店舗での事件

ホーム 店舗での事件
 埼玉県さいたま市内の飲食店に侵入して現金などを盗んだとして、県警少年捜査課と大宮東、岩槻署の合同捜査班は18日、窃盗と建造物侵入の疑いで、同じ県立高校2年の17歳少年3人を逮捕、再逮捕した。
 逮捕、再逮捕容疑は昨年10月27日午後10時半ごろから同月29日午前9時20分ごろまでの間、同市岩槻区内の飲食店に無施錠の裏口から侵入。現金約20万円とコインケース1個ほか13点(時価計2万5100円相当)を盗んだ疑い。
 同課によると、逮捕されたのはさいたま市北区、岩槻区、杉戸町に住む少年3人で、同じ高校の同級生。被害店舗の男性店長(39)が110番し、周辺の防犯カメラの捜査などから少年らが浮上した。
 県警は1月24日、同市見沼区の飲食店に侵入し現金などを盗んだとして、北区の少年らを逮捕。この少年が絡んだ8件の窃盗事件を摘発し、他に4人の少年を逮捕している。被害額は計約70万円に及ぶという。北区の少年が主犯格でメンバーを変えながら盗みを繰り返していたとみられる。少年らは「遊ぶ金欲しさに盗んだ」と容疑を認めているという。
 昨年8月ごろから、さいたま市の飲食店などで同様の事件が他にも数件発生。少年らは余罪をほのめかしており、県警が関連を調べる。
 スーパーの買い物客からバッグを盗んだとして、前橋署などは18日、窃盗の疑いで、前橋市上小出町の無職、男性容疑者(60)を逮捕した。調べに対し、「間違いない」と容疑を認め、「遊興費が欲しかった」と動機を供述している。
 逮捕容疑は9日午前10時40分ごろ、前橋市内のスーパー店舗内で、買い物客の同市の無職女性(68)が買い物カートから目を離していたすきに、カートに掛けていた現金約7万4千円などが入った手提げバッグ1個を盗んだとしている。
 スーパーから110番通報があり、防犯カメラの映像を解析するなどして、男性容疑者を割り出した。
 福井県内などのドラッグストアで万引を38件(被害総額約648万円)繰り返したとして福井県警が2018年に送検したベトナム人の女が、これとは別にベトナム人男女計6人で109件(同約1258万円)の万引を福岡県など福井以外の8県で繰り返していたことが3月15日分かった。福岡県警によると、会員制交流サイト(SNS)を通じてベトナム人向けに販売していたとみられる。
 女は福岡地裁で公判中の住所不定、無職の被告(30)。福井県警は18年、窃盗容疑で3度逮捕し、10月には福井、岐阜、愛知、三重4県で38件(化粧品や医薬品など計2228点)の被害が確認されたと発表していた。大きなショルダーバッグを提げ、多いときは一度に約150点を入れて盗んでいた。
 その後、福岡県警が窃盗容疑などで3度逮捕し今月、捜査を終結した。
 福岡県警によると、同被告を含む6人は技能実習生として来日し、同被告以外の5人はいずれも男で24~28歳。実習先を抜け出すなどした後に知り合い、18年1月から10月にかけて化粧品や衣料品の万引を繰り返した。被害は福岡、群馬、静岡、愛知、岐阜、三重、佐賀、鹿児島の8県で確認された。
 6人の中には、同被告らと共謀し、福井県敦賀市のドラッグストアで万引したとして2月に敦賀署が逮捕した被告(25)も含まれている。福井地検は化粧品など29点(販売価格合計約8万9千円)を盗んだとして今月、窃盗罪で起訴した。
 両被告とも、在留期間が過ぎた後も愛知県内に住むなどしていたとして、入管難民法違反(不法残留)の疑いで、福岡県警が今年1月、追送検した。
 夜間にリサイクル店に侵入し中古のスマートフォンなどを盗んだとして、兵庫県警捜査3課は15日、窃盗などの疑いで、大阪市生野区林寺、無職、男性容疑者(35)を逮捕、送検したと発表した。県警は起訴済みの4件を含む計204件(被害総額約3600万円相当)の犯行を裏付け、捜査を終えた。容疑を認めている。
 送検容疑は平成24年8月~昨年7月、兵庫や大阪など2府3県のリサイクル店に夜間に侵入。中古のスマホやタブレット端末、ゲーム機など約2600点を盗んだとしている。
