火災・放火

ホーム 火災・放火民家全焼、屋内から1人遺体 京都・舞鶴、不明の母親か

民家全焼、屋内から1人遺体 京都・舞鶴、不明の母親か

 27日午後5時20分ごろ、京都府舞鶴市余部下、会社員の男性(61)方から出火、木造2階建て延べ約154平方メートルが全焼し、屋内から1人の遺体が見つかった。男性の母親(96)と連絡が取れないといい、舞鶴署が身元の確認を急いでいる。
  同署などによると、男性は母親と2人暮らしで、出火当時は不在だった。近くの主婦(72)は「ドアを開けて声を掛けたが、灰色の煙が充満して入れず、奥から赤い火が見えた」と話した。