店舗での事件

ホーム 店舗での事件

 ショッピングセンターで忘れ物の財布を盗んだとして、神奈川県警川崎署は21日、窃盗容疑で、川崎市立高津高校の教諭、男性容疑者(61)を逮捕した。

 市教育委員会によると、男性容疑者は書道部の顧問で、同高は書道展などで多数の受賞歴があるという。

 逮捕容疑は1月27日午後、川崎区大島のショッピングセンターで、東京都大田区の女性(36)がカートに忘れた手提げカバンから、現金約4万8千円などが入った財布を盗んだ疑い。

 署によると、男性容疑者は「盗んだ現金で仕事用具を購入した」と話している。市教委の職員部長は「誠に遺憾で厳正に対処していく」とのコメントを出した。

 商店街の店舗に忍び込み金庫を盗んだとして、倉敷署は20日、窃盗と建造物侵入の疑いで指名手配していた倉敷市生まれ、住所不詳、自称無職の男(27)を逮捕した。

  逮捕容疑は8日夜~9日朝の間、JR倉敷駅南の商店街にある衣料品販売店に窓の鍵を壊して侵入し、現金約13万9千円が入った金庫を盗んだ疑い。

  同署によると、聞き込みや防犯カメラの映像などから割り出し、19日に指名手配。20日午前3時ごろ、倉敷駅南の路上を歩いていた男を発見した。「生活費を稼ぐためにやった」と容疑を認めている。この商店街一帯では今月に入り同種の事件が約10件発生しており、関連を調べる。

 パチンコ店で現金約5万円を盗んだとして、堺市消防局は16日、堺市消防局美原消防署の男性職員(20)を停職6カ月の懲戒処分とした。

 市消防局によると、昨年9月26日、堺市北区のパチンコ店で、男性客がパチンコ台に置いた約5万円入りの財布を盗んだ。大阪府警から窃盗容疑で書類送検され、男性客と示談が成立して同12月に大阪地検堺支部が起訴猶予処分とした。

 また、勤務する同東消防署の女子更衣室に入り盗撮用カメラを設置したとして、昨年12月に堺簡裁から建造物侵入罪で罰金10万円の略式命令を受けた男性職員(22)も停職6カ月の懲戒処分とした。2人はいずれも依願退職した。

 ドラッグストアで商品を盗み、逃走中に信号無視をしたとして、下呂署は5日までに、窃盗と道交法違反(信号無視)の疑いで千葉市美浜区幸町、自称飲食店店員(20)、窃盗容疑で千葉県柏市新逆井、自称会社経営(20)を逮捕した。

 2人の逮捕容疑は、4日午前10時15分ごろ、岐阜県下呂市森のドラッグストアで脂肪燃焼剤など11点(計6万9033円)を盗んだ疑い。

 自称飲食店店員の容疑者は同日午前10時45分ごろ、乗用車で逃走中、同市萩原町萩原の国道41号交差点で赤信号を無視した疑い。

 署によると、店からの110番で2人が乗った車をパトカーが追跡。車は店から約16キロ北の市道で雪で動けなくなり、署員が取り押さえた。窃盗容疑について自称飲食店店員の容疑者は否認、自称会社経営の容疑者は「弁護士に相談してから話す」と留保している。

 兵庫県警東灘署は30日、窃盗の疑いで、神戸市東灘区に住む無職の男性(22)と女子中学生(14)を現行犯逮捕した。

  逮捕容疑は同日午後7時半ごろ、同市東灘区の書店で、春秋戦国時代の中国を舞台にしたコミック本38冊(約21000円相当)を盗んだ疑い。容疑を認めているという。

  同署によると、2人は知人で、同店では2日前にもよく似た男女がコミック本約100冊を紙袋に入れて店を出る様子が防犯カメラ映像に残っていた。再び来店した2人を見つけた店長が通報し、駆けつけた同署員が逮捕した。

 兵庫県警捜査2課と宝塚署は30日、詐欺と窃盗の疑いで、京都市右京区の大学生の男(20)と、中国籍の住所不明、無職の男(29)を逮捕した。

 逮捕容疑は、別の男と共謀して29日正午ごろ、宝塚市の女性(83)宅に百貨店員を装って「カードが偽造され換える必要がある。銀行協会の者に渡してほしい」などと電話し、女性宅でキャッシュカード2枚をだまし取った上、午後1時半ごろ、JR宝塚駅近くの銀行の現金自動預払機(ATM)で計100万円を引き出し盗んだ疑い。大学生の男は容疑を認め、無職の男は「友人から言われて出金しただけ」などと否認しているという。

  同署によると、同日午前、同市内で百貨店員を名乗る不審電話が2件相次ぎ、同駅周辺で捜査員が警戒していたところ、大学生の男からカードを受け取った無職の男が現金を引き出すのを確認したという。同署は他に電話をかけた男らがいるとみて捜査している。

