最近の事件

 14日午後3時40分ごろ、埼玉県八潮市中央2丁目、男性方で、敷地内の鉄骨2階建て倉庫から黒煙が出ているのを、近くで遊んでいた男子児童らが見つけて119番した。けが人はいなかった。

  草加署によると、倉庫内には冷蔵庫や電動工具、畑に使う肥料などがしまってあったという。同署で出火原因や焼失面積などを調べている。

 ひったくり事件を装い、知人から預かった現金約400万円を盗んだ疑いが強まったとして、和歌山県警が窃盗容疑で京都府内に住む風俗店経営の30代の男ら数人の逮捕状を取ったことが14日、捜査関係者への取材で分かった。男は9月に和歌山市内の路上で現金入りの紙袋を奪われたと県警に説明していたが、直前に同市内の防犯カメラにひったくり犯らと行動する姿が写っており事件をでっち上げた疑いが浮上していた。

  捜査関係者によると、男ら数人は共謀し9月15日午後、同市一番丁の和歌山中央郵便局前の路上で、男がひったくり事件にあったと偽装。和歌山県内の50代の男性会社役員から男が預かっていた現金約400万円入りの紙袋をひったくり犯役の数人に奪わせて盗んだ疑いが持たれている。

  男は県警和歌山西署に「現金を何者かにひったくられた」と説明、現場周辺の防犯カメラでひったくり犯の姿が確認された。だが県警がさらに捜査を進めたところ、事件の数時間前、現場から東約2キロのJR和歌山駅近くのカメラに男とひったくり犯らが連れ立って歩く姿が写っており、共犯の疑いが浮上したという。

 駐車中の新聞販売店のワゴン車に乗り込んで発進し、盗んだとして、高崎署は14日、窃盗の疑いで横浜市西区平沼の会社員、男性容疑者(24)を現行犯逮捕した。

  ワゴン車は、制止しようとした新聞販売店店員の男性(51)を後部座席に乗せたまま、向かい側の飲食店に衝突して停止。取り押さえようとした男性が左ひじを打つなど軽傷を負った。男性容疑者は酒に酔っており、「全く覚えていない」と容疑を否認。同署は強盗致傷容疑で送検する方針だ。

  逮捕容疑は同日午前3時40分ごろ、高崎市内のコンビニエンスストア駐車場で同市内の新聞販売店が所有するワゴン車(時価20万円相当)に乗り込み、盗んだとしている。ワゴン車は無施錠の状態で、店員の男性は新聞をコンビニ店内へ運んでいるところだった。

 女子大学生(19)の部屋に入るなどしたとして、兵庫県警甲子園署は13日、住居侵入と窃盗の疑いで、西宮市の無職男(27)を再逮捕した。

  逮捕容疑は9月24日午後11時ごろから25日午前8時半ごろの間、西宮市内の無施錠の女子大学生宅に侵入し、自宅の鍵が入ったキーケースを窃取。同日午後4時ごろ、盗んだ鍵を使って再び侵入した疑い。男は「女性の部屋を見るのが好きで入った」と容疑を認め、携帯電話で部屋を撮影していたという。

  同署は10月17日、市内の別の女性専用マンションに立ち入ったとして男を建造物侵入容疑で現行犯逮捕。周辺では、不審者の目撃や窃盗に関する届け出が約5件あり、同署が関連を調べている。

 タブレット端末の操作説明中に客の財布から現金を抜き取ったとして、兵庫県警灘署は13日、窃盗の疑いで伊丹市の携帯電話店アルバイト男(30)を逮捕した。

  逮捕容疑は9月11日午後5時25分ごろ、神戸市灘区備後町の「ソフトバンクJR六甲道」で、女性客(76)のリュックサック内の財布から1万5千円を盗んだ疑い。容疑を認めているという。

  店を出た後に女性が被害に気付き、店内の防犯カメラなどから男を特定したという。

 京都府警舞鶴署は13日、窃盗などの疑いで、舞鶴市上安、会社員の男(20)と、大津市の建設作業員少年(19)を追送検し、計26件(約230万円)の被害を裏付けたと発表した。
  追送検容疑は7月中旬、舞鶴市内の金物店に侵入し、現金約12万円を盗むなど、4月~7月、綾部、福知山などの5市町で窃盗や建造物侵入を繰り返した疑い。

 12日午後11時55分ごろ、岡山市南区福島、女性(73)方から出火、木造平屋約80平方メートルを全焼した。

  岡山南署によると、女性は1人暮らし。出火当時、寝室で就寝中だったが、逃げ出して無事だった。近所の団体職員男性(47)が火災に気づき119番した。原因を調べている。

  近くに住む自営業男性(30)は「爆発するような音やガラスが割れる音がして、驚いて外に出たら家が燃えていた」と話した。

 金融庁職員を装ってキャッシュカードを盗んだとして、京都府警捜査2課と城陽署は11日までに、窃盗の疑いで、住所不詳、無職の男(35)と京都市山科区大塚丹田、タクシー運転手の男(57)を逮捕した。
  逮捕容疑は、仲間と共謀し10月10日、城陽市の女性(84)宅でキャッシュカード2枚を、別のカードにすり替えて盗んだ疑い。女性宅には事前に「訪問する金融庁職員にカードを渡してほしい」との電話があったという。
  同署によると、運転手の男は盗んだカードで現金200万円を引き出し、無職の男に渡したという。無職の男は「何件もやり、これまで(運転手の男から)5千万円以上受け取った」と供述しているという。
  運転手の男は既に窃盗罪で起訴されている。

 神奈川県葉山町で男性(84)宅に放火し、火災保険金をだまし取ろうとしたなどとして、男性の次男夫婦ら4人が逮捕された事件で、男性宅が全焼した2日前にも不審なぼやが起きていたことがわかった。県警は連続して放火された可能性もあるとみている。

  捜査1課によると、男性宅では昨年3月22日に男性の不在時にぼやがあり、帰宅した男性が消火の際に、足をやけどして入院した。男性と同居していた次男夫婦が直後に転居。同24日になって無人だった男性宅が全焼したという。

  県警は全焼した火災に関連し、次男の妻である女性容疑者(50)を現住建造物等放火と詐欺未遂の疑いで逮捕。次男(59)ら3容疑者も逮捕している。

  火災の約1カ月半前には男性の妻(当時81)の遺体が近くの山中で見つかっており、県警が死亡の経緯を調べている。

 バッグを万引したとして、厚木署は10日、窃盗の疑いで、山梨県出身で住所不定、自称無職の男性容疑者(58)を逮捕した。容疑を認めている。

  逮捕容疑は、10月16日午後7時半ごろから同35分ごろまでの間に、厚木市中町のリサイクルショップで、ショルダーバッグ1個(価格約1万円)を万引したとしている。

  同署によると、店から商品がなくなっていたことから防犯カメラを確認したところ男性容疑者の関与が浮上したという。

前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11