火災・放火

ホーム 火災・放火
 16日午前9時5分ごろ、東京都港区の東京モノレール・浜松町駅に停車中の列車(6両編成)のゴム製車輪から煙が出ているのを同社社員が見つけた。煙は間もなく収まり、けが人はなかった。
 煙が出たのは4両目で列車は自力で別の駅に移動した。この間振り替え輸送を実施し、約50分後に全線で運転再開した。同社によると、ブレーキ系統の故障の可能性があるといい、事故原因を調べている。
 15日午後9時45分ごろ、岡山県津山市妙原の80歳の男性宅から出火、木造2階の母屋延べ約170平方メートルと同平屋の離れ約30平方メートルを全焼した。
 津山署によると、男性は4人暮らし。出火当時、全員が母屋にいたが、逃げ出して無事。近所の男性会社員(53)が離れから火が出ているのに気付き、119番した。原因を調べている。
 15日午前7時45分ごろ、神戸市西区櫨谷町福谷のウナギ養殖場「神戸養鰻」内から出火、養殖施設延べ180平方メートルのうち、64平方メートルを焼いた。けが人はいなかった。養殖場は当時無人で、煙が上がっているのに近くの住民が気付いて119番通報した。神戸西署などが出火原因を調べている。
 火災でウナギ養殖用の水槽2基が溶けるなどの被害が出たという。社員の1人は「飼育していたウナギ約3千匹がほぼ全滅した」とうなだれた。
 神戸養鰻は神戸市内で唯一のウナギ養殖会社。生育が難しいビカーラ種を「神戸うなぎ」として売り出している。
 14日午後10時ごろ、兵庫県神河町長谷の民家から出火し、木造平屋建て約120平方メートルを全焼した。住人の会社員の男性(52)が煙を吸って軽傷を負い、病院に搬送された。
 福崎署によると、男性の妻ら家族は外出中で無事だったという。同署などが出火原因を調べている。
 近くに住む男性(68)は「炎が吹き、すごいいきおいで燃えていた」と声を震わせた。
 13日午後6時40分ごろ、大和市南林間、会社員男性(60)方から出火したと119番通報があった。木造2階建て住宅の1階台所を焼き、1階から男性とみられる遺体が見つかった。20代の長男と連絡が取れておらず、神奈川県警大和署が身元や出火原因を調べている。
 署によると、男性は妻と長男、長女との4人暮らし。出火当時、男性と妻、長女は外出中だったという
 12日午後10時ごろ、岡山県玉野市宇野のアパート「若葉荘」1階の男性(70)方から出火、木造2階延べ約140平方メートルを全焼した。男性が煙を吸って岡山市内の病院に搬送された。
 玉野署によると、アパートは6室あり、男性5人(57~70歳)が入居。この男性以外は逃げ出して無事だった。
 11日午後4時ごろ、滋賀県日野町音羽、会社員の男性(67)方から出火、鉄骨2階建ての倉庫約392平方メートルを全焼した。けが人はなかった。
 10日正午ごろ、三田市南が丘の商業ビル「木下テナントビル」の1階空き室から出火、地上2階建て鉄骨約690平方メートルが全焼した。5時間後に消えたが、再び火があがり同日午後6時半現在、消火活動が続いている。
 三田署と市消防本部によると、空き室では内装工事をしており、鉄を切る作業で出た火花が断熱材に燃え移ったという。ビルは地下1階が駐車場で、1、2階の8室に入る整体院や飲食店などの従業員、客らは避難して無事だった。
 火事を目撃した会社員男性(42)は「白い煙が屋根の隙間から見えて駆け付けた。荷物を取りに戻ろうとしたテナント関係者がいたので、大声で引き留めた」と話していた。
 10日午後1時25分ごろ、茨城県那珂市の量子科学技術研究開発機構那珂核融合研究所の敷地内で出火し、草地約100平方メートルを焼いて約30分後に鎮火した。同機構と県によると、けが人はなく、放射性物質の漏洩や環境への影響は確認されていない。
 高級料亭やお茶屋など伝統的な木造建築が立ち並ぶ京都市東山区の祇園・花見小路通沿いで8日夜発生した火災で、京都府警は9日、飲食店など5棟計約620平方メートルが燃えたと発表した。府警と京都市消防局は同日午前、実況見分を始め、詳しい出火原因を調べている。
 府警によると、木造2階建ての2棟が全焼したほか、隣接する3棟の屋根や室内に延焼した。出火原因や出火場所は不明だが、放火の可能性は低いとみられる。けが人はなかった。
 火災は8日午後9時15分ごろ、八坂神社から西約300メートルの同区祇園町南側で発生。消防車など約20台が出て消火活動にあたり、約3時間半後に鎮圧した。
 9日午前0時40分ごろ、横浜市戸塚区汲沢町の産業廃棄物関連業者の敷地内で、火が出て爆発音がすると近くに住む女性(62)から110番通報があった。
 戸塚署によると、電池や鉄くずなどを焼いた。敷地内は当時、無人だったという。
 8日午前2時半ごろ、滋賀県彦根市高宮町のブリヂストン彦根工場から出火し、扇風機や製造中のタイヤ5本などが焼けた。20代の男性従業員が左腕にやけどをした。
