店舗での事件

ホーム 店舗での事件

 飲食店に侵入し、金品を盗もうとしたとして、群馬県警捜査3課などは18日、建造物侵入と窃盗未遂の疑いで、伊勢崎市下触町の無職、男性容疑者(47)を逮捕した。調べに対し、「金が欲しかった」と容疑を認めている。

  逮捕容疑は8日午前3時半ごろ、伊勢崎市内の飲食店に鍵を壊して侵入し、店内を物色したが、金品を盗もうとしたとしている。

  同課によると、前橋東、太田、伊勢崎の3署管内で1月以降、飲食店や会社事務所を狙った窃盗事件が相次いでおり、今月から合同で捜査していた。同課などは男性容疑者が関連しているとみて、余罪を調べている。

 滋賀県警草津署は18日、中学1年の長女に指示して万引させたとして、窃盗の疑いで、守山市守山、無職の女(42)を逮捕した。
  逮捕容疑は、6月16日午前10時55分ごろ、栗東市内の量販店で長女(12)にミニカー41点(計4万円相当)を盗み出させた疑い。
  同署によると、長女はミニカーをカートに入れて店外に運び出したという。
 郡山署は14日午前0時25分ごろ、無銭飲食と盗みの疑いで、自称住所不定無職、男性容疑者(48)を逮捕した。容疑者は同市駅前で8月に発生した強盗致傷事件で逃げた男の目撃情報と特徴が似ていることなどから、同署は強盗致傷事件に関与した可能性もあるとみて関連についても調べている。
  逮捕容疑は8月29日午後7時10分ごろ、同市のスナックで飲食代計6500円を支払わなかった上、現金数千円やスマートフォンなど4点(計5万円相当)を盗んだ疑い。捜査関係者によると、同市駅前周辺で無銭飲食事件が複数発生。目撃情報などから、同署は男性容疑者が少なくとも4、5件の無銭飲食事件に関わっている可能性があるとみて捜査している。

 岡山県警岡山中央署は10日、女性用の下着を盗んだとして、窃盗などの疑いで神奈川県大磯町、会社員の男(34)を再逮捕した。

  再逮捕容疑は岡山市に住んでいた昨年2月4日、同市、20代の女性会社員方に侵入し、下着20点(計2万円相当)を盗んだ疑い。容疑を認めている。

  同署は今年8月、岡山市のビジネスホテルで、コインランドリーから女性用の下着などを盗んだ疑いで容疑男を逮捕。自宅から下着類約270点を押収した。容疑男は計十数件の犯行をほのめかしており、関連を調べる。

 神戸市灘区の鮮魚店のいけすから高級魚などを盗んだとして、建造物侵入と窃盗の罪に問われた同区の無職の男(41)の初公判が10日、神戸地裁であった。男は「魚釣りをしているような気分で、わくわくしてしまった」などと起訴内容を認めた。検察側は懲役2年を求刑し、即日結審した。判決は27日の予定。

  起訴状によると、5月10日深夜~同11日未明と6月13日未明、同区の鮮魚店に侵入し、クエやタイなど計60点(時価計約7万7千円相当)を盗んだとされる。

  被告人質問で、男は動機について「後輩に金になると勧められた」などと説明。ただ転売はせず、「釣り気分」を楽しむために店内で魚の下処理や写真撮影をしたと述べた。盗んだ魚を料理して友人や家族に振る舞い、ほめられるのがうれしかったとも語った。

  検察側は「幼稚としかいえない動機。大胆な手口で悪質」と主張した。弁護側は既に被害弁済が済んでいるなどとして寛大な処分を求めた。

 福井県敦賀署は9月8日、窃盗の疑いで大阪府藤井寺市生まれの住所不定、無職の男(27)を逮捕した。同署によると、容疑について黙秘している。

  逮捕容疑は2011年9月20日午前0時ごろ、敦賀市内のコンビニエンスストアで、レジカウンター上にあった現金1万円を盗んだ疑い。

  同署は、被害届を受けて捜査を続けていた。窃盗罪の時効は7年で、時効12日前の逮捕となった。動機などを調べている。

 閉店中の美容室に侵入してレジスターごと現金を盗んだとして、神奈川県警大磯署は6日、窃盗容疑で藤沢市の会社員の少年(18)を再逮捕した。容疑を認めている。

  再逮捕容疑は1月20日午後5時ごろから翌21日午前10時半ごろまでの間に、同県藤沢市辻堂新町にある閉店中の美容室に侵入し、レジスター(時価1万円相当)と中に入っていた釣り銭用の現金5千円を盗んだとしている。

  少年は8月20日、大麻を所持しているところを現行犯逮捕されていた。同署が指紋を調べたところ、藤沢市の窃盗事件で現場近くの公園に捨てられていたレジスターから検出されたものと一致したという。同署は余罪がないか捜査する方針。