 県警によると、男性容疑者は盗品を別のリサイクル店で転売していたという。
 埼玉県の所沢署は14日、建造物侵入と窃盗の疑いで住所不定、無職の男(55)を送検したと発表した。
 送検容疑は13日午前1時半ごろ、所沢市星の宮の飲食店に侵入、封筒に入れて保管してあった現金1928円とコーヒースティック10本(計250円相当)を盗んだ疑い。
 同署によると、店は1階が店舗で2階が住宅。2階で就寝していた男性店主(54)が1階で物音がするのに気付き、厨房にいた男を取り押さえ、駆け付けた警察官に引き渡した。
 兵庫県警飾磨署は12日、建造物侵入と窃盗の疑いで、姫路市の無職の男(78)を逮捕した。
 逮捕容疑は、2月16日夜~17日朝、同市飾磨区中島の中古車販売店の事務所に鍵を壊して侵入し、現金10万円の入ったポーチと、カーナビ3点(計3万円相当)を盗んだ疑い。「盗む目的で入ったが、何も取っていない」と容疑を一部否認しているという。
 同署によると当時、店は閉店し無人だった。17日午前6時半ごろ、通行人の男性が「不審者がいる」と110番通報。店の敷地内に残された自転車のかごに、同容疑者の通帳が入ったかばんがあったという。
 佐賀南署は6日、盗みの疑いで佐賀市のスリランカ国籍留学生(23)を逮捕した。
 逮捕容疑は、2月5日午前4時10分ごろ、佐賀市内のコンビニエンスストアで、事務所内の手提げ袋から現金12万1千円を盗んだ疑い。容疑を認めている。
 佐賀南署によると、留学生は昨年12月、店でアルバイトとして短期間働いていたという。売上金が少ないことに気づいた40代の男性経営者が事務所内に設置している防犯カメラを確認、110番した。
 コンビニエンスストアで万引したとして、神奈川県警多摩署は6日、窃盗容疑で、住所不定、無職の男性容疑者(52)を逮捕した。黙秘している。
 逮捕容疑は5日午後11時10分ごろ、川崎市多摩区登戸新町のコンビニ「セブンイレブン川崎登戸新町店」で、おにぎりや乾電池など16点(販売価格計約4千円)を万引したとしている。
 同署によると、着ていたジャンパーのポケットに商品を入れているところを店長が目撃し、店の外に出たところで声をかけ、110番通報したという。店内の防犯カメラにも万引する姿が写っていた。男性容疑者は以前から店に出入りしては、店内で怪しい動きをするのを目撃されており、店長が注意を払っていた。同署は事件の詳しい経緯を調べている。
 整骨院から現金の入った金庫を盗んだとして、神奈川県警鶴見署は4日、窃盗容疑で川崎市幸区小倉の無職、男性容疑者(44)を逮捕した。「身に覚えがありません」と容疑を否認している。
 逮捕容疑は昨年12月9日午後10時半ごろから翌10日午前7時ごろまでの間に、横浜市鶴見区矢向のマンション1階の「月の光整骨院」で、受付カウンターの中に置いてあった釣り銭用の現金約3万千円が入った手提げ金庫を盗んだとしている。
 同署によると、整骨院は全て施錠されていたが、男性容疑者は裏手のドアのガラスを割り、鍵を開けて中に侵入したという。10日午前7時ごろに出勤した職員が、金庫がなくなっているのを発見し、110番通報。付近の防犯カメラに男性容疑者の姿が写っていたことなどから容疑が浮上した。同署は余罪があるとみて、調べを進めている。
 漫画のキャラクターのフィギュアを万引したとして、兵庫県警伊丹署は1日、窃盗の疑いで、同県宝塚市の解体作業員の男(22)を逮捕した。同署によると、男は全国チェーンの古書店でフィギュアを盗んだ後、同じ系列の他店で売却したため、容疑が発覚したという。

 逮捕容疑は2月26日午後6時半~7時半ごろ、伊丹市内にある全国チェーンの古書店で、人気漫画「ジョジョの奇妙な冒険」などのフィギュア2点(計約2万6千円相当)を盗んだ疑い。容疑を認めているという。
 同署によると、男は同日夜、盗んだ店から約4キロ離れた宝塚市内の他店で、自分の運転免許証を提示してフィギュアを売却。店側が盗まれたフィギュアと気付いた。2日後に再び同市の店を客として訪れ、店が署に通報した。
