最近の事件
 医薬品卸売会社「ケーエスケー」の元男性社員(57)が、納入先の兵庫県内の3病院から計約1億1千万円相当の薬を盗み、転売していた疑いがあることが12日、同社への取材で分かった。
 同社は昨年12月に元社員を懲戒解雇しており、近く県警に窃盗容疑で刑事告発する。
 同社によると、元社員は2003~15年、神戸市内の支店に勤め、県立リハビリテーション中央病院など3病院の医薬品の営業や納入を担当。院内の倉庫に納入する際、他業者の薬を含む高額な品や小さくて持ち出しやすい品を盗み、東京都内の業者に転売していた。在庫を管理するバーコードリーダーを操作し、在庫が減っていないよう見せ掛けていたという。
 昨年11月、国税当局から同社に情報提供があり調べたところ、元社員の個人口座に換金額9000万円超が振り込まれていたことが判明した。元社員は窃盗を認め、「高級クラブでの飲食やブランド品の購入に充てた」と話しているという。
 広島県警広島中央署で2017年、詐欺事件の証拠品として保管されていた現金8572万円が盗まれた事件で、県警は12日、証拠品管理などが不適切だったとして、同署の当時の会計課長(55)と生活安全課長(47)を戒告の懲戒処分とした。当時の署長(59)ら5人も本部長訓戒などの内部処分とした。
 同署では17年5月8日、詐欺事件の関係先から同年2月に押収した約9000万円のうち8572万円が会計課の金庫からなくなっていることが発覚した。県警は内部犯行とみて窃盗容疑で捜査を続けている。
 4月12日午前3時40分ごろ、福井県福井市照手の鉄骨4階建てマンションから出火。1階約70・8平方メートルを全焼、2階の一部約1・7平方メートルを焼き、約50分後に鎮火した。
 福井署によると、住民の少年1人が逃げようと2階から飛び降りて足の指を折るなどし搬送された。このマンションは日本語学校の寮として利用されているという。
 12日午前3時25分ごろ、大阪市東淀川区上新庄の木造2階建て集合住宅から火が出ていると近くの住民から119番があった。同集合住宅延べ約480平方メートルを全焼し、周囲の11棟約265平方メートルを延焼した。集合住宅の焼け跡から性別不明の成人の遺体が見つかり、大阪府警は連絡が取れない住民の女性(79)の可能性があるとみて、身元の確認を進めている。
 府警東淀川署などによると、集合住宅には3世帯4人が入居していた。他にけが人はなかった。
 12日午後11時半ごろ、兵庫県姫路市南条の民家から出火。木造2階建て延べ約120平方メートルを全焼し、隣接する住宅の屋根の一部なども焼いた。姫路署によると、けが人はいないもよう。火元の民家は空き家とみられ、出火原因を調べている。
 隣のマンションに住む男性(20)は「黒煙がマンションの4階まで上がってきた。燃え移りそうで怖かった」と話した。
 12日午前11時半ごろ、埼玉県川越市岸町、住宅から出火、木造平屋を全焼し、焼け跡から2人の遺体が見つかった。川越署によると、住宅には兄弟4人が住んでいたとみられ、60代の次男と50代の四男と連絡が取れていない。同署は遺体はこの2人とみて確認を進めるとともに、出火原因を調べている。
 現場付近で交通整理をしていた警備員が黒煙が出ているのを発見し119番した。隣接する住宅1棟も全焼したが、けが人はいなかった。
 12日午後4時10分ごろ、静岡市葵区の静岡市役所静岡庁舎地下1階来庁者駐車場で停車中の軽ワゴン車から出火し、車体を全焼した。来庁者の女性(25)が煙を吸い、病院に搬送された。庁舎内にいた市民や職員ら少なくとも2千人が屋外に避難し、周辺は一時騒然とした。
 静岡市と市消防局によると、車の所有者は来庁の無職男性(47)。用事を終えてエンジンをかけたところ後部から出火したという。同じ区画には約30台が止まっていたが、他の車や建物への延焼はなかった。
 来庁者や職員らは市役所前の青葉通りに次々に避難した。来庁した40代の女性会社員は「庁舎に入ったら警報器が鳴った。訳も分からず飛び出してきた」と不安げに話した。1階窓口で業務中だった30代の女性職員は「警報に驚き、上着も着ずに避難した」と話した。
 市は13、14の両日、同駐車場を安全確認のため休業する。市は民間駐車場の利用を呼び掛けている。
 留置者から預かり保管していた現金を盗んだとして、新潟県警は11日、窃盗容疑で、警察署の警務課に勤務する男性巡査長(33)を書類送検し、免職の懲戒処分とした。
 巡査長は容疑を認めており、現金は食事代などに充てたという。
 送検容疑は、2018年11月19日午前9時半ごろ、保管していた現金7000円を盗んだ疑い。
 県警によると、翌20日、別の署員が現金がなくなっていることに気付き判明。当初の聞き取りで巡査長は関与を否定していたが、その後認めたという。
 現金は、事務室にある金庫に保管し、警務課が管理していた。本来、金庫の鍵は警務課長が管理することになっていたが、事務室の共有机の引き出しに入れていた。県警は課長と係長を11日付で、訓戒処分とした。
 11日午前9時50分ごろ、栃木県栃木市藤岡町甲、会社員、男性(44)方から火が出ているのを近くに住む男性が発見し、119番通報した。火は約2時間後に消し止められたが、木造平屋の住宅約140平方メートルが全焼し、焼け跡から1人の遺体が見つかった。
 県警栃木署によると、出火当時、男性は仕事で不在だった。一緒に暮らす母親(78)と連絡が取れておらず、同署は遺体の身元の確認を急ぐとともに出火原因などを調べている。
 熊本県警菊池署は10日、福岡県筑後市の無職の男(40)を窃盗などの容疑で逮捕した。発表では、男は昨年8月28日頃、同市内の公立高で男子テニス部の部室に侵入し、ラケット3本やケース(計2万3000円相当)を盗んだ疑い。「ラケットにしみこんだ汗のにおいが好きだった」など供述しているという。
前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11