事務所・工場・倉庫での事件

ホーム 事務所・工場・倉庫での事件茨城9市町64件の窃盗関与 容疑の男3人を追送検

茨城9市町64件の窃盗関与 容疑の男3人を追送検

 県警捜査3課は18日までに、県内9市町で工事現場の事務所などを狙って盗みを繰り返したとして、窃盗などの容疑で、潮来市日の出の無職、男性A被告(22)と住所不定の土木作業員、男性B被告(21)ら男3人を追送検した。

  県警は男性A、B両被告が64件、被害総額約1335万円の犯行に関わり、うち1件に神栖市の建設作業員の男(21)が関わったことを裏付け、捜査を終結した。

  追送検容疑は男性A、Bの両被告が平成28年10月下旬から今年3月中旬までの間に、県内9市町で事務所荒らしなどを繰り返したとしている。

  同課によると、被害にあったのは現金約21万円と工具や車など約370点(時価計1314万円相当)。被害地域は、潮来市21件、行方市12件、鹿嶋市、神栖市各9件-などで、鹿行地域が多かった。男性A被告らは調べに対し「パチンコ代や生活費が欲しかった」と容疑を認めているという。