店舗での事件

ホーム 店舗での事件
 愛知県警岡崎署は11日、5月に岡崎市のスーパーで魚の切り身を盗んだとして、窃盗の疑いで住所不定、自称ユーチューバーの男性容疑者(29)を逮捕した。「へずまりゅう」の名前で動画投稿サイト「ユーチューブ」に動画を載せていたという。

 岡崎署によると、会計前の魚の切り身を店内で食べ、空になった容器をレジに持って行く様子を別の人に撮影させ、動画を投稿していたという。店舗から相談を受けた同署は、会計前の商品を食べる行為が窃盗に当たると判断した。

 逮捕容疑は5月29日午後、岡崎市内のスーパーで、魚の切り身1パック(約430円相当)を盗んだ疑い。容疑を認めている。
 プロパンガスのボンベを盗んだとして、京都府警舞鶴署は9日、舞鶴市のたこ焼き移動販売業の男(54)を窃盗の疑いで逮捕した。容疑を認めているという。

 発表では、男は4月24日、兵庫県丹波市の薬局に設置されていた、同市内のLPガス販売会社が所有するガスボンベ2本(4万円相当)を盗んだ疑い。

 舞鶴市など府北部では、事業所などに置かれたガスボンベが盗まれる事件が9件発生しているといい、同署が捜査していた。
 スーパーで食料品を万引したとして、県警は9日、窃盗の疑いで、相模原署地域3課の巡査長の男(34)を現行犯逮捕した。監察官室によると、同容疑者は「盗むつもりはなかった。車に置き忘れた財布を取りに行くため店外に出た」などと供述、容疑を否認している。当時、財布は持っていなかったという。

 逮捕容疑は、同日午後7時45分ごろ、同市旭区上白根のスーパーで、パンや天ぷらなど食料品14点(計1789円相当)を盗んだ、としている。会計せずに店外に出たところを男性店員に取り押さえられた。

 同室によると、同容疑者はこの日は休日で、車に乗って1人で同店を訪れていた。商品を入れた買い物かごが同店の物ではなかったため、不審に思った店員が注視していたという。

