火災・放火

ホーム 火災・放火
 15日午後7時21分、那覇市港町のホクガン運輸で、「建物の1階で光りが見えて黒煙が上がっている」と会社関係者から119番通報があった。那覇市消防局中央消防署や那覇署などによると、同社の倉庫が半焼し、午後8時半に鎮火した。けが人はいなかった。
 同消防署によると、消防車両16台、消防隊員ら52人が出動。建物は3階鉄骨構造で、1階の倉庫と2階の事務所の一部が燃えたという。火事の原因について、同消防署や那覇署が詳しく調べている。
 那覇市と南風原町のごみ処理施設「那覇・南風原クリーンセンター」内で、廃棄物の灰からメタルを生成し資源化する作業の途中で引火し散水設備などが燃える事故が発生していたことが15日、分かった。出火は13日午前9時37分ごろに発生し、同44分ごろに施設の作業員によって消し止められた。けが人や処理作業への影響はない。一方、センターは出火を消防に通報していなかったほか、市や町への連絡は翌14日だった。同日、施設を視察した那覇市議らは「首里城火災の後にもかかわらず危機管理意識が欠けているとしか言いようがない」と問題視している。
 15日午前7時55分ごろ、北九州市小倉北区清水の木造2階建てアパートから出火。1、2階の3室を焼き、2階部分の焼け跡から1人の遺体が見つかった。性別不明で身元を確認している。
 福岡県警小倉北署によると、2階に住む80代の女性と連絡が取れていないという。約1時間半後に鎮火し、他の住人4人は無事だった。アパートに隣接する東筑紫学園高校によると、この火災で煙を吸った生徒16人が体調不良を訴えて病院で治療を受けた。
 15日午前4時ごろ、兵庫県加西市西剣坂町の男性(93)方から火が出ていると、隣に住む男性(56)から119番があった。加西署によると、木造2階建て約150平方メートルが全焼し、焼け跡から男性の遺体が見つかった。この家に住む男性と連絡が取れなくなっているという。
 同居する長男(68)は病院に運ばれ、煙を吸うなどして軽傷。119番した男性は「ポコン、ポコンという音がして外を確認したら、1階の室内に火が見えた。通報しているうちに外へ炎が吹き上がった」と話していた。
 15日午前1時5分ごろ、山口市阿東生雲東分の無職男性(76)方で、「建物が燃えている」と、この家に住む女性から119番通報があった。山口県警によると、木造平屋住宅が全焼し、焼け跡から4人の遺体が見つかった。
 山口署によると、この家には入院中の男性を除き、妻(71)、息子(35)、娘(31)と、その娘で中学生(12)が住んでいるが、いずれも連絡が取れていない。
 全焼した住宅は外壁が焼け崩れ、屋根が傾いていた。黒く焼けこげた家具が近くに散乱し、警察と消防が調べていた。
 近くに住む住民(63)は「午前1時過ぎ、バチバチという何かが燃えるような音を聞いた。家の外に出たら、その家が炎を上げて燃えていた」。女性住民(90)はトイレに起きた午前2時ごろ、訪ねてきた警察官に火災の発生を知らされた。「奥さんは物静かな人で、手押し車を押していた。昨夜は霜が降りて冷え込んだ。こんな火事は付近で起きたことがなく、気の毒でならない」と話した。
 下関地方気象台によると、現場付近では15日朝、今季一番の冷え込みで空気も乾燥していたという。
 14日午後7時ごろ、東京都新宿区歌舞伎町のホテル5階から出火し、内壁約10平方メートルを焼いて約1時間後に消し止められた。けが人はおらず、警視庁などが詳しい出火原因などを調べている。
 消防車などが出動し、現場付近は一時騒然とした。
 13日午前0時55分ごろ、神奈川県愛川町田代の無職、男性(45)方から火が出ていると、消防に119番通報があった。火は約1時間後に消し止められたが、木造平屋建て住宅1棟が全焼し、焼け跡から女性1人の遺体が見つかった。男性は煙を吸うなどして病院に搬送されたが、命に別条はないという。
 同県警厚木署によると、男性は母親(72)と弟の3人暮らし。当時、弟は外出中で無事だった。火災後から母親と連絡が取れなくなっていることから、同署は遺体が母親とみて、身元の確認を進めるとともに、出火原因を調べている。
 13日午前2時半ごろ、滋賀県長浜市余呉町川並、男性(92)方の離れから出火、木造2階建て約120平方メートルが全焼した。けが人はなかった。
 滋賀県警木之本署によると、男性は息子(55)と2人暮らし。出火当時、男性は離れにいたが、母屋にいた息子に助け出されたという。
 13日午前9時10分ごろ、滋賀県彦根市葛籠町、男性(82)方から出火し、木造2階建て延べ約380平方メートルが全焼した。男性が顔に軽いやけどを負った。
 13日午前10時10分ごろ、高畠町夏茂、置賜広域行政事務組合のごみ処理施設「千代田クリーンセンター」の不燃ごみ置き場から出火、中にあった家電や調理器具など約8立方メートルが焼けた。同施設の担当者によると、今後のごみ回収に影響はないという。
