その他の事件

ホーム その他の事件さい銭箱 丸ごと盗難被害 みどりの寺社「罰当たりな行為」 工事現場でも被害 桐生署が関連捜査

さい銭箱 丸ごと盗難被害 みどりの寺社「罰当たりな行為」 工事現場でも被害 桐生署が関連捜査

 群馬県みどり市東町で盗難被害が相次いで発生していることが25日、関係者への取材で分かった。寺社境内に置かれたさい銭箱が箱ごと盗まれたり、土木工事の現場事務所から食料品などが盗まれたりする被害が複数発生し、住民らが警戒を強めている。
 同町の座間不動堂では本堂内と、隣接して奉納されている大わらぞうりの前に設置していた二つのさい銭箱がなくなっていることが20日朝に判明した。「座間不動信仰会」代表の男性(92)は「罰当たりな行為。どんな気持ちで持って行ったのか」と憤る。同会が管理する本堂内のさい銭箱の中身は3月に回収して以降、確認していない。2カ月に1回程度回収し、通常は2000~4000円ほどが入っているという。
 金子建設は同町内にある現場事務所4カ所のうち3カ所が被害に遭い、窓ガラスが割られ、カップ麺やガソリン携行缶、薬などが盗まれた。新井土木でも事務所1カ所が2度被害に遭った。食料品などが盗まれたが、電動工具やパソコンなどの被害はなかったという。
 群馬県警桐生署によると、発覚はいずれも5月中旬ごろ。同署は窃盗事件とみて、それぞれの被害の関連などを捜査している。

2020年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31