店舗での事件

ホーム 店舗での事件アーケードゲームの太鼓窃盗 容疑の3少年逮捕 警視庁

アーケードゲームの太鼓窃盗 容疑の3少年逮捕 警視庁

 人気アーケードゲーム「太鼓の達人」の太鼓を盗んだとして、警視庁少年事件課は3日、窃盗容疑で東京都目黒区の私立高校2年の男子生徒(16)を逮捕した。自宅にゲームセンターの環境を再現するのが目的で、調べに「(遊ぶ様子を動画投稿サイトの)ユーチューブに上げようと思った」と容疑を認めている。
 警視庁は同容疑で川崎市の無職少年(15)と横浜市の私立高校2年の男子生徒(16)を逮捕しており、他に少年1人が関与したとみている。
 逮捕容疑は平成31年4月18日、東京都町田市のゲームセンターで入り口付近に設置されていたゲーム「太鼓の達人」の太鼓(時価10万円相当)を盗んだとしている。他の店舗から盗んだとみられる基盤などと組み合わせ、無職少年の自宅でゲームを再現して遊んでいたという。
 事件に関与した4人のうち2人は幼なじみで、残る2人とはファンが集まる会員制交流サイト(SNS)で知り合った。今年4月に愛知県で発生した同様の事件がインターネット上で騒ぎになったため、横浜市の少年が5月、店に太鼓を戻した。一部の少年は愛知県で事件を起こしたとされる少年らと面識があったという。