最近の事件
 30日午前2時20分ごろ、郡山市、自営業、男性(56)方から出火、鉄骨2階建て延べ約340平方メートルを全焼したほか、近隣の建物や倉庫など計4棟も焼いた。火元の住宅から1人の遺体が見つかった。56歳男性と連絡が取れておらず、郡山署は遺体が56歳男性の可能性があるとみて、身元の確認や死因の特定を進めている。
 同署や郡山地方消防本部によると、1階の部屋の燃え方が激しく、火元とみられる。56歳男性は妻と2人暮らしで、妻は逃げて無事だった。妻が「家の1階が燃えている」と119番通報したという。
 30日午前2時55分ごろ、埼玉県さいたま市見沼区堀崎町、女性(78)方から出火し、木造2階建てを焼いた。女性と長男(52)、近隣住民2人の計4人が、煙を吸ったりやけどを負うなどして救急搬送された。近隣住民が火災に気付き、119番した。
 大宮東署によると、女性は長男、次男(45)と3人暮らし。次男は外出していた。同署で出火原因を調べている。
 29日午前1時45分ごろ、小田原市中里の木造2階建てアパート1階、無職男性(27)方から出火し、男性方と真上の2階1室を全焼した。けが人はいなかった。
 小田原署によると、男性は1人暮らしで、当時は外出していた。2階に住む女性が「下の部屋から煙が上がっている」と119番通報した。
 29日午前9時ごろ、山形市花楯の飲食店「菜色酒家あぐり」方から出火、鉄骨2階建て店舗兼住宅の延べ床面積92平方メートルを半焼した。
 火は2階部分を中心に広がり、2階にある寝室で、同店を経営する女性(66)が発見されたが、搬送先の病院で約1時間半後に死亡が確認された。山形署で出火原因を調べている。
 29日午前10時40分ごろ、埼玉県川越市山田で通行人の男性から「家が燃えている」と119番通報があった。消防などによると、住宅が密集している地域の一角の住宅付近から出火し、隣接する8棟にも延焼中だ。消防が消防・救急車計12台を出して、消火活動とけが人の確認などを進めている。
 京都市伏見区横大路八反田の市南部クリーンセンターで29日午前、作業中に亡くなったのは、長崎県時津町、溶接工の男性(71)だったことが30日、伏見署の調べでわかった。死因は焼死だった。
 山梨県警は28日、県立考古博物館から縄文土器を盗んだとして窃盗の疑いで、県埋蔵文化財センター職員男性容疑者(65)を逮捕した。県警によると、「盗んでいない」と容疑を否認している。
 逮捕容疑は2013年ごろ、甲府市の県立考古博物館で、倉庫に保管してある縄文土器1個を盗んだ疑い。
 県警によると、今年2月下旬から3月上旬ごろ、センター職員がインターネットオークションに土器が出品されているのを発見。倉庫になかったことから、センターが3月に被害届を出した。オークションでは7万円で落札されていた。
 コンビニで万引をしたとして、千葉県警が窃盗容疑で、我孫子署交通課の40代の男性警部補を書類送検し、減給100分の10(6カ月)の懲戒処分としていたことが28日、県警への取材で分かった。1月24日付。同日に依願退職した。
 元警部補の書類送検容疑は昨年11月末ごろ、千葉県我孫子市のコンビニで計約1600円相当の商品を盗んだ疑い。
 27日午後9時50分ごろ、神奈川県小田原市浜町、無職の男性(72)方から出火、木造2階建て住宅を全焼したほか、延焼により木造の住宅1棟を全焼、1棟を半焼、2棟の一部を焼くなどした。火は約4時間20分後に消し止められたが、男性方の焼け跡から性別不明の1人の遺体が見つかった。小田原署によると、男性の母親(90)と連絡が取れておらず、身元の確認を急いでいる。男性もやけどを負い、病院に搬送された。
 署によると、男性は母親と2人暮らしで、当時は2人とも在宅していた。自宅1階から火が出ているのに気付いた男性が、近くの会社の従業員を通じ119番通報した。
 東京電力パワーグリッド小田原支社によると、現場近くの電線が焼け、周辺の住宅など117軒が停電。約3時間40分後に火元付近以外で復旧し、28日午前6時40分ごろ全面復旧した。
 横浜地方気象台によると、同市では当時、強風注意報と乾燥注意報が発令されていた。
 京都府宇治市は27日、窃盗の疑いで2月13日に逮捕された同市福祉こども部障害福祉課の男性係長(40)を懲戒免職処分にしたと発表した。
 市によると、係長は昨年7月20日ごろから8月1日ごろまでの間、市役所2階の金庫室から、独居の市民が死亡した後に引き取り手がなく保管していた2人分の遺留金94万円を盗んだという。
 市の説明では、係長は窃盗を認め、今年2月下旬に全額返済したという。市長は「綱紀粛正を徹底し、市民の信頼回復に向けて全力で取り組む」とコメントした。
前の10件 5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15