自宅での事件

ホーム 自宅での事件
 女性の下着を繰り返し盗んだとして、兵庫県警兵庫署は24日、窃盗の疑いで、神戸市兵庫区に住む無職の男(34)を送検し、捜査を終えた。同署は6件24点の被害を裏付けたとしている。
 送検容疑は2017年6月から19年4月までの間、同区や垂水区内にある民家や集合住宅の1階ベランダなどに侵入し、ブラジャーやショーツ、ストッキングなどを盗んだ疑い。
 同署によると、「性欲を満たすためだった」と容疑を認めている。同署は男の自宅の家宅捜索で女性用下着約200点を押収したという。
 岡山県警倉敷署は19日、窃盗、窃盗未遂、住居侵入の疑いで、岡山市、高所作業員男(22)と倉敷市、無職男(21)の両容疑者を再逮捕した。
 再逮捕容疑は、2人は共謀して4月7日深夜~8日早朝、井原市、男性(86)方に侵入し室内を物色し、8日未明~朝には同市、男性(77)方に忍び込み、たんすから現金17万円を盗んだ疑い。
 同署によると、高所作業員男が侵入役、無職男は見張り役。2人は「遊ぶために盗んだ」と容疑を認めている。他にも同様の窃盗被害があり、関連を調べる。高所作業員男は5月に強盗致傷などの疑いで再逮捕、無職男は4月に詐欺の疑いで逮捕されていた。
 福岡県警早良署は18日、住居侵入と窃盗の疑いで、福岡市南区に住む介護士の男(29)を逮捕した。逮捕容疑は5月24日午後1時半ごろから同6時10分ごろまでの間、同県粕屋町の会社員男性(64)方に侵入し、現金や記念硬貨などを盗んだ疑い。
 アパート隣室の空き部屋から延長コードで電気を盗んだとして、福岡県警粕屋署は14日、同県古賀市中央、会社員の男(35)を窃盗と邸宅侵入の両容疑で逮捕した。「料金を滞納して電気が止まったので、隣の電気を盗んだ」と容疑を認めているという。
 発表では、男は昨年9月29日頃、アパート隣室の空き部屋に忍び込み、コンセントに延長コードを差し込んで自室まで引き込み、4月16日までの間、1万4000円相当の電気を盗んだ疑い。空き部屋の前の住人が電気使用の契約をしたままで、気付かずに料金を支払っていたという。
 コードは数メートルで、ベランダにはわせて窓から引き入れていた。空き部屋の清掃に訪れた業者が、男の部屋につながるコードを発見。連絡を受けた管理会社が110番して発覚した。
 住人がいないため住居侵入容疑ではなく、空き家や空き部屋などに適用される邸宅侵入容疑で逮捕した。
 交際相手の自宅から高級ブランドの腕時計を盗んだとして、兵庫県警生田署は8日、窃盗の疑いで神戸市中央区の無職の男(41)を逮捕した。
 逮捕容疑は1月8日午後8時ごろから9日午後10時ごろまでの間、同市中央区下山手通にあった女性(37)宅からシャネルの腕時計1個(時価159万6千円相当)を盗んだ疑い。同署の調べに容疑を認めているという。
 北播地域で空き巣をしたとして、兵庫県警捜査3課と小野署、加西署は7日までに、窃盗などの疑いで、住所不定の無職の男(23)を逮捕した。起訴済みの2件を含め、加西市と小野市で窃盗など24件76万円相当の被害を裏付けたといい、近く捜査を終える。
 逮捕容疑は1月19日、小野市敷地町の民家に、窓ガラスを割って侵入し、テレビゲーム機など(1万8500円相当)を盗むなどした疑い。調べに対し「生活費を得るためだった」などと容疑を認めているという。
 同課によると、男は昨年11月から無職で、姫路市の交際女性には「加西市内の花屋で働いている」と偽っていたという。出勤を装って頻繁に女性に車で加西市に送ってもらい、周辺をうろつきながら侵入する民家などを探していたとみられる。
 空き家から釣り具などを盗んだとして、兵庫県警捜査3課と飾磨署などは5日、窃盗と住居侵入の疑いで、いずれもベトナム国籍の男女3人を再逮捕した。
 再逮捕容疑は2月6日午後0時ごろ~同月13日午前10時ごろ、共謀し、朝来市生野町真弓の空き家に侵入し、釣りざおやリールなど計45点(現金約43万円相当)を盗んだ疑い。同課は3人の認否を明らかにしていない。
