最近の事件

 6月30日午後11時40分ごろ、埼玉県本庄市日の出、男性(80)方から出火、木造2階建て住宅が全焼した。

  本庄署によると、男性方は長女(57)と孫娘(28)の3人暮らし。出火時、3人は家におり、孫娘が気道熱傷の疑いで病院に搬送された。通行人が火が出ているのを発見し、119番した。同署で出火原因を調べている。

 仙台市宮城野区福室地区で30日、ごみなどが焼ける火災が相次いだ。午後1時ごろ、福室6丁目の高砂市営住宅南側の空き地で下草など約5平方メートルが焼けた。午後1時15分ごろには、数百メートル離れた福室5丁目の集合住宅ロイヤルコート福室2番館のごみ集積所で、雑誌や段ボールなどが焼けた。仙台東署は連続放火の可能性があるとみて原因を調べている。

 交際相手の女性(29)が経営するネイルサロンの鍵を盗んだとして、兵庫県警生田署は29日、窃盗の疑いで大阪府高槻市の会社経営の男(29)を逮捕した。

 逮捕容疑は20日夜、サロンが入居する神戸市中央区の商業ビルで、集合ポストに女性が入れていた鍵1本を盗んだ疑い。

  同署によると、男と女性の間には別れ話が出ており、女性は男からの電話に出ないようにしていたという。盗んだ鍵でサロンに入り、中の電話から女性に無言電話をかけていた。

  同署の調べに男は「鍵を取ったのは事実だが、盗んではいない。サロンは共同経営だ」と、容疑を否認しているという。同署は建造物侵入の疑いでも調べる。

 幼稚園で飼っていたウサギを盗んだとして、神奈川県警港北署は28日、窃盗の疑いで、住所、職業とも不詳の少女(19)を逮捕した。

  逮捕容疑は1月25日未明、横浜市港北区日吉の幼稚園に侵入し、ウサギ2匹を盗んだ、としている。署によると、少女は「幼稚園からウサギ2匹を盗んだことは間違いない」と容疑を認めている。

  同区では別の幼稚園でも同17日に、飼っていたウサギ1匹がいなくなっており、署が関連を調べている。また、同30日にはそれぞれの幼稚園から数キロ離れた同区内の公園2カ所で、焼け焦げたり、刃物のようなもので切られたりした痕のある小動物の死骸が1匹ずつ見つかった。署は虐待された小動物が、盗まれたウサギの可能性もあるとみて、動物愛護法違反の疑いも視野に調べを進める。

  署によると、幼稚園の防犯カメラに、門を乗り越えて、無施錠の飼育小屋から2匹のウサギを抱えて持ち去る不審な人物が写っていた。映像の解析などから少女が浮上した。

  捜査関係者によると、少女は事件後、海外に渡航していたが、26日に帰国した。

 28日午前3時25分ごろ、栃木県芳賀町稲毛田、無職、岡田英二さん(63)方から火が出ているのを近くの住民が見つけ、119番通報した。火は約3時間半後に消し止められたが、木造2階建て住宅と、敷地内の納屋や倉庫の計約290平方メートルが全焼し、住宅の焼け跡から男性1人の遺体が発見された。

  真岡署によると、この家に1人で住んでいた岡田さんと連絡が取れていない。同署は遺体は岡田さんの可能性があるとみて、身元の確認を進めると共に、出火原因などについて調べている。

 京都府警右京署は27日、窃盗と建造物侵入の疑いで、住所不定、京都市立小教頭の男(56)を再逮捕した。
  再逮捕容疑は5月27日~6月2日、右京区の愛宕神社のお守り販売所に侵入し、お釣り用に保管されていた現金6万5千円を盗んだ疑い。
  同署によると、男は「身に覚えがない」と容疑を否認しているという。

 浜松市北区細江町の花火製造販売の工場で爆発があり、2人が死傷した事故で、火元は花火を製造する作業場内とみられることが27日、細江署と市消防局への取材で分かった。同署は花火の製造中に爆発が起きた可能性があるとみて業務上過失致死傷の疑いも視野に入れ、爆発時の状況を調べている。

  同署などによると、従業員の男性(45)と連絡が取れないことから、同署は現場で見つかった遺体は男性の可能性が高いとみて、身元の確認を急いでいる。全身をやけどする重傷を負って病院に運ばれたのは、同社の従業員男性(51)。

  同署によると、爆発で花火の火薬の配合や調合を行うコンクリート製平屋建ての作業場3棟が全壊。遺体は全壊した作業場内で見つかった。重傷の男性は別の全壊した作業場付近で倒れていたという。2人は爆発当時、花火製造の何らかの作業をしていたとみられる。

  同署と市消防局は鎮火後、約30人体制で建物の損壊状況を確認。28日も実況見分を続け、出火原因を調べる。

  爆発当時、付近で車を運転中だった女子大学生(20)は「ドンという大きな音が3回して、車が揺れた。外は火薬の匂いが充満し、煙で真っ白。何が起きたか分からず、怖かった」と語った。

 神奈川県警金沢署は27日、窃盗と建造物侵入の疑いで、横浜市中区根岸旭台、無職の男(31)を再逮捕した。

  再逮捕容疑は、1月14日午前9時50分ごろ~同10時ごろ、同市金沢区六浦東1丁目の関東学院大の部室棟に侵入し、同大の学生6人の財布4点(現金計約6万円在中)やコート、時計など約40点(計約11万2千円相当)を盗んだ、としている。署によると、無施錠で無人だったサッカー部の部室に侵入したという。

  容疑者は今月6日に、同区の横浜市立大に侵入して財布などを盗んだとして、同容疑で逮捕された。

 前橋市青梨子町で16日夜、空き家が全焼した火災で、焼け跡から見つかった遺体の身元は高崎市金古町の無職、男性(83)と判明した。死因は焼死とみられる。

  前橋署によると、男性は息子と2人暮らしで、全焼した空き家を所有していたという。同署は出火原因を調べている。

 工場や倉庫で金属盗などを繰り返したとして、滋賀県警や宮城県警など5県警の共同捜査班は26日、ロシア国籍の住所不定、自動車買い付け業の男(34)ら男3人を窃盗容疑で追送検し、総額1億5160万円の被害を裏付け、捜査を終結したと発表した。
  追送検容疑は共謀し、昨年11月18日~20日、米原市一色のリサイクル工場に侵入し、銅粒31トン(2170万円相当)を盗むなど、2015年5月~17年11月に6件の侵入盗をした疑い。
  滋賀県警によると、ほかに東北地方や関東地方で21件の被害を裏付けた。盗んだ金属は日本国内で換金していた、という。
前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11