 中古車販売店からタイヤなどを盗んだとして、神奈川県警平塚署は5日、窃盗容疑で住所不詳、自称無職の男性容疑者(66)を逮捕した。容疑を認めている。

  逮捕容疑は7月21日午前4時50分ごろ、同県平塚市下島の中古車販売店の店外に止めていた軽トラックの荷台から、積んであったホイール付きタイヤ8本と、ホイール1本の計9点(時価合計約18万円相当)を盗んだとしている。

  同署によると、店の防犯カメラに男性容疑者がタイヤを盗む姿が写っており、その映像がテレビのニュースで放映され、番組を見た視聴者が情報提供をしたことで、男性容疑者の関与が浮上した。

  同署は、男性容疑者が自分の軽トラックで車上生活をしており、盗んだタイヤもそのトラックに積みこんで逃げたとみている。また、同署管内でタイヤが盗まれる被害が今年に入って5件続いており、余罪も視野に入れて捜査を進めている。

 神奈川県警平塚署は5日、窃盗の疑いで、住所不定、無職の男(66)を逮捕した。
  
  逮捕容疑は7月21日午後4時50分ごろ、平塚市下島の中古車販売店で、ホイール付きタイヤなど計9点(時価約18万円相当)を盗んだ、としている。署によると、同容疑者は容疑を認めている。
  
  署によると、盗まれたタイヤが転売されたことなどから同容疑者が浮上した。

 スポーツ用品店で万引したとして、兵庫県警生田署は3日、窃盗の疑いで、神戸市兵庫区のアルバイトの男(36)と、同市長田区の会社員の男(34)を逮捕した。

 2人の逮捕容疑は2日午後0時半ごろ、同市中央区東川崎町の商業施設内にあるスポーツ用品店で、それぞれ上下のジャージー1組(約7300円)を盗んだ疑い。いずれも容疑を認めているという。

  同署によると、2人は試着室で服の上からジャージーを着込み店外へ出た。通常は会計を済ませていないと、出入り口にある防犯ゲートが反応するが、ゲートの片方の柱と壁の隙間をすり抜けていたという。不審に思った警備員が声を掛けて容疑が発覚した。2人は緑色系で迷彩柄のそろいのジャージーを着ていたという。

 コンビニに置かれていた募金箱を盗んだとして、京都府警中京署は3日、窃盗の疑いで、米軍キャンプ・ハンセン(沖縄県金武町)所属の海兵隊員、男性容疑者(20)を緊急逮捕した。「覚えていない」と容疑を否認している。

  逮捕容疑は3日午前4時10分ごろ、京都市中京区のコンビニで、レジに置いてあった現金約5600円が入った募金箱を盗んだとしている。

  同署によると、男性容疑者は知人らと旅行で京都を訪れていた。当時酒に酔っており、募金箱を近くのクラブで飲食代金として差し出したため、店員が110番したという。

  コンビニの防犯カメラには、ほかの客が店員に話しかけている間に容疑者が募金箱を持ち去る様子が写っていた。

 神埼署は1日、盗みの疑いで小城市小城町自在、アルバイト従業員の男(49)を逮捕した。

  逮捕容疑は、8月31日午後10時から9月1日午前5時ごろまでに、アルバイトとして働いていた神埼市千代田町のコンビニエンスストアで、レジと事務所内の金庫から現金200万6千円を盗んだ疑い。

  神埼署によると、1日早朝に同店を訪れた客から「店員がいない」と110番があった。同署が行方を捜し、午後1時半ごろに久留米市内で発見した。「盗んだことは間違いない」と容疑を認めている。

 喫茶店で知人女性が席を離れた隙にかばんから5千円を盗んだとして、京都府警は30日夜、プロバスケットボールBリーグ1部「京都ハンナリーズ」の男性容疑者(26)を窃盗容疑で現行犯逮捕した。府警が31日、発表した。「間違いない」と容疑を認めているという。

  伏見署によると、男性容疑者は30日午後9時40分ごろ、伏見区の喫茶店で一緒にいた大津市の女性会社員(24)がトイレに行った間に、席に置いていたかばんから現金を盗んだ疑いがある。別の数人の女性から今月、現金を盗まれたという被害届の提出や相談があり、いずれも男性容疑者と一緒にいたときに被害にあったかもしれないという内容だった。同署員が警戒を続けていた。

  男性容疑者はハンナリーズの主力選手の一人。同チームの別の選手は、ジャカルタ・アジア大会中に日本代表チームの公式ウェアを着たまま、金銭を払って女性とホテルに行ったとして、8月29日に1年間の公式戦出場停止の処分を受けている。

  運営会社のスポーツコミュニケーションKYOTOの社長は「バスケットボール界全体が、信頼回復に動く中での今回の件について、社会的な責任を重く受け止める。厳正に対処する」とのコメントを出した。

 千葉県松戸市のスーパーマーケットの事務所から現金488万円を盗んだとして、埼玉県の川越署は29日、窃盗の疑いで、川越市南台、同スーパーの副店長だった無職の男(34)を逮捕した。

