最近の事件
 4日午前0時40分ごろ、長崎県南島原市加津佐町戊の農業、男性(67)方から出火した。木造平屋建て約90平方メートルを全焼して、約2時間半後に鎮火した。男性と帰省中の実弟の計2人と連絡が取れておらず、長崎県警南島原署が焼け跡を捜索するなど安否を確認している。
 同署によると、男性は1人暮らしで、弟(57)も福岡県内から1人で帰省していたという。自宅には弟の車などが残されており、2人が火災に巻き込まれた可能性が高いとみている。
 4日午前4時20分ごろ、大阪市大正区鶴町の市営住宅から出火。8階の一室約40平方メートルを全焼し、玄関付近から年齢、性別ともに不明の遺体が見つかった。大阪府警大正署によると、この部屋に住む女性(78)と連絡が取れておらず、同署で身元を確認するとともに出火原因を調べている。
 4日午前6時15分ごろ、横浜市中区寿町の宿泊施設「扇荘別館」で出火した。消防によると、宿泊者2人が死亡。13人がけがを負いうち9人が病院に搬送されたが命に別条はない。
 消防によると、建物は10階建てで出火当時、約140人が宿泊していた。火元は5階の1室とみられるといい、午前7時15分ごろに鎮火した。
 火災発生後、周辺には救急車両が立ち並ぶなど現場は一時騒然となった。
 近くに住む78歳男性によると、扇荘別館は地域でも比較的大規模な宿泊所で、頻繁に入所者が入れ替わっていたという。男性は「ここまで大きい火事は初めて。高齢者が多いから逃げるのも大変だっただろう。年の始まりから怖いことが起こったしまった」と沈痛な面持ちで話した。
 4日午前3時40分ごろ、神戸市西区森友の木造2階建て民家から出火、延べ約260平方メートルを全焼し、身元不明の2人が死亡した。
 神戸西署などによると、うち1人は女性で、搬送先の病院で死亡が確認された。もう1人の性別は不明で、その場で死亡が確認された。この家の住人2人と連絡がとれておらず、同署が身元の確認を進めている。
 近くの女性(69)によると、民家には高齢女性と、40~50代ぐらいの女性の2人が住んでいたといい、「出火当時は建物から白い煙が出ていた。2人が大型犬と散歩しているのをよく見掛けた」と話した。
 3日午後4時35分ごろ、京田辺市大住ケ丘、男性(78)方から出火、鉄骨2階建て延べ約100平方メートルが全焼した。焼け跡から性別不明の遺体が見つかり、田辺署は行方が分からない男性の可能性があるとみて調べている。
 同署によると、男性は1人暮らし。近所の女性(77)は「2階の窓から大きな炎が出て1時間以上燃え続けていた。爆発音も聞こえた」と話していた。
 3日午前4時10分ごろ、兵庫県伊丹市鴻池の木造2階建て民家から出火し、1階の台所付近2・7平方メートルを焼いた。火は約40分後に消し止められたが、2階で50代ぐらいの男性が心肺停止状態で倒れているのが見つかり、病院に搬送されたが死亡した。
 伊丹市消防局によると、民家には50代の男性が1人で住んでいたとみられる。この男性と連絡が取れなくなっており、伊丹署が身元の確認を進めている。
 119番した新聞販売店の男性店長(50)は「1階の窓から白い煙が出ていておかしいと思った。もっと早く通報できていたら(男性が)助かったのかも」と声を落とした。
 2日午後7時55分ごろ、相模原市中央区矢部のマンション「フレンドポート矢部第1」の2階居室から煙が出ているのを近所の住民が発見、119番通報した。神奈川県警相模原署によると、約18平方メートルを焼き、煙を吸った住民の男性会社員(57)が病院に搬送された。同署で原因を調べている。
 兵庫県姫路市を拠点にする指定暴力団神戸山口組系組織の男性組長が、同市内の自宅マンションから数百万円を盗まれたという内容の通報が兵庫県警にあったことが2日、捜査関係者への取材で分かった。県警は窃盗事件とみて捜査している。
 捜査関係者によると、2018年12月末~19年1月1日ごろの間、組長の自宅から現金数百万円が入った金庫が盗まれたという。部屋には荒らされた形跡があり、他にも貴金属類が無くなっていたという。
 当時、組長は上部団体の年末年始行事に出席するため、神戸市内にいたとの情報がある。県警は、組長が不在になる予定を事前に把握していた者が空き巣に入った可能性があるとみて調べている。
 2日午後6時半ごろ、焼津市利右衛門の男性(48)方から出火し、木造2階建て住宅をほぼ全焼した。1階の部屋から1人の遺体が見つかった。焼津署などによると、男性の母親と連絡が取れていないという。同署が遺体の身元を調べている。
 同署や近隣住民によると、男性方は5人暮らし。出火当時、母親以外の4人は外出していて無事だった。近所の50代男性は「1階の部屋のガラスが割れて火が見えた」と話した。同署と志太消防本部が出火原因を調べている。
 2日午後6時15分ごろ、土佐清水市中央町の住宅から火が出ていると119番通報があった。通報から約4時間15分後の午後10時30分頃に鎮火した。煙を吸った30代男性が病院に搬送されたが命に別条はないという。高知県警中村署によると、火元とみられる住宅と近くの店舗や住宅など計11棟が全焼した。
 現場は市中心部にある商店街。近くの住民(65)は「(自宅は現場から)100メートルぐらいのところだが、顔に熱が伝わってきた。家の屋根の高さ以上の炎で、見たことないほど恐ろしい勢いだった」と話した。
前の10件 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14