 神戸市中央区のスーパーやコンビニで食料品を万引したとして、兵庫県警生田署と葺合署は28日、窃盗の疑いで、いずれも無職で50~70代の男3人をそれぞれ現行犯逮捕した。

 生田署は同日午後3時すぎ、同市中央区中町通のスーパーで酢豚と清涼飲料水を盗んだとして、同市兵庫区の男(77)を逮捕。同署によると「晩ご飯にするために取った」と容疑を認め、現金約6万円を持っていたという。

  同日正午すぎには、中央区楠町のコンビニで弁当やサンドイッチなど6点を盗んだとして兵庫区の男(69)が逮捕された。同署によると「お腹がすいていたが、お金がなかった」と話し、所持金は約200円だった。

  葺合署は同日午後5時前、中央区雲井通のスーパーで缶チューハイや総菜など11点を盗んだ容疑で住所不定の男(57)を逮捕した。

 薬局に侵入し現金を盗んだとして、大阪府警と奈良県警の合同捜査本部は15日までに、窃盗などの疑いで同府羽曳野市高鷲の職業不詳、男性容疑者(41)ら3人を逮捕した。

  両府県では昨年夏以降、調剤薬局を狙った窃盗事件が計約70件起きており、同本部は3人が関与したとみて調べる。いずれも容疑を否認しているという。

  逮捕容疑は昨年12月、奈良県大和郡山市の調剤薬局に夜間、自動ドアを破って侵入し、現金約34万円や通帳などが入った手提げ金庫を盗むなどした疑い。

  同本部によると、薬局を狙った侵入盗は大阪府内で昨年8月以降54件、奈良県で同9月以降に十数件発生。主に閉店後の小規模な調剤薬局が狙われ、レジや金庫の現金が奪われており、一部では金庫に入れていた薬剤も盗まれている。

  男性容疑者らは、ナンバープレートを付け替えた盗難車で現場へ行き、帰りは別の車で帰るなどの偽装工作をしていたという。使用車両や防犯カメラの分析で割り出した。 

 宮崎北署は15日、リサイクル店からブルーレイレコーダーを盗んだとして、窃盗の疑いで日本フットボールリーグ(JFL)のテゲバジャーロ宮崎に所属するサッカー選手、男性容疑者(21)を逮捕した。「盗んだことは間違いない」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、昨年3月15日午後5時25分ごろ、市内の店でレコーダー1台を盗んだ疑い。商品がなくなっていることに気付いた店長が通報した。

 兵庫県警加古川署は13日、窃盗の疑いで、加古川市加古川町粟津のアルバイトの男(38)を逮捕した。

 逮捕容疑は9~12日の間に、勤務先である同市野口町長砂の釣具店で、釣り竿に取り付けるリール1個を盗んだ疑い。

  同署によると、同店を経営する男性(50)が商品の確認中に被害に気付き、アルバイトの男に尋ねて容疑が発覚した。アルバイトの男は容疑を認め、「生活費の足しにするため、これまでも何度か盗んだ」と話しているという。

 スーパーで生がきなどを万引したとして、兵庫県警加古川署は6日、窃盗の疑いで、同県加古川市職員の男(47)を現行犯逮捕した。

  逮捕容疑は同日午後6時45分ごろ、加古川市加古川町のスーパーで、豚肉と生がき(販売価格計約700円)を盗んだ疑い。容疑を認めているという。同署によると、服の中に商品を入れて店を出ようとした男を警備員の女性(45)が取り押さえた。

 兵庫県姫路市内のドラッグストアなどで万引を繰り返したとして、兵庫県警組織犯罪対策課と姫路署などは4日、窃盗の疑いで、ベトナム国籍の男女3人を逮捕した。

  3人の逮捕容疑は、共謀して昨年3月7日夜、姫路市駅前町のドラッグストアで化粧品など計72点(計約15万円相当)を盗んだ疑い。1人は黙秘、他の2人は容疑を認めているという。

  3人はこのほか、同月4日に同市内の2店で化粧品や血圧計など計227点(計約40万円相当)を盗んだ疑いでも逮捕、起訴されている。

 コンビニエンスストアで万引したとして、奈良県警桜井署は26日、窃盗の疑いで、桜井市環境部職員(43)を逮捕した。逮捕時は酒に酔っており、「商品を取って店外に出たのは間違いないが、盗むつもりはなかった」などと供述しているという。

  逮捕容疑は、26日午後9時45分ごろ、桜井市内のコンビニで、清涼タブレット菓子「フリスク」1点(309円相当)を盗んだとしている。

  同署によると、容疑者が代金を支払わずに店の外に出たため、同店の店長(32)が駐車場まで追いかけて取り押さえ、通報を受けて駆けつけた同署員が緊急逮捕した。

 パチンコ店内で客の財布を置引したとして、静岡南署は19日、窃盗の疑いで、静岡市駿河区小鹿の財務省東海財務局職員、男性容疑者(43)を逮捕した。男性容疑者は容疑を認めている。