 3人は5月16日、姫路市夢前町護持の空き家からギターを盗んだとして、同課などに逮捕されていた。
 同課によると同日、3人が盗品を保管していたとみられる同市内の民家を捜索したところ、朝来市の空き家を所有する男性(91)から被害届が出ていた釣りざおなどが見つかったといい、同課が捜査していた。
 民家で高級腕時計などを盗んだとして、札幌南署は5日、札幌市西区、無職の女(55)を窃盗などの容疑で逮捕し、盗品を受け取っていた三男の同区、自称会社員(29)を組織的犯罪処罰法違反(犯罪収益の収受)容疑で逮捕したと発表した。
 発表によると、女は3月25日、同市中央区内の男性研究員(50)宅に侵入。現金約18万円と高級腕時計「ロレックス」など約30点(計約130万円相当)を盗んだ疑い。三男は同日、母親から盗品のロレックスを受け取った疑い。当時、女は介護職員として男性宅に出入りしていたという。
 調べに対し、2人はそれぞれ容疑を認めており、女は「生活費に困っていた」と供述している。
 埼玉県の狭山署は4日、窃盗の疑いで自称東京都江戸川区春江町、解体業の男(24)を逮捕した。
 逮捕容疑は4日正午ごろから、狭山市に住む女性(81)方に百貨店店員などを名乗り、「あなたのクレジットカードを使ってバッグを買った人がいる」「カードが偽造されている。暗証番号を教えて」「新しいカードをお持ちします」と電話をかけて女性方を訪れ、キャッシュカード4枚をだまし取った疑い。
 同署によると、狭山市内で特殊詐欺とみられる電話が多くあり警戒していたところ、女性宅付近で不審な様子の男を発見。女性名義のカードを持っていたことから犯行が分かった。「キャッシュカードを取ったことは間違いない」と容疑を認めているという。
 徳島板野署は3日、窃盗と住居侵入の疑いで板野町大寺、無職の男(30)を再逮捕した。
 再逮捕容疑は、昨年9月22日午後10時から同23日午前4時ごろ、板野町の30代男性宅に侵入し、1階脱衣所の洗濯かごに入っていた家族のパンツやキャミソールなど4点(時価計2100円相当)を盗んだとしている。
 男は板野町の民家から録画機器を盗んだとして4月に逮捕され、5月にも鳴門市の民家から下着2枚を盗んだとして再逮捕された。
 岡山県警岡山西署は3日、窃盗と住居侵入の疑いで兵庫県高砂市生まれ、住所不定、無職の男(24)を再逮捕した。
 再逮捕容疑は5月22日夜から23日早朝までの間に、岡山県総社市の男性(85)方に無施錠の高窓から忍び込み、台所にあった現金22万9千円入りの長財布など3点(計5千円相当)を盗んだ疑い。
 同署によると、倉敷、総社、笠岡市で4月中旬以降、手口の似た窃盗事件が計約20件発生。男性容疑者は「他にもやった」と供述しており、関連を調べる。
 兵庫県警姫路署は5月31日、住居侵入と窃盗の疑いで、姫路市の無職男(77)を逮捕した。別の事件で男を取り調べたことのある捜査員が、防犯カメラの映像を見てよく似た人物と気付いたという。
 逮捕容疑は27日午前9時半ごろ、同市内の建築業の男性宅に侵入し、現金約2万2千円とクレジットカード2枚などが入った財布を盗んだ疑い。
 同署によると、男性宅近くにある防犯カメラに男の顔などが記録されていたという。
 福岡県警久留米、大牟田両署は31日、窃盗などの疑いで、福岡県久留米市に住む自営業の男(27)ら男3人を逮捕、送検し捜査を終結したと発表した。逮捕、送検容疑は1月11日~2月9日、同市の民家や会社事務所計4軒に侵入し、うち1軒から現金約5万円や腕時計など18点(時価合計約1062万円相当)を盗むなどした疑い。両署は福岡、佐賀両県で64件(総額約2764万円相当)の被害を確認した。
 民家の門扉計5枚を盗んだとして、兵庫県警川西署は29日、窃盗の疑いで川西市、米国籍の無職の男(48)を逮捕した。
 逮捕容疑は9日午後3時半~午後9時ごろ、同市荻原台東の民家3軒からアルミ製の門扉計5枚(約4万3千円相当)を盗んだ疑い。調べに対し「弁護士が来るまで黙秘する」と話しているという。
