自宅での事件

ホーム 自宅での事件深夜に無施錠の民家侵入 家人の就寝、枕元で確かめ現金盗む 3府県で580万円被害

深夜に無施錠の民家侵入 家人の就寝、枕元で確かめ現金盗む 3府県で580万円被害

 兵庫など3府県の民家に繰り返し忍び込み現金を盗んだとして、兵庫県警捜査3課と尼崎東署などは5日までに、窃盗などの疑いで、いずれも高松市の解体工の男2人を逮捕した。計55件、約580万円相当の被害を裏付けたとしている。
 2人の逮捕容疑は昨年11月~今年2月、他の男2人らと共謀して兵庫県尼崎、伊丹市や大阪府門真市、高松市の民家に侵入し現金を盗んだ疑い。いずれも容疑を認めているという。
 同課によると、解体工の男らは深夜、無施錠の一戸建て住宅を探して侵入。家人が寝ているのを枕元まで近づいて確認後、室内の財布などから現金を盗んでいたという。
 主に解体工2人が民家に侵入し、他の男らが見張り役を務めていた。被害が相次いだ尼崎市内などの防犯カメラ映像を同課が分析し、両容疑者らを特定した。

2020年4月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30