マンションでの事件

ホーム マンションでの事件
 7月15日夜、大阪市阿倍野区のマンションで火事があり住民3人が負傷した。
 7月15日午後10時過ぎ、大阪市阿倍野区天王寺町北のマンションの住人の女性から「火事です。上の階が燃えています。」と消防に通報があった。消防車33台が出動し、火は約5時間後に消し止められたが、鉄筋11階建てのマンションの6階の一室からあがった火が隣の部屋にも延焼し、合わせて2部屋約60平方メートルが焼けた。この火事で、別の部屋の住人の女性2人が逃げる際に転倒して右ひざを打撲したほか、20代の女性1人が煙を吸って気分不良を訴えて病院に搬送された。消防によると出火当時火元となった部屋は無人だったということで、警察と消防は詳しい出火原因を調べている。
 12日午前8時5分ごろ、郡山市、6階建てマンションの一室から出火、部屋の床や壁など約10平方メートルを焼いた。この部屋に住む介護士、男性(38)が市内の病院に運ばれたが、間もなく死亡した。死因は一酸化炭素中毒だった。
 郡山北署と郡山地方消防本部によると、マンションは鉄骨6階建てで、男性は4階の一室で1人で暮らしていたという。同署が出火原因を調べている。
 11日午前0時10分ごろ、大阪市城東区鴫野西のマンション8階の一室から出火し、約30分後に消し止められた。高齢の男女が救出されたが、女性は全身にやけどを負い、搬送先の病院で死亡が確認された。男性は意識があるという。大阪府警城東署は、この部屋に住む夫婦とみて調べている。
 5階の30代男性は「ベランダから赤い火柱と黒煙が上がり、ガラスが割れる音もして怖かった」と話した。
 兵庫県警西宮署は21日、女性の下着を盗んだとして窃盗の疑いで逮捕した西宮市の古紙回収業の男(57)を送検し、捜査を終えた。
 逮捕、送検容疑は6月10日午後1時10分ごろ、同市内のマンションの部屋のベランダに侵入し、女性用下着6点を盗んだ疑い。
 同署によると、「気に入った下着があったので取った」と容疑を認めている。男の自宅から女性用下着約1200点が見つかり、男は調べに対し、盗んだ品ではなく「自分の物だ」と話しているという。
 同署によると、5月、この部屋に住む女性から「下着を2回盗まれた」と届け出があり、署員が張り込んでいたところ、ごみ収集車に乗った作業服姿の男が現れて下着を盗んだため、現行犯逮捕した。
 29日午前8時ごろ、那覇市松川のマンションで火災があった。那覇市消防本部によると5階部分から出火し、1室が全焼。約1時間後に鎮火した。火災発生時は部屋に住人はおらず、けが人もいなかった。消防などが出火原因を調べている。
 火災のあったマンション7階に住む男性(66)は「部屋でテレビを見ていたら警察官が『火事だから出て下さい』と呼び掛けにきた。それまで全然火に気付かなかった」と話した。近くのアパートに住む女性(44)は「最初は小さく煙が出ていたがみるみる黒く大きくなって火の手があっという間に広がった」と状況を話した。
 周辺道路は交通規制が敷かれ、路線バスからの降車を余儀なくされた利用者が消火活動を不安そうに見つめていた。
 引っ越し作業の現場から指輪を盗んだとして、兵庫県警東灘署は29日、窃盗の疑いで、神戸市兵庫区のアルバイトの男(45)を逮捕した。
 逮捕容疑は3月27日、同市東灘区のマンションの一室で、家人の女性(44)の指輪3個(時価計約100万円)を盗んだ疑い。調べに対し「身に覚えがない」と否認しているという。
 同署によると、男はこの日、女性ら家族の依頼で、引っ越し作業のため作業員3人と一緒にマンションを訪れていた。女性からの被害届を受けて捜査していたところ、指輪がネットオークションに出品されていたという。
 5月18日午前8時55分ごろ、福井県福井市木田町のJR北陸線南福井駅(貨物駅)構内の保安器から出火しているのを近くの住民が発見、119番した。消防が駆けつけた時には既に火は消えていた。出火当時、列車が近くを通ったが、けが人はなかった。JR西日本金沢支社によると、列車の遅延や運休はなかった。
 同支社によると、保安器は落雷などで電圧に異常が起きたことを知らせる機器。
 出火したのは駅構内に複数設置されているうちの一つで、送電設備などがかかる鉄柱の高さ3・5メートルに設置されていた。同じ位置にあった保安器が14日にも出火しており、交換したばかりだった。福井南消防署などが原因を調べている。
 10日午前2時ごろ、福岡市東区名島の5階建てマンションの5階から出火、1室を焼いた。焼け跡から男性が見つかり、病院に運ばれたが死亡が確認された。福岡東署によると、この部屋に1人で住む男性と連絡が取れていないという。
 26日午後7時35分ごろ、横浜市中区錦町、鉄筋コンクリート10階建てマンション10階で、黒い煙が出ていると近隣住民が119番通報した。
 山手署によると、一室が燃え、女性が意識不明の状態で発見されたが、間もなく死亡が確認された。署はこの部屋の住人とみて、身元の確認を進めている。
