最近の事件

 30日午後10時15分ごろ、伊豆諸島・三宅島の三宅村伊ケ谷の木造平屋建て住宅から、「火が出て燃えている」と、近隣住民から119番通報があった。火は約55分後に消し止められたが住宅が全焼し、焼け跡から男性1人の遺体が見つかった。

  警視庁三宅島署によると、住宅は空き家。同署は男性の身元を調べている。

 兵庫、大阪、三重3府県で乗用車や現金などを盗んだとして、兵庫県警姫路署は29日、窃盗などの疑いで、大阪市阿倍野区の無職、男性A(23)と同市住吉区の無職、男性B(39)の両被告を送検し、捜査を終えたと発表した。同署は計33件の被害(総額約716万円相当)を裏付けたとしている。いずれも容疑を認めているという。

  逮捕、送検容疑は平成29年3月11日、姫路市内のドラッグストアに侵入して商品を盗むなど、27年2月~29年6月、兵庫、大阪、三重の3府県で乗用車を盗んだり、病院に侵入して現金を盗んだりしたとしている。

 30日午前4時20分ごろ、京都府宇治市の民家で、「庭の木が燃えている」と近隣住民から119番があった。宇治市消防本部の隊員が駆けつけたところ、火が付いた状態の人が庭で倒れているのを発見。すぐに消し止めたが、その場で死亡が確認された。遺体は全身が燃えており性別不明。京都府警宇治署が身元の確認を急ぐとともに、自殺と事件の両面で調べている。

  同署によると、遺体が見つかった民家の庭はブロック塀に囲われていた。民家は施錠されており、室内に人はいなかったという。

 30日午前3時20分ごろ、奈良県大和郡山市の養鶏場「堀内エッグファーム」で鶏舎が燃えているのを近くの住民が見つけ119番した。木造平屋の4棟が全焼し、飼われていた8千~1万羽の鶏が全て死んだ。

 郡山署によると、約2時間後に鎮火した。出火時は無人で、けが人はいなかった。同署が出火原因を調べている。

 3月29日午後10時5分ごろ、埼玉県さいたま市北区宮原町の公園内で、枯れ草が燃えているのを通行人の男性が発見、119番した。

  その後、約10分間に1件目の現場から約800メートル離れた同区内のマンションや小学校の敷地内でも枯れ草や植え込みなどが燃える火災が2件相次いだ。

  大宮署は不審火の疑いもあるとみて、出火原因を調べている。

 川崎市は29日、女児のスカート内を盗撮したとして県迷惑行為防止条例違反容疑で逮捕された市立中学校の男性教諭(41)と、窃盗容疑で逮捕された市立高校の男性教諭(61)の2人を懲戒免職にした。

  市職員人事課によると、市立中の男性教諭は昨年10月7日午後1時55分ごろ、埼玉県新座市役所付近の路上で女児のスカート内をデジタルカメラで盗撮した疑いで同県警新座署に逮捕された。今年3月14日に罰金50万円の略式命令を受けた。

  市立高の男性教諭は1月27日午後3時半ごろ、川崎市川崎区の商業施設で、女性がカートに置き忘れた袋から財布(現金約4万8千円など在中)を盗んだとして、窃盗の疑いで川崎署に逮捕された。被害者側と示談が成立し、3月20日に不起訴処分となった。

  職員部長は「子どもに範を示すべき教員が迷惑行為防止条例違反と窃盗行為を行ったことは誠に遺憾で深くおわびしたい」とのコメントを出した。

 福知山市猪崎の無職男性(72)所有の空き家から出火、木造平屋の母屋や木造2階建ての離れなど延べ約130平方メートルが全焼した。けが人はなかった。
  福知山署によると、借り主の無職男性(83)が、近くで枯れ草などを焼却中、火が家屋に燃え移ったという。
  近隣に住む林業の男性(73)は「煙が上がっており、通報した。草ぶきの屋根なので一気に火の手が広がってしまった」と話していた。

 29日午前6時40分ごろ、東京都昭島市上川原町の職業不詳、男性(84)方から出火、木造2階建て住宅約130平方メートルが全焼した。火は約1時間半後に消し止められた。女性が救出されたが、全身にやけどを負っており、その場で死亡が確認された。警視庁昭島署はこの家に住む男性の80代の妻とみて、遺体の身元の確認を急いでいる。

  同署によると、出火当時は男性夫婦と50代の長女が在宅。1階のガスストーブ周辺から出火した可能性が高いとみて調べている。

 大阪府内で民家に侵入するなど窃盗を繰り返したとして、大阪府警和泉署は28日、住居侵入と窃盗の疑いで同府貝塚市森、会社員、男性容疑者(31)を逮捕、送検したと発表した。同署によると、「生活費や遊興費に使った」と容疑を認めているという。

  逮捕、送検容疑は平成28年9月~29年11月、同府貝塚、和泉、岸和田など各市の民家に侵入し、バッグや腕時計、財布を盗むなどしたとしている。

  同署は51件の犯行を裏付け、被害総額は約2600万円相当に上るという。一部の犯行はすでに窃盗罪などで起訴されている。

  同署によると、男性容疑者は夜間に無施錠の民家を狙って侵入したほか、鍵がついたままの乗用車を盗み、その車を犯行時に使っていたという。

  埼玉県警捜査3課と上尾署、鴻巣署の合同捜査班は28日までに、住居侵入と窃盗の疑いで、住所不定無職の男(49)を逮捕、送検した。

  逮捕容疑は2月19日午前5時20~30分ごろ、上尾市中妻の無職女性(76)方に侵入し、現金約5600円や財布など18点(時価合計3万600円相当)を盗んだ疑い。

  同課によると、男は女性がわずかに外出した隙を狙って無施錠の玄関から侵入。財布などが入ったリュックサックごと盗んでいた。現金が抜き取られたリュックサックは現場近くの工場敷地内に捨てられていた。

  工場の防犯カメラに不審な軽乗用車が写っていたことから、男が浮上。3月26日に上尾市内の公衆浴場で発見して逮捕した。

  男は「生活費を稼ぐためにやった」と容疑を認め、「10年ぐらい前から県内で盗みをしている」と供述しているという。県警は男が車上生活をしながら相当数の盗みを繰り返していたとみて、余罪を調べている。

前の10件 5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15