最近の事件

 22日午前1時過ぎ、秋田県横手市南町の木造2階建てアパート「かねや南町ハイツ」が燃えていると、近所の男性から119番通報があった。この火事で、アパートに入居する20代から80代の男性25人のうち、3人が死亡し、10人が全身にやけどを負ったり、逃げる際に足や腰の骨が折れたりして病院に運ばれた。

 ほかにも2人と連絡が取れておらず、県警が安否確認のほか、死亡した3人の身元の特定を進めている。入居者の約半数にあたる12人が生活保護を受けていたという。

  横手署などによると、アパートは築50年ほどで、亡くなるか連絡が取れていない5人は全員2階に住んでいた。建物内には火災警報器があり、同日午前1時過ぎに作動し、その音で火事に気づいて逃げた人もいたという。

  火は隣接する空き家2軒と、市の子育て支援施設「わんぱく館」の計3軒に燃え広がり、約5時間後に消し止められた。

  近所の男性(79)は「午前1時すぎ、バチバチという音と、ボンボンという何かがはじけるような音で目が覚めた。窓の外が真っ赤になっていて、窓から見たら10メートル以上の高さの火が燃えさかっていた」と驚いた様子だった。

 沖縄県警豊見城署は21日、畑からマンゴーを盗んだとして、窃盗容疑で豊見城市の無職の女(59)を逮捕した。女は「県外に住む知人に送ってあげようと思った。自分で買うには高いので盗んだ」などと供述しているという。

  逮捕容疑は21日午前6時すぎ、豊見城市のマンゴー畑で、マンゴー8個(時価4800円相当)を盗んだ疑い。畑の所有者の男性が、マンゴーを抱えて歩いている女を見つけて通報し、駆け付けた警察官が現行犯逮捕した。

  捜査関係者は「盗んだマンゴーを贈られてもうれしくないだろうに」とあきれた様子で話した。

 千葉、神奈川の両県で空き巣を繰り返したとして、千葉県警は21日、川崎市の少年3人を窃盗などの疑いで逮捕・送検したと発表した。県警は計約1400万円の被害を裏付けた。3人は当時15~19歳で、「食事や遊びに使った」と供述しているという。

  県警によると、3人は昨年11月~今年3月、千葉、神奈川両県の一戸建て住宅58軒に窓ガラスを割って侵入。現金や腕時計、ブレスレットを盗んだ疑いがある。6割以上が千葉県内で起きており、3人は「千葉の方が人通りや防犯カメラが少なくて、やりやすかった」などと供述。インターホンを鳴らして住人が不在の民家を狙ったという。

  県警は今年3月、千葉県富津市でバールなどを不法に所持していた疑いで3人を現行犯逮捕。同県木更津市内の民家に空き巣に入ろうとしたとして住居侵入と窃盗未遂の疑いで再逮捕し、余罪などを調べていた。

 21日午後2時55分ごろ、佐賀県唐津市鎮西町串の串崎風力発電所の風車から黒煙と火が出ていると119番があった。

 消防などによると、3枚ある羽根の1枚が燃え、一部が落下したという。けが人はいなかった。

 21日午後11時10分ごろ、千葉市中央区赤井町の建築業「白岩工ム店」敷地内のコンテナから「火が上がっている」と通りかかった近所の男性から119番通報があった。約20立方メートルのコンテナ内のゴミが全て燃えた。けが人はいない。千葉中央署が詳しい出火原因を調べている。

  同署によると、コンテナはふたはしておらず、中にはプラスチック、花瓶などの陶器、土を入れる袋といったリフォームの廃材が満杯に入っていたという。敷地内に関係者はいなかった。

 20日午前3時45分ごろ、大阪市住吉区我孫子西の鉄骨4階建てマンション「サングリーン」4階の無職女性(77)方から煙が出ているのを見た付近住民が119番。この火災で、女性方の寝室約3平方メートルが焼けた。就寝中だったとみられる女性は病院に運ばれたが、ほぼ全身にやけどをしており、死亡が確認された。

  大阪府警住吉署によると、室内に敷いていた布団の部分が最も燃えていたほか、近くではたばこの吸い殻が確認されたという。同署で原因を調べている。

 千葉県警柏署は19日、窃盗の疑いで柏市在住のベトナム国籍の自称専門学校生(25)を現行犯逮捕した。

  逮捕容疑は同日午後2時ごろ、同市旭町の携帯電話販売店で、展示用の携帯電話機に入っていたSIMカード1枚(3千円相当)を抜き取って窃取した疑い。

  不審に思った店員男性が展示品を調べて気付き、追い掛けて取り押さえた。容疑者は「自分のSIMカードをなくしたので盗んだ」と容疑を認めている。

 19日午後3時55分ごろ、秦野市西田原の住宅から出火、木造2階建て住宅や倉庫などを焼いた。1階の焼け跡から女性(78)の遺体が見つかった。

  秦野署などが身元の確認を進めるとともに、出火原因を調べている。

 19日午前1時15分ごろ、津市一志町八太、無職男性(80)方から出火、木造平屋建て約100平方メートルを全焼した。焼け跡から2人の遺体が見つかり、三重県警津南署は、男性と妻(76)の可能性が高いとみて調べている。

  同署によると、隣に住む50代女性は「ゴーという地響きのような音と、近所の人の呼び声で目が覚め、外を見たらすごい炎が上がっていて驚いた」と話していた。

 大麻を所持した容疑で逮捕された福岡県警南署の警部補、男性容疑者(42)が、警察が証拠品として押収した大麻を盗んでいた疑いがあることが18日、県警への取材でわかった。県警は裏付け捜査を進めており、容疑が固まれば窃盗容疑で再逮捕する方針。

  監察官室によると、男性容疑者は7月29日、JR鹿児島線の電車内に置き忘れたセカンドバッグの中に、ポリ袋に入った乾燥大麻約4・4グラム(末端価格2万6千円相当)を持っていたとして、大麻取締法違反(所持)の疑いで翌30日に逮捕された。

  逮捕当初は「大麻とは思わなかった」と容疑を一部否認。その後容疑を認め、「(所属する)南署にあった証拠品の大麻を盗んだ」と供述したという。

前の10件 5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15