 新潟県警は26日、長岡市のスーパーで菓子を万引きしたとして、窃盗事件の捜査を担当する長岡署刑事1課刑事第3係長の男性警部補(59)を窃盗の疑いで現行犯逮捕したと発表した。
 逮捕容疑は25日午後6時42分ごろ、長岡市喜多町のスーパーで、豆菓子1袋(税込み278円)を万引きしたとしている。県警によると、買い物かごから上着の中に入れるところを警備員が目撃。退店時に取り押さえ、駆けつけた同署員が現行犯逮捕した。警備員は男性容疑者の挙動を不審に思い、遠巻きに注意していたという。県警は「捜査に支障がある」として認否を明らかにしていない。
 県警によると男性容疑者は2011年3月、長岡署の捜査1課刑事第3係長に就任。盗犯捜査の署内トップとして万引きや空き巣など幅広い窃盗事件に携わってきた。今年3月末で定年退職する予定という。
 同署幹部は取材に対し「本来は窃盗犯を捕まえる立場の者が、なぜ盗みを働いてしまったのか。捜査の上、厳正に対処しなければならない」と述べた。
 鳴門署は24日、窃盗の疑いで鳴門市の無職の男(32)を逮捕した。
 逮捕容疑は、1月17日午前10時から午後11時ごろまでの間に、同市の大学生の男性(28)が住む2階建てアパート1階の1室に侵入し、エレキギター3本、ギターのケーブル1本(計7万6千円相当)を盗んだとしている。調べに対し「生活費に困っていた」と容疑を認めている。
 署によると、男性は無施錠で外出しており、男は玄関から侵入した。面識はない。
 帰宅して被害に気付いた男性は署に届けた後、「リサイクル店に売られたかもしれない」と考え、数日後に徳島市内のリサイクル店を訪れたところ、盗まれたギター3本が売られているのを見つけて署に知らせた。男が店に持ち込んだ際の身分証明などから容疑が浮上した。
 署が詳しく調べている。
 かつて勤めていた中華料理店に侵入した疑いで、兵庫県警生田署は22日、同県明石市に住む中国籍の女(38)を現行犯逮捕した。署によると、調理場にあった食材44点(約1万6千円相当)を持ち去ろうとしていたといい、窃盗容疑でも調べる。

 逮捕容疑は、22日午前6時すぎ、神戸市中央区の中華料理店に正当な理由なく侵入した疑い。
 署によると、同店では今月1日と14日に米やホタテ、北京ダックなどの食材が盗まれる被害があり、署員が警戒していた。女はキャリーバッグを持参し、米袋、豚足、鶏モモ肉、干しシイタケ、冷凍エビ、水ギョーザ、スペアリブなど約20品目を詰め込んでいたという。
 署の調べに、同店の経営者は「女は従業員だったが、2013年末に辞めた。合鍵を返してもらってなかった」などと説明。女は「私が経営者。店に入ったり、食材を持ち出したりして何が悪い」などと容疑を否認しているという。
 勤務先から高級ブランドのコート2着を盗んだとして、兵庫県警葺合署は18日、窃盗の疑いで同県姫路市、元店員の男(24)を逮捕した。
 逮捕容疑は1月3日午後5時すぎ、神戸市中央区の飲食店で、フランス発祥のブランド「モンクレール」のコート2着(計25万円相当)を盗んだ疑い。同署の調べに容疑を認めているという。
 同署によると、従業員用に店が管理していたコート。男は閉店後、持っていた鍵で店内に入って盗み、神戸市内の買い取り業者に売っていたという。ほかにも、店の売上金や従業員の私物などがなくなっているといい、同署が関連を調べる。
 書店で販売している雑誌から付録の腕時計を抜き取ったとして、静岡中央署は18日、窃盗の疑いで、県文化・観光部文化政策課の非常勤嘱託職員、女性容疑者(45)を逮捕した。女性容疑者は「自分のものにしたかった」と容疑を認めている。
 逮捕容疑は平成30年12月28日午後6時半ごろ、静岡市葵区の大型商業施設内の書店で販売されている雑誌2冊から付録の腕時計とバッグを1点ずつ(計約2千円相当)を盗んだとしている。