 同署によると、男はそれぞれの民家前に車を止め、門扉を手で取り外して運び去っていたという。転売目的だったとみられる。市内では4月上旬から同様の被害が10件以上あり、同署が関連を調べている。
 陸上自衛隊福島駐屯地は27日、複数回にわたり県内の民家に侵入して女性用下着などを盗んだとして、第44普通科連隊の2等陸曹、被告(38)を懲戒免職処分にしたと発表した。処分は同日付。
 同駐屯地によると、被告は昨年6~9月にかけて、県内の複数の民家に侵入し、女性用下着など約70点(計3万4千円)を盗んだとしている。
 第44普通科連隊長の1等陸佐は「地域住民にご迷惑をお掛けしたことに深くおわび申し上げたい。社会人、自衛官としてのモラル向上を重視し、隊員を教育していきたい」とのコメントを出した。
 福岡東署は23日、住居侵入と窃盗の疑いで、福岡市東区に住む飲食店従業員の男(60)を再逮捕した。再逮捕容疑は2017年9月28日午後、同区の無職男性(68)方に忍び込み、現金約1万1千円を盗んだ疑い。
 新築工事中の住宅に侵入してトイレ一式を盗んだとして、福岡県警飯塚署は21日、同県福智町の自営業の男(28)と、同居する設備工の男(44)を邸宅侵入と窃盗の容疑で逮捕し発表した。2人の認否は明らかにしていない。
 発表によると両容疑者は昨年11月24~30日、同県飯塚市内で建設中だった会社役員(62)宅に侵入し、置かれていた洋式トイレ一式(時価約40万円)を盗んだ疑いがある。同署は転売されていた一式を見つけ、容疑者を特定したという。自営業の男は当時、配管工事業者として工事に関わっていたという。
 同署管内では同時期に、別の新築住宅からトイレが盗まれる事件が1件あり、署は関連を調べている。
 空き家でギターを盗んだとして、兵庫県警捜査3課は16日、窃盗の疑いで同県姫路市に住む20~30代のベトナム人男女3人を逮捕した。捜査関係者への取材で分かった。全国的に空き家の増加が社会問題化し、同県内でも無人の住宅で家財が狙われる事件が目立つようになり、県警は被害防止対策を呼び掛けている。
 捜査関係者によると、県内では2015年1月から今年4月、空き家の窃盗被害が約千件発生。昨年は約300件で、今年はそれを上回るペースという。一部に3人が関与したとみて調べる。
 16日午前11時40分頃、栃木県宇都宮市峰の無職女性(81)から「室内が荒らされ、金が盗まれた」と110番があった。自宅から現金約5000万円がなくなっており、宇都宮東署が窃盗事件として捜査している。
 発表によると、女性は16日午前10時頃に外出し、約1時間半後に帰宅したところ、複数の部屋が荒らされ、人目に付かない場所に保管していた1万円札約5000枚がなくなっていたのに気づいた。鍵は掛けていたという。
 佐川急便の下請け会社のドライバーとして請け負った宅配物の金券約55万円分を盗んだとして、名古屋・守山署は15日、窃盗の疑いで、愛知県豊田市西中山町椋木、自称塗装会社員男性容疑者(26)を逮捕した。
 逮捕容疑は、2月12日午後2時45分ごろから午後6時ごろまでの間、愛知県尾張旭市内またはその周辺部で集荷した宅配物を盗んだとされる。宅配物には、図書券や商品券など274点(計約55万円分)が入っていた。
 署によると「取っていません」と容疑を否認している。集荷後の荷物の行方が分からなくなったとして、佐川急便が2月下旬に署に連絡した。男性容疑者は事件後、下請け会社を辞めている。
 佐川急便は逮捕を受け「ご迷惑とご心配をお掛けして誠に申し訳ございません。協力会社を含め、モラル教育の再徹底を図り、再発防止に努めてまいります」とコメントした。
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

2019年6月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30