マンションでの事件

ホーム マンションでの事件

 16日午前2時10分ごろ、大阪市西成区花園北の鉄筋11階建てマンションの住人から「焦げ臭いにおいがする」と119番があった。6階の一室の約1平方メートルが焼け、住人の男性がのどに軽傷を負った。

 大阪府警西成署によると、玄関は施錠されていたため消防はベランダ側から突入。男性は70代とみられ、消防が室内に入った当時、部屋の中で座っていたという。同署で男性の身元確認を急ぐとともに原因を調べている。

 10日午後3時ごろ、東京都葛飾区柴又のマンション1階の部屋から出火し、通行人の男性から「煙が見える」と119番通報があった。火は約45分後に消し止められたが、この部屋に住む60代男性が全身にやけどを負い、搬送先の病院で死亡が確認された。

  警視庁亀有署によると、男性は1人暮らし。出火当時、玄関や窓は施錠されており、ベッド付近が激しく燃えていた。同署で詳しい出火原因を調べている。

 4日午後9時半ごろ、東京都豊島区西巣鴨2丁目の4階建てマンションから出火し、1階にあるリサイクルショップ約20平方メートルなどが焼けた。警視庁巣鴨署によると、2~4階が住居となっており、3階から男性1人が救助されたが、搬送先の病院で死亡が確認された。煙に巻かれたとみられる。住人の50代の男性と連絡が取れていないという。2階からも煙を吸った70代の女性が救助されたが、軽傷という。

 マンションの一室に忍び込んで財布を盗んだ後、同じ部屋に戻って住人の女性にわいせつな行為をしたなどとして、大阪府警は28日、神戸市灘区琵琶町1丁目、無職男性容疑者(46)を強制わいせつ致傷や窃盗などの疑いで逮捕したと発表した。「身分証の顔写真を見て、女性を気に入ったので戻った」と供述しているという。

  捜査1課によると、男性容疑者は1月20日未明、大阪市内のマンションで、女性(31)の部屋に無施錠の玄関から侵入。現金2万8千円や免許証が入った財布を盗んだ疑いがある。その約20分後、同じ部屋に再び忍び込み、寝ていた女性の口を手でふさいで胸をさわった疑いがある。

  男性容疑者は強制わいせつ罪で起訴され、ほかに同市や神戸市での窃盗罪など3件でも起訴された。

 20日午前3時45分ごろ、大阪市住吉区我孫子西の鉄骨4階建てマンション「サングリーン」4階の無職女性(77)方から煙が出ているのを見た付近住民が119番。この火災で、女性方の寝室約3平方メートルが焼けた。就寝中だったとみられる女性は病院に運ばれたが、ほぼ全身にやけどをしており、死亡が確認された。

  大阪府警住吉署によると、室内に敷いていた布団の部分が最も燃えていたほか、近くではたばこの吸い殻が確認されたという。同署で原因を調べている。

 マンションの高層階を狙って室内に侵入する窃盗を繰り返したとして、大阪府警捜査3課は16日、住居侵入や窃盗などの疑いで、大阪府東大阪市に住む無職の男(59)を逮捕・送検し、11件の被害(総額約46万円相当)を裏付けて捜査を終えたと発表した。

  同課によると、男は捜査員の間で「クモ男」と呼ばれており、滑り止めがついた手袋をはめて、ベランダの手すりや雨どいを足場にして上階によじ登っていた。

  男は元大工で「5階以上の部屋のベランダは無施錠が多いので狙った。恐怖心はなかった」と供述。9~11階建てマンションの7~11階の部屋が被害に遭っていたという。

  送検容疑は3月下旬、大阪市西成区長橋の10階建てマンションの7階と9階の一室に無施錠のベランダから侵入して現金計約8万円を盗むなど、3月~5月下旬、大阪市や東大阪市で同様の手口を繰り返したとしている。

 14日午後11時ごろ、東京都新宿区歌舞伎町のマンションから出火し、鉄筋コンクリート造り5階建てのうち、4階の一室約30平方メートルが燃えた。

  東京消防庁が消防車など約20台を出して消火に当たった。

  同庁によると、出火した部屋の隣室から男性1人を救助した。煙を吸い喉の痛みを訴えているが、命に別条はないもよう。他に逃げ遅れた人はいないという。

 京都府警西京署などは19日、窃盗と住居侵入の疑いで、住所不定、無職の男(40)=常習累犯窃盗罪で公判中=を追送検し、計25件(約200万円相当)の被害を裏付けた、と発表した。
  追送検容疑は、昨年9月26日、京都府向日市の会社員男性(51)宅にベランダから侵入して現金44万円を盗むなど、同8月~今年3月、京都や滋賀のマンションで空き巣を繰り返した疑い。

 15日午前0時5分ごろ、東京都港区赤坂のマンション「赤坂レジデンシャルホテル」から火が出ていると119番通報があった。東京消防庁によると、40~60歳代の男性3人が負傷したが、命に別条はない。

 同庁によると、マンションは鉄筋コンクリートの10階建てで、3階の1室から出火したとみられる。

 13日午後7時20分ごろ、大阪府寝屋川市田井町の4階建てマンション「YKハイツ田井」で、「煙が出ている」と近隣女性から119番があった。大阪府警寝屋川署によると、2階の一室の一部約10平方メートルが燃え、女性が病院に搬送されたが、死亡が確認された。この部屋の名義人は84歳の女性といい、同署で身元確認を急いでいる。

