火災・放火

ホーム 火災・放火

 18日午前6時15分ごろ、愛媛県大洲市中村の無職、男性(93)方から出火。木造2階建て住宅約100平方メートルを全焼し、焼け跡から1人の遺体が見つかった。妻(87)と連絡が取れておらず、県警大洲署が身元を調べている。男性も腰を打つなどして軽傷を負った。大洲地区広域消防事務組合消防本部によると、男性方は豪雨による床下浸水の被害を受けていた。

  同署などによると、男性がごみ捨てから帰宅した際に火災に気付き、隣人に119番を依頼した。

 16日午後11時前、兵庫県明石市大道町2の2階建て倉庫から出火、床など計約10平方メートルを焼いたほか、保管されていた古書が燃えた。出火当時、倉庫は無人だった。

  明石署などによると、建物は古書販売会社が倉庫として使っており、漫画本など約8万冊が置かれていた。燃え残った本も放水で損害を受けているという。倉庫は施錠されており、従業員の出入りはなかった。

 16日午前1時ごろ、京都府城陽市寺田中大小の機械製造業「イワタ製作所」の倉庫から出火した。鉄骨スレートぶきの約200平方メートルが全焼した。けが人はなかった。
  城陽署によると、倉庫には銅線などが置かれており、出火当時は無人だった。

 16日午前1時35分ごろ、埼玉県さいたま市北区今羽町、アパート1階の女性(48)方から出火、軽量鉄骨2階建てのうち同室の一部を焼いた。けが人はいなかった。

 大宮署によると、女性は1人暮らしで、出火当時は外出していた。室内は施錠されていたという。近隣住民が火事に気付き、119番した。同署で出火原因を調べている。

 16日午前11時前、兵庫県姫路市市之郷の姫路署別棟から出火、鉄筋コンクリート2階建ての2階道場に隣接する機械室約5平方メートルを焼いた。出火当時、道場には署員1人がいたがけがはなかった。

 同署や市消防局によると、別棟には道場のほか、射撃場や倉庫などが入る。火が出たのは機械室内の変電設備で、ショートする危険があるため放水ができず、出火から約3時間半後に消し止められた。

  同署には、消防車や救急車計9台が出動。周辺道路の通行が規制されるなど一時騒然となった。

 15日午前6時40分ごろ、兵庫県豊岡市の女性(84)方から出火、木造2階建て延べ約130平方メートルを全焼した。焼け跡から性別不明の1人の遺体が見つかった。女性と連絡が取れておらず、豊岡南署が遺体の身元を調べている。

  同署などによると、近隣住民から「女性方から炎が出ている」と119番があった。火は隣接する民家3棟にも燃え移り、2棟が半焼、1棟の屋根や壁を焼いた。

  隣に住む住人(54)は「煙が見えて家族と外に避難した。女性は脚が弱く、助けにいこうとしたが炎の勢いで入れなかった」と話した。

 14日午後4時45分ごろ、宮代町中島、無職男性(81)方から出火、木造2階建て倉庫と普通乗用車1台を全焼した。けが人はいなかった。

 男性の家族が火が出ているのを見つけ119番した。杉戸署で出火原因を調べている。

 14日午後8時25分頃、大阪府吹田市桃山台の「府営千里桃山台住宅」B―14棟の、5階一室から出火し、約5時間後に消えた。室内から高齢の男女が見つかり、いずれも搬送先の病院で死亡が確認された。2人は、この部屋の住民とみられ、府警吹田署は、身元の確認を進めている。

 12日午前4時45分ごろ、明和町中谷の職業不詳、男性(78)方から出火したと、新聞配達員の男性から119番通報があった。火は約2時間後に消し止められたが、木造瓦ぶき2階建て住宅約90平方メートルが全焼。男性が重度のやけどを負った。

  館林署によると、近所の住人が近くの路上に倒れていた男性を発見した。同署が出火原因を調べている。

 本県や栃木県などでトラックやスポーツカーなどが盗まれた広域窃盗事件で、本県警と栃木県警の合同捜査班は11日までに、盗みなどの疑いでいわき市、建設作業員、容疑者男(43)ら本県の5人を含む計10人を逮捕、送検した。
  捜査班は東北、関東の7県で計154台、約3億円相当の被害があったとみている。県内ではいわき市や県南地方を中心に約70台の被害があったとみられる。
  送検容疑は、2015(平成27)年1月~18年2月までに、トラックなどを盗んだ疑い。

 10日午前0時20分ごろ、大阪市西成区津守の工場から出火。大阪市消防局によると、工場約30平方メートルが焼け、市消防局が消火活動にあたっている。

  工場からは勢いよく炎が上がり、爆発音も聞こえたという。市消防局や大阪府警西成署が、逃げ遅れやけが人の確認を急いでいる。

 8日午後2時40分ごろ、京都府京田辺市大住大峯の金属加工業「シンワ工業」から出火し、平屋建ての工場2棟計400平方メートルと、隣接する谷口自動車の工場約50平方メートルが全焼し、別の工場の壁面が焼けた。
  田辺署などによると、シンワ工業は自動車部品などを製造しており、工場には金属部品などが置かれていた。この日は休業で、けが人はなかった。同署などが出火原因を調べている。
  近くに住む男性(65)は「建物は真っ黒な煙に覆われ、炎も見えた。時々ポンポンと音がしていた」と心配そうに話していた。

