自宅での事件

ホーム 自宅での事件
 陸上自衛隊久居駐屯地は18日、同僚の財布からキャッシュカードを盗んだなどとして、第33普通科連隊の男性陸士長(20)を懲戒免職処分にした。警務隊が近く窃盗容疑で書類送検する方針。
 同駐屯地によると、男性陸士長は昨年11月17日から12月18日までの間、4回にわたって、同室の同僚隊員1人の財布から銀行のキャッシュカードを抜き取り、現金を引き出した後で元に戻す行為を繰り返した。引き出した現金は計32万2千円に上るという。
 現金が引き出されていることに同僚隊員が気付き、警察などに相談。今年1月19日に男性陸士長が上司に犯行を自供して発覚した。2月1日に全額弁済し、示談が成立している。
 連隊長は「隊員に対する服務指導に努め、自衛官としての心構えに関する指導を徹底する」とコメントした。
 福岡県警は15日、窃盗などの疑いで、同県飯塚市伊岐須、無職男性容疑者(37)を逮捕したと発表した。2月6日の現行犯逮捕時、アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」のキャラクターに似た衣装を着ており、「コスチュームを着ると泥棒をしたくなる」などと容疑を認めているという。
 逮捕容疑は2月6日正午すぎ、同県宗像市の女性(65)宅に侵入し、現金1万7197円を盗んだ疑い。
 県警によると、1月以降、宗像市と隣接する同県鞍手町などで民家の空き巣が数件発生し、「変な格好をした男」の目撃情報が相次いでいた。現行犯逮捕された際、女性用水着や全身タイツ、コスチュームを重ね着し、侵入用とみられるドライバーを所持していた。
 県警は、宗像市などで計10件(総額3万3172円)の被害を確認した。
 民家に侵入して現金などを盗んだとして、神奈川県警捜査3課は14日、住居侵入と窃盗の容疑で、住所不定、無職の男性A被告(35)を再逮捕した。容疑を一部否認している。
 逮捕容疑は平成30年9月13日午前6時50分ごろから午後9時15分ごろまでの間、別の男と共謀して横浜市旭区の民家2軒に侵入し、指輪や商品券12枚(額面計2万4千円)、現金約55万円などを盗んだとしている。
 同課によると、県警は13日に共犯の自称会社員、男性B容疑者(34)を逮捕。男性B容疑者は容疑を否認している。一方、男性A容疑者は「借金を返すために500件くらい空き巣をやったが、共犯者はいない」などと供述している。
 県警は昨年1月ごろから10月ごろまでの間、愛知、山口など1都9県で犯行を繰り返していた可能性があるとみている。
 富津署は14日、窃盗未遂の疑いで、富津市西大和田、自称団体職員、男性容疑者(28)を逮捕した。「洗濯物から女性の下着を探したが、干してなかったので盗めなかった」などと容疑を認めている。
 逮捕容疑は1月17日午前11時ごろ、同市の女性(44)方から洗濯物を盗もうとした疑い。付近の住民から通報を受けて、同署で捜査していた。
 兵庫県播磨町の民家で現金などを盗んだとして、県警捜査3課などに逮捕された住所不定、無職の男(30)が、加古川市内などで上下スライド式の窓が付いた勝手口ばかりを狙う手口で空き巣を約80件重ねていたことが8日、捜査関係者への取材で分かった。家人が出掛ける際、ドア自体は施錠するが、スライド式の窓は無施錠になりがちといい、窓を下ろしてドアの鍵を開けていたという。
 捜査関係者によると、男はこの手口で2018年5月ごろから19年1月にかけて、東播地域の民家に繰り返し侵入し現金などを盗んだ疑いがある。被害は起訴分を含む約80件、計約300万円相当に上るとみられる。
