最近の事件
 元三味線講師の女性宅に侵入して三味線や宝石などを盗んだとして、警視庁渋谷署は住居侵入と窃盗容疑で、東京都目黒区下目黒、ビル管理人、男性容疑者(68)を逮捕した。調べに対し、「間違いない」と容疑を認めている。
 逮捕容疑は1月25日午後、自身が管理する渋谷区内のビルにある80代女性の自宅に合鍵を使って侵入し、三味線9棹や宝石など33点(時価計約3000万円相当)を盗んだとしている。
 渋谷署によると、女性は昨年12月から入院しており、事件当日の夕方に女性の親族が訪れて発覚。ビル内の防犯カメラには男性容疑者が盗み出す姿が写っており、中には1棹300万円の三味線もあったという。
 被害品はいずれも男性容疑者の自宅から発見された。
 30日午前6時15分ごろ、京都府亀岡市北古世町、鉄骨2階建てアパート「グリンハイツ」1階の男性(81)方から出火、部屋の一部が焼けた。1人を救出したが、搬送先の病院で死亡が確認された。
 京都府警亀岡署は連絡が取れない男性の可能性が高いとみて、身元や出火原因を調べている。
 30日午前4時10分ごろ、福岡市城南区友丘の民家から出火し、木造平屋を全焼した。焼け跡から性別不明の1人の遺体が見つかった。早良署によると、民家は80代の両親と次女の3人暮らしで、両親はともに病院に入院していた。次女と連絡が付いていないという。
 28日午後7時10分ごろ、千葉県流山市江戸川台東の男性から、「家が燃えていて、入れない」と110番通報があった。木造2階建て住宅が全焼した。
 県警流山署によると、男性の次男(6)の行方がわからなくなっている。
 家には男性と妻、子ども3人、夫妻の両親の計7人が暮らしており、火災発生時は夫妻と長男が不在だったという。男性は外出先から帰ってきて火災に気づいたといい、「家族を逃がそうとしたが、次男だけ家の奥に行ってしまった」と話しているという。次男と一緒に自宅にいた夫妻の両親と長女は無事だったという。
 28日午前7時ごろ、大阪市阿倍野区松崎町の木造2階建て民家で「煙が出ている」と、近隣住民から119番があった。火は約20分後にほぼ消し止められたが、高齢とみられる女性が病院に搬送され、間もなく死亡が確認された。
 大阪府警阿倍野署は女性の身元の特定を急ぐとともに、火災の原因を調べている。
 埼玉県の久喜署は27日、建造物侵入と窃盗の疑いで、住所不定、無職の男(58)を逮捕した。逮捕容疑は、23日午前5時25分ごろ、久喜市東の洋菓子店の倉庫に侵入、焼き菓子11点(計2600円相当)を盗んだ疑い。
 同署によると、通報を受けた署員が防犯カメラの映像などから男を割り出し、探していたところ、27日に近くで男を発見した。男は「甘い物が食べたかった。以前にも菓子を盗んだことがある」と容疑を認めているという。
 26日午後1時25分ごろ、京都市北区小野の山林で、ログハウスを所有する不動産業の男性(72)から「ログハウスと付近の山が燃えている。初期消火しようと思ったが手に負えなかった」と119番があった。市消防局によると、午後7時40分ごろに鎮圧し、周囲の山林約1ヘクタールが焼けた。男性は両腕に軽いやけどを負った。
 男性によると、廃材の焼却中、数分間目を離した隙に周囲に燃え広がり、消火器で消し止めようとしたが間に合わなかったという。出火当時、市内には乾燥注意報が出ていた。
 26日午前3時5分ごろ、大阪市東住吉区公園南矢田の木造2階建ての長屋から出火。延べ約160平方メートルのうち、2階部分の約80平方メートルが焼けた。
 大阪府警東住吉署によると、長屋は3軒続きで、中央の2階部分から性別不明の遺体が見つった。70代男性が1人で住んでいるといい、同署は身元の確認を急ぐとともに、出火原因などを調べる。
 通行人の男性から「建物から煙が出ている」と119番があった。
 県警捜査3課は26日、窃盗などの疑いで、さいたま市見沼区蓮沼、無職、男性被告(45)をさいたま地検越谷支部に追送検し、捜査を終結したと明らかにした。
 追送検容疑は平成29年7月から令和元年11月ごろにかけて、県内と千葉県の建設現場など計77カ所に侵入し、建築工具439点(約1200万円相当)を盗んだとしている。転売していたとみられ、「生活費や覚醒剤の購入費などに充てた」と供述しているという。
 26日午前4時10分ごろ、宮崎市島之内の無職男性(93)方から出火、木造平屋建て約103平方メートルを全焼した。焼け跡から男性2人の遺体が見つかった。宮崎北署は、1人はこの家に住む男性の次男(59)の可能性が高いとみて、身元の確認を進めている。もう1人の遺体についても身元の特定を急いでいる。
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11