店舗での事件

ホーム 店舗での事件
 岐阜南署は22日、窃盗の疑いで、岐阜市中鶉、パートの男(31)を逮捕した。
 逮捕容疑は14日午後5時40分ごろ、市内のコンビニエンスストアで、チョコレートやチョコもなかなど11点(販売価格計1222円)をかばんに入れて盗んだ疑い。
 署によると、容疑者が21日夜に同じコンビニを訪れたため、男性オーナー(56)が「先日の万引の犯人が来店している」と110番。容疑者は「覚えがない」と容疑を否認している。
 コンビニのくじを箱ごと盗んだとして、兵庫県警加古川署は18日、窃盗の疑いで、いずれも同県高砂市に住むアルバイトの男(31)と無職の女(32)を逮捕した。
 逮捕容疑は昨年10月15日夜、同県加古川市野口町のコンビニで、店の飲食物などが当たるくじ約150枚(計約1万5千円相当)が入った紙箱を盗んだ疑い。
 レジに置いた箱がなくなっていることに店員が気付き、防犯カメラに箱を持ち去る様子が映っていたという。アルバイトの男は容疑を認め、無職の女は「一緒にいただけ」と容疑を否認しているという。
 携帯電話ショップからスマートフォン63台を盗んだとして、兵庫県警組織犯罪対策課と神戸北署などは17日、建造物侵入と窃盗の疑いで同県尼崎市、無職の男(27)を再逮捕した。
 再逮捕容疑は昨年12月31日~今年1月15日ごろの間、神戸市垂水区の携帯ショップに侵入し、最新型の「iPhone」などスマホ63台(販売価格計約826万円)を盗んだ疑い。容疑を認め、「盗んだ携帯は知人に約450万円で売った」と話しているという。県警は転売先などについても調べる。
 同課によると、男は昨年12月下旬までこの店に勤務し、退職後も店の合鍵を所持していたという。同容疑者はベトナム国籍の男2人と共謀し、同店からスマホ2台を盗んだ疑いで1月に県警に逮捕されていた。
 夜間に無人の商店などを狙って盗みを重ねたとして、岡山中央署は17日、窃盗などの疑いで大阪市生まれ、住所不定、無職の男(22)を最終送検した。
 最終送検容疑は、昨年12月1日夜から翌朝、岡山市北区の衣料品店に無施錠の窓から侵入し、現金約8万7千円などを盗んだのをはじめ、同年11月上旬から12月11日、JR岡山駅周辺の飲食店などで同様手口の犯行を17件重ね、合計で現金約149万円とバッグなど27点(約9万5千円相当)を盗んだ疑い。
 同署によると、男は「生活費に充てた」と容疑を認めている。
 奈良県警奈良県大和郡山市のガソリンスタンドで、昨年大みそかに売上金など現金約1千万円が奪われる事件があり、大阪府警が窃盗事件で逮捕した職業不詳の30代の男ら数人が関与した疑いが強まったとして、奈良県警が強盗などの疑いで、18日に再逮捕する方針を固めたことが17日、捜査関係者への取材で分かった。
 捜査関係者によると、男らは昨年12月31日午後11時25分ごろ、同市丹後庄町のガソリンスタンドに押し入り、従業員の男女2人にナイフのようなものを見せ「金を出せ」と脅迫、店の金庫を開けさせ、売上金を含む現金約1千万円を奪った疑いがある。2人は手足を粘着テープでしばられたが、けがはなかった。
 男は大阪市のリサイクルショップ事務所に侵入し、現金約500万円などが入った金庫を盗んだとして、1月28日に窃盗などの疑いで大阪府警に逮捕された。
 沼津署は16日、窃盗の疑いで三島市徳倉、無職の男(24)を現行犯逮捕した。
 逮捕容疑は氏名不詳者と共謀して同日午後4時ごろ、沼津市のスーパーで食料品など計85点(約4万円)を盗んだ疑い。
 1500万円相当のサンゴ礁の置物を骨董品店から盗んだとして、大阪府警西堺署は13日、窃盗容疑で、神戸市北区ひよどり台の無職、男性容疑者(70)ら45~71歳の計4人を逮捕したと発表した。同署は4人の認否を明らかにしていない。
 逮捕容疑は、共謀し、昨年9月5日午後4時ごろ、堺市西区の骨董品店で、ガラスケースに入っていたサンゴ礁の置物1点を盗んだとしている。
 同署によると、4人は買い物客を装って店員に話しかけ、注意をそらしているうちに置物を店外に出して車で盗み去ったという。周辺の防犯カメラ映像などから4人が浮上。置物は見つかっておらず、同署は転売された可能性があるとみて捜査している。
 愛知県警東海署は12日、大府市共西町、接骨院経営、男性容疑者(40)を窃盗容疑で緊急逮捕した。
 逮捕容疑は、自身が経営する接骨院で5日午後2時半ごろから午後3時50分までの間に、客の男性会社員(54)の財布から2万円を盗んだとしている。容疑を認めているという。