 スライド式の窓は網戸が付いているものが多く、近年、通気のため設置する民家が増加。男はスライド式の窓の無施錠を確認した後、ライターなどで網戸に穴を開け、ドア本体の鍵を開けていたという。調べに対し、「勝手口の小窓は、季節を問わず鍵が掛かっていないことが多く、そこから侵入した」などと話しているという。
 警備会社大手のALSOK(東京)によると、周囲から見えにくい勝手口は侵入経路として狙われやすいという。担当者は「小さい窓やドアも無施錠にすれば侵入されるきっかけになる。あらゆる場所の施錠を徹底するのが最も重要」と呼び掛けている。
 埼玉県の浦和西署は7日、窃盗の容疑で、住所不定、無職の男(35)を逮捕した。
 逮捕容疑は氏名不詳の者と共謀して昨年9月12日午後1時ごろ、神奈川県鎌倉市の無職男性(84)方に神奈川県警の警察官などを名乗って電話をかけて自宅を訪れ、封筒をすり替えてキャッシュカード1枚を盗んだ疑い。
 同署によると、男の携帯電話の地図検索の履歴と被害状況が一致したことなどから犯行を特定した。男は「黙秘します」と供述しているという。
 男は今年2月、警察官などを装って電話をかけ、キャッシュカードを盗んだなどとして、同署に逮捕されていた。
 金融庁職員になりすましてキャッシュカードを盗んだとして、白河署は6日午後2時5分、盗みの疑いで、水戸市、無職、容疑者男(35)を再逮捕した。容疑者は東北地方のほか、九州地方などで数十件を繰り返し、容疑者らのグループによる被害額は数千万円に上るとみられる。
 逮捕容疑は、仲間と共謀して1月15日、金融庁職員を名乗って白河市の60代男性宅を訪問、キャッシュカードと暗証番号を書いた紙が入った封筒を盗んだ疑い。県警によると、容疑者は受け取り役の「受け子」や現金引き出し役の「出し子」とみられる。「平田匠」の偽名を使い、偽造した金融庁職員の身分証明書を提示して犯行に及び、盗んだキャッシュカードで同市の金融機関の現金自動預払機(ATM)から50万円を引き出していた。数人の仲間と共謀し、役割分担した上で犯行に及んでいたとみられる。
 空き巣に入ってキャッシュカードを盗んだ後、警察官を装って被害者から暗証番号を聞き出すなどしたとして、京都府警捜査3課と南丹署などは6日までに、窃盗や住居侵入の疑いで、京都市中京区西ノ京冷泉町、食品販売業手伝いの男(60)ら男3人を逮捕、追送検し、計120件(計3210万円相当)の被害を裏付けたと発表した。
 男らは共謀し、2017年2月3日、京都府京丹波町の男性(67)方に侵入し、現金40万円とキャッシュカードを盗み、福知山市のATMで122万円を引き出すなど、16年5月~17年11月、亀岡市や南丹市、兵庫県篠山市などで空き巣を繰り返した疑い。
 府警によると、男らは被害者宅からカードを盗んだ後、警察官を装って「あなたの家が泥棒に入られた。カードの利用を停止する必要がある」とうその電話を掛け、暗証番号を聞き出して、現金を引き出していたという。
 埼玉県の幸手署は2日、住居侵入と窃盗の疑いで、宇都宮市五代、無職の男(41)を逮捕した。逮捕容疑は2月27日午前0時ごろから午前8時ごろまでの間に、久喜市内の男性(69)方に侵入し、現金9万円と敷地内に止めていた自転車1台(時価1万円相当)を窃取した疑い。
 同署によると、警戒中の署員が久喜市中里の路上で、不審な男を発見して職務質問を行ったところ、犯行を自供したため逮捕した。「生活費が欲しかった」と容疑を認めているという。
 知人宅から現金を盗んだとして、神奈川県警藤沢北署は1日、窃盗容疑で住所不定、無職の女性容疑者(20)を逮捕した。容疑を認めている。
 逮捕容疑は2月10日午前2時ごろから同10時45分ごろまでの間に、宿泊していた同県藤沢市の知人男性宅で、財布などから現金14万円を盗んだとしている。