 監察官室長は「警察官として言語道断の行為で、誠に遺憾。今後の捜査結果を踏まえ厳正に対処する」とコメントした。
 知的障害がある知人に万引きをさせたとして、福岡県警は8日、福岡市東区箱崎、会社員男性A容疑者(27)を窃盗の疑いで逮捕し、発表した。「何も話したくない」と話しているという。
 東署によると、男性A容疑者は6月12日午後10時45分ごろ、東区箱崎のディスカウントストアで、知的障害がある知人男性Bに、Tシャツや整髪料など商品20点(計9030円相当)を万引きさせた疑いがある。商品を入れた買い物かごを渡された男性Bが商品をリュックに入れて店外に持ち出そうとしたところ、出入り口のセンサーが鳴り、店員が110番通報した。
 男性A容疑者は男性Bの中学の後輩。男性Bは「(A容疑者から)『取れるなら取って』と言われた。逆らえませんでした」と話しているという。
 愛知、三重など5県警による捜査本部は6日、愛知県内のショッピングモールなどに侵入し衣類など計約300点(販売価格計約500万円)を盗んだ疑いで男3人を建造物侵入、窃盗容疑で再逮捕した。捜査本部によると、3人は覚醒剤使用者で作る約10人の窃盗グループのメンバーとみられ、覚醒剤の購入資金を得るため盗みを繰り返していた可能性があるとみて調べている。
 捜査本部によると、グループは2019年12月~20年4月ごろまでの間、中部地方などで100件以上の窃盗を繰り返した可能性がある。
 再逮捕されたのは、住居不定、無職、男性被告(39)ら男3人。3人は窃盗罪と覚醒剤取締法違反(使用)で既に起訴されている。
 新型コロナウイルス感染症の影響で学校が休みになった時期に、家にいた子どもと窃盗犯が鉢合わせするケースが相次いだことが問題になった。捜査本部によると、このグループは3~5月に愛知県内で起きたこうした鉢合わせ事案4件のうち2件に関与していたという。
 化粧品や医薬品を万引したとして、兵庫県警組織犯罪対策課と神戸北署などは6日までに、窃盗の疑いでベトナム国籍の男女2人を逮捕、送検した。同課は阪神間や播磨地域などで15件、計約170万円相当の被害を裏付けたとしている。
 いずれも入管難民法違反(不法残留)などの罪で起訴され、神戸市長田区に住む男(26)と、女(22)。2人の逮捕、送検容疑は共謀し、2019年5月11日、同県西宮市内のドラッグストアで化粧品など約100点(約15万4千円相当)を盗むなどした疑い。容疑を認めているという。
 同課によると、男は18年12月ごろ、ベトナムにいる男が「日本商品を買い取る」とフェイスブックに投稿しているのを見つけ、男に連絡。送ってこられた買い取り品リストにある化粧品などを盗み、男に売っていたという。
 京都府警城陽署は2日、窃盗の疑いで、宇治市、会社員の男(21)を逮捕した。
 逮捕容疑は、6月17日午後11時55分ごろ、城陽市のコインランドリーで、同市内の女性(44)が洗濯機に入れていた下着など17点(計約4万円相当)を盗んだ疑い。
 同署によると、男の自宅から段ボール5箱に分けて詰められた女性用下着数百点が見つかったといい、余罪を調べている。
 約10万円分の商品券などが入った紙袋を盗んだとして、兵庫県警垂水署は26日、窃盗の疑いで神戸市垂水区の自営業の男(80)を逮捕した。
 逮捕容疑は、20日午後5時半ごろ、同市垂水区のスーパーマーケットで、公務員の男性(54)が置き忘れた紙袋を持ち去った疑い。容疑を否認している。
 同署によると、男は25日、同じスーパーマーケットに犯行時と同様の服装で来店。気付いた同店の警備員が通報したという。
 居酒屋で現金を盗んだとして、埼玉県警は26日までに、窃盗などの疑いで同県蕨市、無職男性容疑者(67)を逮捕した。県警によると、同容疑者は指名手配中、新型コロナウイルス対策の特別定額給付金を申請するため住民登録。住所が判明し、付近のパチンコ店で捜査員に発見された。
 逮捕容疑は昨年12月6日、同県川口市の居酒屋に侵入し、現金約2万円やレジなどを盗んだ疑い。容疑を否認している。
 県警は、防犯カメラの映像などから同容疑者を特定し指名手配。居住先は不明だったが、今年6月上旬までに蕨市内の知人宅に住民登録したことが捜査で分かった。
 兵庫県警相生署と赤穂署は25日、窃盗の疑いで、同県上郡町の内装業の男(38)を逮捕した。
 逮捕容疑は3月12日午前0時ごろ、同町上郡の飲食店で現金約7500円を盗んだ疑い。相生署によると、男は店舗裏口のドアを壊して侵入したとみられ、調べに対し「ぼんやりした記憶はある」と説明しているという。
 この店舗では昨年11、12月にも同様の被害があった。上郡町のほか赤穂市でも出店荒らしが相次いでおり、同署などが関連を調べる。
 インターネットカフェで財布を盗んだとして、兵庫県警姫路署は25日、窃盗の疑いで、姫路市の解体工の男(24)を逮捕した。同署によると、男は他人名義の会員カードで入店し、個室利用者が部屋を離れたすきにかばんから財布を抜き取った疑いがあるという。
 逮捕容疑は昨年7月6日、市内のインターネットカフェで、男性会社員(45)が利用していた個室のかばんから、現金約4万円などが入った財布を盗んだ疑い。姫路署の調べに容疑を認めている。財布は店内の物置に置かれ、現金のみが持ち去られていた。
 静岡南署は23日、窃盗の疑いで静岡市清水区草薙、市立中教諭(49)を現行犯逮捕した。逮捕容疑は同日午後2時ごろ、同市駿河区の書店で文庫本や絵本、漫画など8冊(計1万円相当)を盗んだ疑い。
 同署によると、容疑者が本をバッグに入れ、レジを通さずに店外に出たのを店舗スタッフが発見し、声を掛けたという。