 同署によると、店員が雑誌から付録が抜き取られていることに気づき、防犯カメラを確認したところ、不審な動きをする女性容疑者が映っていた。同署は余罪があるとみて調べを進めている。
 県経営管理部長は「非常勤嘱託員の窃盗容疑で逮捕されたことは大変遺憾であり、深くおわびする」と謝罪。そのうえで「改めて職員の綱紀の厳正保持について万全を期すとともに逮捕された職員については今後の捜査の状況を踏まえ、厳正に対処する」とコメントした。
 高崎市などの貴金属買い取り販売店に侵入し、腕時計などを盗んだとして、県警捜査3課などは18日、窃盗と建造物侵入の疑いで、横浜市南区宮元町の無職、男性A(44)と同市中区扇町の建設作業員、男性B(43)の両被告を再逮捕した。いずれも調べに対して「遊興費欲しさだった」と供述し、容疑を認めている。
 再逮捕容疑は平成29年12月2日午前3時25分ごろと午前4時22分ごろ、高崎市と埼玉県深谷市の貴金属買い取り販売店に、出入り口のガラスをこじ開けるなどして侵入し、腕時計や財布など147点(計約260万円相当)を盗んだとしている。
 同課によると、両容疑者は大泉町と館林市で腕時計などを盗んだとして、窃盗などの疑いで、1月23日に逮捕され、今月13日に起訴された。取り調べの中で今回の逮捕容疑を自供。同課は3人グループで犯行を重ねていたとみており、残る1人の行方を追っている。
 年代物のデニムパンツを盗んだとして、大阪府警南署は15日、飲食店アルバイトの男性容疑者(22)を窃盗の疑いで逮捕した。「転売目的で値の張る品を狙って盗んだ」と容疑を認めている。
 逮捕容疑は14日午後、大阪市中央区の古着店で、デニムパンツ1本(販売価格約16万円)を盗んだとしている。店側は同署に、「SETLOW」という海外ブランドの1930年代の製造で、国内には1本しかないと説明しているという。
 同署によると、男性容疑者は客を装って入店。店員の隙(すき)を見て持ち出し、別のリサイクル店に買い取りを依頼した。店員が査定のため古着店に問い合わせ、被害が発覚した。
 親子3人で共謀してディスカウントストアから電化製品などを盗んだとして、いわき中央署は14日午前9時50分ごろ、盗みの疑いでアルバイト、容疑者男(33)を逮捕した。
 逮捕容疑は、昨年12月5日午後2時20分ごろ、いわき市内の店舗で、母(57)、弟(22)両被告と共にオーブンレンジなど2点(3万9528円相当)を盗んだ疑い。
 同署によると、容疑者男は被告母の長男で、警備員や店員の見張りをする役や盗む役など、親子で役割を決めて商品を盗んでいたとみられるという。
 11日午前5時半ごろ、熊本市中央区安政町の時計店「セコンド」から警備会社を通じて110番があり、熊本県警熊本中央署員が駆けつけたところ、店内の高級腕時計「ロレックス」約60点、計4300万円相当が盗まれていた。同署が窃盗事件として捜査している。
 同署によると、地下のショーケースが壊され、店舗裏の排煙窓が割られており、そこから侵入したとみられる。盗まれたのは全てロレックスの腕時計で、1点300万円のものもあったという。店は同市の中心街にある。
 一緒にカラオケに来ていた知人のクレジットカードを盗んだとして、兵庫県警生田署は10日、窃盗の疑いで、神戸市北区の自称大学非常勤講師の男(28)を逮捕した。
 逮捕容疑は9日午前0時25分~同5時50分ごろの間、同市中央区のカラオケ店で、知人の愛知県の会社員男性(31)の財布からクレジットカード1枚を盗んだ疑い。「盗んだことに間違いはありません」と容疑を認めているという。
 同署によると、男は知人男性と2人で約5時間半にわたり個室でカラオケをしていた。会計の際、男が男性のカードで約5千円の支払いをし、気付いた男性が「なんで俺のカードで払っとんねん」と問い詰めたという。約16時間後の同日午後10時ごろになって、男と男性が一緒に署を訪れたという。
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31