 同署によると、女性容疑者は9日夜、同県内の飲食店で知人男性らと食事をし、男性宅に2人で帰宅。翌朝、男性が起床すると、女性容疑者の姿が見当たらず、かばんに入れていた財布や部屋に置いておいたポーチなどから現金がなくなっているいることに気付き、110番通報した。女性容疑者は知り合いの家を転々とする生活を送っていた。取り調べに対し、「生活に困っていた」と供述している。同署は事件の詳しい経緯を調べている。
 埼玉県の所沢署は27日、窃盗の疑いで、所沢市久米、無職の男(23)を現行犯逮捕した。
 逮捕容疑は、同日午前5時15分ごろ、所沢市御幸町の会社員男性(41)方に侵入し、現金9千円を盗んだ疑い。
 同署によると、1階で就寝していた男性が2階で物音がするのに気付き、2階を確認したところ男を発見し取り押さえ、駆け付けた同署員に引き渡した。男は無施錠だった1階窓から侵入した。
 「遊ぶ金が欲しかった」と容疑を認めているという。
 住宅に侵入し鉄道模型を盗んだとして、滋賀県警甲賀署は21日、住所不定無職の男性容疑者(53)を住居侵入と窃盗の疑いで逮捕し、発表した。容疑を認めている。
 署によると、男性容疑者は昨年12月上旬ごろから1月29日午後4時半ごろまでの間、甲賀市内の警備員男性(76)宅に侵入し、鉄道模型(Nゲージ)計126点(時価約45万円相当)を盗んだ疑いがある。
 男性が鉄道模型を最後に確認したのは昨年12月上旬ごろで、1月29日に1階の窓ガラスが割られ、2階の鉄道模型が盗まれているのに気づいたという。署は男性容疑者が複数回に分けて、男性宅に侵入していたとみて調べている。
 埼玉県幸手市の住宅に侵入し切手を盗んだとして男が逮捕された事件で、県警捜査3課と幸手、久喜署の合同捜査班は19日、窃盗などの疑いで、住居不定、無職の男(47)をさいたま地検に追送検した。捜査班は埼玉、栃木、茨城県で発生した窃盗事件など35件(被害総額約324万円)を確認、うち29件(同約164万円)を追送検し、捜査を終結した。
 追送検容疑は2017年5月23日~昨年9月5日ごろ、久喜市小右衛門の住宅ほか28カ所に侵入、現金計約41万円と指輪など82点(時価計約123万円)を盗んだ疑い。
 同課によると、男はハンマーでガラス窓などを打ち破り侵入。現金のほか貴金属や商品券などを盗んだ。
 幸手署が昨年9月、住居侵入の疑いで、男を現行犯逮捕し、捜査班を組んで余罪を捜査していた。被害は久喜市13件、さいたま市7件など。男は「生活費、ギャンブルなどに使った」と容疑を認めているという。
 滋賀県警や三重県警などの合同捜査班は19日、愛知県大治町花常、無職の男(36)について、計100件(9600万円相当)の犯行を裏付け、うち7件(170万円相当)を送検し、捜査を終結したと発表した。
 送検容疑は、昨年6月15日、草津市の民家に侵入し、現金11万円と指輪などの貴金属69万円相当を盗むなどした疑い。
 滋賀県警によると、男は2017年4月~昨年7月、レンタカーで移動し、近畿と東海、関東の1都10県の民家で空き巣などを繰り返していたという。
 岐阜県警恵那署は18日、窃盗未遂と住居侵入の疑いで、恵那市立大井小学校の講師(31)を逮捕した。
 逮捕容疑は、昨年5月25日午前9時45分~50分、同市の男性会社員(39)方の1階デッキに干してあった女性用下着を盗もうとした疑い。「敷地には入ったが、下着を盗むつもりはなかった」と容疑を一部否認しているという。
 市教育委員会の教育長は19日、市役所で記者会見し「子どもに善悪を教えるべき立場の者で、情けない。市民に大変申し訳ない。再発防止に努めたい」と陳謝した。
 市教委によると、容疑者は犯行当時、同市立山岡小の学習支援員として勤務。昨年8月から大井小に勤め、担任クラスを持っていた。
