最近の事件

 14日午前10時10分ごろ、埼玉県熊谷市日向、男性(74)方の敷地内から出火、トラクター1台とトタン製物置を全焼したほか、木造プレハブ2階建て物置を半焼した。火が出ているのを発見した近隣住民が119番し、約1時間後に消し止められた。

  熊谷署によると、トラクター付近から出火したとみられるという。男性一家3人が暮らす母屋には被害はなく、物置には農機具や肥料が保管されていた。同署で出火原因を調べている。

 14日午前7時55分ごろ、岡山市東区豊田、男性(74)方から出火、木造2階延べ約120平方メートルを全焼した。男性の妻(76)が全身にやけどを負い、重傷のもよう。

  岡山東署によると、男性は2人暮らし。原因を調べている。

  妻の救出に加わった近所の自営業男性(70)は「勝手口の窓ガラスを割って中に入ると、燃えているこたつの中で女性が『熱い熱い』と叫んでいた。無事でいてほしい」と話した。

 14日午前5時15分ごろ、愛知県春日井市神領町の鉄筋5階建て集合住宅の近くを通った男性が、「窓から煙が出ている」と119番した。約3時間後に鎮火したが、4階の1室が全焼し、性別不明の遺体が発見されたほか、火元の無職、女性(89)が煙を吸って病院に搬送された。

  県警春日井署によると、女性は高齢女性と同居していたとの話があり、遺体の身元や出火原因を調べている。

 13日正午過ぎ、東京都足立区関原のアパートから煙が出ていると近所の住人から119番通報があった。木造モルタル2階建てのアパート2階の1室計約24平方メートルが焼け、室内から住人とみられる60代男性が救出されたが、現場で死亡が確認された。

  警視庁西新井署は遺体の身元の確認を急ぐとともに、出火原因を調べている。

 13日午前9時40分ごろ、浜松市中区北寺島町、男性方から出火し、鉄筋コンクリート造りの住宅などを焼いた。建物は4~5階とみられ、隣接する別の住宅にも延焼した。けが人はいないとみられる。市消防局と浜松中央署が出火原因を調べる。

  出火当時、近くのビル内で仕事をしていた40代男性は「ボンという音がして外を見ると、一気に煙が出てきた。その後火も見えた」と話した。

  現場は煙が立ち込め一時騒然となった。

 13日午前5時5分ごろ、綾瀬市小園のスクラップ工場「YAMANAKA綾瀬工場」から出火した。けが人は出ていない。

  大和署によると、工場は自動車関連の金属スクラップを扱っている。綾瀬消防署などから消防車両計約10台が出動して消火活動を続け、延焼の危険はなくなったが鎮火のめどは立っていない。綾瀬消防署によると、スクラップの塊の間でくすぶっている状態で、圧縮された状態を崩しながら隊員が交代で放水を続けているという。

  工場から煙が出ているのを搬入業者が発見し、110番通報した。

 13日午前11時ごろ、福岡県篠栗町篠栗の女性から「近所の家が燃えている」と119番通報があった。福岡市消防局や福岡県警によると、出火元は同町篠栗の民家兼製麺工場とみられている。市消防局によると午後0時40分現在、計7棟が燃えているという。けが人の情報は入っていない。

 近くには篠栗小学校や篠栗保育園がある。県警粕屋署によると、小学校の児童は校内の体育館に、保育園の園児ら約90人は近くの体育館に避難したという。

 12日午後10時50分ごろ、浜松市北区細江町小野、男性(63)方から出火し、木造平屋建てを全焼した。隣接する木造2階建て住宅と空き家計3棟に延焼し、そのうち2棟を全焼した。出火当時在宅していた男性が喉にやけどを負い病院に搬送された。意識はあり、命に別条はないもよう。市消防局と細江署は13日午前から実況見分を行い、出火原因を調べている。
  同署によると、男性は1人暮らしとみられ、火災に気付き自力で家の外に出たという。延焼した隣家の住民にけがはなかった。
  近所の女性は「バン、バンと何かが爆発するような大きな音が聞こえたので窓の外を見ると、家が炎に包まれていた」と出火当時を振り返った。

 奈良県宇陀市の山間部で金属製の側溝ふた(グレーチング)を盗んだとして、奈良県警桜井署は11日、窃盗容疑で、同市大宇陀内原、無職の男(76)と、住所不定、無職の男(69)を緊急逮捕した。両容疑者とも「生活費に困り、売ってお金にするつもりだった」などと容疑を認めている。

 逮捕容疑は、共謀して11日午前9時50分~午後0時15分ごろまでの間、宇陀市の山間部の路上で、市が管理するグレーチング3枚(時価計4500円相当)を盗んだとしている。

 同署によると、宇陀、桜井両市の山間部で、昨年末からグレーチングが盗まれる被害が計30件(193枚)発生。県内の鉄くず買い取り業者に対する聞き込みから両容疑者の関与が浮上し、この日、軽乗用車の後部座席にグレーチング12枚を積み、業者に運んでいた両容疑者を発見して逮捕した。同署は余罪があるとみて調べている。

 オートバイを盗んだとして、平塚、茅ケ崎など4署は11日、窃盗の疑いで、小田原市飯田岡、無職の容疑者(42)と、中井町久所、無職の容疑者(46)の2人を追送検した。

  平塚署などは、2人の供述などから、2016年6月から18年1月にかけて平塚や茅ケ崎、秦野市、松田町などであったオートバイを中心とした窃盗事件約100件(被害総額約1600万円相当)に関与したとみて、捜査を進めている。

  同署によると、2人は盗んだものをインターネットオークションサイトなどで転売。「生活費や遊興費などに使った」と容疑を認めている。

  追送検容疑は、共謀し昨年7月9日午前0時ごろ~同11日午後4時ごろ、秦野市の自営業男性(46)宅の駐車場から、オートバイ1台(約20万円相当)を盗んだ、としている。

  2人は昨年8月に秦野市内でオートバイを盗んだとして、県警に今年1月31日に窃盗容疑で逮捕されていた。

前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11