最近の事件

 小学校に侵入し女児の体操服などを盗んだとして、警視庁志村署は窃盗と建造物侵入の疑いで、東京都板橋区前野町の警備員、男性容疑者(25)を逮捕した。「酔っていたので覚えていない」と容疑を否認している。

  逮捕容疑は1月21日早朝、板橋区の区立小学校に校舎の窓ガラスをブロック片で割って侵入し、複数の教室から女児の体操服や紅白帽など11点(時価計1万500円相当)を盗んだとしている。

  同署によると、防犯センサーの反応で駆けつけた警備員が、校舎内にいたフルフェースヘルメット姿の男性容疑者を発見。男性容疑者は逃走したが、侵入したフェンス近くの自転車のサドルに自身のスマートフォンを置き忘れていたことなどから、犯行が発覚した。

 9日午前10時50分ごろ、大阪市西淀川区百島で「民家から煙が出ている」と119番があった。

  大阪市消防局や大阪府警西淀川署によると、午前11時20分現在、平屋建ての民家1軒が燃えているといい、消防が消火活動にあたるとともに、けが人がいないか確認している。

 9日午前6時35分ごろ、大阪市住吉区長居西のアパートから出火し、木造2階建て延べ200平方メートルを全焼した。住人は逃げ出して無事だったが、消火活動などにあたった近隣住民の40代と60代の男性2人がやけどなどの軽傷。

  大阪府警住吉署によると、このアパートには1階の男性(79)のみが入居。同署が出火原因を調べている。

 千葉県我孫子市内で7日夜から8日朝にかけて、ビニールハウスの火災が2件相次いだ。けが人はなかった。我孫子署によると、市内では1月にも類似した火災が1件発生しており、同署は放火の可能性も視野に入れ出火原因を調べている。

  同署によると、7日午後10時50分ごろ、同市岡発戸の畑のビニールハウスから出火、約25平方メートルが全焼した。約7時間後の8日午前6時5分ごろにも、約2・5キロ離れた同市北新田のビニールハウスから出火、約20平方メートルが焼けた。いずれも耕運機などを置く倉庫として使われていたという。

 愛知県警中署は9日、百貨店の倉庫からバレンタイン用のチョコレートを盗んだとして、名古屋市中区のパートの女(53)を建造物侵入と窃盗の疑いで逮捕し、発表した。容疑を認めているという。

  署によると、女は9日午後5時25分ごろ、名古屋市中区の百貨店の地下倉庫に侵入し、百貨店で売られる予定だった有名ブランドのバレンタイン用チョコレート6箱が入った段ボール箱(販売価格計3万8880円)を盗んだ疑いがある。

  目撃した店員が現行犯逮捕した。署の調べに対し、女は「以前販売員に足を踏まれたが謝ってもらえず、腹いせにやった」と話しているという。

 9日午後11時55分ごろ、いわき市小名浜の農具小屋から出火、木造トタンぶき1棟約10平方メートルを全焼した。けが人はいなかった。
  いわき東署によると、出火当時、現場周辺に火の気はなく、何者かが火を付けた疑いもあるとみて調べている。小屋には金属製の支柱やベニヤ板などが保管してあり、自由に出入りできる状態だったという。
  同署管内では、先月中旬から不審火や原因不明の火災が計3件発生しており、同署が関連も含めて調べている。

 9日午後6時10分ごろ、菊川市本所の民家から出火し、木造平屋約80平方メートルを全焼した。焼け跡から1人の遺体が見つかった。住人(82)と連絡が取れていないため、菊川署は住人の可能性があるとみて調べている。

  同署によると、住人は息子(46)と2人暮らし。出火当時2人とも家にいたが、息子は逃げ出して無事だった。同署などが出火原因を調べている。

 8日午後5時50分ごろ、福島市、農業、男性(86)方から出火、木造2階建て住宅と、隣接する木造2階建て物置を全焼したほか、近くにあった乗用車1台も焼いた。
  また86歳男性と家族の60代男性が煙を吸い込むなどしてやけどを負った。
  福島署によると、出火当時、86歳男性宅には4人いたが、86歳男性と60代男性以外の2人は逃げ出して無事だった。
  現場は閑静な住宅街で、同署が出火原因を調べている。

 8日朝、江東区で火災が相次ぎ、男女3人が死傷した。

  午前5時10分ごろ、江東区東砂の2階建て住宅で「火が出ている」と119番通報があり、木造モルタル2階建ての住宅など7棟計約240平方メートルが焼けた。火は約5時間後に消し止められたが、住人の20代男性が喉をやけどしたほか、近所の50代女性が搬送された。城東署などによると、いずれも命に別条はないとみられる。

  また、午前8時50分ごろ、同区森下の共同住宅から煙が出ているのを近所の男性が発見、119番通報した。鉄筋コンクリート3階建ての2階の1室、約2平方メートルが焼け、住人の60代とみられる男性1人が救出されたが、搬送先の病院で死亡が確認された。深川署が男性の身元の確認を急ぐとともに、詳しい出火原因を調べている。

 8日午後3時25分ごろ、神戸市灘区六甲山町の民家から出火し、木造平屋建て約80平方メートルが全焼した。住人の女性(74)が煙を吸うなどして病院に搬送された。

 灘署によると、女性と夫(75)が帰宅すると、家から火が出ているのを発見。飼っていたウサギを救い出すために、女性が家の中に入ったとみられる。水道管の凍結を溶かすために機械を使っていたと説明しており、同署が原因を調べている。

  神戸地方気象台によると、この日の神戸の最低気温は市街地でもマイナス0・2度と平年を下回った。消火に当たった消防隊員は「放水した水が凍り、足場が悪かった」と話した。

前の10件 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12