  逮捕容疑は13日午後9時45分ごろ、同区のパチンコ店でパチンコ台の上に置いてあった現金4万円などが入った財布を盗んだとしている。

  同署によると、男性容疑者は犯行直後にパチンコ店の入り口近くの植え込みに現金が入ったままの財布を捨てていた。店の防犯カメラの映像などから男性容疑者の犯行が分かったという。

 兵庫県警加古川署は11日、窃盗の疑いで土木作業員の男(28)を逮捕した。

 逮捕容疑は10日午後1時前、同市加古川町の釣具店駐輪場で、男子中学生(14)が止めていた自転車の前かごから、釣りざおなど釣り具7点(約3万円相当)を盗んだ疑い。容疑を認めているという。

  同署によると、盗まれた釣り具は生徒が店に入った際に置いていた。生徒は被害に気付き、中古釣具店など周辺の店に友人と手分けして被害を伝えたという。約1時間後、男が中古釣具店へ、下取りに出そうとし、店員が気付いて通報した。

青森県警十和田署は10日、7年前の窃盗容疑で東北町上北南、自称無職の男(68)を逮捕した。窃盗の時効は7年で、あと18日に迫っていた。

  逮捕容疑は2010年12月28日午後4時25分ごろ、十和田市内のスーパーで、タラバガニ2パックなど11点(販売価格計1万8千円)を盗んだ疑い。

  同署によると、男は事件当時、店員に見つかり、容疑を認めたものの、任意での捜査中に、突然行方をくらましたという。

  その後も捜査を続けていた署員が、当時とは別の住居にいる男を発見し、時効間近での逮捕となった。男は容疑を認めており、同署は行方をくらました理由について捜査している。

 スーパーから缶ビール11箱を盗んだとして、兵庫県警宝塚署が7日、尼崎市の無職の男(30)を窃盗容疑で逮捕した。

  逮捕容疑は、5日午後6時ごろ、宝塚市東洋町のスーパーで、缶ビール(350ミリリットル)24本入りの11箱(販売価格5万1084円)を盗んだ疑い。

  同署によると、缶ビールの箱をカートに乗せ、駐車場の自分の車まで3往復する男の姿が防犯カメラに映っていたという。

  また、この約10分後、店の西約550メートルのスーパーでも同じ銘柄の缶ビール13箱(販売価格6万372円)が盗まれており、同署が関連を調べている。調べに対し、男は「よく考えてから話します」と話しているという。

 勤務時間中、牛丼店で注文し、代金として支払った現金を盗んだとして、千葉県警流山署は30日、窃盗の疑いで流山市流山、同市消防本部北消防署の消防士、男性容疑者(20)を逮捕した。

  逮捕容疑は27日午後6時5分ごろ、同市美原の「すき家流山江戸川台店」で牛丼3点(計2100円)を持ち帰りで注文した際、代金として支払った1万円を盗んだ疑い。女性アルバイト店員が釣り銭用の現金を補充するため、1万円札をトレイに置いたまま店内のバックヤードに行った隙を狙ったという。

  流山署によると、男性容疑者は勤務時間中で、自身と同僚の弁当を買いに来ていた。「間違いありません」と容疑を認めている。

  同市北消防署は「詳細が分からないのでコメントできない」としている。

 兵庫県丹波市は30日、スーパーで商品のTシャツに傷を付け、万引したとして逮捕された市道路整備課の男性主幹(43)を、同日付で懲戒免職処分にしたと発表した。

  市によると、男性職員は5月4日、市内のスーパーでTシャツ6点を破り、別のTシャツ6点(販売価格約1万9千円)を盗んだとして、窃盗と器物損壊容疑で9月23日、丹波署に逮捕された。市の聴取でも逮捕容疑を認めているといい、市は人事考査委員会を開いて処分を決めた。

  男性主幹は8月1日に別の市内のスーパーでざるそばを万引したとして同署に現行犯逮捕され、市は9月1日付で停職3カ月の懲戒処分にしていた。市によると、男性主幹は窃盗と器物損壊の罪で略式起訴され、神戸簡裁から罰金50万円の略式命令を受けた。既に納付したという。

  市長は30日、「市職員としてあるまじき行為。信頼を失墜させることになり心からおわび申し上げます。法令順守を徹底し、信頼回復に向け綱紀粛正に努めてまいります」とコメントを発表した。

 体調不良による長期休養中に自分が店長を務める飲食店に入り、現金を盗んだとして、兵庫県警生田署は30日、建造物侵入と窃盗の疑いで、尼崎市の会社員の男(25)を逮捕した。

  逮捕容疑は9月25日、神戸市中央区の居酒屋チェーン店に侵入し、レジ近くに置いてあった現金10万5千円を盗んだ疑い。容疑を認めているという。

  同署によると、男はこの店の店長で、長期療養休暇中だった。同じ場所にあった売上金約30万円には手をつけず、両替用のお金だけ盗んだという。

1  2  3  4  5