  同署や消防によると、燃えたのは台所付近。女性は玄関の手前で倒れていたという。

 留守宅からレコード約60枚などを盗んだとして、大阪府警が、フィリピン人の男2人を窃盗容疑で逮捕したことがわかった。

  レコードを売りさばこうとした専門店で偶然にも被害者がアルバイトをしており、発覚した。

  捜査関係者によると、逮捕されたのは34歳の男ら。5月、大阪市内の男子大学生の自宅マンションに侵入し、レコードや音楽機器などを盗んだ疑い。2人は、市内のレコード店で十数枚を売却。残りは知人に持ち込ませた。ところが、店では男子大学生が働いており、応対した別の店員がレコードカバーに挟まっていた購入者伝票に大学生と同じ名前が書かれているのを発見。大学生が自分の物と確認した。

 26日午後11時25分ごろ、岡山市北区東島田町のマンション「にっせんれん21」(6階建て)から出火、5階の一室を焼いた。市消防局によると、30~60代の女性3人が煙を吸うなどして搬送されたが、命に別条はないとみられる。

 火元とみられる部屋の窓からは炎が噴き出し、住人らが相次ぎ避難した。はしご車など市消防局から消防、救急車両18台が出動し、深夜の市中心部は一時騒然となった。

  同じマンションの女性(52)は「火災報知機の音で外へ飛び出すと廊下が煙に覆われていた。足がすくむほど怖かったが、携帯電話とペットの犬だけ抱えて逃げた」と話した。

 26日午後5時15分ごろ、練馬区東大泉5丁目の4階建てマンションの4階一室から出火、室内の約30平方メートルが焼けた。火元の住人は外出しており、けが人はいなかった。

 東京消防庁などによると、消防車10台以上が出動し、火は約1時間半後に消し止められた。

 空き巣を繰り返したなどとして、大阪府警は1日、住居不定の無職男性容疑者(37)を窃盗などの疑いで逮捕・送検し、捜査を終えたと発表した。侵入した大阪のマンションの一室で冷蔵庫の缶ビールを飲み、鍋でインスタントラーメンを作って食べており、食器に残った遺留物から男性容疑者が浮上したという。

  捜査3課によると、男性容疑者は2015年5月、大阪市中央区のマンションの集合ポストの中に隠してあった鍵を盗み、部屋に侵入。現金8万円や旅行券(8万円相当)を盗むなどした疑いがある。大阪地検は大阪府と京都府、愛知県の計8事件(被害総額約35万8千円)の窃盗罪や住居侵入罪などで起訴した。

  京都市中京区の美容室に侵入した際にも、店内で湯を沸かしてカップ焼きそばを食べ、容器のふちから検出されたDNA型が容疑者のものと一致したという。

 11日午前8時40分ごろ、東京都新宿区新宿6丁目の5階建てマンションの2階付近から出火し、約20平方メートルが焼けた。警視庁新宿署と東京消防庁によると、マンションから18人が救助され、このうち煙を吸うなどして20~50代の男女7人が病院に搬送された。いずれも命に別条はないという。

 4日午前8時35分ごろ、東京都台東区上野桜木1丁目の4階建てマンションの一室から出火、室内から10代とみられる女性が救出され、病院に運ばれたが約1時間後に死亡が確認された。警視庁は女性の身元や出火原因を調べている。

  下谷署などによると、女性はこの部屋の住人で、家族は旅行に出かけており、1人で留守番していたとみられるという。知人の10代の男性がこの部屋を訪れ、煙と火に気づいて110番通報した。玄関には鍵がかかっていたといい、男性も煙を吸ってのどにやけどを負った。

 3日午後3時ごろ、神戸市東灘区住吉本町のマンション(6階建て)3階の一室から出火。同室約80平方メートルを全焼し、焼け跡から男性の遺体が発見された。住人の男性(75)と連絡がとれなくなっており、東灘署は、遺体の身元確認を急ぐとともに、出火原因を調べている。

  同署によると、男性は娘と2人暮らしで、娘は外出していたという。

 3日午前3時10分ごろ、東京都八王子市横川町のマンションから出火、2階の1室約50平方メートルを焼いた。この火事で男女4人が煙を吸って搬送されたほか、焼け跡から1人の遺体が見つかり、警視庁高尾署は連絡が取れなくなっているこの部屋に住む60代男性とみて身元の確認を進めている。

 30日午後11時20分ごろ、群馬県草津町草津の鉄筋13階建てリゾートマンション「ファインビュー草津」の10階にある部屋から、「煙が出ている」と110番通報があった。居間や寝室が燃え、約1時間後に鎮火した。出火当時の部屋は施錠され無人で、けが人はいなかった。

  群馬県警長野原署によると、この部屋を所有する東京都千代田区の歯科医男性(48)は「2月ころ訪れたのを最後に使用していない」と話しているという。同署が詳しい出火原因を調べている。

 30日午後1時半ごろ、大阪市淀川区十三東の11階建てマンションの2階一室から出火。約15分後にほぼ消し止められたが、一室約30平方メートルがほぼ全焼し、室内から住人の無職男性(78)とみられる男性の遺体が見つかった。大阪府警淀川署が身元や出火原因を調べている。

  同署によると、男性は70代の妻との2人暮らし。出火当時、妻は外出していたという。

1  2  3  4  5  6