と貨物自動車1台(時価約180万円相当)を盗んだ疑い。

 勤務先の資材置き場から銅線を盗んだとして、奈良県警高田署は6日、窃盗の疑いで、奈良県大和高田市今里町のきんでん社員、橋口光樹容疑者(22)を現行犯逮捕した。「売ったら金になると思って盗んだ」と容疑を認めているという。

  逮捕容疑は5日午後10時10分ごろから6日午前4時5分ごろまでの間、奈良県葛城市東室の同社高田営業所から銅線12束を盗んだとしている。

  同署によると、橋口容疑者は営業所の塀を乗り越えて侵入したところ、センサーが感知。警備会社の通報を受けて駆けつけた署員に銅線を運んでいたところを取り押さえられた。

 油圧ショベルを盗んだとして、県警は5日、窃盗容疑で、廿日市市永原の無職、溝口利一郎被告(60)=別の窃盗容疑で起訴=ら3人を再逮捕した。3人とも容疑を認めている。ほかに再逮捕されたのは、千葉県大網白里市金谷郷のリサイクル業、平田久雄被告(76)=同=と同市大網の無職、中臺好江被告(65)=同。

  3人の再逮捕容疑は、共謀して5月29日、安芸高田市甲田町の無職の男性(80)の別荘で、油圧ショベル1台(時価約20万円相当)を盗んだとしている。

  安佐北署によると、油圧ショベルは千葉県内の古物業者に転売されていた。3人は知人で、被害男性とは面識がないという。

 東日本大震災の復興工事現場などで大型発電機を盗み、売買したとして、青森、岩手両県警の合同捜査本部は25日までに、窃盗などの疑いで、八戸市市川町、自動車引取業加藤進容疑者(69)ら5人を逮捕した。

 窃盗容疑で逮捕されたのはほかに、むつ市仲町、無職池田久(41)、郡山市安積町荒井、人材派遣業佐藤信一(56)の2容疑者。発電機を買い受けた盗品等有償譲り受けなどの疑いで逮捕されたのは、相模原市の廃棄物収集会社社長藤井秀一(68)=東京都町田市木曽西5丁目=、川崎市の輸出販売会社社長でイラン国籍のレザイ・ボヤグチ・アリ(50)=同市金森4丁目=の2容疑者。

 窃盗事件の逮捕、追送検容疑はことし4月18日~7月中旬、むつ市など青森県内の三つの工事現場と、宮古市など岩手県内の七つの復興工事現場から計11台の発電機(約1460万円相当)を盗んだ疑い。現場ごとに2、3人のグループを組んでいたという。

 発電機を買ったとされる藤井容疑者ら2人はこのうち、4、7月に計5台を約78万円で譲り受けた疑い。

 捜査本部によると、藤井容疑者は「盗品とは知らなかった」と否認、残る4人は認めている。加藤容疑者は福島県内でも1件の盗みに関わったと供述しており、裏付けを進めている。

 捜査本部は発電機2台を押収。他の発電機はさらに転売され、海外などに流れたとみている。

 関東・東北豪雨で被災した茨城県常総市の民家から銅線などを盗んだとして、常総署は29日、ともに中国籍で無職の東京都足立区、姫升花(33)、李忠煥(30)の両容疑者を窃盗容疑で逮捕した。

  2人は「水害で廃品が多くあると思って常総市に行った。廃品なので窃盗になるとは思わなかった」などと話しているという。

  発表によると、2人は同日午前8時50分頃、常総市の無職男性(79)宅の敷地から銅線とワイヤケーブル計5束(約1万500円相当)を盗んだ疑い。近くに止めた2トントラックに積み込んでいるのを男性の家族が見つけ、110番した。

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30