事務所・工場・倉庫での事件

ホーム 事務所・工場・倉庫での事件
 奈良県大和郡山市は12日、文化財整理室内の倉庫に保管していた江戸時代の火縄銃2丁や刀剣など美術工芸品18点(推定計約50万円相当)が盗まれたと発表した。同室の扉の鍵は脇にあるガスメーターの陰につるしてあった。県警郡山署が窃盗容疑で捜査している。
 18点は1996年に寄付され、指定文化財は含まれていない。イベントで火縄銃を展示するため7日に倉庫を見たところ2丁がないことが発覚。その後、刀やヤリ、鞍などもないことが分かった。倉庫とは別の部屋にあった収蔵品の管理台帳の該当ページや鉄砲刀剣類登録証が入った封筒もなくなっていたという。火縄銃を最後に確認したのは昨年10月だった。
 市役所とは別の場所にある文化財整理室は、元々は学校の給食調理室で2005年に転用された。フェンスなどで囲われた敷地の入り口にはダイヤル錠がかかっていた。3桁の番号は2年前に変えたが、他部署の職員やアルバイトも含め60人程度が知っていたという。倉庫は無施錠だった。
 記者会見した市長は「市民に深くおわびする」と話した。市は「火縄銃は実際に撃つには解体修理が必要。刀類もすぐに凶器として使える状態ではない」と説明している。
 水島署は12日、窃盗と建造物侵入の疑いで、倉敷市、会社員の男(24)を逮捕した。
 逮捕容疑は6月29日午後1時ごろから30日午前10時ごろまでの間、倉敷市の電気工事業者の倉庫に鍵を壊して侵入し、ケーブルカッターやウインチなど6点(計80万円相当)を盗んだ疑い。
 同署によると男は、少なくとも3点を岡山県外のリサイクルショップに売却していた。容疑を認めている。
 つくば市でアルバイト先のラーメン店倉庫から175食分の麺を盗み、火を付けたとして、つくば中央署は9日、現住建造物等放火と窃盗の疑いで、阿見町、飲食店アルバイト、女(23)、稲敷市、自称派遣社員、男(21)、美浦村、自称会社員、男(21)の3容疑者を逮捕した。
逮捕容疑は共謀し、8日午前4時ごろ、つくば市東の木造平屋倉庫から麺や攪拌機1台を盗んだ上、倉庫に放火して全焼させたほか、隣接する鉄筋2階店舗兼アパートの板塀など約14・7平方メートルにも延焼させた疑い。けが人はなかった。
同署によると3人は友人同士で、いずれも容疑を認めている。
 日亜化学工業辰巳工場からリチウムイオン電池の原料になるレアメタル(希少金属)約6トンを盗んだとして、徳島県警捜査1課と阿南署は1日、窃盗と建造物侵入の疑いで、市内の日亜化学工業社員の男(31)と、元社員で大阪市の会社員の男(26)を逮捕した。
 逮捕容疑は、5月下旬から6月中旬の間に工場に侵入し、ドラム缶30缶分のコバルトパウダー約6トン(約3400万円相当)を盗んだとしている。容疑を認めている。
 県警によると6月13日に日亜から「コバルトが無くなっている」と通報があり捜査。7月中旬に2人がトラックで大阪府の金属取扱業者に持ち込み、約1千万円で売っていたことが分かった。
 社員は、コバルトの保管場所に出入りできる立場だった。日亜は社員を1日付で懲戒解雇した。広報・庶務課は「捜査中なのでコメントできない。原材料や危険物は法にのっとり管理している」と説明した。
 淡路島内で事務所荒らしなどを繰り返したとして兵庫県警捜査3課と洲本署などは28日、建造物侵入や窃盗などの疑いで、いずれも同県洲本市、漁師の男(26)と、無職男(27)を逮捕、送検し、捜査を終えた。同課は起訴済みの5件を含む47件、約1350万円相当の被害を裏付けたとしている。
 2人の逮捕、送検容疑は共謀し2019年4月30日、南あわじ市の事務所に侵入し、現金10万円のほか、軽トラックなど10点(計57万円相当)を盗んだ疑い。
 同課によると、2人は18年9月~19年6月、淡路島内の3市で、夜間に給油所や事務所、民家などを狙い、現金やギフトカードなどを盗んでいたとしている。無施錠の窓や、バールでこじ開けた出入り口から侵入していたという。
 漁師の男が屋根をつたって逃げたという目撃情報から、地域住民の間では「スパイダーマンの仕業だ」といううわさもあったという。
 北海道室蘭市は25日、市役所本庁舎が何者かに荒らされ、職員らの私費約4万円が盗まれたと発表した。庁舎内の会計課や秘書課など執務室のほとんどのドアが、バールのようなものでこじ開けられており、室蘭署は窃盗事件として捜査している。