 埼玉県警捜査3課と川越署の合同捜査班は7日までに、窃盗と住居侵入の疑いで、住所不定、無職の男(24)を逮捕した。
 逮捕容疑は昨年12月31日午前3~7時ごろの間、川越市仲町の男性医師(58)方に侵入、現金約37万6千円を盗んだ疑い。「生活費や遊興費欲しさでやった」と容疑を認めているという。
 同課によると、男は1階の窓を外して侵入。台所の棚などにあった現金を盗んだ。男性は就寝中で気付かなかったという。
 付近の防犯カメラの捜査などから男の関与が浮上。行方を捜していた県警の捜査員が6日、東京都清瀬市内のパチンコ店で発見した。
 川越市内では昨年9月23日~今年1月11日、同様の忍び込み窃盗事件が29件発生。男は「川越で30件ぐらいやった」と余罪についてもほのめかしているという。
 アパートに空き巣に入り現金を盗んだとして、神奈川県警捜査3課は7日、住居侵入と窃盗の疑いで、同県藤沢市亀井野の建築業、男性被告(37)を追送検した。容疑を認めている。
 追送検容疑は昨年8月21日午後5時半ごろから同11時ごろまでの間、同市湘南台に住む会社員の男性(29)宅に侵入し、現金1万円を盗んだとしている。
 同課によると、男性容疑者は市内で空き巣に及んだとして住居侵入などの疑いで同年9月から11月にかけ4回逮捕され、うち2件で起訴されている。市内や隣接する同県の鎌倉、茅ケ崎両市などでは、平成29年5月から昨年9月にかけて、アパートを狙った空き巣が約100件発生し、判明しているだけで700万円余りの被害が出ているといい、同課は男性容疑者の関与を調べている。
 京都府警山科署は6日までに、窃盗と住居侵入の疑いで、京都市山科区大塚南溝町、会社員(61)ら男3人を逮捕した。
 逮捕容疑は共謀し、昨年2月25日午後4時50分ごろ、山科区の男性(73)宅に侵入し、2階の床の間にあった日本刀の真剣2本と模造刀1本、茶道具5点(計約130万円相当)を盗んだ疑い。
 山科署によると、会社員は「何のことか全然分かりません」と容疑を否認しているという。
 高級住宅街を狙って空き巣をしたとして、兵庫県警捜査3課などは韓国籍の男2人を住居侵入と窃盗の疑いで逮捕し、1日に発表した。逮捕は1月31日。空き巣はインターホンを押して住人の不在を確認してから侵入したとみられ、捜査員らは「インターホン男」と呼んで行方を追っていた。
 逮捕されたのは住所不定、自称自営業の男性A容疑者(68)と、無職の男性B容疑者(51)。2人の逮捕容疑は、1月18日午後0時20分~4時半ごろ、ほかの人物とも共謀のうえ、芦屋市の戸建て住宅に侵入。室内にあった腕時計やダイヤの指輪、ネックレスなど計15点(1140万円相当)を盗んだとする内容。
 捜査3課によると、2人は現場周辺までタクシーで移動。A容疑者が見張りをしている間にB容疑者が住人の留守を確かめ、侵入したとみられるという。インターホンや防犯カメラの映像などから2人が関与した疑いが浮上した。
 今年に入り、芦屋市と西宮市、神戸市東灘区、同市灘区の高級住宅などでも手口の似た空き巣被害が相次いでいるといい、県警が関連の有無を調べている。
 千葉県警行徳署は29日、窃盗の疑いで市川市塩浜、会社員、男性容疑者(33)を逮捕した。
 逮捕容疑は昨年8月31日午後8時半~翌9月1日午前7時半ごろの間に、同市内の男性(37)方の集合住宅1階ベランダに侵入し、女児用下着1点(千円相当)を盗んだ疑い。
 同署によると、ベランダをよじ登った際の指紋などから男性容疑者を特定。「やったことは間違いない。欲求を満たすためだった」などと容疑を認めているという。
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31