 男性は接骨院の常連だったが、通う度に財布から現金がなくなるため不審に思い、5日は1~15と番号を書き込んだ計15万円を財布に入れ、施術台の下のかごに入れていた。施術後、1万円札2枚がなくなっていたことから警察に相談。同署が12日夕、接骨院を家宅捜索したところ、1、2番と書かれた2枚の1万円札が見つかった。
 兵庫県警明石署は31日までに、窃盗の疑いで、同県明石市、会社員の男(34)と、大阪府豊中市の同(35)を逮捕した。
 逮捕容疑は2013年4月18日午後3時前、明石市内の書店で、人気漫画「ONE PIECE」と「黒子のバスケ」計26冊(1万870円相当)を盗んだ疑い。
 同署によると、2人は小中学校の同級生といい、防犯カメラの映像などから発覚。「古書店に売るつもりだった」と容疑を認めているという。
万引をとがめた店員にかみついてけがを負わせたとして、兵庫県警丹波署は30日、強盗致傷の疑いで、丹波市の無職の男(75)を現行犯逮捕した。
 逮捕容疑は同日午前10時ごろ、同市氷上町のディスカウントストアで、おにぎり2個(計148円)を万引した上、呼び止めた女性店員(39)の左手の甲にかみついてけがを負わせた疑い。同署の調べに、容疑を認めているという。
 同署によると、男は別の食品は購入したが、おにぎりは上着に隠し、店の外に持ち出した。女性店員が男を取り押さえ、同署員に引き渡したという。
 2019年11月に大型会員制スーパー「コストコ北九州店」に車が突っ込み、指輪5点(時価計約231万円)が盗まれた事件で、福岡県警は29日、いずれも福岡県内の配管工の男3人を窃盗と建造物侵入の容疑で逮捕したと発表した。
 同県桂川町のA(37)、同県直方市のB(35)同、C(28)――の3容疑者。逮捕容疑は、共謀し、19年11月12日午前5時25分ごろ、北九州市八幡西区本城学研台のコストコ北九州店に侵入し、1.8カラットのダイヤモンドの指輪(時価約81万円)などを盗んだとしている。県警は認否を明らかにしていない。
 県警によると、3人は作業現場で一緒に働いたことがある知人同士とみられる。事件は、盗んだ軽乗用車を後進させて入り口シャッターを突き破り、ショーケースを工具でたたき割って指輪を盗む荒っぽい手口だった。当時は従業員約20人が開店準備をしており、覆面姿の男らが逃げていく姿が目撃された。
 事件後、C容疑者は覚せい剤取締法違反容疑などで逮捕、起訴されていた。
 「トイレが詰まった」と言って店番中のコンビニ店員を誘い出し、レジ付近から加熱式たばこを盗んだとして、いずれも東京都昭島市在住の都立高校生を含む16~17歳の少年3人が窃盗容疑で警視庁に逮捕された。
 発表によると、3人は昨年7月13日未明、昭島市と福生市のコンビニ2店舗で、レジ付近から加熱式たばこ「IQOS(アイコス)」の本体計3台(計約2万3000円相当)を盗んだ疑い。逮捕は18日。
 2件とも1人で店番中の男性店員に「トイレが詰まった」と言ってレジから離れさせ、その隙に盗みを行っていた。トイレを汚す役、店員を呼ぶ役、盗む役に役割分担していたという。
 調べに対し、3人とも容疑を認め、「盗んだアイコスは自分たちで吸った。欲しい物があれば盗むのが当たり前になっていた」と供述している。
 石川県警羽咋署などは28日、玄米約3・7トンを盗んだとして、石川県かほく市木津、無職、男性A(37)と同県宝達志水町森本、無職、男性B(33)の両容疑者を窃盗の疑いで逮捕した。
 逮捕容疑は、2019年11月11~22日ごろ、勤務先だった県内の米仲卸店からコシヒカリ玄米126袋(1袋約30キロ、約93万円相当)を盗んだとしている。
 同署によると、2人は兄弟で、A容疑者は「数え切れないくらいの回数にわたって盗んだ」と供述。盗んだ玄米は県内の米屋数カ所に転売したという。
 同店では、同年6月以降、玄米数十トンがなくなっているといい、同署などは余罪を追及する。
 酒類を万引したとして、神奈川県警金沢署は28日、窃盗の疑いで、横浜市立幸ケ谷小学校の教諭、男性容疑者(48)を逮捕したと発表した。容疑を認めている。
 逮捕容疑は23日午後1時20分ごろ、同市金沢区幸浦のスーパーで、ウイスキーやワインなどの酒類6点(販売価格計約3万3600円)を万引したとしている。
 同署によると、男性容疑者は以前にも同店で万引が疑われる行動を取っていた。このため店の関係者が注意を払っていたところ、男性容疑者が両手で商品をわしづかみにし、リュックサックに押し込むのを確認。店を出たところで副店長の女性(40)が取り押さえ、110番通報で駆け付けた同署員に身柄を引き渡した。
 同市教育委員会によると、男性容疑者は平成13年に採用。以前は同小で児童の少人数教育などに携わっていたが、現在は指導が不適切と判定され、教壇には立たず研修を受けていた。
