火災・放火

ホーム 火災・放火
 28日午前10時10分頃、大阪府熊取町朝代西の京都大複合原子力科学研究所の警備員男性から「施設内に煙が充満している」と119番があった。消防が調べたところ、研究所内の研究棟3階にある機械が燃えたが、職員らにより消火されていた。けが人はなかった。
 京都大によると、研究棟の中には放射線管理区域があるが、放射能漏れは確認されていないという。
 同研究所は1963年に設立された原子炉実験所が前身で、研究用の原子炉などがある。
 27日午前10時25分ごろ、福岡県田川市夏吉の住宅で「白煙が見える」と、近隣住民から119番があった。木造平屋が焼け、男女2人の遺体が見つかった。田川署は、この家に住む80代の夫婦とみて身元確認を急いでいる。
 署によると、夫婦は2人暮らし。遺体に目立った外傷はなく、家の中は少し焼け跡がある程度だった。署は実況見分して出火原因を調べる。
 向かいに住む会社員男性(80)は「火の手は見えなかった。まさか2人とも亡くなっていたとは」と驚いた様子。近くの女性(72)は「奥さんとは先週話したばかりなのでショック」と肩を落とした。
 27日午前3時前、兵庫県多可町の民家から出火。木造平屋約80平方メートルを全焼し、焼け跡から1人の遺体が見つかった。西脇署によると、住人の女性と連絡がとれておらず、身元の確認を進めている。
 同署などによると、女性は80代で1人暮らしとみられる。同日午前0時ごろ帰宅したという隣に住む会社員男性(32)は「26日午後11時ごろに帰宅した姉が焦げ臭い臭いがすると言っていた。夜中に起こされて外を見たときには、屋根を突き破って炎が立ち上っていた」と話した。
 26日午前8時10分頃、岐阜市則武中の3階建てアパート「翼(はばたき)ビル」3階の一室から出火、職業不詳男性(59)方約15平方メートルを焼いた。
 岐阜県警岐阜北署の発表によると、火は約1時間15分後に消し止められたが、焼け跡から男性1人の遺体が見つかった。男性は一人暮らし。アパートには他に7人が入居していたが、いずれも外出していたり、避難したりして無事だった。
 同署は、遺体が男性の可能性が高いとみて身元の確認を進めるとともに、死因や出火原因を調べている。
 26日午前2時30分頃、三重県大紀町永会、無職男性(66)方の鉄筋2階住宅から出火、敷地内にある母屋の木造平屋住宅にも延焼し、2棟を全焼した。約2時間後に鎮火したが、火元の鉄筋2階離れの焼け跡から1人の遺体が見つかり、連絡が取れなくなっている男性とみて、身元確認を急いでいる。
 県警大台署の発表によると、男性は1人暮らしで、日頃は離れで生活していたという。
 26日午前6時15分に佐賀県神埼市千代田町境原の男性(65)方から出火していると、119番通報があった。木造瓦葺き2階建ての住居を全焼した。延焼はなく、けが人はいなかった。
 神埼署によると、男性の妻から「台所から火が出ている」と119番通報があった。当時、家には男性と60代の妻、帰省していた30代の娘と孫がいたが、避難して無事だった。出火原因や消失面積を調査している。
 26日午後7時45分ごろ、岡山市東区西大寺上の店舗「サンドウィッチハウスマミー」から出火、2階建ての店舗兼住宅を全焼したもよう。住人の男女3人が逃げる際にけむりを吸って病院に搬送された。命に別条はないという。
 岡山東署などによると、建物は2階部分が住宅で、3人が暮らしていた。火災に気付いた通行人から複数の119番があった。原因を調べている。
 通りかかった中学3年の男子生徒(15)は「最初は白煙が上がっていて、その後、1階部分が一気に赤く燃え上がった。2階にも燃え広がってバンバンとピストルのような大きな音が5回ほどした」と話した。
 26日午後5時50分ごろ、滋賀県東近江市種町の女性(82)方から出火、木造2階建て延べ約120平方メートルのうち1階台所約20平方メートルが焼けた。台所で倒れていた身元不明の高齢女性が救急搬送されたが、死亡が確認された。
 滋賀県警東近江署によると、居住者の女性は1人暮らし。亡くなったのは、連絡が取れない居住者とみて、確認を進めている。
 25日午前4時50分ごろ、神戸市東灘区西岡本の県営住宅3階の住民から「家のカーテンが燃えている」と通報があった。火は4階の1部屋にも燃え移り、2部屋計約80平方メートルを全焼した。
 神戸市消防局と東灘署によると、4階の住民1人が一時、部屋のベランダに取り残されたが、消防が救助。気道熱傷の疑いで病院に運ばれた。火元となった3階の住民にけがはなかった。
 24日午前7時半頃、岩手県二戸市金田一野月の木造2階アパートで、「建物が燃えている」と近所の住民から119番があった。職業不詳男性(58)方の1階部分を焼き、焼け跡から男女2人の遺体が発見された。県警二戸署は、遺体は連絡が取れなくなっている男性と80歳代の母親とみて、身元の確認を進めている。