 4月12日午前3時40分ごろ、福井県福井市照手の鉄骨4階建てマンションから出火。1階約70・8平方メートルを全焼、2階の一部約1・7平方メートルを焼き、約50分後に鎮火した。
 福井署によると、住民の少年1人が逃げようと2階から飛び降りて足の指を折るなどし搬送された。このマンションは日本語学校の寮として利用されているという。
 7日午前2時45分ごろ、京都市山科区音羽の11階建てマンション3階の一室から出火、この一室約60平方メートルが全焼した。一室から男女2人が病院に搬送され、男性が意識不明の重体。女性は軽症とみられる。
 山科署や市消防局によると、部屋は78歳の男性宅で、男女の身元の確認を急いでいる。
 23日午前3時50分ごろ、鎌倉市植木の鉄筋コンリート造4階建てマンション3階、無職女性(86)方から煙が出ているのを隣室の女性が見つけ、119番通報した。同方の居間や廊下約20平方メートルを焼き、女性は病院に運ばれたが、間もなく死亡した。
 大船署によると、女性は1人暮らし。和室に倒れていたという。
 女性用マンションで空き巣を繰り返したとして、兵庫県警捜査3課と甲子園署は5日までに、窃盗や住居侵入などの疑いで、住所不定、無職の男(45)を逮捕、送検した。起訴済みの3件を含め計15件、約210万円相当の被害を裏付けたとしている。
 逮捕、送検容疑は昨年7~10月、神戸市中央区と西宮市で女性用マンションにハンマーで割った窓から侵入し、ブランドバッグや腕時計、女性用下着などを盗んだ疑い。
 同課によると「バッグなどは転売して生活費を稼いだ。盗んだ女性用下着は自分で着用していた」などと容疑を認めたという。
 男は昨年10月、西宮市の女性用マンションに侵入しバッグを盗んだとして逮捕されていた。
 マンション内に管理会社などが隠している空き部屋の鍵を悪用し、空き巣を繰り返したとして大阪府警吹田署と捜査3課は22日、窃盗と住居侵入の疑いで、大阪市中央区南久宝寺町の無職、男性容疑者(28)を逮捕、送検したと発表した。
 不動産関係者によると、マンションの空き部屋の鍵は、不動産仲介業者が客を案内するときに使えるように、建物内に隠しておくことがある。
 同署によると、男性容疑者はオートロックがないマンションを狙い、こうした空き部屋の鍵を探し出して室内に侵入。ベランダに出て隣室との仕切り板を破るなどし、入居者がいる部屋に侵入する手口で空き巣を繰り返していたという。
 同署などは昨年8~10月、大阪府内で計25件(被害総額約557万円)の犯行を裏付けた。現金のほかゲームソフトなども盗み、換金していたという。容疑を認めており、5件の窃盗罪などですでに起訴されている。
 19日午前4時45分ごろ、埼玉県川口市西青木のマンション「スカイコート西川口II」10階の一室、アルバイト男性(34)方から出火、鉄筋コンクリート10階建てのうち同室約16平方メートルを全焼した。けが人はいなかった。
 川口署によると、男性は1人暮らし。当時室内にいたが避難して無事だった。隣人の男性が「室内に煙が充満してきた」と119番した。同署で出火原因などを調べている。
 15日午前0時45分ごろ、さいたま市南区大谷口の3階建てマンションから煙が出ているのを近くに住む女性が発見し、119番通報した。この火事で2階の1室の一部が焼け、玄関近くに倒れていた女性が搬送先の病院で死亡した。女性に目立った外傷はなかった。
 埼玉県警によると、この部屋に住む70代の女性と連絡が取れておらず、同署は身元の確認を急ぐとともに、詳しい出火原因を調べている。
 14日午後8時35分ごろ、大阪市天王寺区の15階建てマンションで、「部屋が燃えている」と通行人の男性から119番があった。市消防局によると、13階の一室約70平方メートルのうち約50平方メートルを焼き、約1時間後にほぼ消し止められた。けが人はいなかった。大阪府警天王寺署が出火原因を調べている。
 同署によると、火元の部屋には50代の女性と娘が住んでいるが、当時は外出していて無人だった。
 現場は駅近くの繁華街の一角で、付近は一時騒然となった。
 1日午前2時20分ごろ、京都市南区西九条唐橋町のマンション3階の男性(56)方から出火、一室約20平方メートルが全焼した。室内から男性が救助されたが、全身にやけどを負っており、意識不明の重体。南署が身元を調べている。
 31日午前7時20分ごろ、福島市、マンション5階、職業不詳、男性(61)方から出火、部屋の床など約1平方メートルを焼き、焼け跡から男性の遺体が見つかった。福島署は1日にも福島医大で司法解剖し、死因を調べる方針。
 同署と市消防本部によると、同ビルは7階建てで、男性は5階の一室で1人で暮らしていたという。同署が原因を調べている。
 東京消防庁に入った連絡によると、30日午後2時35分頃、東京都荒川区西尾久のマンションから出火し、同3時10分現在、2階付近約30平方メートルを焼いて延焼している。この火事で2人がけがをしたほか、3人が逃げ遅れているとの情報があり、警視庁尾久署が確認を急いでいる。
1  2  3  4  5  6