最近の事件

 勤務先のスーパーマーケットのレジから現金計15万円を盗んだとして、吾妻署は20日、窃盗の疑いで、あがつま農協職員、男性容疑者(35)を逮捕した。調べに対し「私的に流用はしていない」と供述。農協関係者からは3月以降の売上金が約1100万円足りないとの相談があり、同署は余罪があるとみて調べ、動機を追及する。

  あがつま農協の理事長は同日会見し、「組合員をはじめ、関係者の皆さまに多大なご迷惑とご心配をおかけしたことに深くおわびする」と謝罪した。

  逮捕容疑は3日午前11時ごろから午後5時ごろにかけて、3回にわたり、勤務先の東吾妻町原町のスーパー「Aコープあがつま店」の店舗内で、3台のレジから計15万円を盗んだとしている。

  同署や農協によると、男性容疑者は平成19年3月から同店に勤務。商品の品出しなどの業務を担当していた。「調整する」などと嘘を言ってレジに入り、不正に返品取引操作を行って現金を着服していた。

  帳簿の異変に気付いた従業員もいたが、男性容疑者が以前にシステム管理業務の経験があり、勤務態度も真面目だったことから不正を見抜けなかったという。

  5月18日に農協総務部の調査で不審なレシートを発見。今月4日に不正が発覚し、店内の防犯カメラから男性容疑者が特定された。

 滋賀県警守山署は20日、女子中学生の雨がっぱを盗んだとして、窃盗の疑いで守山市勝部、会社員の男(45)を逮捕した。
  同署によると、男の自宅を捜索したところ、同種の雨がっぱが100着近く見つかったという。
  逮捕容疑は、5月26日午後0時15分ごろ、市内の駐輪場で自転車2台の前かごにあった女子中学生の雨がっぱ上衣2着(計約5千円相当)を盗んだ疑い。

 兵庫、大阪、京都など8府県で車上荒らしを繰り返したとして、兵庫県警捜査3課と灘署などは20日までに、窃盗の疑いで、加古川市、無職男性A容疑者(48)と、住所不定、会社役員男性B容疑者(54)を逮捕、送検した。起訴済みの7件を含む232件、計約1160万円相当の被害を裏付けたとしている。

  逮捕、送検容疑は2016年9月~17年11月、神戸市北区や小野市、大阪府和泉市の駐車場などで乗用車の窓をハンマーで壊し、車内にあった財布やかばんを盗むなどした疑い。

  同課によると、男性A容疑者は男性B容疑者が県内で経営する清掃会社の元従業員。男性A容疑者は「生活が苦しかった」、男性B容疑者は「経営が苦しかった」と容疑を認めているという。

  男性A容疑者は17年11月、加古川市のスーパーで他人名義のクレジットカードを使用した疑いで同課などに逮捕され、男性B容疑者も同月、香川県丸亀市で乗用車の窓ガラスを割ってかばんを盗んだ疑いで同県警に逮捕されていた。

 国家公務員共済組合連合会が運営するKKR札幌医療センターから転売目的で備品を盗んだとして、札幌豊平署は20日までに、窃盗の疑いで、同市東区、同センター元職員男性容疑者(52)を逮捕、送検した。

  逮捕、送検容疑は4月、同センター内の倉庫から、コピー機のトナーカートリッジなど約40点(計約50万円相当)を盗んだ疑い。男性容疑者は「盗んだ備品は転売し、飲食代や借金の返済に充てた」と供述しているという。

  道警によると、男性容疑者はこのほか2015年7月ごろから今年4月にかけ、同様の手口で約430件の窃盗を繰り返したと供述。道警は、被害総額が計約1億1千万円に上るとみて調べている。

 埼玉県警草加署は20日、自動車を盗んだとして、窃盗の疑いで、同県草加市に住む草加八潮消防組合の消防士、男性容疑者(21)を逮捕した。「覚えていない」と容疑を否認している。

  逮捕容疑は、昨年12月27日午後11時ごろ、さいたま市大宮区のコンビニエンスストアの駐車場に止めていた軽ワンボックスカーを盗んだとしている。車は無施錠だった。運転手の男性が目撃し通報した。車は、男性容疑者の自宅前に放置されていた。

