店舗での事件

ホーム 店舗での事件6県で店舗荒らし疑い 30件、計130万円相当の被害裏付け

6県で店舗荒らし疑い 30件、計130万円相当の被害裏付け

 兵庫県高砂市内の飲食店で現金を盗んだ疑いで兵庫県警捜査3課と高砂署に逮捕、起訴された住所不定、無職の男(42)が、兵庫、岡山、三重など6県で店舗などを狙った盗みを繰り返した疑いのあることが3日、捜査関係者への取材で分かった。兵庫県警は約30件、計約130万円相当の被害を裏付け、近く捜査を終える。
 捜査関係者によると、2018年12月~19年4月、飲食店やカラオケ店の窓ガラスを壊して侵入し、現金や切手などを盗んだ疑いが持たれている。男は自身の軽乗用車で移動しながら車中やネットカフェで寝泊まりし、侵入できそうな店舗を探していた。県警の調べに容疑を認めているという。
 男は、高砂市内の飲食店に侵入し現金約1万5千円を盗んだ疑いで、今年5月に県警に逮捕されていた。