 市によると、同日午前6時ごろ、当直の職員が庁舎1階の子育て支援室の窓ガラスが割られているのを発見。1階会計課の会計窓口のガラスが割られていたほか、2階産業振興課のドアがねじ曲げられて鍵が開けられたり、4階職員組合のキャビネットが壊されたりし、机の中などにあった現金の一部がなくなっていた。
 24日夜から1階当直室に職員2人が勤務していたが、午後11時に巡回した際に異常はなかったという。庁舎内に機械警備は導入されていなかった。総務部長は「職員の私費管理を徹底するとともに、防犯態勢を見直したい」と話した。
 京都府警北署は17日、京都市北区西賀茂坊ノ後町のスーパー「エムジーショップ西賀茂店」で、現金約215万円が盗まれたと発表した。窃盗事件として捜査している。
 北署によると、同日午前4時半ごろ、店舗内の警報器が作動。署員らが駆け付けたところ、2階事務所の窓ガラスが割られ、現金保管庫の中から約213万円がなくなっていたほか、小型金庫(約2万5千円在中)が盗み出されていた。
 店員が前日夜に戸締まりした際に異常はなかったといい、北署は何者かが閉店後に侵入したとみている。
 神奈川県警横須賀署は8日、横須賀市内で開催している人気漫画「ONE PIECE」のスタンプラリーで使うスタンプ1個を盗んだとして、窃盗容疑で同市の会社員男性容疑者(48)を逮捕した。
 署や市によると、商店街にある11種類のスタンプを集め、応募すると抽選でキャラクターが描かれたオリジナルスカジャンが当たる。男性容疑者は「スカジャンが欲しくて、たくさん応募するために盗んだ」と容疑を認めている。
 9月3~6日の間に、逮捕容疑の1個を含む計6個のスタンプが百貨店や観光案内所から盗まれており、男性容疑者宅で全て見つかった。
 県警捜査1課と鳴門署は7日、松茂町住吉、無職の男(54)を窃盗未遂と建造物侵入の疑いで再逮捕した。
 6月19日午後11時~20日午前6時半ごろ、鳴門市大津町の60代男性宅の蔵に侵入し、古美術品を盗もうとした疑い。容疑を認めている。
 男の逮捕は4回目。古物商の資格を持ち、盗んだ古美術品を売って生活費に充てていたとみられる。5、7月に鳴門、阿波両市で皿や花台を盗んだとして起訴されている。
 本部署は27日、村長室から現金13万円を盗んだとして伊平屋村役場職員の男(28)を建造物侵入と窃盗容疑で逮捕した。署は捜査に支障が出るとして認否を明らかにしていない。
 逮捕容疑は3月6日午後から7日午前の間に無断で村長室に入り、村長の所持金13万円を盗んだ疑い。
 同容疑者は村内のキャンプ場事務所から村観光協会の管理金6万6千円を盗んだとして7月に逮捕され、保釈されていた。
 埼玉県和光市の60代男性が市に預けていたキャッシュカードを不正に持ち出し、男性の口座から現金480万円を引き出して盗んだとして、県警は26日、窃盗の疑いで、元市企画部審議監男性容疑者(56)を再逮捕した。逮捕は5回目。
 再逮捕容疑は、自力で財産の管理ができなくなった男性から市が預かって金庫内に保管していたキャッシュカードを持ち出し、2012年11月~18年12月、22回にわたって現金を引き出した疑い。県警によると、容疑を認めている。
 男性容疑者は12年10月から18年3月まで市の福祉事務所長と保健福祉部長を兼務していた。
 大阪電気通信大は26日、劇物の四塩化炭素と二硫化炭素の液体が入った瓶、合わせて37本、計18.5リットルを紛失したと発表した。薬品庫の鍵は壊されていなかった。発見時は施錠されており、何らかの方法で解錠されたとみられる。寝屋川署が被害届を受理し、窃盗容疑で調べている。
 大学によると、2種類の劇物は500ミリリットルの瓶入りで、なくなったのは四塩化炭素19本、二硫化炭素18本。体重80キロの人が摂取した場合、四塩化炭素は117ミリリットル、二硫化炭素は202ミリリットルで半数が死ぬとされている。
 他にアセトンなど6種類の薬品もなくなった。
 会津若松署は22日午後11時20分ごろ、盗みの疑いで会津若松市、無職の容疑者男(27)を逮捕した。
 逮捕容疑は、4月25日午後8時ごろ、同市の自動車販売・整備会社の事務所に侵入し、現金201万9千円を盗んだ疑い。
 兵庫県明石市生活福祉課の金庫から生活保護費約200万円がなくなった問題で、同市が19日までに明石署へ盗難の被害届を出し、受理された。同署が窃盗容疑で調べる。
 市などによると、被害に遭ったとみられる期間は、6月分の保護費が入金された5月末から、紛失が発覚した8月21日までの約3カ月間。被害金額は9世帯分203万7115円。受理は18日付。
 紛失したのは同課のケースワーカーが市民に手渡しする生活保護費で、ダイヤル式の金庫に保管されていた。平日の開庁中は管理職か経理担当者に声を掛ければ金庫を開閉でき、終業時に担当者が施錠していたという。