  署員の逮捕を受け、消防局長は20日、「市民の信頼を裏切り大変遺憾。深くおわびする」と謝罪した。

 20日午前5時20分ごろ、堺市北区北花田町のアパートから白い煙が出ていると、近くの住民から119番通報があった。火は午前8時ごろに鎮圧されたが、木造2階建てアパート約235平方メートルが全焼し、隣接する住宅も約50平方メートル燃えた。

  北堺署や市消防局によると、アパートには8世帯が入居しており、2世帯の男女3人がやけどなどで病院に搬送された。3人とも搬送当時、意識はあったという。

 マンションのポストから荷物を盗んだとして、県警捜査三課などの合同捜査班は19日までに、東京都足立区大谷田の職業不詳、男性容疑者(38)を窃盗の疑いで逮捕した。「盗んだことは間違いない」と容疑を認めている。

  逮捕容疑は、5月20日午前10時50分ごろから同日午後5時半ごろにかけて、川口市芝新町のマンションのエントランスにあるポストから女性会社員(27)に届いたピアス5セットを盗んだとしている。

  同課などによると、1月から郵便物や宅配ボックス内の宅配物が盗まれる被害が県内で46件に上っており、余罪を調べている。

 窃盗罪で2016年に有罪判決を受け執行猶予中の三重県桑名市の男性市議(51)が今年5月、名古屋市内の書店で万引きをしたことがわかった。見つかってその場で代金を払い、店は被害届を出さなかったという。桑名市議会は19日午前、「議会の信頼を失墜させた」として辞職勧告を決議した。男性への辞職勧告決議は16年に続き2度目。

  男性の説明などによると、5月下旬、名古屋市中村区の書店で雑誌と衣類を万引きした。その際、店員に見つかり、代金6千円を支払ったという。男性は取材に対し「精神的な障害があり、通院治療しているが、気持ちを抑えきれなかった」と説明した。今後の進退については「支援者と相談するが、まずは体調を良くしたい」と話した。

  男性は、桑名市の衣料品店でネクタイ9本を万引きしたとして16年7月に逮捕され、同年9月、津地裁四日市支部で懲役1年執行猶予3年の有罪判決を受けた。市議会は10月、辞職勧告を決議したが、男性は辞職しなかった。

 19日午前10時25分ごろ、長野県茅野市金沢の市立金沢小学校の事務員から「給食室が火事です。煙で何も見えません」と119番通報があった。諏訪広域消防本部と同市教育委員会などによると、火は約30分後に消し止められ、給食室の壁や天井など約30平方メートルが焼けた。校内にいた約90人の児童は校庭や近くの入浴施設に避難。このうち2年生の女児1人が吐き気、6年生の女児2人がのどの痛みを訴え、同市内の病院へ搬送された。3人とも症状は軽いという。

  調理員が所属する「茅野市総合サービス」は、取材に対し、出火当時、調理員2人は別の場所にいて、給食室内には誰もおらず、揚げ物用の油を入れた鍋の火の消し忘れが原因と説明している。茅野署は、調理準備中の出火とみて原因を調べている。

 岡山県警の岡山北、赤磐署の合同捜査班は18日、窃盗などの疑いで兵庫県相生市の無職男(70)を最終送検した。

  送検容疑は2月13日ごろ、岡山市の建設会社倉庫に侵入し、集じん機など3点(計4万2千円相当)を盗んだのをはじめ、昨年2月~今年2月、岡山、赤磐市、奈義町など岡山、兵庫両県で同種犯行26件を重ねた疑い。被害はハンマードリル、チェーンソーといった工具類125点、計約662万円相当に上るという。

  岡山県警によると、軽トラックで移動して夜間、明かりが付いていない無人の事務所や倉庫を物色し、無施錠のドアや石で割った窓から忍び込んでいた。「盗んだ工具類は兵庫県内などのリサイクルショップに売り、ギャンブルなどに使った」と供述している。

前の10件 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13