 容疑者は清水区のコンビニ店で飲食品などを盗んだとして5月17日にも逮捕され、罰金30万円の略式命令を受けていた。市教委によると、容疑者は前回の事件を受けて自宅待機になっていて、処分を検討中だったという。市教育長は「教員が2度にわたり逮捕されたことを重く受け止めている。厳正に対処する」とコメントした。
 水戸市内でブランド物の服飾品を扱うセレクトショップで今月上旬、閉店後の店内が荒らされ、スニーカーなど商品約60点、計約1千万円相当が盗まれていたことが23日、水戸署や同店関係者への取材で分かった。同署が多額窃盗事件として捜査を進めている。
被害に遭ったのは、同市泉町の「スパイダー」。ブランド物のスニーカーや腕時計、衣料品を扱い、若者を中心に人気を集めている。
同署によると、5日午前3時すぎ、店舗近くを通り掛かったタクシー運転手から「ガラスドアが打ち破られている」と110番通報があった。
店内のガラス製ショーケースが割られ、現金18万円のほか、ナイキの人気スニーカー「エアジョーダン」を含む時価計1020万円相当の靴や腕時計など59点が盗まれた。
茨城新聞の取材に同店代表の男性(40)は「頭が真っ白になった」と振り返る。男性によると、自動ドア下部のガラスが割れており、犯人はドア内側から解錠して侵入したとみられる。事件前日の4日は午後9時半ごろまで従業員3人が勤務していた。店舗内外に計4台の防犯カメラを設置していたが、警報装置はなかったという。
被害を受け男性は「新型コロナウイルスの影響で売り上げが落ちていたことも重なり、店にとって大打撃だ。本当に許せない」と憤っていた。
 兵庫県警三木署は22日、窃盗の疑いで、三木市の無職の男(59)を逮捕した。
 逮捕容疑は21日午後9時15分~45分ごろ、同市内のカラオケ喫茶で、男性客(63)がソファに置き忘れた財布(現金18万円など在中)とスマートフォンを盗んだ疑い。調べに「全く身に覚えがない」と容疑を否認している。
 男が財布などを持ち去るところを別の客が目撃し、発覚した。
 滋賀県警大津北署は20日、窃盗の疑いで、住所、職業不詳、自称ベトナム国籍の容疑者(27)を逮捕した。
 逮捕容疑は20日午後1時35分ごろ、大津市内のスーパーで、包丁や化粧品、野菜など111点(計約27万円)を万引した疑い。店の買い物かごに商品を入れ、レジを通らずに車に積み込んだところを警戒中の署員が現行犯逮捕した。
 長崎県佐世保市内のゴルフ場の売店でシャツを盗んだとして、窃盗の疑いで同県警が現行犯逮捕した佐賀県伊万里市の元小学校教員の男性(56)について、佐世保区検は18日付で不起訴とした。
 長崎地検は理由について「弁償を行い、既に社会的制裁を受けているため」としている。佐賀県教委は5月、男性を懲戒免職処分にした。
 ホームセンターで商品を万引したとして、神奈川県警加賀町署は19日、窃盗の疑いで、横浜市中区西之谷町の会社員、男性容疑者(26)を逮捕したと発表した。容疑を認めている。
 逮捕容疑は18日午後6時50分ごろ、同区新山下のホームセンターで、キャンプ用品など商品29点(販売価格計約26万円)を万引したとしている。
 同署によると、男性容疑者はアウトドアコーナーに置かれていたグリルバーナーなどの商品を次々とカートに積み込み、レジを通らず持ち去ったため、店の男性従業員(43)が駐車場で呼び止めて、駆け付けた同署員に身柄を引き渡した。
 同店では17日にも同じような万引被害が起きていたため、従業員が警戒していたところ、防犯カメラに写っていた商品を運び出す人物と特徴の似た男性容疑者が来店し、犯行に及んだ。同署は余罪の有無についても調べる方針。
 喫茶店チェーン「コメダ珈琲店」でマグカップを盗んだとして、愛知県警中川署は16日までに、窃盗の疑いで、名古屋市港区津金、無職男性容疑者(62)を現行犯逮捕、送検した。同署は男性容疑者の自宅からコメダ珈琲のロゴが入ったおしぼりなど約20点を押収。男性容疑者は「コレクションにするためだった」と話しているという。
 逮捕容疑は15日午前8時20分ごろ、名古屋市中川区の「中川玉川町店」で、マグカップ(約2千円相当)1個を盗んだ疑い。
 同署によると、会計を済ませて店を出ようとした男性容疑者のかばんにマグカップが入っているのを女性従業員が発見し、通報した。
 千葉県警印西署は16日、窃盗の疑いで東京都足立区、自称運転手の男(49)を逮捕した。
 逮捕容疑は昨年8月19日午後7時45分ごろ、印西市内の大型スーパーの家電売り場で、加湿空気清浄機など計4点(販売価格計6万464円)を盗んだ疑い。
 同署によると、店内の防犯カメラの映像から浮上。「生活費の足しにするため盗んだ」と容疑を認めている。
 岐阜県警岐阜南署などは16日、窃盗の疑いで、岐阜市六条大溝、市立三輪中学校教諭の容疑者(32)を逮捕した。
 逮捕容疑は3月10日午前10時~11日午後6時50分ごろの間に、大垣市のスポーツ用品販売店で、リュックサック1個(販売価格約1万8千円)を盗んだ疑い。署は認否を明らかにしていない。
 署によると、3月中旬、岐阜市内のリサイクルショップを署員が見回った際、盗まれたリュックサックが見つかった。容疑者は同店や他店で複数回盗品を売っていたとみられ、署が調べている。
 市教育委員会によると、3月10、11日は新型コロナウイルス感染防止のため、臨時休校中。容疑者は両日とも勤務日だった。当時3年生の担任で、10日午前は公立高校入試の引率で岐阜市内にいたという。本年度は1年生の担任をしている。校長らが16日、市役所で記者会見し「教諭が不祥事を起こし、迷惑をお掛けしたことをおわびします」と謝罪した。
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

2020年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31