 逮捕容疑は昨年8月18日午後9時半ごろから同11時ごろまでの間、松戸市稔台のスーパーに侵入し、事務所内に設置された金庫内から現金488万円を盗んだ疑い。

  同署によると、男は当時、同スーパーの副店長で休暇中だった。金庫の鍵を所持しており、防犯カメラの映像などから特定した。「やっていません」と容疑を否認しているという。

  男は2月21日、川越市内のスーパーに侵入し、スタンガンを店員に押し当てて現金を奪おうとした強盗未遂の疑いで逮捕、起訴され、8月10日に保釈されていた。

 閉店後の居酒屋に侵入して現金約10万円を盗んだなどとして、警視庁八王子署は窃盗などの容疑で、住所不定、無職、男性容疑者(23)を逮捕した。「遊ぶカネほしさにやった」と容疑を認めている。

  逮捕容疑は4月16日午前6時半ごろ、東京都八王子市中町の居酒屋のドアをドライバーのようなもので破壊した上、別の居酒屋のガラスを破って店内に侵入し、手提げ金庫に入っていた売上金約10万円を盗んだとしている。

  同署によると、八王子市内では同様の手口による飲食店などの窃盗被害が十数件相次いでおり、同署で関連を調べている。

 京都府教育委員会は23日、窃盗の疑いで逮捕された長岡京市立長岡第三中の女性講師(25)を停職6カ月の懲戒処分にしたと発表した。女性講師は同日、依願退職した。
  府教委によると、女性講師は5月2日、長岡京市内のコンビニでいなりずし1個を盗んだとして今月1日、向日町署に逮捕された。

 工具店からエアコンプレッサーを盗んだとして、神奈川県警宮前署は17日、窃盗容疑で川崎市宮前区平の建設業、男性容疑者(59)を逮捕した。容疑を認めている。

  逮捕容疑は2日午後1時40分ごろ、同区有馬の中古工具販売店の店外に置いてあったエアコンプレッサー1台(時価約4万円相当)を盗んだとしている。

  同署によると、中古の電動ドリルなどを取り扱う同店では、客が商品の動作確認を行えるよう、動力源として圧縮空気を生み出すエアコンプレッサーを店外に置いていた。男性容疑者は「盗んだことは間違いない。仕事で使おうと思った」などと供述しているという。

  防犯カメラにエアコンプレッサーを運び出す一部始終が写っていたことから男性容疑者が浮上した。

 郡山北署は17日午後10時10分ごろ、盗みの疑いで郡山市、無職、男(25)、母親の無職、女(46)の両容疑者を逮捕した。
  2人の逮捕容疑は同日正午ごろ、同市のスーパーでカップラーメンなどの食料品数十点(約9000円)を万引した疑い。同署によると、2人は容疑を認めているという。

 家電リサイクル業者の敷地に侵入し中古家電を盗んだとして、兵庫県警長田署は15日、建造物侵入と窃盗の疑いで、神戸市長田区の自営業の男(46)を逮捕した。男が仕事の依頼で業者を訪れた際、防犯カメラが記録した人物と似ていることに従業員が気付き、逮捕につながった。

  逮捕容疑は7月22日午前4時半~8時ごろ、同市長田区南駒栄町にあるリサイクル業者の敷地に侵入し、中古の炊飯器や掃除機など計14点(時価5万8千円相当)を盗んだとしている。

  同署によると、事件当時、敷地内に積まれていた家電を運び出す人物の姿を防犯カメラが記録。今月14日午後、男が「自宅の掃除を依頼したい」と業者を訪れたところ、カメラの人物と似ていることに従業員が気付き、声を掛けると盗んだことを認めたという。

  ただ、逮捕後の調べには「炊飯器をもらったことはあるが、盗んではいない」と否認しているという。

 観光ビザで来日し、転売目的で医薬品を万引きしたとして、大阪府警南署は11日、いずれも韓国籍で、自称・会社員のA(25)と、自称・自営業のB(29)の両容疑者を窃盗の疑いで逮捕したと発表した。南署は2人の滞在先のホテルから1000点以上の医薬品(約150万円相当)を押収。「日本や母国で転売するため、朝から7回ほどに分けて盗んだ」と供述しているという。

  逮捕容疑は9日午後6時10~20分ごろ、大阪市中央区のディスカウントショップで、胃腸薬や湿布薬など52点(約12万円相当)を盗んだとしている。

  同署によると、両容疑者は8日に来日。被害に遭った店には9日朝から7回来店し、防犯カメラには事前に用意したレジ袋に商品を入れる様子が映っていた。

  今回も含め、B容疑者は昨年9月から計12回来日。うち8回はA容疑者と一緒だったという。同署は過去にも万引きを重ねていなかったか調べを進める。

1  2  3  4  5  6  7  8