 8日午前8時10分ごろ、大阪府高槻市寿町の民家で、「白煙が上がっている」と近隣の女性から110番があった。木造2階建て住宅約60平方メートルを全焼し、2階部分で成人男性とみられる遺体が見つかった。

  大阪府警高槻署によると、この家に1人で住んでいた男性(75)と連絡が取れておらず、同署が遺体の身元を確認するとともに出火原因を調べている。

 7日午前0時10分ごろ、横浜市港北区大曽根台の無職の女性(44)方から出火したと、近所の女性(71)から119番通報があった。木造2階建て住宅の2階約40平方メートルが燃え、女性の長女(8)と次女(5)が煙を吸い込むなどのけがを負った。港北署が原因を調べている。

  同署によると、女性方は4人暮らし。出火前、女性は2階で娘2人を寝かしつけ外出した。長女は自力で外に逃げ、次女は2階のベランダに出たところを近所の男性(32)に救出された。長男(12)は別の場所にいて無事だった。

 6日午後11時35分ごろ、岡山県総社市下原の工場「朝日アルミ産業」で、アルミニウムの溶解炉が爆発した。周辺の住宅や車庫計3棟が全焼。爆風で住宅の窓ガラスが割れ、十数人が腕や指を切るなどした。工場は高梁川沿いにあり、増水したため同日午後10時ごろに炉の運転を停止し、従業員は退避していた。浸水による漏電や落雷の可能性があるという。再爆発の恐れがあり、住民は近くの施設に避難した。

  近くの主婦(62)は「『ドッカーン』という音がして下から突き上げるような揺れがあった。1階のガラスが全て割れた」。男性会社員(30)は「テレビでサッカーを見ていたら家の扉が全て吹っ飛んだ。火山が噴火したのかと思った」と驚いた様子だった。

 6日午前3時55分ごろ、愛知県西尾市吉良町上横須賀雑役免、無職、男性(71)方から火の手が上がっていると付近住民が119番した。軽量鉄骨2階建て住宅約360平方メートルをほぼ全焼し、男性と妻(69)の死亡が確認された。

 同署と同市消防本部が出火原因を調べている。

 4日午後5時35分ごろ、安中市下秋間の花火製造会社「パイロテクニカ」工場の火薬庫から出火したと、男性従業員から119番通報があった。この火災で、鉄筋コンクリート造り平屋火薬庫内に保管されていた火薬約1トンが燃えた。安中署によると作業をしていた従業員5人は避難して無事だった。

 4日午前6時45分頃、大阪市高速電気軌道(大阪メトロ)御堂筋線の長居駅で、ホーム脇の排水ポンプ室から煙が出ていると、駅員から119番があった。

  市消防局員が駆けつけたところ、煙はほぼ収まっており、火災ではないと判断したが、御堂筋線と、相互乗り入れする北大阪急行電鉄の全線で約1時間運転を見合わせた。大阪メトロによると、上下24本が最大1時間9分遅れ、約9万1000人に影響した。市消防局が発煙の原因を調べている。

 2日午後2時40分ごろ、京都府長岡京市竹の台の店舗兼住宅から出火、木造2階建てが全焼した。けが人はなかった。当時、現場付近を含めて市内では約400軒で落雷による停電が生じており、向日町署は雷が出火原因の可能性があるとみて調べている。
  火元の西隣には、小規模保育園「チェリーズハグ長岡京園」があった。出火当時、昼寝中だった0~2歳の乳幼児9人を、保育士らが近隣住民の助けを得ながら避難させた。
  運営するNPO法人「いんふぁんとroomさくらんぼ」の代表理事(55)の説明では、近くの子育て支援センター職員が煙に気付き、同園へ知らせた。近隣住民や通行人も協力し、炎を上げる建物を脇目に乳幼児をベビーカーに乗せたり、抱きかかえたりして、支援センターにいったん身を寄せた、という。「もしも、火災に気づけていなかったら、どうなっていたことか」と、こわばった表情で語った。
  夕方には、急きょ仕事を切り上げた保護者が支援センターに駆けつけ始め、1歳の長男を迎えに来た会社員女性(30)は「燃えた跡を見て、逃げ遅れていたら本当に怖いと思った。子どもが無事で何より」と安心した様子を見せた。

 1日午後3時15分ごろ、埼玉県久喜市菖蒲町下栢間、電器販売業男性(67)方から出火、モルタル3階建て倉庫と隣接するモルタル2階建て店舗兼住宅を全焼した。男性は喉にけがを負って救急搬送されたが、命に別条はないという。

 久喜署によると、倉庫が燃えているのに気付いた男性の妻(63)が119番した。倉庫には車や製品、部品などが置かれており、出火当時、男性が倉庫内で作業をしていたという。店舗兼住宅には男性の長男夫婦と子ども2人が住んでいたが、外出中だった。同署で詳しい出火原因を調べている。

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11