 パチンコ台を不正に操作してパチンコ玉を盗もうとしたとして、兵庫県警豊岡南署は27日、窃盗未遂の疑いで、住所不詳、無職の男(48)を逮捕した。
 逮捕容疑は26日午後6時半ごろ、兵庫県豊岡市寿町のパチンコ店で、衣服の中に隠した機器でパチンコ台に誤作動を起こさせ、パチンコ玉を盗もうとした疑い。
 同署によると、パチンコ台のモニター画面が通常とは異なる動きをしているのを見掛けた従業員が同署へ通報。駆け付けた署員が調べたところ、衣服の中から機器が見つかったという。
 男は同日の午前から同店を出入りしており、逮捕時には現金数万円などを所持。「身に覚えがない」と容疑を否認しているという。
 店舗に侵入し、現金などを盗んだとして神奈川県警川崎署は25日、窃盗の疑いで川崎市川崎区京町の自称無職、男性容疑者(50)を逮捕した。容疑を認めている。
 逮捕容疑は平成30年11月18日午後1時25分ごろ、横浜市鶴見区上末吉の生花店に侵入し、現金7万9千円と男性店長(75)のショルダーバッグなど44点(時価合計約4千500円相当)を盗んだとしている。
 同署によると、生花店は個人店舗で、男性店長は無施錠のまま一時営業を中断し外出しており、無人だった。店に戻り、レジの現金やバッグがなくなっていることに気づいた男性店長が110番通報し、事件が発覚。防犯カメラの映像などから男性容疑者が浮上した。同署は余罪の有無についても捜査する方針。
 水戸署は21日、窃盗の疑いで、水戸市、無職男(40)を再逮捕した。「遊ぶ金が欲しかった」と容疑を認めているという。
再逮捕容疑は昨年12月26日午後2時35分ごろから同3時ごろまでの間、同市渡里町のスーパーで、買い物カートに掛けられていた同市内の無職、女性(75)所有の現金約113万円や指輪などが入った手提げバッグ(時価計10万円相当)を盗んだ疑い。
男は犯行当日、市内の別のスーパーで同様の手口で巾着袋1個を盗んだとして、同署に逮捕されていた。
 宮城県警泉署は20日、盗みの疑いで、仙台市内に住む女子高校生(17)を逮捕した。
 逮捕容疑は19日午後10時50分ごろ、泉区のコンビニで、ライター用オイルやガスボンベなど5点(計約2000円相当)を盗んだ疑い。同署によると「間違いありません」と容疑を認めている。
 女子生徒がオイルなどを盗んだとされるコンビニ近くの泉区将監の県営将監第2住宅では20日未明、ごみ集積所や作業用の事務所で、ぼやが相次いで発生し、廃材などが焼けた。
 同署によると、団地内で同日、他にも数カ所で住宅の網戸や掲示板の張り紙などが焼けた跡が確認され、オイル缶やガスボンベが見つかった。同署が慎重に関連を調べている。
 徳島県警捜査1課と徳島名西署などは20日、徳島市のドラッグストアで健康食品を盗んだ窃盗の疑いで、ベトナム国籍の男3人を逮捕した。県北部のドラッグストアで被害が相次いでおり、県警は関連を調べる。
 逮捕されたのは神戸市兵庫区湊町、無職の男A(25)と同市中央区琴ノ緒町、無職の男B(24)、同市中央区割塚通、アルバイト店員の男C(22)の3容疑者。
 逮捕容疑は19日午後5時ごろ、徳島市中吉野町のドラッグストアで、サプリメントや化粧品など22点(販売価格計9万9千円)を盗んだとしている。
 徳島名西署によると、AとCの両容疑者がかばんに商品を入れて盗み、B容疑者は運転手役だったとみられる。1月中旬から徳島、鳴門両市や北島町のドラッグストアで医薬品などが盗まれる被害があり、県警が警戒していた。
 B容疑者は容疑を否認し、残りの2人は認めている。
 16日午前2時10分ごろ、名古屋市中区大須の時計店で、ワゴン車がシャッターを突き破って店内に突っ込んだ。商品の時計が持ち去られており、中署が窃盗事件として調べている。
 署によると、当時店は閉店していて、店内に人はおらず、けが人はいなかった。置き時計数点(計約20万円相当)が盗まれた。
 近くに住む40代の男性は、「がっしゃん、がっしゃん」とワゴン車が後進で繰り返しシャッターにぶつかり、破壊する場面を目撃。その後、少なくとも2人が店内を物色し、車内で運転手が待機していた別の乗用車で立ち去ったという。
 ワゴン車は現場に残されていた。男性は「通報で警察が駆けつけるまでわずか数分の出来事だった」と話した。
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

2020年2月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29