 南陽署や同施設によると、火元は米沢、南陽、高畠、川西2市2町の一般家庭から出る不燃ごみの仮置き場。鉄骨造りで幅22メートル、奥行き17メートル、高さ7メートル、最大約100トンを収容できる。出火当時は数日前から搬入された分も含め約40トンのごみがたまっていた。
 この日は米沢市の不燃ごみの搬入日で、ごみを運んできた市委託業者の男性作業員(72)が、ごみ置き場内の不燃物の山から黒煙が上がっているのに気付き、報告を受けた職員が119番通報した。消防隊が放水し、約2時間20分後に消し止めた。ライターやスプレー缶、カセットボンベも焼けており、同署が出火原因を調べている。
 13日午前0時55分ごろ、愛川町田代、無職男性(45)方から出火した、と近隣住民から119番通報があった。木造平屋建て住宅約73平方メートルを全焼、男性が病院に搬送されたほか、焼け跡から身元不明の遺体1体が見つかった。
 厚木署によると、男性は母親(72)と弟(38)の3人暮らし。母親(72)と連絡が取れていないといい、署が身元を調べている。
 11日午後7時ごろ、奈良県上牧町友が丘の職業不詳、男性(78)方から出火していると通行人から119番があった。木造2階建て住宅が全焼し、1階の台所から性別不明の1人の遺体が見つかった。
 男性と連絡が取れておらず、奈良県警西和署は身元の確認を急ぐとともに出火原因を調べている。
 11日午後2時半ごろ、綾瀬市大上の男性(60)方から出火したと近くに住む女性(58)から119番通報があった。木造2階建て住宅のうち、1階の居間付近を焼いた。男性の義母(90)が手にやけどを負うなどした。
 大和署によると、男性は5人暮らし。出火当時、義母以外は外出していた。
 10日午後9時25分ごろ、逗子市沼間、無職男性(60)方から火が出ているのを近隣住民の男性(59)が見つけ、110番通報した。木造2階建て住宅を全焼、焼け跡から性別不明の遺体が見つかった。隣接する住宅の一部も焼いた。
 逗子署によると、男性方は1人暮らし。署は、遺体が連絡の取れなくなっている男性の可能性があるとみて調べている。
 10日午後0時50分頃、山口県下関市吉母、アルバイト女性(74)方から火が出ているのを近所の人が見つけ、119番した。約1時間後に消し止められたが、木造2階の住宅約80平方メートルを全焼し、焼け跡から子ども2人の遺体が見つかった。
 県警下関署によると、女性は7人暮らし。ひ孫にあたる5歳と3歳の女児が行方不明となっており、同署は遺体がこの2人とみて調べている。出火当時、家には女児2人と女児の母親がいたという。
 9日午後5時55分ごろ、水戸市元吉田町の職業不詳、女性(83)方から出火、木造2階建て住宅約74平方メートルが全焼し、焼け跡から2人の遺体が見つかった。水戸署によると、女性と妹(76)の2人と連絡が取れていない。
 9日午後6時頃、水戸市元吉田町、女性(83)方から出火、木造2階住宅約70平方メートルが全焼した。焼け跡から2人の遺体が見つかり、水戸署では、遺体の身元と出火原因を調べている。同署の発表では、女性は妹(76)と同居。2人と連絡が取れていないという。
 8日午前4時半ごろ、富士市依田原町、製紙会社の製造工場から出火した。午前11時現在、火炎の勢いは弱まったが、2棟ある工場のうち1棟で市消防本部が消火活動を続けている。富士署によると、出火当時、工場は稼働中で、中に11人の従業員がいたが、避難してけが人はいなかった。
 同署によると、工場内にはトイレットペーパーやティッシュペーパーを製造するためのロール紙やプロパンガスのボンベなどがあった。同署は延焼の危険性があるとして、近隣住民に避難を呼び掛け、近隣に位置する同署を一時的に避難場所として開放した。付近に住む無職男性(75)は「どこまで火が燃え広がるか心配」と不安そうな表情を浮かべた。
 8日午後7時45分ごろ、埼玉県飯能市上名栗、自営業男性(49)方から出火、木造2階建て住宅を焼いた。
 飯能署によると、男性は妻(27)、長男(5)、次男(2)の4人暮らし。出火当時、4人は在宅していて、男性が気道熱傷の疑いで救急搬送されたが軽傷だという。他の3人は避難して無事だった。
 近隣住民の女性(21)が「建物から火が出ている」と119番した。同署で出火原因などを調べている。
 8日午前2時10分ごろ、埼玉県新座市野火止、職業不詳男性(42)方から出火、木造2階建て住宅を全焼し、隣接する民家数棟の窓ガラスや壁などを焼いた。同方の焼け跡から1人の遺体が見つかった。1人暮らしの男性の行方が分からないことなどから、新座署は男性の可能性が高いとみて身元の確認を進め、遺体を司法解剖して死因と出火原因を調べる。
 同署によると、男性方は1階がガレージ、2階が住居部分。同時刻ごろ、同方から爆発音を聞き、火が出ているのを近所の女性(61)が発見し、119番した。
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11