 同署によると、男性は母親と2人暮らし。近くに住む70歳代の女性は「建物が見えなくなるくらい煙が勢いよく上がっていた」と声を震わせた。
 23日午前1時5分ごろ、埼玉県熊谷市中央のアパート駐車場から出火。止めてあった焼き芋の移動販売用の軽トラックが全焼した。けが人はいなかった。
 熊谷署によると、持ち主の50代男性が22日午後8時半ごろ、営業を終えて自宅アパートの駐車場に軽トラックを駐車。就寝中、「パン」という音を聞いて外に出たところ、燃えていたという。別のアパートの住民が110番した。荷台に積まれていた照明用のバッテリーの燃え方が激しく、同署は火元とみて調べている。
 23日午前3時ごろ、京都府宮津市島崎、会社役員の男性(61)方の離れから出火、木造平屋建て約60平方メートルが全焼した。当時、離れには男性の母(87)がいたが逃げて無事だった。
 会津若松署は22日午後0時25分ごろ、建造物等以外放火の疑いで会津若松市、容疑者男(72)を逮捕した。
 逮捕容疑は同日午前0時20分ごろ、同市の駐車場で、同市の会社員男性(58)の乗用車に火を付け、全焼させた疑い。乗用車は長期間放置されていたという。容疑者は容疑を認めている。
 同署などによると、同日午前2時5分ごろ、現場から北西に約100メートル離れたごみ置き場でも火災があり、同署が関連を調べている。近くに住む60代女性は「深夜にドーンという爆発音で目が覚めた」と話した。
 22日午後7時45分ごろ、大阪市鶴見区鶴見の焼肉店「ワンカルビ今福鶴見店」から出火。鉄骨2階建て店舗の一部約30平方メートルが焼け、いずれも大阪府守口市の41歳と32歳の同店従業員が煙を吸って病院に搬送された。
 大阪府警鶴見署によると、2階の店内には当時、利用客と従業員計約80~100人がいたとみられる。従業員が利用客を避難誘導して脱出させた。店内にいた従業員らは「テーブル席の一つで火が強くなり、対応し切れなかった」などと話しているという。同署が詳しい状況や出火との関連を調べている。
 22日午後4時50分ごろ、滋賀県東近江市今町の建設会社「青木組」の倉庫から出火。鉄骨2階建て約3千平方メートルのうち約800平方メートルを焼き、約3時間半後に消した。出火当時、倉庫内に人はおらず、けが人はなかった。滋賀県警東近江署が原因を調べている。
 22日午後0時55分ごろ、鎌倉市城廻の無職の男性(85)方から火が出ていると、近隣住民(18)から119番通報があった。木造2階建て住宅を全焼、玄関付近から1人の遺体が見つかった。
 大船署によると、男性と連絡が取れていないといい、出火原因や身元を調べている。男性は1人暮らしだった。
 22日午前9時20分ごろ、山形県長井市高野町の無職、男性(79)方から出火、木造2階建ての男性方と、隣接する住宅3棟が全焼した。
 1階居間の焼け跡から遺体2体が発見され、県警長井署は連絡が取れない男性と妻(77)の可能性があるとみて、出火原因と合わせて調べている。
 同署によると、男性は妻と40代の長男との3人暮らしで、出火当時、長男は出勤中だったという。
 22日午前8時15分ごろ、倉敷市白楽町、自営業男性(72)の自宅兼事務所から出火、木造2階延べ約210平方メートルを全焼した。
 倉敷署によると、男性は妻(66)と長男(30)の3人暮らしで、出火当時は全員家にいたが逃げ出して無事。通行人の女性会社員(51)が119番した。原因を調べている。
 近くに住む男性(70)は「サイレンの音を聞いて外に出てみたら大きな煙が上がっていた。恐かった」と話していた。
 22日午前9時10分ごろ、群馬県館林大手町の無職、男性(62)方から出火しているのに気付いた近くの住民が110番通報。火は約4時間後に消し止められたが、鉄骨2階建て住宅約180平方メートルが全焼し、1階から性別不明の1人の遺体が見つかった。
 県警館林署によると。男性は1人暮らし。連絡が取れておらず、同署が身元確認を急ぎ、出火原因を調べている。
 この火災で、隣接する木造2階建て住宅2棟のガラスが破損するなどした。
 22日午前8時40分ごろ、横浜市神奈川区西寺尾の職業不詳の男性(78)方から煙が出ていると、近隣住民から119番通報があった。木造平屋が全焼し、女性は死亡が確認され、男性が意識不明の重体。神奈川署が出火原因と身元を調べている。
 署によると、78歳の男性は70代の妻と2人暮らしで、ともに連絡が取れなくなっているという。この火災で、近隣の住宅3棟の外壁なども焼けた。
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11