 滋賀県警彦根署によると、従業員がガソリンなどをバケツに入れて接着剤を作っていたところ、バケツから炎が上がった。別の従業員らが消火器で消し止めたという。
 8日午前10時半ごろ、兵庫県小野市神明町の男性(68)方から出火、木造2階建て民家を全焼した。この家にいた長女(33)と連絡が取れておらず、県警小野署などが逃げ遅れたとみて捜している。妻(66)は煙を吸って病院に運ばれたが、軽症のもよう。
 和歌山県湯浅町役場の50代の男性課長が昨年5月、廃棄予定の公文書115キロを野焼きして火災を引き起こし、廃棄物処理法違反罪で、湯浅簡裁から罰金40万円の略式命令を受けていたことが8日、同町への取材で分かった。同町は「行政は野焼きを取り締まる立場。軽率な行為で町民の信頼を損ね、誠に遺憾」としている。
 同町によると、保存期間の過ぎた公文書は専門業者に委託し、溶解処分にしている。しかし、処分を急いだ課長らが昨年5月17日、町有地の広場でドラム缶を使い焼却した。
 翌日、灰を広場内に捨てたが、火種が残っていて周囲の草木に燃え広がった。約330平方メートルが焼け、約5時間半後に鎮火した。個人情報の漏えいなどはないという。同町は昨年6月6日、公文書を不適切に処分し、安全配慮も怠ったなどとして、課長と部下を厳重注意とした。課長は「文書がたまり、早く処分をしなければと思った」などと話したという。
 公表しなかった理由について同町は「懲戒処分ではなく発表の対象ではなかった。社会的制裁は受けている」と釈明した。
 8日午後9時10分ごろ、静岡市清水区伊佐布の男性(53)方から出火し、木造平屋建て住宅約80平方メートルを全焼した。焼け跡から1人の遺体が見つかった。同居する母親(76)と連絡が取れないことから、清水署などは母親とみて身元を調べている。
 同署や近隣住民によると、母親と男性は2人暮らしで、男性は出火当時外出していてけがはなかった。近隣住民から「火が見える」と通報があったという。同署と市消防局が出火原因を調べている。
 8日午後10時55分ごろ、熊本市中央区桜町で建設中の大型複合施設「SAKURA MACHI Kumamoto(サクラマチ クマモト)」8階の機械置き場から出火。工事用資材が燃えたが建物には延焼せず鎮火した。現場確認のため駆け付けた20代の男性作業員が転んで左手に軽傷を負った。
 熊本県警熊本中央署などによると、現場は熊本市の集客施設「熊本城ホール」で、電気系統などが入る機械置き場内の工事用資材が燃えていたという。出火当時、8階に作業員はおらず県警が出火原因を調べている。
 サクラマチは九州産業交通ホールディングスの市街地再開発の中核施設で、先月26日にも作業員が負傷する火災があったばかりだった。
 6日午後8時10分頃、大阪府高槻市柱本付近の住民らから「爆発音が聞こえた」と複数の119番があった。高槻市消防本部や大阪府警高槻署によると、産業廃棄物収集運搬会社「今村産業」の建物が燃え、約1時間20分後に火の手は収まったが、焼け跡から1人の遺体が見つかった。他に同社の従業員ら3人も重傷を負い、病院に搬送された。
 高槻署によると、現場では6日午後6時頃からスプレー缶のガスを抜く作業をしていたという。
 近所に住む会社員の男性(42)は「食事中に家が揺れ、『ボン』という大きな音がした。地震かと思って飛び出すと、黒煙が上がっていた」と話した。
 6日午後5時50分ごろ、川崎市高津区千年、鉄筋コンクリート造6階建てマンションの2階、会社員の男性(50)方から「火が出ている」と、同じ建物に住む男性から119番通報があった。
高津署によると燃えたのは会社員男性の住戸だけで、けが人はなかった。同署が出火原因を調べている。
 5日午前6時35分ごろ、横浜市南区井土ケ谷中町、男性会社員(69)方から煙が出ていると近隣住民から119番通報があった。木造3階建ての3階部分約10平方メートルを焼き、男性会社員の妻(59)がのどにやけどを負った。南署が出火原因を調べている。
 署によると、男性会社員は妻と長男(35)、長女(28)の4人暮らし。出火当時は無人で、知らせを受けた妻が外出先から帰宅したという。
 4日午後5時半ごろ、札幌市中心部にある商業施設「赤れんがテラス」を含む20階建てビルで「3階テナントから煙が出た」と119番があった。中央署や消防によると、客や従業員ら計千人以上が屋外に避難した。けが人はいなかった。
 3階の飲食店の倉庫から発煙したとみられる。消防隊が到着した際、火や煙は出ておらずコンセント周辺の壁が焦げていた。署などが原因を調べている。
 当時、3階にいたという札幌市の大学生(20)は「『火災が発生しました。皆さんお逃げください』と館内放送が流れ、慌てて階段を下りた。何が起きているか分からなかった」と不安そうな表情で話した。
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11