自宅での事件

ホーム 自宅での事件「日本は利息低いので、自宅に金置いている」民泊拠点に高級住宅街で空き巣 8千万円被害

「日本は利息低いので、自宅に金置いている」民泊拠点に高級住宅街で空き巣 8千万円被害

 高級住宅街の民家から貴金属などを盗んだとして兵庫県警捜査3課と西宮署などに逮捕された韓国人の男2人が、兵庫や東京、大阪など5都府県で空き巣を繰り返した疑いがあることが8日、捜査関係者への取材で分かった。男らは「日本は預貯金の利息が低いため、金持ちは自宅に金を置いていると思った」などと供述しており、同課などは約40件、8千万円相当の被害を裏付けたという。
 逮捕されたのは、韓国籍の自称プラスチック工場経営の男(69)と無職の男(52)。
 捜査関係者などによると、2人は昨年11月~今年1月、観光目的の短期滞在ビザで来日。大阪市内にある韓国人向けの民泊などを拠点に、電車やタクシーで住宅街に移動し、侵入先を探していた。狙った民家では、インターホンを押して家人の不在を確認してから窓ガラスを割って侵入し、現金や金の延べ板、ネックレスなどを盗んだとみられる。盗んだ金品は民泊の屋根裏に隠していたという。
 兵庫県内では今年に入り、西宮市や芦屋市の高級住宅街を中心に空き巣被害が相次ぎ、県警と大阪府警が合同捜査本部を設置して捜査。被害に遭った複数の民家のインターホンに記録されていた男らの顔の映像などから、今年3月に逮捕した。

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30