 同署によると、同課がある市役所北庁舎には外部から侵入した形跡はなく、金庫も壊されていなかったという。
 奈良県警奈良西署は17日、奈良市立富雄北小学校の金庫から現金33万円を盗んだとして、同校教諭の男性容疑者(25)を窃盗容疑で逮捕した。調べに「お金を取ったことは間違いない。借金返済のためだった」と容疑を認めているという。
 逮捕容疑は4月23日から5月7日にかけ、校長室の金庫に保管されていた6年生の修学旅行の小遣い計33万円を盗んだ疑い。同署によると当時、金庫の鍵は職員室の壁に掛けてあり、誰でも自由に持ち出せる状態だったという。
 学校側は5月7日に現金がないことに気付き、9日に奈良西署に被害届を出した。金庫からはこれとは別に教育実習教材費など約5万円も無くなっており、同署は男性容疑者が関わっている可能性があるとみて捜査を進めている。
 泉北クリーンセンターで、金庫に保管していたごみの処分手数料約60万円がなくなっていたことが13日、センターなどへの取材で分かった。大阪府警和泉署が窃盗容疑で捜査している。
 センターによると、9月2日朝、5階の会議室にあるダイヤル式の金庫から、搬入ごみの処分手数料として市民から徴収した約60万円がなくなっていることに男性職員が気付いたという。金庫や会議室の鍵が壊された形跡はなかった。
 センターは大阪府和泉、高石、泉大津の3市でつくる一部事務組合が運営するごみ処理施設。紛失した手数料は、2日に高石市役所に入金予定だったという。センターは「公金の取り扱いをより厳重にし、再発防止に努める」としている。
 埼玉県警は9日、同県三郷市の警備会社で4日に現金3億6千万円が盗まれる事件があり、窃盗の疑いで元社員で住居不詳、無職男性容疑者(28)を全国に指名手配したと発表した。
 県警によると、男性容疑者は4日の出勤を最後に2日続けて会社に無断で欠勤し、連絡が取れなくなった。警備会社の関係者が社内に設置したカメラの映像を確認したところ、金庫室から現金を複数の段ボール箱に詰めて持ち出す姿が写っていたため、吉川署に通報し、懲戒解雇とした。
 車を所有しているかどうかは不明で、県警は現金を運搬した手段などを調べている。
 福岡県警飯塚署は7日、窃盗などの疑いで、飯塚市の会社員の男(41)を逮捕した。テレビで犯人の映像を見た長女(14)にLINE(ライン)で問い詰められて認め、家族が署に相談した。
 逮捕容疑は7月16日朝、市内の倉庫に侵入し、電動工具2点(約6万円相当)を盗んだ疑い。「盗んだ物を売って、生活費の足しにしたかった」と容疑を認めているという。
 署によると、事件の2日後、テレビが県内で工具窃盗が多発していると報道。別居する長女らが防犯カメラに写った犯人の体形などが似ていると気付いた。LINEで「本当のことを言ってくれん」と詰問すると「した(盗んだ)」と認めたという。
 岡山県浅口市は2日、同市教委事務局の金庫から現金10万円を盗んだとして、市教委生涯学習課の元男性主事(26)を玉島署に窃盗の疑いで告訴したと発表した。同署は同日付で受理した。
 市などによると、男性は7月6日午後6時ごろ、課長の机にあった鍵を使って金庫を開け、市内のスポーツ少年団に贈る激励金として保管されていた10万円を盗んだ疑い。
 男性主事が全額を弁済したため見送っていた告訴に踏み切ったことについて、教育長は「男性が過去にも同課で不適切な金銭の処理をしていた疑いが出てきたため」と説明した。今後、調査を進め、被害があれば再び告訴する方針。
 会見した市長は、市長と副市長、教育長の給料を10~12月の3カ月間、10%減額する条例案を開会中の9月定例市議会に提出する考えを示した。
 警視庁は23日、警察署で保管していた拾得物の現金計約200万円を盗んだとして、府中署会計課係長の男性被告(49)を懲戒免職処分とした。借金返済や競馬に使っていたという。
 警視庁によると、昨年5月ごろから約1年間、届けられた現金を複数回にわたって盗んだ上、発覚を免れようと虚偽の帳簿を作成したという。6月に窃盗容疑で逮捕し経緯を調べていた。
 また、窃盗行為を把握していたのに上司に報告しなかったとして、当時の会計課長(48)を犯人隠避容疑で23日に書類送検し、停職3カ月の懲戒処分とした。
1  2  3  4  5  6  7  8

2019年11月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30