その他の事件

ホーム その他の事件近大養殖場のカンパチ、3匹盗難 和歌山

近大養殖場のカンパチ、3匹盗難 和歌山

 養殖魚の販売などを行う近畿大学のベンチャー企業「アーマリン近大」が管理しているいけすから、養殖のカンパチ3匹(被害額計約3万円)が盗まれていたことが12日、和歌山県警白浜署などへの取材で明らかになった。同署は窃盗事件として捜査している。
 同署などによると、8日午後5時すぎ、職員がいけすに渡るための桟橋の扉を施錠して帰宅。翌9日午前7時ごろ出勤した職員が、いけす近くで血痕を発見した。不審に思いカンパチの数を確認すると3匹減っていた。10キロのカンパチ1匹と3キロのカンパチ2匹が盗まれたという。扉の施錠はされたままだった。
 また、近くの駐車場には、血や魚のウロコがついたサバイバルナイフが落ちていた。ナイフは、鮮度を保つためにカンパチをしめる際に使用されたとみられる。

2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31